2002年12月アーカイブ

2002年を振り返る

| コメント(0) はてなブックマーク - 2002年を振り返る 

 2002年は、国内外のボードゲーム界でほんとうにいろいろなことがありました。そこで、2002年のボードゲームシーンで最も心に残ったニュース・出来事を2002年末にインターネットで投票していただきました。投票総数:31票で結果は以下の通りです。


































































































順位 票数
1位 20世紀ボードゲーム界の旗手シド・サクソン逝く 9票







. ... 29.0%



  • 日曜日に追悼で「サマルカンド」を遊びました。独特のセンスのある優れたデザイナーであることを実感しました。冥福をお祈りいたします。
  • これしかないでしょう。
  • アクワイア持ってるんですが…是非遊んでみたいです。
  • アクワイアにベンチャー……好きなゲームです

2位 カプコン、日本語版「カタン」を発売、各地でイベント 5票







. ... 16.1%



  • .一つの大きな出会いだったので、これを(EGV)
  • しいて言うならこれかなあ。カプコンは韓国でも「カタン」売ってるらしいですし。
  • エポックへのアンチテーゼも含めて

3位 新設多数で情報が増える―国内のボードゲームサイト盛況 4票







. ... 12.9%



  • 他にもたくさんあるのですが、私も新設した一人なので、やっぱりこれを。(バラック)
  • うちも、今年10月から立ち上がったということで。
  • ゲームの情報が増えることは良いことだと思う。できればニュースでなくレビュー系のサイトが増えると嬉しいのだが。。。

4位 ドイツゲーム紹介本「安田均のボードゲーム大好き」発売 3票







. ... 9.6%



  • こういう本がもっと出て欲しいな
  • これ以外の本といえば、松田道弘「ボードゲーム」になってしまう。やはりニュースでしょう。

5位 JAGA発、日本語ワードゲーム「ワードバスケット」発売 2票







. ... 6.4%



  • 国産というのは大きい
  • カプコンのカタンよりも印象深い。

5位 エポック社がドイツゲーム5タイトルをSNEの日本語訳付きで販売 2票







. ... 6.4%



  • 普通のおもちゃ屋で手軽に入手できれば良いのに・・・
  • ゲームをやろうと思ったきっかけです。(byりん)

5位 藤沢で熊本で―ゲームサークル各地で結成 2票







. ... 6.4%



  •  来年はさらに日本各地で増える雰囲気ですね。
  • 目標:各県に一サークル!(笑)

5位 パズル会社のビバリーがパズルゲーム「ブロックス」日本語版を発売 2票







. ... 6.4%



  • ゲーマーでない友人と遊べるのが良
  • 近所の玩具屋でも販売しているのは感動です

9位 ドイツ年間ゲーム大賞、アクションゲーム「ヴィラ・パレッティ」に 1票







. ... 3.2%



  • 意外や意外。てっきりプエルトリコだと思い続けていただけに…。(おの)

9位 カタン世界選手権、日本人の池田さんが6位入賞 1票







. ... 3.2%


【解説】1位はゲームデザイナーの巨匠、シド・サクソン氏の逝去になりました。一般的にも有名だとは言いがたく、ゲームタイトルよりもゲームデザイナー名という考えが定着していない日本では、ゲームフリークならではの選択と言えるでしょう。しかし「アクワイア」「キャントストップ」をはじめとする傑作ゲームを作り続けた巨人として、ながく心に留めておきたいものです。

一般的には、2位のカプコン版カタン発売が大きな事件と言えるでしょう。世界的にも有名なコンピュータゲームの大手が、突如アナログゲームを発売したとことは、国内だけでなくドイツまでにも衝撃を与えました。またカプコンが開催した「ワールドチャンピョンシップ日本大会」などのイベントも話題となり、ここからドイツゲーム愛好者が増えたことも特筆すべき点と言えます。ドイツ人が口を揃える「カタンは例外中の例外」という言葉の通り、今後のドイツゲームへの波及は未知数ですが、当分カタンだけでもさらに愛好者を「開拓」していくものと予想されます。

3位はゲームサイトが増えたという記事。これはインターネット投票ならではの上位進出だと思われます。インターネットの情報だけでなく、紙での情報がほしいという欲求が次点の安田本発売に表れました。


2003年はどんなニュースが生まれるでしょうか。ますます活気を帯びる国内のゲームシーン、世代交代が進みつつあるドイツのゲームデザイナー界、ますます目が離せません。

クニツィアの指輪カードゲーム第2弾

| コメント(0) はてなブックマーク - クニツィアの指輪カードゲーム第2弾 

ロード・オブ・ザ・リング〜2つの塔 ラベンスバーガー社は映画公開にあわせて「ロード・オブ・ザ・リング〜2つの塔カードゲーム」を発売しました。昨年の年間ゲーム大賞でノミネートされた「ロード・オブ・ザ・リング〜旅の仲間カードゲーム」に引き続いて、クニツィアのデザインです。カードを並べて勝利ポイントを獲得していくという点で前作を継承していますが、前回が全員同じデッキを組んだのに対し、今回は手札を交換してマークを揃えるというシステムになっています。(H@LL9000

エッセンの評価2:やはり小メーカー善戦

| コメント(0) はてなブックマーク - エッセンの評価2:やはり小メーカー善戦 

 ドイツ大手ゲームサイトSpielbarでは、エッセン国際ゲーム祭2002で発売された新作を対象に、メール投票を行いました。125通の応募の結果、76位までの順位が発表されました。上位は以下の通り。ドイツのメジャーメーカーは影を潜め、代わって中小メーカーと、ドイツ国外メーカーが入りました。(Spielbar

  1位 ルーミス(Rumis/Murmel) 1.54/13

 ★2位 ワーテルロー(Waterloo/Phalanx) 1.57/14

  3位 マグブラスト(Magblast/FFG) 1.60/10

 ★4位 キーセドラル(Keytherdal/R&D) 1.66/38

 ★5位 ハイヴ(Hive/Gen Four Two) 1.68/37

  6位 ローマ(Rome/GMT) 1.73/11

 ★7位 蒸気の時代(Age of Steam/Warflog) 1.86/37

 ★8位 ズーシム(ZooSim/Cwali) 1.89/80

 ★9位 フィッシュ・フルッペ・フリカデル(Fische Fluppen Frikadellen/2F Spiele) 1.89/74

  10位 サンタフェ・レールズ(Santa Fe Rails/GMT) 1.94/16

(カッコ内左:評価…1が最高・6が最低での平均 右:投票数。順位の左についた星印はフェアプレイ誌の現地投票でも上位に入った作品)

アメリカからクニツィアの新作

| コメント(0) はてなブックマーク - アメリカからクニツィアの新作 

甘いささやき 近年ドイツ系ゲームを盛んに発表しているアウト・オブ・ザ・ボックス社では、クニツィアの新作「甘いささやき(Wheedle)」を12月16日に発売すると発表しました。「ピット」のように一斉に株券カードを交換し、同じ種類のカードで最大多数をとることをめざします。しかし中には破産する会社もあり、その株券は紙切れになってしまいます。4〜6人用の手軽なカードゲームです。(Out of the Box

 

プエルトリコ新建物

| コメント(0) はてなブックマーク - プエルトリコ新建物 

 リオグランデ社はは、一般公募で選ばれたプエルトリコの新建物14と新しい地形を英語版・画像付きのPDFファイルで公表しました。これに伴い、国内でも数サイトで翻訳が行われ、感想がアップされ始めました。これも今年のプエルトリコ人気を物語るものだと言えるでしょう。(Rio Grande Games

 ・概略の速報(Terminal City Gamers)

 ・日本語での速報(たのしくあそぼーてーぶるげーむ)

 ・日本語化タイル(The Game Gallary)

 ・ルール説明(The Game Gallary)

 ・詳細なルール説明(ボードゲームの部屋@ざる同盟)

 ・ルール説明(当サイト)

 ・感想とコメント(BARAC〜ドイツゲームの部屋〜)

 ・感想とコメント(ボードゲームの部屋@ざる同盟)

 ・感想とコメント(プエルトリコ学問所)

 ・プレイレポート(BARAC〜ドイツゲームの部屋〜)

 ・プレイレポート(A Piece of Poison) 

ボードゲームの本特集

| コメント(0) はてなブックマーク - ボードゲームの本特集 

 Exciteブックスの『ニュースな本棚』にて、「ボードゲームで盛り上がれ!」と題したボードゲーム特集を発表しました。現在の日本のボードゲームシーンを、ボードゲームに関する本を通して幅広く紹介しています。先日ボードゲームサイトで行ったアンケートも踏まえられており、たいへん面白く、勉強できる内容です。(Excite 02/12/11)

朝日新聞にボードゲーム情報

| コメント(0) はてなブックマーク - 朝日新聞にボードゲーム情報 

 朝日新聞は12月4日の夕刊(7面)で、「年末年始におすすめゲーム」と題する小特集を組みました。「家族や友達と盛り上がる」という小見出しでメビウスが紹介され、カルカソンヌ、プエルトリコ、6ニムトの3点が説明つきで挙げられています。ドイツゲームがメジャーになってきているひとつの証拠と見ることができそうです。

バンプレス10号発売

| コメント(0) はてなブックマーク - バンプレス10号発売 

 現在国内唯一のボードゲーム専門誌であるバンプレスは、12月5日までに最新の第10号が各店舗に入荷した模様です。メビウス、プレイスペース広島、イエローサブマリンなどで購入できます。レビュー6作のほか、おばけゲームを斬新な角度で切り取った特集「Boogieのあの人に聞いてみたい」など、読み応えたっぷりで380円。購入をおすすめします。(バンプレス) 

アクワイア大会、30名の参加

| コメント(0) はてなブックマーク - アクワイア大会、30名の参加 

 K.G.B.のレポートによると、12月1日に豊洲にて、しゅうさん主催によるアクワイア大会が開かれました。アクワイアはホテルを合併しながら株で儲けていく経営ゲームで、故シド・サクソンの名作として世界中のゲーム愛好者を魅了してきたゲームです。午前中にティーチング、午後から3回にわたる試合という日程で、30人の腕に覚えのある猛者が集まりました。優勝は、全戦全勝という好成績で鮎川氏。(K.G.B.) 

カレンダー