2003年7月アーカイブ

第7回マインドスポーツ・オリンピアード

| コメント(0) はてなブックマーク - 第7回マインドスポーツ・オリンピアード 

英 マインドスポーツ・オリンピアード イギリスのマインドスポーツ・オリンピアード委員会主催による第7回大会が間近に迫りました。今年は8月16日(土)から10日間にわたって43種目が行われる予定で、現在も参加者を受け付けています。

 基本的には各種目に10〜20ポンド(2000〜4000円)で参加して、勝者には賞金が出る仕組み。19歳以下、60歳以上、障害者は参加料が半額です。参加料のほかに、大会委員会が賞金のために準備するスポンサー資金が15,000ポンド(300万円)と大規模な大会です。競技種目は伝統ゲーム・アブストラクトゲームが中心ですが、ドイツ系ゲームとしては「ロストシティー」「プエルトリコ」「カタン」があります。

 競技は同じポイントぐらいの人同士で組み直しながら負け抜けをしない「スイス方式」。勝っても負けても十分に楽しむことができそうです。オンラインでも参加申し込みができますので、夏休みの思い出に参加してみてはいかがでしょうか?(Mind Sports

クニツィアのカルカソンヌ?プエルトリコのカードゲーム?

| コメント(0) はてなブックマーク - クニツィアのカルカソンヌ?プエルトリコのカードゲーム? 

米  ドイツゲームのアメリカ版に積極的に取り組んでいるリオグランデゲームズから2003年後半のリリース予定が明らかになりました。ニュルンベルクで発売されたものから好評を得たものの中に、今年のエッセンで発売される超新作が並んでいます。ドイツでの発表がまだ行われていないだけに、リークかもしれませんが非常に貴重な情報になっています。

 注目はギプフシリーズの第5弾となる「インシュ(Yinsh)」、クニツィアとヴレーデの共作、2人専用の「カルカソンヌ・城(Carcassonne: The Castle)」、おそらくアレアから同時発売されると考えられる「プエルトリコ・カードゲーム(Puerto Rico Card Game)」です。(Terminal City Gamers)

〈リオグランデ発売リスト'03後期〉

マグナ・グレキア(2003年9月)、グログロ(〃)、ロード・オブ・ザ・リング決闘(〃)、コロレット(〃)、ティチュ(〃)、ヴァンパイア(〃)、インシュ(Yinsh、2003年10月)、カルカソンヌ・城(Carcassonne: The Castle、〃)、カルカソンヌ・小拡張(Small Carcassonne Expansion、〃)、ドラキュラ(Dracula、〃)、プエルトリコ・カードゲーム(Puerto Rico Card Game、〃)、ノミのサーカス(再販、未定)、ボーナンザ拡張(〃)、ハイパーロボット(〃)、ミュー(〃)

-----
--------

米国のボードゲーム市場急成長

| コメント(0) はてなブックマーク - 米国のボードゲーム市場急成長 

 The Games Journalにアメリカにおけるボードゲームの歴史の記事。1995年のカタンのショックで市場が急速に膨らみ、ドイツ系のゲームが「ユーロゲーム」「デザイナーズゲーム」というジャンルを開いたことが触れられている。2003年4月のニューヨーク・タイムズによるとアメリカの非電源ホビーゲーム総売上は1994年の7億2千万ドルから2003年には3倍の26億ドル(3120億円)になったという。しかもモノポリー、スクラブルなどのロングセラーを含まないというから驚きだ(バネスト中野さんの情報によると、TCGのブレイクが大きいとのこと)。これはドイツ市場の約8倍に相当するもので、近年ドイツゲームのアメリカ版製作が増えている事情が理解できる。

『ポパイ』にボードゲーム記事

| コメント(0) はてなブックマーク - 『ポパイ』にボードゲーム記事 

 ポパイ7月28日号に「いまだ、ゲームを極めず。」と題してゲームの特集記事。ファミコンからPS2まで広範にゲームを取り上げる中で「ボードゲームを知ってるか?」として6ページのボードゲーム記事あり。より踏み込んだ定番ゲームの紹介や世界のボードゲーム事情など、ミニ・ボードゲーム天国の様相。担当はオフィス新大陸。(03/07/28)

仮面舞踏会

| コメント(0) はてなブックマーク - 仮面舞踏会 

 「伝説のかけらSaga(佐賀県ではない)」の遊宝洞・中村聡氏が第2弾「仮面舞踏会(マスカレード)」をエッセンで発表する見通し。キャラクターの能力を使って勝利ポイントを集めるカードゲームとのこと。日本発のオリジナルゲームとして、世界のステージでの健闘が楽しみ。(田中屋本舗)

『GetNavi』にボードゲーム記事

| コメント(0) はてなブックマーク - 『GetNavi』にボードゲーム記事 

 モノ情報マガジン・GetNaviの9月号にボードゲーム特集記事。「復活! 復刻!! ホビー大事典」と題した特集で1ページ、定番ゲームの紹介。担当はオフィス新大陸。57ページをご覧下さい。

ドイツゲーム賞、投票締め切り迫る

| コメント(0) はてなブックマーク - ドイツゲーム賞、投票締め切り迫る 

 ドイツゲーム賞、投票締め切り迫る。対象となるゲームのリストと、投票のしかたはこちら。子どもゲームが分からない人は、年間ゲーム大賞にノミネートされたものから見た目のよさそうなものに入れてみよう。(03/07/23)

ボードゲームは危険?

| コメント(0) はてなブックマーク - ボードゲームは危険? 

 ドイツのメルリッヒというところで、ゲーム中に突風でカードが舞い上がり、それを取ろうとした35歳の男性が窓から7メートル下に転落、重傷。またアメリカでは「パチーシ」をプレイ中に口論から殴りあいとなり、1人が死亡するという事件がおきた。ゲームは危険なもの?(Spielbox)

グループSNEのカードゲーム、新発売

| コメント(0) はてなブックマーク - グループSNEのカードゲーム、新発売 

 富士見書房は、今月中旬からグループSNEの安田均氏、川人忠明氏によるカードゲーム「King's Blood」を発売しました。ファンタジー世界の宮廷を舞台に、王子様と王女様をうまく組み合わせて世代を進め、一大王朝を作る配置カードゲームです。イベントカードを使ってアクシデントを起こすこともできます。ルールはシンプルで、中高生も対象にしています。1〜6人用、1800円。

 安田氏のゲームは「マーメイド・レイン」以来となりますが、テーマとしては前作よりもさらにファンタジー色を強めています。特定の層をターゲットにしたものかもしれません。ゲームとしての完成度や面白さに対する評価が待たれます。(富士見書房

カタン風のウォーゲーム、新発売

| コメント(0) はてなブックマーク - カタン風のウォーゲーム、新発売 

カタン風のウォーゲーム、新発売

| コメント(0) はてなブックマーク - カタン風のウォーゲーム、新発売 

加 インペリアル・コンクエスト カナダのゲームデザイナー、ペーター・モリソン氏は新型戦略ゲーム「インペリアル・コンクエスト」を発表しました。カタンの資源産出システムと、リスクの戦闘システムを兼ね備えたボードゲームで、広大なマップと美しいフィギュアが特徴。ルールは多くなく初心者でも十分理解できます。$49.95でメールオーダーを受付中。ホームページではルールやコンポーネントの写真も公開されています。

 非ドイツ圏で未知数の多いゲームですが、カタンもリスクも好きだという方には、両方を同時に遊べる期待作の登場です。(Imperial Conquest

広島に新ゲームショップ、そしてWANTED

| コメント(0) はてなブックマーク - 広島に新ゲームショップ、そしてWANTED 

日  広島に新しく開店した「フォーチュン」のホームページが開設されました。このショップはプレイスペース広島の輸入担当者が独立して始めたもので、クレメントーニやダヴィンチなど、日本国内での販売が手薄になりがちな領域をカバーしています。国内各ゲームショップに卸売をしていますが、通信販売で直接購入することもできます。独自に輸入ルートを持っているショップの参入で、今後の展開が期待されます。

 また同ショップでは、「ファイブシーハウス」というゲーム会社と、1980年代にアメリカにあったJanjohn Games社について代表者の現在の連絡先を高額の懸賞つきで探しています。連絡がつけば、幻のゲームのリメイクへの道が開かれるということです。(Fortune

ドン・ボーンインタビュー

| コメント(0) はてなブックマーク - ドン・ボーンインタビュー 

 「スンダ〜サフル」が日本でも発売されているオーストラリアのゲームメーカー、サガシティーのドン・ボーン氏にインタビュー。オーストラリアは市場が小さく、今のお得意様は韓国と日本とのこと。アジアも捨てたもんじゃない。(Terminal City Gamers)

アメリカ版「バザリ」発売

| コメント(0) はてなブックマーク - アメリカ版「バザリ」発売 

米 バザリ 日本でも人気の高いボードゲーム「バザリ(Basari/R.Staupe)」がアウト・オブ・ザ・ボックス社より発売になりました。ドイツでは「宝石商(Edel, Stein & Reich)」としてカードゲームにリメイクされ、日本でも高い評価を得ていますが、今度のアメリカ版はボードを採用。プレイ可能人数も4人までと原作に忠実に作られています。ボードの雰囲気を楽しみたい方や、ドイツ語テキストのカードが気に入らない方にはこちらがお薦めです。(Out of the Box

クニツィアの新作、OTBから

| コメント(0) はてなブックマーク - クニツィアの新作、OTBから 

米フィッシュ・イート・フィッシュ アウト・オブ・ザ・ボックス(OTB)社は今秋、クニツィアの新作「フィッシュ・イート・フィッシュ(Fish Eat Fish)」を発売することを明らかにしました。カードを使って魚を移動し、ほかのプレイヤーの魚を食べていきます。生き残った魚が多いプレイヤーの勝ちです。2〜5人用、8才以上。共食いをする魚のコマがよくできています。ムーンの「ヨーロッパツアー(Europa Tour)」の舞台をアフリカにしたゲーム「アフリカ10日間(Ten Days in Africa)」も同時発売予定。さらに舞台をアメリカにしたゲーム「アメリカ10日間」も企画されているようです。

 「アップルズ・トゥ・アップルズ」などのアメリカゲームで知られるOTB社ですが、次々とドイツゲームのリメイクも発表しており、注目度は一段と高まっています。(Out of the Box

『ボードゲーム天国』、7月25日発売!

| コメント(0) はてなブックマーク - 『ボードゲーム天国』、7月25日発売! 

日  竹内書店新社の発表によると、カラーページ豊富な豪華ゲーム書籍「ボードゲーム天国(パラダイス)」の2号が、今月の25日に全国書店で発売されることが明らかになりました。ゲームレビューが55本、リプレイ、ゲームデザイナー列伝などの特集記事が入って2,500円(前号より300円値下げ)。創刊号から半年以上かけ、満を持しての発売です。表紙は渋谷の109がゲーム屋さん?です。

 資料的な色彩の濃かった創刊号から、どのような2号が続くのか注目されていましたが、今回も創刊号の路線を概ね引き継ぎ、資料的なつくりになっている模様です。すべてのボードゲーム愛好者の必携本として、また日本のボードゲームシーンをさらに盛り上げるものとしてぜひチェックしましょう。(雄山閣

ロッティカロッティ1,111,111セット

| コメント(0) はてなブックマーク - ロッティカロッティ1,111,111セット 

 「ロッティ・カロッティ」の生産数が111万1111セットになったということで、ラベンスバーガーの工場でお祝いが行なわれた。ゲームの工場とはたらくおばさん・おねえさんたちを見られる珍しいチャンス。このゲームは昨年1年の売上が58万セットでラベンスバーガーの単年売上の新記録。それにしてもなぜこんなに売れるこのゲーム?(Spilen in Österreich)

デカスロン翻訳

| コメント(0) はてなブックマーク - デカスロン翻訳 

デカスロン 先日紹介したクニツィアのダイスゲーム「デカスロン」について、卓上遊戯創造館からルール和訳が発表。それ以前にもMattyanさんの日々是精進で一部訳されていたり、それにHammerさんがつっこんだり、かゆかゆさんの日記でひとりプレイレポートを載せたりと反響が大きい。ダイス以外に準備のいらない手軽さもあるだろうが、クニツィアのネームバリューはまだまだ健在のようだ。

トラベルカタン英語版

| コメント(0) はてなブックマーク - トラベルカタン英語版 

 トラベルカタンの英語版が8月にメイフェアから発売される。カプコンカタンよりも小型に作られた携帯カタンだ。コスモスのドイツ語版はすでに国内に流通しているが、カードに書かれている言葉は英語の方がよいという人にはチャンスだ。25ドル。(Terminal City Gamers)

楽天ブックスにてボードゲーム販売

| コメント(0) はてなブックマーク - 楽天ブックスにてボードゲーム販売 

日  オンラインショッピングサイトの楽天はボードゲームの特集記事を立ち上げ、同時にボードゲームの予約販売を開始しました。「カタン」「ブロックス」、エアロノートシリーズ、「ロード・オブ・ザ・リング」「エルフェンランド」「ミシシッピクイーン」「日本地図&パズルゲーム」の10タイトル。「ボードゲーム天国01号」のオフィス新大陸が火付け役となっている書店でのボードゲーム販売は、回を重ねている「ボードゲームキャラバン」とともにいよいよ現実味を帯びてきました。(楽天

「プエルトリコ」に影響を与えたゲーム

| コメント(0) はてなブックマーク - 「プエルトリコ」に影響を与えたゲーム 

 「プエルトリコ」の作者A.ザイファルトがボードゲームギークに「プエルトリコ」に影響を与えたゲームリストを公開。ゲームデザイナーはみなゼロから製作しているわけではない。好きなゲームをアレンジしたり、要素を抽出したりしてその中から「新しいもの」を作っていく。そんな過程が各ゲームに対するコメントから目に見えるようだ。(Terminal City Gamers 03/07/10)

クニツィアのデカスロン

| コメント(0) はてなブックマーク - クニツィアのデカスロン 

デカスロン クニツィアのホームページで陸上10種競技をテーマにしたダイスゲーム「デカスロン(PDFファイル)」が公開。ダイスを使って10のゲームを行い、総得点の一番高い人が優勝だ。用意するのはダイス8コだけ。著書に『ダイスゲーム大全』もあるクニツィアが、ダイスゲームの要素を隈なく取り入れたゲームとなっている。英語だが図が付いているのでわかりやすい。早速遊んでみよう!(Terminal City Gamers)

ヌルボック(Null Bock)

| コメント(0) はてなブックマーク - ヌルボック(Null Bock) 

色男 金と力はなかりけり

ハンサムなオス鹿カードで、魅力的なメス鹿を射止めるゲーム。日本ではあまり知られていませんがペールというデザイナーの個人メーカー、スフィンクスはテーマで笑わせてくれます。このゲームは昨年のエッセンで発売されました。

メス鹿の奪い合いは、中央のアリーナと各プレイヤーの前の「路地裏」で行なわれます。中央のアリーナには、最初メス鹿が集まってきます。ある程度集まると今度はオス鹿がやってきて取り合いが始まります。一番強いオスがメスを総取りできるのですが、最弱の「ヌルボック」はどんなオスにも勝ってしまうのです。「色男! 金と力はなかりけり」というやつですね。1周する間に誰も他のオスを出さなければ、アリーナのメスをゲットできます。ゲッチュー!

さて、「路地裏」の方はというと、メスよりも強いオスを出すだけで一本釣りできます。ですが、そのオスを今度はメスでハントできるのです。ハントしたオスは手札に入り、再利用できます。アリーナのオスは使い捨てですので、路地裏から優秀なオスをハントしてきましょう。ちなみに路地裏には11以上の魅力的なメスは出せません。

最後に自分のハーレムにいるメスの点数を合計し、手札に残っているメスの点数を引いて、得点となります。人にとられたくなくてメスを出し惜しみしていると、大きなマイナスを食らいます。

このように、ストーリーとシステムがしっかりかみ合っている上に、どのカードをどこに出すか悩ましい、とても面白いカードゲームでした。このところカードゲーム運がよいというこばやしさんが1位。私は高級なメスを出すタイミングを逸してしまい、だんとつビリでした。弱っちいメスでも他の人が狙い始めるとつい熱くなってしまうあたり、男のサガを見た気がしました。

Null Bock
H.ペール作/スフィンクスシュピーレ(2002年)
3〜6人用/10歳以上/45分
テンデイズゲームズ:ヌルボック

シュピールボックスに日本の記事

| コメント(0) はてなブックマーク - シュピールボックスに日本の記事 

独 Spielbox 3/03 隔月刊のドイツ・ボードゲーム専門誌「シュピールボックス」の3号(6・7月)において、日本のゲームシーンを紹介する記事が掲載されました。ひとつは「ナンバー2(久居つばき/リム)」の紹介で、「アジアの文字に日本のコミック風イラストはなじみがないが、アレックス・ランドルフへのオマージュと記されているところが目を引く」と紹介されています。販売元の住所が記されています。作者の久居氏はサンプルを編集部に謹呈したとのことで、これが実を結んだかたちとなりました。

 もうひとつは「日本ボードゲーム大賞」で、国産ゲーム部門を中心に取り上げ、1位がブロックス、2位が「オリジナルの日本ゲームで、日本語能力が必要なゲーム」としてワードバスケット、3位がカタンというところまで報告しました。また海外ゲームの入門者部門にトランスアメリカ、フリーク部門にプエルトリコと2つのドイツゲームが選ばれたことを興味深いと評しています。また定番アンケートでは「6ニムト!を抜いてカタンが一番」と報じています。

 ドイツから遠く離れたこの日本に、ドイツゲームの波が到来していることを、ドイツ人は非常に興味深く見守っていることを表すものということができそうです。

シャハトのインターアーバン

| コメント(0) はてなブックマーク - シャハトのインターアーバン 

 ブレットンボードにシャハトの新作鉄道ゲーム「インターアーバン」のレビューが掲載。タイルを並べて自分の駅から収益を上げる配置ゲームのようだ。シャハトらしいシンプルさと悩ましさが感じられる。が、しかしコンポーネントのモノ・グラフィックは何とかならなかったのだろうか? もっとそれっぽいイラストを描きこめばいいのにと思う。「アルハンブラ」だって、イラストでかなりポイントを稼いだんだから…(Brett'n Board)

創世記1503

| コメント(0) はてなブックマーク - 創世記1503 

 「カタン」のクラウス・トイバーが今年のエッセンで新作を発表!PCゲーム「創世記1503」のボード版だという。まだ詳細は明らかにされていないが、このところカタンシリーズとリメイク続きだったトイバーの久しぶりの新作(「グナーデンロス」以来か)として期待される。それにしてもトイバーは今やコスモス専属デザイナー?(03/07/02)

ドイツ教育ゲーム賞制定

| コメント(0) はてなブックマーク - ドイツ教育ゲーム賞制定 

独 ドイツの私塾「シュテュディエンクライス(Studienkreis)」と、その雑誌「ゲームと学び(spielen
und lernen)」は、新しいゲーム賞「ドイツ教育ゲーム賞(Deutscher Lernspielpreis)」を設立しました。CD-ROM・本・知育玩具を除くゲームから、一般発売ゲーム部門と未発売ゲーム部門に分けて教育効果の高いゲームを選出します。第1回目となる2003年は、140タイトル以上の応募の中から、両部門合わせて25タイトルがノミネートされました。子どもゲームだけでなく、アブストラクト系や戦略性の高いゲームも入っています。最終発表は10月30日、南ドイツゲームメッセにて行なわれます。

 この賞の新設は、ドイツの教育現場でゲームの価値が見直されてきているという状況が背景にあるものと見られ、日本でもこうした考えを取り入れた活動が盛んになることが期待されます。(Deutscher Lernspielpreis

カレンダー