2004年9月アーカイブ

カタン世界大会、日本代表決まる

| コメント(0) はてなブックマーク - カタン世界大会、日本代表決まる 

日  9月19日、新宿東宝会館クラブハイツで「カタンワールドチャンピオンシップ2004日本大会」が行われ、354名の参加者からcarrol氏、Jagariko氏の2人が優勝、10月にドイツ・エッセンで行われる世界大会の切符を手にしました。

 今回は予選で全員が3試合行い、ポイントの合計と占有率(全員の勝利点における割合)で競う方式。前回までのトーナメントと変わって、最後まで白熱した予選が繰り広げられました。予選1位通過は「関東周辺素人ボードゲーマーNo.1決定戦」をこの11月に開催するりんちゅ氏。決勝は予選の上位8名で2卓に分かれ、それぞれの1位が優勝となります。優勝したcarrol氏、Jagariko氏は予選7,8位で辛くも通過しており、その流れに乗っての優勝です。

 会場ではカプコンのキャラクターを使ったロックマンエグゼカタンが販売、また参加賞として金銀のコマセットが配布されたり、抽選会が行われたりするなど、前回に劣らぬ盛況ぶり。その中でもスタンダード版とポータブル版を販売しているはなやまが存在感を示しました。

 カプコンの動向が不安定なため、毎年開催されるか懸念の声が上がっているこの大会ですが、世界大会で2年連続決勝進出を果たしている日本勢の後続のためにも、また中学生のクラブ活動などの広がりを助長するためにも、安定した継続が望まれます。(Capcom

モノポリー世界選手権、六本木ヒルズにて

| コメント(0) はてなブックマーク - モノポリー世界選手権、六本木ヒルズにて 

日 モノポリー世界選手権 4年に1度行われ、今年第12回を迎えるモノポリー世界選手権が10月8・9日、東京の六本木ヒルズで開催されます。東京で開かれるのはアジア初。世界チャンピョンのタイトルと賞金15,140ドル(ゲームで用いられるお札の合計額。もちろん本物)をかけて世界40ヶ国の代表が戦います。

 日本からは前カナダ大会で優勝したタイトル保持者・岡田豊氏と、2001〜2004年の日本チャンピョンから勝ち抜いた植田幹浩氏が参戦。1988年の百田郁夫氏、2000年の岡田豊氏に続く栄光を狙います。

 また日本での世界選手権開催を記念して村上隆デザインモノポリー六本木ヒルズエディションが9月29日の六本木ヒルズ先行販売を皮切りに10月7日から全国発売。ボードゲームの中でも知名度の高いモノポリーの人気を底上げをはかります。日本モノポリー協会会長の糸井重里氏もほぼ日刊イトイ新聞で大会の行方を見守っており、目が離せません。見学できるかどうかは、リンク先で発表される予定。(日本モノポリー協会

メビウス便9月

| コメント(0) はてなブックマーク - メビウス便9月 

9月のメビウス頒布会は10月中頃にずれこみ。アミーゴの新作4点ポンペイの沈没6ニムトボード版ワイン商人プレゼント、ラッツィアとカタンの新シリーズカンダミール。(9/25)…実際に来たもの

ドイツ年間ゲーム大賞、独自に授賞式

| コメント(0) はてなブックマーク - ドイツ年間ゲーム大賞、独自に授賞式 

独 9月18日、ニュルンベルグにてドイツ年間ゲーム大賞の授賞式が行われました。発表は6月28日にベルリンで行われていましたが、これと別個に授賞式が正式に行われるのは初めて。式にはバイエルン州家族相のC.シュテーヴェンス氏が出席してお祝いを述べ、続いて大きな大賞マークのぬいぐるみが見守る中、アメリカから招かれたA.R.ムーン氏、デイズ・オブ・ワンダーのP.ガウビル氏(以上乗車券)、ルクセンブルグから招かれたM.シャーネン氏、ドライマギアのK.カップラー氏(以上オバケだぞ〜)に審査員からトロフィーと証明書が渡されました。

 その後地元のサークルなどの協力によりゲームパーティが開かれ、南ドイツのゲーム関係者が集まって推薦リストのゲームをプレイ、交流を深めました。今年から選考方法を変更するなど、審査委員会はこれまでの実績にこだわることなく、新しい潮流を模索しています。(Spiel des Jahres

プレイスペース広島でクリアランスセール

| コメント(0) はてなブックマーク - プレイスペース広島でクリアランスセール 

プレイスペース広島でクリアランスセール。人気フリークゲームや子どもゲームが2〜3割引。10月12日まで。

ボードゲームシンポジウム、大阪で開催

| コメント(0) はてなブックマーク - ボードゲームシンポジウム、大阪で開催 

日 世界のボードゲームを広める会『ゆうもあ』は11月8日(月)、大阪にてボードゲームシンポジウム「日本ボードゲーム界の現状と課題」を開くことを発表しました。ボードゲーム専門のテーマでシンポジウムとしては国内発。クリスマス商戦を前に、親睦と情報交換を通してボードゲームの魅力を見直し、普及活動やビジネスに生かそうという試みです。

 パネリストには中野将之氏(ゲームストアバネスト)、中村聡氏(遊宝洞)、神下英輝氏(ビバリー)、岩城敏之氏(キッズいわき)、宮野亮氏(ジョルダン)という普及を支える国内の代表的なボードゲーム関係者が参加。それぞれの立場から講演とディスカッションを行います。3時間にわたるシンポジウムの後は懇親会も設けられており、情報交換だけでなく人的交流もはかることができます。

 会場はメルパルクOSAKA(新大阪駅徒歩7分)で13:30〜。参加費4,000円(会員割引あり。懇親会費+5,500円)、定員40名。予約はFAXかメールにて。(ゆうもあ

フィンランド年間ゲーム大賞にカルカソンヌ

| コメント(0) はてなブックマーク - フィンランド年間ゲーム大賞にカルカソンヌ 

カルカソンヌフィンランド年間ゲーム大賞を受賞。実は10年以上続いている賞だ。子ども部門ははちゃめちゃジェットコースター。各所で言及されることが多いのに、国内のどこでも取り扱っていないという謎の一品。(Spielbox-online)

IGA2004、大賞にサンクトペテルブルグ

| コメント(0) はてなブックマーク - IGA2004、大賞にサンクトペテルブルグ 

米 IGA 国際ゲーマーズ賞(International Gamers Award)選考委員会は21日、先月発表されたノミネート作品から、今年の国際ゲーマーズ賞を発表しました。一般ストラテジー・多人数部門はサンクトペテルブルグ。ドイツゲーム賞に引き続く受賞で、世界中の愛好者を魅了していることを示しました。2人部門は戦争シミュレーションゲームのメモワール '44。フランスのメーカーですが、デザイナはアメリカで数多く2人用シミュレーションを発表しているボーグです。

 この賞は「ベスト中のベスト」としてグローバルに推し進められていますが、前身の「ゲーマーズ・チョイス」の流れからアメリカのコアなゲーム愛好者の意見が多く反映されているようです。その分、ドイツゲーム賞以上にフリークに支持されるゲーム賞の色が濃く、国内のフリークからも注目されることになるでしょう。(Boardgamegeek

【IGA2004 一般ストラテジー多人数部門】

 ・サンクトペテルブルク(M.Tummelhofer / HiG)

【IGA2004 一般ストラテジー2人部門】

 ・メモワール'44(R.Borg / DoW)

ドイツゲーム賞にサンクトペテルブルグ

| コメント(0) はてなブックマーク - ドイツゲーム賞にサンクトペテルブルグ 

独ドイツゲーム賞 フリードヘルム・メルツ社は15日、今年のドイツゲーム賞(Deutscher Spiele Preis)を発表しました。昨年の1,937票を上回る新記録2,341票の投票から選ばれた金賞はダントツでサンクトペテルブルグ。銀賞にサンファン、銅賞にゴアと、フリーク向けのゲームが並びます。

 サンクトペテルブルグは昨年のアメン・ラー、一昨年のプエルトリコと同様、軽めのゲームが受賞している近年の年間大賞でノミネートどまり。一般層への拡大という方向とフリークの満足という方向との間に溝が深いことを再び浮き彫りにしました。

 さらに銅賞のゴアをはじめ、8位の暗闇の大広間、9位のハンザ、10位のシャングリラの橋は年間大賞で推薦リストにも入っておらず、フリークが年間大賞に背を向けている状態。それを反映してか、フリーク路線を行ったハンス・イム・グリュックが3タイトルも上位で入賞させました。

 ドイツ子どもゲーム賞は年間大賞ノミネート作品墓場の吸血鬼、金の羽根模範ルール賞はアレアの五番街が受賞しています。(Merz Verlag

【ドイツゲーム賞2004】数字は獲得ポイント

 金賞:サンクトペテルブルグ(M.Tummelhofer / HiG) 3935

 銀賞:サンファン(A.Seyfarth / alea) 3365

 銅賞:ゴア(R.Dorn / HiG) 2344

 4位:アッティカ(M-A Casasola Merkle / HiG) 2121

 5位:頭脳絶好調(R.Knizia / Kosmos) 1888

 6位:乗車券(Alan R. Moon / DoW) 1532

 7位:マハラジャ(M.Kiesling&W.Kramer / Phalanx) 1349

 8位:暗闇の大広間(F.Friese / 2F) 1072

 9位:ハンザ(M.Schacht / Abacus) 797

 10位:シャングリラの橋(L.Colovini / Kosmos) 625

【ドイツ子どもゲーム賞2004】

    墓場の吸血鬼(N.Proena / Zoch)

【金の羽根・模範ルール賞】

    五番街(W.Manz / alea)

サンクトペテルブルグ、ルール刷新

| コメント(0) はてなブックマーク - サンクトペテルブルグ、ルール刷新 

サンクトペテルブルグのルールブック刷新。図解を多くしてわかりやすくしたもので、メーカーのホームページからダウンロード可。ルール変更はなし。8ページのルールと、コンポーネントなどを説明したリファレンス(ともにPDF)。

アスモデー、デカルトを買収

| コメント(0) はてなブックマーク - アスモデー、デカルトを買収 

仏 フランスのゲームメーカー・アスモデー(Asmodee)は9月3日、同じくフランスのゲームメーカーであるデカルト出版(Jeux
Descartes)を買収したことを発表しました。これによりデカルト出版のレーベル「オイロゲームズ」「ブルーゲームズ」も譲渡され、フランスのゲーム界を牽引してきたデカルト出版は25年の歴史を閉じることになりました。

 フォーミュラ・デドラゴンデルタエボ犬の生活などで知られるデカルト出版は80年代にゲーム雑誌『遊びと戦略』を出版するなど広くゲーム界に貢献。しかしここ3年ほどヒット作に恵まれていませんでした。ドラゴンゴールドドラコカンパニーなどを発表しているフェドゥッティは販売店も巻き込んだ変革を伴うことに懸念を表明しています。

 なお、今年のエッセン国際ゲーム祭でデカルト出版から発売される予定だった円卓の騎士は発売が延期となりました。(Spielbox-online

注目の国産ゲーム、相次ぎ発表(2)

| コメント(0) はてなブックマーク - 注目の国産ゲーム、相次ぎ発表(2) 

日  2年連続の日本ボードゲーム大賞受賞で勢いに乗るビバリーは9月10日、純国産のオークションゲーム 気分は億万長者!を発売します。ナンバー2の作者、久居つばき氏が約10年前にメビウスで販売し幻のゲームとされていたアニマルオークションが原案。主にトイザらスでゲームを見つけて購入する日本の一般ファミリー層向けに「よりシンプルで、よりわかりやすい」商品作りを目指したシンプルな競りゲーム。今後はブロックスとともにテレビCMも入る予定です。税込3465円。

 さらにピラミッド・ピラミッドを発売したばかりのホビーベースからはサタスペボードゲーム 大大阪〜DIE DIE BANG〜が発売されました。架空の大阪を舞台にしたシリーズRPGサタスペをボードゲーム化したもので、集合離散を繰り返す犯罪組織の中で、その場限りの盟約を結んでミッションを解決し、報酬を獲得していきます。税込3990円で名古屋バネストから発売中。

 今年の日本ボードゲーム大賞も間近に迫り、日本ゲーム部門の候補をめぐる争いはいよいよ白熱してきました。

スウェーデン人がメビウス訪問

| コメント(0) はてなブックマーク - スウェーデン人がメビウス訪問 

スウェーデン人pinkunicorn氏による東京ゲームショッピングレポート(123)。「(メビウスで会った人が)日本のゲーム市場は小さくてほとんどのゲームが翻訳されていないと嘆いていた。」メビウスでそんなことを言った強者は誰?

24時間カタン

| コメント(0) はてなブックマーク - 24時間カタン 

第10回ゲームワールド(ビーレフェルト、11/13,14)で24時間カタン開催。カタン発売10周年にちなんだもの。3〜4人1チームで6チームが広大なマップを開拓していく。トイバー氏による独自ルールを適用。応募はカタン10周年のお祝い(詩、歌、ビデオクリップetc.)を添えて。お祝いの面白かったチームに出場権が与えられる。日本でもやってみたい?(spielbox-online.de)

ホフマン80才

| コメント(0) はてなブックマーク - ホフマン80才 

カフェ・インターナショナルドラダマエストロなどの作者ルディ・ホフマン氏が8月30日で80才。ゲームを発表しはじめて約40年。誕生日おめでとうございます。記念に何か遊んでみては?(spielbox-online.de
9/1)

カレンダー