2004年12月アーカイブ

カップルのためのゲーム大賞

| コメント(0) はてなブックマーク - カップルのためのゲーム大賞 

カップルのためのゲーム大賞2004の佳作(候補作品)が発表。2人専用ゲームだけでなく、2人で楽しい多人数ゲームも入れたリストになっている。クリスマスに2人で過ごしたい方に!(わんこのページ)

セレクタに中高年向けシリーズ

| コメント(0) はてなブックマーク - セレクタに中高年向けシリーズ 

子どもゲームで快進撃を続けるセレクタが新たなシリーズセレクタ・ノビーレを発表。50才以上をターゲットにし、「ゲームは壮年期に精神を鍛える」をモットーに展開する。第一弾はドイツゲームの基本、メモリーゲーム(神経衰弱)。(Spielbox-online)

コロレットのバリアント

| コメント(0) はてなブックマーク - コロレットのバリアント 

手軽で悩ましいカードゲーム・コロレット点数計算のバリアント。点数が激増するバブリーバージョンと、集めすぎると減ってしまう中庸バージョン。(Spielbox-online)

ニュルンベルク新作情報

| コメント(0) はてなブックマーク - ニュルンベルク新作情報 

ニュルンベルク2005の最新情報。相変わらず再販とリメイクの嵐だが、王と枢機卿のリメイクチャイナはほしいかも。(Gamefest)

日本ボードゲーム大賞、ネット投票開始

| コメント(0) はてなブックマーク - 日本ボードゲーム大賞、ネット投票開始 

日 日本ボードゲーム大賞 世界のボードゲームを広める会『ゆうもあ』主催による日本ボードゲーム大賞2004のネット投票ページが本日から開きました。今月中旬から発表されていたノミネートリストの中から、4部門について各3つまで投票する形式です。

 昨年まで外部団体の推薦からノミネートを作っていたゆうもあは、今年からスタッフ推薦と独自の選考機関によるノミネートを作成。輸入代理店の売れ筋情報も加味しながら4部門35タイトルに絞り込みました。この中から一般投票によって2月に大賞が発表されます。

 投票はネットのほかにもショップ、ゲームサークルなどでも受付中。年末年始で人が集まるときに候補作品を遊んでみるのも一案。遊んだことのあるゲームが少ない人でも「面白かった!」という作品があればぜひ投票に参加しましょう。〆切は1月末日。(ゆうもあ

Spielboxの紹介記事(独)

映画とボードゲーム

| コメント(0) はてなブックマーク - 映画とボードゲーム 



インドでの思いがけない出会いが映画。多くがボンベイ(現ムンバイ)で作られているのでボリウッド映画と呼ばれ、人口10億人のインドだけでなく東南アジアやアラビア諸国に輸出されて観客数はハリウッド映画をしのぐと言われる。1作約3時間という長さと途中に必ず入るダンスが特徴。


これらの映画について調べているうちに、映画とボードゲームとの奇妙な共通点に気がついた。



  1. 監督=デザイナー……有名な監督が作ればそれだけで話題になる。しかしそれが常に面白いとは限らず、ハズしたときには普通の映画以上の酷評にさらされることになる。最近のトイバーやクニツィアなんかがそんな感じだ。

  2. 筋書き=システム……古典的な筋書きでも、一工夫加えるか否かによって陳腐にも斬新にもなる。しかし手の加え方がまずいとオリジナル以上に悪くなることも。オリジナリティといっても、全く未知のものではなくて従来品のアレンジなのである。

  3. 俳優=コンポーネント……どんなにすぐれた筋書きでも、出てくる俳優が安っぽいのでは台無し。一目で心を惹くぐらいの魅力があるとよい。美しいイラストや質感のあるコマは不可欠だ。

  4. 1回性……ここが強調点だが、たいていの映画は1回しか見ない。2回以上見るのはよほど面白い映画か古典的名作に限られるだろう。面白い映画は見るたびに別の魅力を投げかける。それが深さというものだ。この頃のボードゲームも、1回しか遊ばない場合が非常に多い。よほど面白いか、古典的名作でもない限り2回以上遊ぶのは稀だ。理由は次々と新作が発表されるからだが、本当の理由は何度も遊びたいと思わせる魅力をもったゲームが少ないからだと思う。


このことから引き出した結論は、「カードゲームは気軽に買ってもよいが、ボードゲームは慎重に」である。映画代が1,800円だとして、それぐらいの値段のカードゲームならば1回遊んでつまらなくても財布は痛くない。しかし5,000円を超えるボードゲームは3回遊ばなければ元が取れないことになる。しかし皮肉なことに、カードゲームは気軽に何度も遊べる一方で、ボードゲームを何度も遊ぶのは相当な時間とエネルギーを要する。


棚を見てみると1回しか遊んでいない、あるいは1回も遊んでいないボードゲームがたくさん…悲しいことだがこれが愛好者の性というものだろうか?


メビウス便12月

| コメント(0) はてなブックマーク - メビウス便12月 

12月のメビウス頒布会は引き続きエッセン新作。カタンの新シリーズカンダミール、レースゲーム80日間世界一周、ゴルトジーバー起死回生をかけたピラニアペドロの3点。オプションも充実。アベカエサルのリメイクキュージェット、豪華版木製カルカソンヌディ・スタット、ドライマギアからすなばでかくれんぼ、オバケだぞ〜拡張セットゴキブリポーカー、マンマミーア拡張ソレミーヨ。(12/4)

第1回アルハンブラ大会「アルハンブラに行きたいか〜!」

| コメント(0) はてなブックマーク - 第1回アルハンブラ大会「アルハンブラに行きたいか〜!」 

独  クイーンゲームズは2003年の大賞受賞作アルハンブラの第1回ドイツ大会を開催しています。4月から各地で行われた予選を勝ち抜いた40名が12月4日ケルンに集合。しかしここで行われるのは準決勝です。

 決勝は4日後、ジャーマンウィングス航空スペイン行きの機内にて。準決勝の上位3名が招待されます。高度1万メートルでの決勝戦は、優勝者にアルハンブラ1週間の旅をプレゼント。2位と3位のプレイヤーはバルセロナ空港で25分だけ過ごし、ドイツに帰らなくてはなりません。

 参加者にとってはシビアな決勝ですが、1メーカーがここまでの大会を主催できるというドイツゲームの体力の強さを思い知らされます。(Spielbox-online

オタク向けギフト

| コメント(0) はてなブックマーク - オタク向けギフト 

2004年オタクにぴったりのクリスマス・ギフト案内にブロックス。米国の科学オタク向けギフトガイドより。ボードゲームオタクはブロックスなど当然持っているので贈らないように!(Infoseek)

究極のトップ50はフリーク寄り

| コメント(0) はてなブックマーク - 究極のトップ50はフリーク寄り 

白  ベルギーのゲーム愛好家Y.ベーレン氏がホームページにて、毎月「究極のトップ50」リストを更新しています。このリストはヨーロッパ6カ国とアメリカの26ウェブサイトから、最低3つのサイトで言及されたものを多い順にランクインさせるもの。これまではベルギー語で書かれていましたが今月から英語版が公開されました。

 12月期のランキングは1位からプエルトリコチグリス・ユーフラテスサンファンエルグランデフィレンツェの匠カタンカタン都市と騎士カタンカードゲームトーレスメディナの順。上位は順位変動が少なく、日本でも根強い人気のゲームが並びます。

 全体としてフリーク寄りのゲームリストになっていますが、世界的なトレンドを見る上で重要な資料となりそうです。ランキング上位のゲームで遊んでいないものがあったら試してみるのもよいかもしれません。(Yvesiezi

お気に入りのコレクション写真でコンテスト

| コメント(0) はてなブックマーク - お気に入りのコレクション写真でコンテスト 

独  戦略性の高いボードゲームでゲームフリークの信頼をつかんでいるアレアが、「アレアのゲーム棚写真コンテスト」を始めました。アレアのゲームが棚にずらりと並んでいる写真を送り、オリジナルで機知に富み、面白い写真が何枚かホームページに掲載されます。その中から訪問者が投票し、「勝利のゲーム棚」を選出。選出された人と投票した人にはアレアの新作がプレゼントされます。

 締め切りは2005年1月16日。送り先はこちら(jpg形式にて)。アレア・コレクターの方は気軽に挑戦してみてはいかがでしょうか。(Alea

カレンダー