2006年9月アーカイブ

ゲームの梱包

| コメント(0) はてなブックマーク - ゲームの梱包 



国内でゲームを買うと、ショップでもオークションでもきっちりとした包装をして送ってくれる。1箱1箱をエアーキャップ(プチプチ)で包み、さらにそれをダンボール箱に詰めて、隙間に新聞紙などの緩衝材まで入れて、もうこれ以上ないほど完璧な包装。これならゲームの箱が傷ついたり、ひしゃげたりすることはまずあり得ない。


一方ドイツはというと、ゲームがありふれたものだという認識のせいか、いい加減なものも多い。先日オークションで手に入れた品は、大きさの違う何箱かを重ねてビニールで包み、ガムテープでぐるぐる巻きにしただけのもので外見から何箱重なっているかが分かるほどだった。よく潰れないで着いたものだと思う。インドからゲームを送ったときは、荷造りの段階でおっちゃんが体重をかけて「圧縮」したおかげでゲーム箱はほぼ全壊していた(それでもインドからの場合は、着いたこと自体で喜ぶべきかもしれない)。


それは極端な話でも、エアーキャップ包装など滅多になく、段ボール箱にそのまま詰めて、隙間にぞんざいに丸めた新聞紙をいれるだけであることが多い(たまにボードゲームの紹介が載った新聞が気を利かせて入っているもあるが)。もっとも、こちらも店をやっているわけじゃないし、この包装だって箱の角さえ潰れることは滅多にない。


しかし梱包以前の問題がある。ドイツのオークションでは品名によく「NEU」とか「OVP」とか書いてある。「NEU」は未開封新品のことで、それはいい。しかし「OVP」というのは「Originelle Verpackung」、つまり元々の箱に入ってますという断り書きなのだ。


プラモデルやラジコンで、箱を捨ててしまうことがある。でもそうすると商品価値は大幅に下がるので、後で売ることを考えている人は箱を捨てない。ボードゲームでも同じで、箱を取ってあることを「OVP」と表している。


初めに「OVP」の意味を知ったとき、「そんな当然のことをわざわざ?」と思ったが、その直後に「じゃあ、OVPと書いてないゲームは……」と気づいて妙に不安になった。日本でも圧縮のために箱を捨ててしまう人がいるが、それを出品することはまずあり得ないだろう。それを平気で出品するドイツ人が?


幸いにして今のところ、箱なしで送られてきた品はない。


最近のブログ記事

カレンダー