2008年7月アーカイブ

R.ホフマン逝去

| コメント(0) はてなブックマーク - R.ホフマン逝去 

ホフマンドイツのゲームデザイナー、R.ホフマン氏が7月18日逝去した。83才。

60年代後半からゲームを発表し、『カフェ・インターナショナル』でドイツ年間ゲーム大賞を受賞。『マエストロ』や『ミニスター』などで6回ノミネートされている。『マエストロ』や『ミニスター』では自らイラストも手がけた。

ご冥福をお祈りします。

spielbox-online:Spieleautor Rudi Hoffmann ist tot
TGW:ルディ・ホフマン

シュミット社、ドライマギアを買収

| コメント(0) はてなブックマーク - シュミット社、ドライマギアを買収 

ドライマギアベルリンのゲームマーカー、シュミット社は7月1日、ドライマギアのレーベルを買収した。子どもゲームやファミリーゲームで数々の名作を作り出してきたドライマギアのブランドは、創業者J.リュッティンガー氏とK.カップラー氏の手を離れることになる。

ドライマギアは『すすめコブタくん(Rüsselbande)』、『オバケだぞ〜(Geistertreppe)』、『魔法使いの夜』などの子どもゲームから、『ごきぶりポーカー』、『サメ警報』などの手軽なカードゲームまで、親しみやすいゲームを発表してきた。今年のドイツ年間ゲーム大賞では『ごきぶりサラダ』が推薦リストに挙がっている。

販売についてはハンス・イム・グリュック社やアドルング社と同様にシュミット社に任せてきたが、このたびから販売だけでなく、開発と生産も委譲することになる。リュッティンガー氏の健康上の理由によるもので、ゲーム制作から手を引き、絵本の著作活動などに従事するとしている。

シュミット社の社長A.カルデンホーフェン氏は「高い創造的な独自性で有名なドライマギアのブランドにふさわしい生産・販売能力を調達するつもりだ。そうすることでこれまでもよく知られた革新的なアイデアをもつドライマギアのブランドを守っていきたい。」とコメントしている。シュミット社が既存の製品のほかに、ドライマギアのブランドで新作を作るかどうかはまだ明らかでない。

Brandora:Schmidt übernimmt Markenrechte des Drei Magier Spiele-Verlags

人生の賭けに勝利〜年間ゲーム大賞のデザイナー

| コメント(0) はてなブックマーク - 人生の賭けに勝利〜年間ゲーム大賞のデザイナー 

(アウグスブルグ・アルゲマイネ誌 7月11日)
ライナー・クニツィアはゲームデザイナーである。彼との電話インタビューはまるでカヌーに乗っているかのようだ。彼は話しているうちにアイデアを秒単位で出してくる。「ボードゲームはシンプルで、ルールが短くなければなりません。目的とハードルがすぐに分かって、それでいて深いゲームにしなくては……」口角泡を飛ばす勢いだ。ライナー・クニツィアはアイデアの泉である。1年に50のボードゲームをデザインする。生まれはイラーティッセン、今は世界で最も有名なデザイナーのひとりである彼は、今回2つのヒットを飛ばした。彼のボードゲーム『ケルト』が2008年の年間ゲーム大賞を、電子機械を使った謎解きゲーム『誰だったでしょう?』が年間キッズゲーム大賞を受賞したのだ。

ライナー・クニツィアに受賞のお祝いをするのは電話だって容易ではない。数学博士の彼はロンドンのウィンザーに住んでいるが、職業柄世界中を旅行している。ちょうどオハイオ(アメリカ)の大きなゲームフェアから帰ってきたところだ。「4万人の訪問者がそこで新しいボードゲームを遊び、メーカーは新作を発表するのです。」とクニツィアはいう。

アメリカに旅行中だったため、年間ゲーム大賞の授賞式には残念ながら出席できなかった。ワシントンDCで乗り換えた後に帰りの飛行機が遅れて、彼に年間ゲーム大賞が手渡されるはずのベルリンに行く飛行機に乗れなかった。

フェデュッティゲーム賞に『エイジ・オブ・エンパイアIII』

| コメント(0) はてなブックマーク - フェデュッティゲーム賞に『エイジ・オブ・エンパイアIII』 

フランスのゲームデザイナー、B.フェデュッティ氏は今年のベストゲーム「私の年間大賞(Mon jeu de l'année)」に『エイジ・オブ・エンパイアIII(Age of Empires III)』を挙げた。個人選出の賞ながら毎年選ばれているこの賞は、ロゴであるひげつきのポーンマークを印刷するメーカーが現れるなど影響力は少なくない。

『エイジ・オブ・エンパイアIII』はマイクロソフト社のPCゲームをボードゲーム版にしたもの。ヨーロッパ列強がアメリカ大陸に植民地を広げる陣取りゲームである。2〜6人で遊べ、プレイ時間は120分。アメリカのボードゲームデータベース、ボードゲームギークの評価では25位(本日現在)と上位につけている。

アクション選択は『ケイラス』以来さまざまなゲームに用いられている「道システム」(順番にコマを置いて早い者勝ちで選ぶ)を採用。フェデュッティ氏はこのシステムが今のトレンドだと言っている。次点として挙げられた『護民官(Tribun)』、また『キングスブルク』、『ストーンエイジ』、『キューバ』、『アグリコラ』でもこのシステムが用いられている。

大賞発表に先立ってノミネートされていた11作品は以下の通り。

【フェデュッティ・マイ年間ゲーム大賞2008】
大賞:エイジ・オブ・エンパイア3(Age of Empires III / G.ドローバー / トロピカルゲームズ)
ノミネート:エケトープ、エルカピタン、ローマの栄光(Glory to Rome)、キングスブルク、メトロポリィス、パンデミック、文字と絵(Scripts and Scribes)、戦時(Senji)、シャンハイ、護民官、ウィザードのギャンビット(Wizard's Gambit)

Bruno Faidutti:Mon jeu de l'année 2008
moon Gamer:Age of Empires III

明日のUrventはオバケ特集

| コメント(0) はてなブックマーク - 明日のUrventはオバケ特集 

東京・千駄ヶ谷のカジュアルダイニング「ジパング」にて定期的に開催されている酒とボードゲームのイベント「Urvent(アーベント)」が明日の6日(日)に開かれる。今回は夏を迎えてオバケ特集。オバケが登場するボードゲームを遊んで暑さを吹っ飛ばそうという企画だ。

今回は浴衣・甚平を着ていくと会費が600円引き、女性はいつも通りサイコロを振って目の数×100円割引となる。時間は12:00〜21:00で何時に来てもOK。初めての人も安心のイベントなので誘い合っていってみてはいかが。問い合わせ・参加申し込みは下記のリンクを参照のこと。

Urvent:7月は夏らしくオバケのボードゲームで遊ぼう

オリジンズ賞に『スタークラフト』

| コメント(0) はてなブックマーク - オリジンズ賞に『スタークラフト』 

6月25日から5日間にわたって、アメリカ・オハイオ州のコロンバスで第34回オリジンズ・ゲームフェアが開かれた。28日には恒例のオリジンズ賞が発表され、ボードゲーム部門では『スタークラフト(StarCraft)』が受賞した。

オリジンズ・ゲームフェアはTCG、TRPG、ミニチュアゲームを含む非電源ゲームの総合イベント。アメリカを代表する大イベントで、今年は169企業が出展した。

オリジンズ賞はゲーム制作に携わる専門家で構成されるアカデミー・オブ・アドベンチャー・ゲーミング・アーツデザイン(Academy of Adventure Gaming Arts and Design)が選定に携わる。メンバーの投票から上位5タイトルがノミネートされ、最終投票で大賞が決められる仕組み。TCGやTRPGなど13部門もある。

ボードゲーム部門で大賞に選ばれた『スタークラフト』は、同タイトルのコンピュータゲームをファンタジーフライト社がボードゲーム化したもの。大量のミニチュアコマとカードが入っており、プレイ時間も3時間と長めの重量級ゲームだ。惑星を渡り歩きながら資源を集めたり戦闘を繰り広げたりして勝利点の獲得目指す。

カードゲーム部門には『ゾンビ・フラックス』、歴史ボードゲーム部門には『エイジ・オブ・エンパイアIII』が選ばれた。これもPCゲームのボードゲーム版だ。ノミネートにはドイツゲームも含まれていたが、受賞したのは全てアメリカのゲームとなった。

【オリジンズ賞2008】
ボードゲーム/拡張部門
大賞:スタークラフト(StarCraft / C.コニーツカ、C.ピーターセン / FFG)
ノミネート:
バッチュー(Battue / J.ロング / レッドジャッジメント)
キングスブルク(Kingsburg / A.チャベルジオほか / エルフィンヴェルクス)
ラストナイト・オン・アース(Last Night on Earth / J.ヒル / フライングフロッグ)
大聖堂(Pillars of the Earth / M.リーネック、S.シュタドラー / メイフェア)

トラディショナルカードゲーム部門
大賞:ゾンビ・フラックス(Zombie Fluxx / A.ルーニー / ルーニーラボ)
ノミネート:
破産(Bankruptcy / G.ハビンガー、C.キッシー / タンジェント)
残酷な洞窟(Cutthroat Caverns / C.カバートほか / スミーク・ダガー)
偽装新案(Infernal Contraption / M.ウィルソン / プライベティア・プレス)
ライフボート(Lifeboat / J.シアデク / ゴリラゲームズ)
レース・フォー・ザ・ギャラクシー(Race for the Galaxy / T.レーマン / リオグランデ)

Origins Game Fair公式ページ
The Academy of Adventure Gaming Arts and Design:34th Annual Origins Awards winners
Boardgame News:Nominees for 34th Origins Awards
Fantasy Flight Games:StarCraft(動画)

マナーは人を排除するためのものではない

| コメント(0) はてなブックマーク - マナーは人を排除するためのものではない 

このごろよく、ゲーム中のマナーが悪い人の話を聞く。特に過剰・不当なアドバイス(おせっかいや利益誘導)あたりが槍玉に挙げられるようだ。

確かにメンバー次第でゲームの(感情面での)楽しさがずいぶん変わるから、マナーが悪い人と遊びたくないという気持ちは分かる。でもだからといってそういう人を排除するのも大人気ない。マナー違反を推奨するつもりはないが、多少の悪さはポジティブに捉えられるくらいの心の余裕があったらいいのではないだろうか。

以前、「困るんです〜紳士淑女の嗜みとしてゲームを楽しむために〜」という論考を書いたとき、バネストの中野さんから頂いたコメントが印象に残っている。

ただ、これを全部守っちゃった人とも一緒にゲームを遊びたいとは思いません。それに、いずれも軽微ならばそれはそれでその人のアクセントとなります。わたしはこれを、「杓子定規で守らなければダメ」、ということにはならないことを望みます。

マナーに気をつけすぎると、どうしても無口になってゲームが盛り上がらない。気遣いしすぎては思い切った手も打てないだろう。その人その人の素の持ち味が出てきてこそ、ゲームは楽しくなる。 屈託のない会話こそ、ボードゲームの楽しさの大きな部分を占めるものだ。

小さな迷惑はむしろ対人で遊ぶ醍醐味とも言える。「人に迷惑をかけてはいけない」というのを至上命令のように考える人も多いが、世の中はお互い大なり小なり迷惑を掛け合って生きているというのが実情だろう。それなのに自分の迷惑を棚に上げて、人の迷惑を許さないというのはいかにも狭量だ。

アドバイスがおかしいと思ったら「自分はこう考える」と(ケンカ腰でなく)返してみたらどうだろう。ひとつの局面にいろんな見方があることがお互い分かるかもしれない。そしてアドバイス通りにやってもやらなくても、決めるのは自分。王様の命令ではないのだから気にしすぎることもない。

どんな人とでも、どんな場面でも楽しんだ人が勝ちですよ。

(この論考は、マナーの悪い人を排除するような人とは遊びたくないという話ではない。マナーの悪い人を排除するというのも、哀れで愛しいひとつの性格として受け入れたいということである。でも、当然私にも我慢の限界はある。)

『寺門興隆』に紹介されました

| コメント(0) はてなブックマーク - 『寺門興隆』に紹介されました 

今月1日発売の月刊誌『寺門興隆』に「ボードゲームを日本に広める青年住職の技」という記事で私が紹介された。私の生い立ちから『ウサギとハリネズミ』の遊び方まで詳しく紹介されていて、嬉し恥ずかしである。 もしご興味のある方がいらっしゃったらどうぞ。一般書店では取り扱っていないが、紀伊国屋書店などで入手可能。
http://www.kohzansha.com/jimon.html

日テレ衛星放送でボードゲーム特集

| コメント(0) はてなブックマーク - 日テレ衛星放送でボードゲーム特集 

日本テレビの衛星放送「日テレG+おとな館」にて、梅雨の過ごし方の提案としてボードゲーム特集が放送された。バックナンバーの動画が読売新聞のホームページで公開されている。

「ボードゲーム再発見」と題されたこの特集では、ボードゲームサークル「ボードウォーク・コミュニティー」代表で大阪商業大学アミューズメント産業研究所の研究員も務める高橋浩徳氏が案内役となった。構成はおなじみの『モノポリー』から始まり、ドイツゲームに進んでいく。『モノポリー』についてはネガティブな評価も載せているところがポイントだ。

ドイツゲームでは『スコットランドヤード』や『ガイスター』など10タイトルものゲームが紹介され、中には日本人デザイナーの川崎晋氏がアメリカから発売した『カルタゴの貿易商』も。キャスターが実際に遊ぶ様子も収録され、ボードゲームの面白さがリアルに伝わってくる。

「おとな館」は読売新聞記者ら多彩なゲストが生活を豊かにするための話題を提供する週刊番組。幅広いテーマで専門家を招き特集を組んでいる。

日テレG+:ボードゲーム再発見

カレンダー