2008年8月アーカイブ

IGA2008ノミネート

| コメント(0) はてなブックマーク - IGA2008ノミネート 

IGA国際ゲーマーズ賞(International Gamers Award)選考委員会は今年のノミネート作品を2部門計15タイトル発表した。昨年の7月1日から今年の6月30日にリリースされた新作の中から、19名の審査委員がノミネートした作品は以下の通り。

フリーク寄りのエクスパートが選んでいるだけに、今年話題になっている重量級ゲームが軒並みノミネートされている。ちなみに昨年の大賞は『スルー・ジ・エイジ(Through the Age)』と『ミスタージャック(Mr. Jack)』。今年の大賞は10月24日14時頃、エッセン国際ゲーム祭開催中に会場で発表される。

【国際ゲーマーズ賞2008ノミネート作品】
一般戦略ゲーム・多人数部門
アグリコラ(Agricola / ルックアウト)
ブラス(Brass / ウォーフロッグ)
ハンブルグム(Hamburgum / エッゲルト)
ドラゴンイヤー(Im Jahr des Drachen / アレア)
キングスブルグ(Kingsburg / ストラテリブリ)
パンデミック(Pandemic / Zマン)
レースフォーザギャラクシー(Race for the Galaxy / リオグランデ)
ストーンエイジ(Stone Age / ハンス・イム・グリュック)
ブリキ職人の小道(Tinners' Trail / ツリーフロッグ)
護民官(Tribun / ハイデルベルガー)

一般戦略ゲーム・2人部門
大統領になる方法(1960: The Making of the President / Zマン)
コールドウォー(Cold War: CIA vs KGB / ファンタジーフライト)
権力と気絶(Macht und Ohnmacht / JKLM)
ペリーロダン(Perry Rhodan / コスモス)
ツァール(Tzaar / スマート)

International Gamers Award:Finalists Announced for 2008 IGA

世界版モノポリー発売

| コメント(0) はてなブックマーク - 世界版モノポリー発売 

モノポリーワールドエディションタカラトミーは26日、『モノポリーワールドエディション(Monopoly Here & Now)』を発売する。ネット投票で上位になった世界の有名都市を舞台に不動産の売買と独占が楽しめる。

ネット投票は今年の年明けから始められ、得票数に応じてカラーグループが配分された。最も高価なダークブルーに入ったのはカナダのモントリオールとラトビアのリガ。日本からは東京だけが選ばれ、アテネ、バルセロナと共にライトブルーに入った。

ルールは通常のモノポリーと同じだが、ランダムタイマー機能のついたディールボタン(電池式)が付属する。またイベントや会社が変更になったほか、家やホテルのかたちが都市によって変わったり、コマが金属製だったりと世界版ならではのコンポーネントもある。

この商品はハズブローによる世界同時発売で、37言語、50カ国以上で発売される。これを記念して27日には、世界で同時にモノポリーを遊ぶギネス挑戦も行われる。日本では日本語ルールつきの英語版が、タカラホビー社のネット通販サイト「トイホビーマーケット」で先行発売される(4179円)。ギネス挑戦に参加するのか、また日本語版が発売されるか、アマゾンなどで購入できるようになるかは不明だ。

国際ニュース:モノポリー「全世界版」27日発売、世界22都市が登場
タカラトミー:モノポリーワールドエディション
TGW:モノポリー世界版、登場都市を投票

BGGでアグリコラ1位

| コメント(0) はてなブックマーク - BGGでアグリコラ1位 

アグリコラ8月17日、世界最大のボードゲームデータベースボードゲームギークのランキングで『アグリコラ』が1位になった。2002年の発売以来圧倒的な人気を集め続けてきた『プエルトリコ』が1位の座を明け渡したことが話題になっている。

ボードゲームギークのランキングは、ユーザーの点数評価(10点抜群でいつも遊びたい〜1点ゲームが壊れていて決して遊びたくない)の平均に基づいて行われている。『アグリコラ』の評価数は3000人と、『プエルトリコ』12900人の4分の1に満たないが、評価平均が8.32と0.04ポイント上回っている(本日現在)。

『アグリコラ』は昨年のエッセンで発売されて以来、プレイヤー人数×30分という長時間ゲームながら主にフリークの支持を集め、ドイツ年間ゲーム大賞で複合ゲーム特別賞を受賞、現在8カ国語版が発売された。このたび1位になったのは、英語版の発売によるところが大きいと見られる。

BoardGameGeek:Sorted by Ranking

明日からJGC

| コメント(0) はてなブックマーク - 明日からJGC 

アナログゲームファンの祭典JGC(Japan Game Convention)が明日から3日間、新横浜プリンスホテル(新横浜徒歩5分)で開かれる。すでに宿泊分は受付を終了しているが、土日は参加費無料なので足を運んでみてはいかが。

JGCはテーブルトークRPG主体だが、ボードゲーム関連のブースもある。オフィス新大陸がプロデュースする「ボードゲームキングダム」ブースでは、「Theゲームナイト」で取り上げられたゲームを遊べるほか、番組ゲストの登場や賞品つきの謎解きイベントが用意されているという。

また、ホームページで参加を表明しているプレイスペース広島ゲームストアバネスト、JGCの企画運営に携わっているアークライトがボードゲームを出展する可能性もある。思わぬ掘り出し物が見つかるかもしれない。

JGC2008:当日参加
ボードゲームキングダム:今年も出展!! JGC2008

オーストリアゲーム大賞に『ズライカ』

| コメント(0) はてなブックマーク - オーストリアゲーム大賞に『ズライカ』 

オーストリアゲーム大賞ウィーン・ボードゲーム・アカデミー(Wiener Spiele Akademie)は8月19日、今年のオーストリアゲーム大賞(Spiel der Spiele ゲーム・オブ・ゲームズ)を発表した。8回目となる今年の栄冠には『ズライカ(Suleika)』が輝いた。

オーストリアゲーム大賞はドイツ年間ゲーム大賞と並んでゲームをめったに遊ばない一般層を対象にゲームを選んでいる。候補の絞込みまではゲーム経験豊かなアカデミーのメンバーで選ぶが、最終選考はほとんどゲームを遊んだことのない大学教授や芸能人が決めている。

『ズライカ』はフランスのギガミック社が『マラケシュ(Marrakech)』というタイトルで発売し、フランス年間ゲーム大賞(Jeu de l'anee)に輝いた。今年になってドイツのツォッホ社がリメイク、ドイツ年間ゲーム大賞(Spiel des Jahres)にノミネートされている。

アカデミー代表のD.デ・カサン氏は最近のボードゲームのトレンドについて、幅広い年齢層で遊べるものや2人でも楽しめるものが多いことと、フリーク向けゲームの充実を挙げている。大賞と同時に発表された各部門のヒットゲームは以下の通り。例年よりファミリーゲーム部門を増やし、多人数部門と2人用部門をなくすなど、トレンドに対応している。

【オーストリアゲーム大賞2008】
大賞:ズライカ(D.エルハルト / ツォッホ)
キッズゲーム部門:お宝ヨーイドン(R.フラガ / ハバ)
    〃     :ヘーゼルナッツ仲間(B.ヘーンレ / クイーンゲームズ)
    〃     :ラウラ初めてのお泊り(K.ハファーカンプ / アミーゴ)
ファミリーゲーム部門:ブロクス(W.クラマーほか / ラベンスバーガー)
     〃      :デウカリオン(A.シュタインベンダーほか / パーカー)
     〃      :ドラゴンパレード(R.クニツィア / ピアトニク)
     〃      :ドラゴンダイス(W,パニング / シュミット)
     〃      :グローバリッシモ(G.ブルクハルト / コスモス)
フレンドゲーム部門:ギャラクシートラッカー(V.フヴァティル / チェコ)
     〃     :ストーンエイジ(M.ブルンホファー / ハンス)
     〃     :魔法にかかったみたい(A.ペリカン / アレア)
エクスパートゲーム部門:アグリコラ(U.ローゼンベルク / ルックアウト)
      〃       :レースフォーザギャラクシー(T.レーマン / アバクス)
      〃       :護民官(K.H.シュミール / ハイデルベルガー)

Ostreicher Spielpreis:Spiel der Spiele 2008

タカラトミー『KY式日本語カルタ』発売

| コメント(0) はてなブックマーク - タカラトミー『KY式日本語カルタ』発売 

タカラトミー社と大修館書店は7月下旬、『KY式日本語カルタ』を発売した。タイトルの「KY=空気読めない」、「MM=マジムカつく」ほか46語を収録、もとの言葉に合わせて略語を探す。

このゲームは発売1ヵ月半で20万部を突破した話題の本『KY式日本語』をもとに作られた。「空気読めない時代が生んだ究極の"遠回し"ゲーム」というコピーが付されている。カルタ取りのほか神経衰弱が遊べ、人に突きつけるイエローカードとしても使えるという。

KY式日本語が好きな方も嫌いな方も。対象年令15歳以上、定価1575円。

タカラトミー:KY式日本語カルタ
exciteニュース:究極の遠回しゲーム『KY式日本語カルタ』で遊んでみよう

8/9、ボードゲーム番組ネット配信

| コメント(0) はてなブックマーク - 8/9、ボードゲーム番組ネット配信 

8月9日(土)、午後3時〜5時45分まで、約3時間にわたってボードゲームのライブ放送がインターネットで配信される。題して「ボードゲーム新大陸 Theライブ!」

担当するのは「Theゲームナイト」も手がけるオフィス新大陸。メンバーとエンターブレイン編集者が対決する様子を放映する。ゲスト参戦の可能性も。またドイツ年間ゲーム大賞や最新作情報、ゲーム番組制作秘話などのトークも交えるという。番組バナーには『ブロクス』『地底探検』『クロンダイク』などが写っているが、何が遊ばれるかは見てのお楽しみ。

視聴方法は、時間になったら以下のページからボタンをクリックするだけ。手続き不要で無料。モバイルからも視聴できる(DOCOMOのみ、登録必要)。

あっ!とおどろく放送局:ボードゲーム新大陸 Theライブ!
モバイルサイト「あっ!とタウン」
ボードゲームキングダム:BB放送局「あっ!とおどろく放送局」にてオフィス新大陸による生放送が実施!

日本ボードゲーム選手権:参加者募集中(更新)

| コメント(0) はてなブックマーク - 日本ボードゲーム選手権:参加者募集中(更新) 

日本ボードゲーム選手権来月の13日から5日間にわたって、東京・代々木のオリンピック青少年センターにて日本ボードゲーム選手権が開かれる。主目的は優勝することではなくて遊ぶこととし、予選ラウンドには何度でも参加でるほか、フリーで遊べるスペースもある。我こそはと腕が鳴る人も、楽しみたい人も参加してみてはいかが。

この大会はアメリカで行われている世界ボードゲーム選手権のサテライトとして開催されるもので、東京・新宿のゲームスペース柏木の席主・久永氏が主宰する。種目は『カタン』『プエルトリコ』『ブロックス』から『1830』『電力会社』『ケイラス』、そして『ダイヤモンド』『ヤッツィー』『クク』まで50以上。自分の好みに合わせて自由に参加できる。

参加費は1000円から、宿泊費は1500円から。申し込みは下記の要項に従ってメールを送り、参加費と宿泊費を振り込む。質問はゲームスペース柏木の掲示板で受け付けている。

※8月5日変更
当日受付が可能になりました。料金が1日あたりで計算されるようになりました。15,16日の宿泊が2000円から1500円になりますが、関東圏以外の方も有料になりました。種目については明日発表の予定です。

【日本ボードゲーム選手権】
・日時:8月13日(水)〜17日(日)10:00〜21:00(初日12:00〜、最終日〜19:00)
・場所:国立オリンピック記念青少年総合センター
 センター棟501号室(受付) 会場4、5階(小田急線参宮橋駅より徒歩5分)
・料金;1日あたり1,000円、登録料別途1,000円
 小学生〜高校生は無料(保護者の参加が必要)
・宿泊場所:オリンピックセンター内の個室・大部屋
・宿泊料金:13日2500円(個室)/15・16日1500円(一部個室)
 宿泊申し込みは宿泊日の3日前までhisa@gamerent.netへ
・参加申込方法:下記データをhisa@gamerent.net まで送り合計料金を振り込む。ゲームスペース柏木での直接申し込み、当日受付も可。

0.サブジェクトは「JBC申し込み」、項目ごとに改行すること
1.氏名(実名)(オリンピックセンターに提出する名簿に必要なので正確に)
2.名札に表示希望の「なまえ」 (HN)
3.性別
4.年齢(8月13日時点、センター提出名簿に必要)
5.参加期間
6.宿泊希望日
7.在住の都道府県及び市町村名(郵送目的ではないので、郵便番号及び番地は不要)
8.好きなゲーム(5つまで)
9.参加費及び宿泊費(及び寄付金)の合計料金
  寄付金歓迎(アメリカ大会の500ドルか100ドルにならって、5万円か1万円単位。寄付者名はをカタログに掲載。寄付を行う旨、申し込みのメールで知らせる)

(記入例)
1.久永政秀
2.席主
3.男
4.49才
5.5日間
6.13日・15日
7.東京都杉並区
8.囲碁 タイタン(2人) Race for the Galaxy
9.参加費10000円+宿泊費2500円+2000円+寄付金10000円で合計14500円

合計金額の振込先:ゆうちょ銀行10130-44520781 ニホンボードゲームセンシュケンジュンビカイ
(申し込み情報と入金が揃った時点で受付完了)

ゲームスペース柏木:日本ボードゲーム選手権掲示板

エポック社『新幹線 鉄ジャンゲーム』9月発売

| コメント(0) はてなブックマーク - エポック社『新幹線 鉄ジャンゲーム』9月発売 

エポック社は来月に新作ボードゲーム『新幹線 鉄ジャンゲーム』を発売する。

このゲームはジャンパイに新幹線の絵柄が描かれており、「先頭車・中間車・後尾車」3両1編成の組み合わせで連結して役に応じたポイントを競う。グリーン車はさらに高得点が得られるなど、新幹線ならではのゲームになっている。

またボードは入れ替えられるようになっており、ほかにも「日本縦断ゲーム」「ドクターイエロー出動ゲーム」「新幹線運搬ゲーム」「神経衰弱ゲーム」「車両連結ゲーム」の5種類を同梱。鉄道好きはもちろん、子供からお年寄まで幅広い年齢で一緒に遊べる。2〜4人用、4才以上、定価3,129円。国産ならではのリーズナブルなお値段も魅力だ。

日経プレスリリース:エポック社、新感覚の鉄道絵合わせゲーム「新幹線 鉄ジャンゲーム」を発売

an・anでエロティックなボードゲーム紹介

| コメント(0) はてなブックマーク - an・anでエロティックなボードゲーム紹介 

女性週刊誌『an・an』(マガジンハウス、7月30日発売)最新号の特集「SEXで恋はもっとときめく!」でボードゲームが紹介された。紹介者はAll Aboutの双六屋カゲゾウ氏。

「5人の通がプッシュするエロティックカルチャーを大紹介!」と題されたページで紹介されているのは『フィンガーツイスター』、『ストリップチョコレート』、『ラブジェンガ』の3点。いずれもAll Aboutで詳しく紹介されているのでリンクを参照されたい。

なお当サイトとしては『おっぱい神経衰弱』、『プロジェクトポルノスター』、『おとなのカルタ』をオススメしておきます……。

マガジンハウス:an・an1621号目次

カレンダー