いつも遊んでいるゲームの呼称

| コメント(0) | はてなブックマーク - いつも遊んでいるゲームの呼称 

日本で「ゲーム」といえばテレビゲームだが、ドイツでも近年"Game"はテレビゲームを指すようになり、エッセン国際ゲーム祭で出展されるようなボードやカードを使うゲームはドイツ語で"Spiel"(シュピール)と呼んで区別しているという。それならボードやカードを使うゲームは日本語でどう呼ばれているか。どう呼ぶべきか?

「テーブルゲーム」
私がホームページ「Table Games in the World」を立ち上げたのは96年。「テーブルゲーム」という言葉を使ったのは、ボードを使わないカードゲームを含めたかったからだが、英語で"Table Game"といえばポーカーやブラックジャックなどのギャンブルゲームを指すらしい。日本語で「テーブルゲーム」というとSLG、TRPG、TCGが含まれ、さらに最近はオセロ、チェス、麻雀などのオンラインゲーム、コンシューマゲームも色濃い。その分、ドイツやヨーロッパの輸入ゲームの影は薄くなっている。、「テーブルゲームフェスティバル」は続いているが、「テーブルゲーム」という言葉は時代遅れになりつつあるのかもしれない。

「ボードゲーム」
現在は「ボードゲーム」という呼称が一般的になってきた。英語の"Board Game"、ドイツ語の"Brettspiel"も一般的なので、国際的にも通じやすい。かつて「ボードゲーム」といえば、ボードを使わないカードゲームやダイスゲームなどを含まなかったが、一般化に伴ってこれらも含めた総称になりつつある。そして、比較的新しい言葉であるがゆえにSLG・TRPG・TCG色が薄く、ドイツ市場を中心とするバラエティ豊かなゲームのジャンルを指すことができる。サークル名やサイト名に「ボードゲーム」を入れるケースも多い。

「アナログゲーム」「非電源ゲーム」
日本で「ゲーム」がテレビゲーム中心であることに対抗して作られた言葉であるが、英語で"Analog Game"という表現はせず、また"Unplugged Game"も一般的ではない。デジタルゲーム以外なら何でも入るので、SLG、TRPG、TCG、ドイツゲームを含む広い概念だが、TRPG、同人ゲームで使われることが多いようで、その分、ヨーロッパからの輸入ゲーム色が薄い。

「ドイツゲーム」
90年代にドイツはボードゲームやカードゲームの傑作を立て続けに発信して最先進国となり、その後もドイツ市場を中心に新作が発表されている。英語でも"German Game"、"German-style Game"という呼称がある。狭義の「ドイツゲーム」はドイツ産であるが、広義ではドイツ市場で発表されるゲーム、さらにデザイナー名が前面に打ち出されているゲーム("Autorenspiele")を指す。「ドイツゲーム」はほかにも戦術性、運の要素、インタラクション、プレイ時間、コンポーネント、ルールの長さ、テーマなどで特徴があるが、多様化も進んでおり決まったものはない。日本で「ドイツゲーム」という言葉が広まったのは、ゲーム情報誌『ノイエ』によるところが大きい。デザイナーズゲームであっても、アメリカのゲームならドイツとの同時発売があるので含められるかもしれないが、日本や韓国のゲームまでは含みにくいという難点がある。しかしメディアでも登場する機会が増え、今最も勢いがある。

「マルチプレイゲーム」
複数の人で遊ぶゲームという観点での呼称。『榊涼介/林正之のマルチプレイ三昧』が有名。ドイツ語の"Gesellschaftsspiel"、フランス語の"Jeux de Societe"も意味は同じである。テレビゲーム、オンラインゲームも含まれる。「マルチ」がマルチ商法を喚起するせいかどうか分からないが、一般的ではない。

「ヨーロピアンゲーム」
D3パブリッシャーが『ヨーロピアンゲームコレクション』を発売した折に、「ユーロスタイルゲーム」「ヨーロピアンスタイルゲーム」などとともに提唱された呼称だったが、残念ながらほとんど定着していない。英語では"Eurogame"という呼称もあるが、通貨名称の"Euro"と紛らわしい。またテレビゲーム、オンラインゲームも含まれる。

こうして比べてみると、「ドイツ市場を中心に毎年新作が発表されており、その影響でアメリカや日本など他国でもデザイナー主導で制作されたゲーム。ボードやカードを使って複数の人で遊ぶが、SLG、TRPG、TCGは除く」というゲームは現時点で「ボードゲーム」と呼ぶのがベストのようだ。ホームページの名前を"Board Games in the World"にするつもりはないけれども。

あるいは、ほかによい呼び方はあるだろうか?

コメントする

カレンダー