ベスト・トイレゲーム

| コメント(2) | はてなブックマーク - ベスト・トイレゲーム 

毎年たくさんのゲームが発売される昨今、過去のゲームを振り返る機会が少なくなって、中には遊んだかどうかも憶えていないゲームもちらほら出てきた。そこで、テーマ別にベストゲームを考えることで、過去のゲームを振り返ろうと思う。

第1弾はトイレゲーム。何で最初からそんなテーマかというと、実は学生時代、トイレの研究にはまったことがあって、こんなサイトを作っていたこともある。 ボードゲームでも、トイレが登場するゲームは大好きで収集している(変態とか呼ばないで!)。

さてそんなトイレゲームのランキング。

1位:ドルンター・ドリューバー(Drunter Drüber)
トイレといえば真っ先に思いついたのがこのゲームである。1991年のドイツ年間ゲーム大賞受賞作品。道路が好き放題に伸びて建物をつぶしまくるが、公衆トイレだけはつぶすかどうか、住民投票で決めなければならない。別名「公衆トイレ壊しゲーム」。学校よりも、消防署よりも公衆トイレが大切な街って一体。
K.トイバー/ハンス・イム・グリュック社(1991年)
2〜4人用/9歳以上/30〜45分
メビウスゲームズ:ドルンター・ドルーバー

2位:モレール(国産)
今月のゲームマーケットでもたくさんの同人作品が発表されるが、過去のゲームマーケットで1,2を争う記憶に残っている。直球勝負、文字通りのバーストゲームである。カウントアップで、規定数を超えるとステータスカードが減り、0になるとおもらしになってしまう。ファン多し。一般発売希望(できるものならば)。
のーべー/キングスコート(2003年)
3〜6人用/8歳以上/30分
ミッション・あうらスペース:モレール(絶版)

3位:お金は臭わない(Pecunia non olet)
ローマの公衆便所を管理して使用料を集めるゲーム。これぞ正真正銘のトイレゲームである。ゴルトジーバー社はこのゲーム以降、ハッペルとフィオーレのゲームを出し続け、ゲーム賞から遠ざかっている。すっかり色物デザイナーと思われているらしい。トイレの前に行列ができるのが笑う。
K.ハッペル、C.フィオーレ/ゴルトジーバー(2005年)
3〜6人用/8歳以上/30分
メビウスゲームズ:お金は臭わない(絶版)

4位以下は以下の通り。

4位:にわとりのしっぽ拡張:うんちふんじゃダメ!(Zicke Zacke Entenkacke)…リアルな木製ウンコはインパクト大。[メビウスゲームズ]
5位:ロス・マンフォス(Los Mampfos)…食べたものがそのまま出てきますよ。[TGW]
6位:原始スープ(Ursuppe)…で、出てきたものをまた食べると。 [The Table Game Which Plays Happily]
7位:馬糞(Pferdeappel)…やがて農場はウンコまみれで足の踏み場もなくなる。[biscoの地雷備忘録]
8位:ひつじのショーン:ウンコアラーム(Shaun das Schaf - Köttel-Alarm)…後始末はササッと手早く。[TGW]
9位:犬の生活(A Dog's Life)…おしっこマーカーで縄張り作り。[The Table Game Which Plays Happily]
10位:賽は投げられた(Alea iacta est)…負けたサイコロはトイレで反省。[TGW]

あとアグリコラで離れのトイレ、ルアーブルで公衆トイレとか(写真下)。なお牛糞の出てくるゲームは結構あるが、単に邪魔ものとして扱われているので除外。ゲーム中に排泄できないとね(何言ってんだか)。それから、ダウンタイムが長くて、自分の手番が終わってトイレに行ってきてもまだ自分の手番になっていないゲームを「トイレゲーム」と呼ぶこともある。ほかに思いついた方は教えてください。

コメント(2)

以前、「コロレット」のパロディで、カメレオンを黄金の便器など珍しいトイレの写真にした、「トイレット」というゲームを作ってはどうかと考えたのですが、ゲーム仲間にそく却下されました。

七色に輝く便器ってありますねえ、ドイツに(http://www.kiss-textil.de/galactikaen.htm)。

コメントする

カレンダー