アップダウン(Auf & Ab)

| コメント(0) | はてなブックマーク - アップダウン(Auf & Ab) 

ガラリと形勢逆転

上下数字の違うカードを出して、一番先に手札をなくすカードゲーム。アメリカ人デザイナーの作品をドイツのメーカーが出版したものだが、地味なデザインのためかあまり話題になっていない(でもupを逆さまにするとdn(ダウン)になるなど、実は秀逸なデザインだ)。あまり期待しないで出してみたところ、意外に面白くてつい何ラウンドも遊んでしまった。

カードはそれぞれ、0〜9で赤の数字と青の数字がある。はじめは赤の数字で「アップ」ラウンドから。手札から同じ数字のカードを1枚以上出し、次の人は前の人と同じ枚数で数字の大きいカードを出す。同じ数字が揃っているほど有利なのは大貧民のような感じ。

カードの中には、赤と青の数字が同じダブルカードがある。これはその数字のカード1枚分としても2枚分としても使える貴重な存在。そして5枚だけあるチェンジカードが出ると、次からは手札を逆さにして「ダウン」ラウンドになる。同じ数字のカードが全く揃っていなくて途方にくれていたところ、手札を逆さまにするとあら不思議。青の数字は妙に揃っていることも。

同様に「ダウン」ラウンド中にまたチェンジカードが出ると、再び「アップ」ラウンドに戻る。赤の数字はさっき揃っていたのに、青の数字を出している間に崩れてしまうことも。こうしてゲーム中にカードを上にしたり下にしたりして、構成ががらりと変わるところが面白い。

手札をなくして上がった時点で、ほかの人の手札枚数が得点になるので、皆に出させないようなカードを出して、ずっと俺のターンのまま終われるのが理想。だが、だんだん揃っているカードが少なくなって息切れしてくるもので、終盤で主導権を取れるかがポイントになる。枚数が少なくなると、ラウンドチェンジしたほうが有利かどうかも考えなければならない。

ダブルカードに恵まれなかったが、ほかの人にある程度出させておいて、息切れしたところでたたみ込むというやり方で2回勝利。でも合計得点でkarokuさんに一歩及ばなかった。逆さまにしたとたんに内容がガラリと変わるのが新鮮で、延々と遊んでしまった。

Auf & Ab
E.ペッグ/フランヨス(2003年)
3〜4人用/8歳以上/20分
海外でのみ発売中・和訳ルール公開中

コメントする

カレンダー