スカリノ(Scalino)

| コメント(0) | はてなブックマーク - スカリノ(Scalino) 

重ねずにつなげる

長さの異なる積み木をピラミッド状に重ねて、最終的に上から見て自分の色が多くつながっているようにするゲーム。『ブロックス3D(ルミ)』の元祖ともいうべき作品で、1988年にドイツ年間ゲーム大賞の候補に選ばれている。タイトルはイタリア語で「(階段の)段」の意。

ずっしりと重い木製のコマは各プレイヤー、2マス分・3マス分が3個ずつと、1マス分が6個。最初の人がボードの真ん中に好きなコマを置いて、一段目を始める。手番には、ほかのコマに接するように1個ずつコマを置く。自分の色には上下左右に接してはいけないというのと、コの字になるように置いてはいけないというのがルール。

一段目が終わったら二段目。一段目の最後を置いた人から、色が接していなければ好きなところから始められる。二段目が終われば三段目。だんだん狭くなっていくので、大量得点を狙って大きいコマを温存しておくとどこにも置けない恐れもある(置けないときはパス)。

四段目でピラミッドが完成する。上から見て、1マスだけなら1点、2マスつながっていれば3点、3マスなら6点……6マスなら21点となる。この合計が多い人が勝ち。

くさのまさんと2人でプレイ。1人2色担当なのでコントロールが難しい。端に置けばその上には置かれないので、端を狙う。しかしその上の段では、同じ色のコマを重ねられないため中央付近で礎になることも。そんな中、うまくつながるポジションを取ることができて2戦連勝。置けるパターンが多くて先の読みにくい序盤から、次第に選択肢が狭まる終盤にかけて、相手の置き方を読んでいくところが面白かった。

Scalino
P.パラ/ビューテホルン(1970年)
2〜4人用/10歳以上/15〜20分
絶版・入手難

コメントする

カレンダー