2011年7月アーカイブ

『オセロ・革命』発売

| コメント(0) はてなブックマーク - 『オセロ・革命』発売 

メガハウスは本日、盤面自体がパネル式で移動する『オセロ・革命』を発売した。2人用、6歳以上、3,465円。

基本のルールはオセロと同じで、相手の石を挟んでひっくり返します。さらに続けて自分の石がのっているパネルを1マス移動でき、その動かした石で相手の石をひっくり返すことができる。

さらにフレキシブルな盤面を利用して、狭い盤面で短時間勝負する「6×6ミニオセロ」、H型など変形した盤面で遊べる「フリーオセロ」、動くパネルで4目を並べる「ムービング4」、そしてもちろん通常のオセロのルールでも楽しめる。

先日の東京おもちゃショーで発表された「日本おもちゃ大賞2011」では、イノベイティブ・トイ部門にノミネートされ注目されている国産ゲーム。メガハウスは年内に5万個の販売を計画している。また、小さい盤面の『6×6ミニオセロ』も同時発売となった。

メガハウス:〜盤が動けばゲームも動く〜 オセロ・革命

サンドイッチ(Sandwich)

| コメント(0) はてなブックマーク - サンドイッチ(Sandwich) 

お好みのサンドイッチをどうぞ

sandwich.jpg

いろんな具材を集めて美味しそうなサンドイッチを作るフランスのゲーム。セットコレクションだが、セットのよしあしはプレイヤーが決めるという独特の仕組みが面白い。

まず具材を集めるところから。各自、具材カードの山札を一斉にめくって、誰からでもいいので好きな具材を早い者勝ちで取る。チーズ、ガーリック、レタス、ミント、トマト、サーモン……これを繰り返して自分の具材を集める。前に取ったものを覚えておいて、相性がよさそうなものを集めておきたい。

具材を集めたら、要らないものを交換できる。自由に交渉して、組み合わせの悪そうな具材を放出しよう。もっとも、ムール貝やチョコレートなど、相性のよい具材が少ないものは、交換に応じてもらえないだろう。

交換が終わったら、3枚一組にしてほかのプレイヤーにプレゼント。「この組み合わせならきっと気に入ってくれそう」という人にあげよう。そしていよいよ試食会が始まる。

自分が受け取ったサンドイッチから、一番食べたいもの、次に食べたいもの、食べたくないもんを選ぶ。作った人は得点。組み合わせがよくても、「マスタードきらい」とか、その人その人の好き嫌いで却下されることも。この得点の合計で勝敗を競う。

野菜しか入っていない超ヘルシーなサンドイッチばかり集まってくるふうかさんは「肉くれー」。チーズ好きな神尾さんにはチーズ各種盛り合わせ。私はcarlさんが甘党のようだったので「チョコ」「オレンジ」「レーズン」をプレゼント。チョコレートは難易度が高いからと選んでもらえた。

絵柄がリアルなので、試食会では本当に食べるような気分になってくる。「これはうまそう」「オエ〜」などといった感想が出るのも楽しかった。

Sandwich
C.レンボー(Christophe Raimbault)/ル・ジュール(2010年)
3〜6人用/6歳以上/15分
国内未発売

トーテモ(Totemo)

| コメント(0) はてなブックマーク - トーテモ(Totemo) 

愛してる〜トーテムポール♪

totemo.jpg

トーテムポールを積み上げて得点するイギリスのゲーム。うまく得点調整して、連鎖を狙う。布のボードに木製の台座、そしてはめ込み式の木製のブロックと、コンポーネントがたいへん凝っている。

自分の番には、手持ちのブロックを空いているところか、すでに置いてあるブロックの上に置く。パーツは6色あって、重ねるときは近隣色(緑と青、赤とオレンジなど)でなければならない。

ブロックの各面には数字が書いてあり、前後左右で隣接する面の点数が入る。得点ボードで記録するが、ここでポイント。得点ボードにはところどころにボーナスタイルが置いてあり、そこに止まるともう1つブロックを置くことができるのだ。大量得点はなかなかできないので、ボーナスタイルに止まってもうワンチャンスを狙う。

トーテムポールの高さ制限は5段。しかし「トッパー」と呼ばれるブロック(上に穴が空いていない)を置くと、もうそれ以上高くすることはできない。トッパー自体は得点が高いが、周りのトーテムポールが低いままだと得点が伸びないので、出すタイミングは考えどころだ。

karokuさんが毎回のように連鎖を成功させて1位。よく観察すれば置ける場所が意外に多く、また次に置くブロックも考えるため、パズル的思考が求められる。勝てなかったけれど、終わった後の立体トーテムポールは達成感があった。

Totemo
T.ボーイデル(Tony Boydell)/サプライズド・ステア(2010年)
2〜4人用/6歳以上/30分
ゲームストアバネスト:トーテモ
ふうかのボードゲーム日記:トーテモ

メビウス訳アーカイブにファイル追加

| コメント(0) はてなブックマーク - メビウス訳アーカイブにファイル追加 

水道橋のボードゲーム専門店メビウスゲームズのご厚意により、同店で取り扱われていたボードゲームについて、日本語ルール・チャートを公開しました。

  1. アニマロジック(Animalogic)
  2. アレアの宝箱(alea Schatzkiste)
  3. アルカザール(Alcazar)
  4. イモムシイモムシ(Worm Up!)
  5. ヴァルドラ(Valdora)
  6. ヴァルドラ 拡張セット(Valdora Extra)
  7. エルサレム(Jerusalem)
  8. カルカソンヌ 川(Carcassonne Der Fluss 2)
  9. カルカソンヌ カタパルト(Carcassonne Der Katapult)
  10. クオ ヴァディス(Quo Vadis?)
  11. クリカド(Klickado)
  12. ゴッドファーザー(Der Pate)
  13. コロニア(Colonia)
  14. コロレット(Coloretto)
  15. シカゴエクスプレス(Chicago Express)
  16. シカゴエクスプレス 拡張(Chicago Express Erweiterung)
  17. 自転車便(Velo City)
  18. シャドウハンターズ(Jäger der Nacht)
  19. 水晶の森(Schatz der Kobolde)
  20. ズーロレット ボス(Zooloretto Boss)
  21. スナップショット(Snap Shot)
  22. 頭脳絶好調(Einfach Genial)
  23. 頭脳絶好調 ミニ(Einfach Genial Mini)
  24. スルタン(Sultan)
  25. 大聖堂の建設(Duell der Baumeister)
  26. チョコラトル(Chocolatl)
  27. ディスカバー インディア(Discover India)
  28. テネキー(Tenakee)
  29. バンパイアの夜(Vampire der Nacht)
  30. ハイファイブ(High Five)
  31. 果てしなき世界(Die Tore der Welt)
  32. ビザンツ(Byzanz)
  33. ヘキセンフルーク(Hexenflug)
  34. ペンギンパーティ(Pingu-Party)
  35. ポイズン(Poison)
  36. ボーナンザ ファン&イージー(Bohnanza Fun & Easy)
  37. マカオ(Macao)
  38. 魔法使いの夜(Nacht der Magier)

原則として、取り扱いがなくなった作品についてのみ公開されていますが、一部では取り扱いが行われているものもあります。また、メビウスゲームズから仕入れて販売しているショップの在庫がある場合もありますので、国内でまだ入手できるかどうかは、ボードゲームショップ検索などでお調べ下さい。

メビウス訳アーカイブ

『それはオレの魚だ!』日本語版発売

| コメント(0) はてなブックマーク - 『それはオレの魚だ!』日本語版発売 

thatsmyfish.jpgのサムネール画像アークライトは9月上旬、思考ゲーム『それはオレの魚だ!(Hey, That's My Fish!)』日本語版を発売する。2〜4人用、8歳以上、20分、1,680円。

日本ボードゲーム大賞を受賞した定番ゲームがポケットサイズで日本語版になった。ペンギンの群れを操って、氷原の上の魚を捕り合う。魚を捕るたびに氷原は小さくなっていくので、どう移動させるかがカギ。相手のペンギンの足場をうまく封じつつ、自分のペンギンの周囲を確保できるよう、先の先を読んで移動しなければならない。

2003年にドイツのバンブス・シュピーレから230部限定で発売されたがすぐに売り切れ。2005年にオランダのファランクス社・アメリカのメイフェア社が英語版を発売し、オランダゲーム賞ノミネート、ドイツ年間ゲーム大賞で推薦リスト、日本ボードゲーム大賞入門者部門1位、ゴールデンギーク賞ノミネートなど高い評価を得た。

今回アークライトが日本語版にするのはアメリカのファンタジーフライト社によるコンパクト版(12.5cm四方)で、デザインも一新された。現在国内流通しているDX版から、約4分の1の価格になり、手に取りやすくなる。

play:game評価コメント:オイそれはオレの魚だぜ!

thatsmyfish2.jpg

ヘイ、ウェイター!(Hey Waiter!)

| コメント(0) はてなブックマーク - ヘイ、ウェイター!(Hey Waiter!) 

並べてから一気にさばく

heywaiter.jpg

自分の前にある料理を効率よく捌き、お客様に運ぶゲーム。料理の上にのせるカバーのコンポーネントはアクションゲームかと思わせるが、中身はパズルチックなゲームだ。

チーム戦で、自分たちの前に積んである料理をすべてさばくことをめざす。手番にはカードを2枚出して、その2枚の組み合わせでアクションが決まる仕組み。緑ならば、全員が指定された料理をさばき、赤はカバーをかけて妨害する。青は積んである料理を分割し、白はバスボーイを使って自分だけ料理をさばける。

青カードで料理の山を分割して、1回の緑カードで一気にさばくのがセオリー。そのとき、相手チームも一緒にさばいてしまわないように、料理の種類を選ばないといけない。一方、相手チームが緑を出したときには相乗りできるよう、相手チームに合わせた料理も出しておくとよい。料理の選択がカギである。

3人の場合は2対1。1人2役になったkarokuさんはなかなかいいカードが来なくて苦戦する中、ふうかさん&私ペアが勝った。

Hey Waiter!
A.ラボ(Anthony Rubbo)/R&Rゲームズ(2010)
2〜4人用/13歳以上/30分
国内未発売

『世界の七不思議:指導者たち』多言語版発売

| コメント(0) はてなブックマーク - 『世界の七不思議:指導者たち』多言語版発売 

Leaders.jpgホビージャパンは8月下旬、『世界の七不思議:指導者たち(7 Wonders: Leaders)』の多言語版を発売する。3〜7人用、13歳以上、40分、3150円。日本語ルールが付くが、カード名や都市名はローマ字表記。

先月ドイツ年間エキスパートゲーム大賞を受賞し、ボードゲーム愛好者の評価を確固たるものにしたフランスの文明発展ゲーム『世界の七不思議』。2011年に発売された拡張が早くも日本語ルール同梱で遊べるようになった。

この拡張セットでは、カエサル、ハンニバル、プトレマイオス、ソクラテスといった時代のリーダー36人がカードになり、ゲームに新次元の戦略をもたらす。各自4枚ずつリーダーカードをもち、1つの時代に1枚ずつ出してその特殊能力を使うことができる。ただしリーダーカードを出すにはお金がかかるので、マネージメントがより難しくなる。

さらに、七不思議の都市として古代ローマと、4枚の新たなギルドが追加でき、6金コインも付いて、お金の管理が用意になる。

今月発売されたばかりで品切れになっている『世界の七不思議』日本語版も同時に再入荷となる。持っていなければあわせて入手しよう。

『ぴっぐテン』日本語版発売

| コメント(0) はてなブックマーク - 『ぴっぐテン』日本語版発売 

メビウスゲームズは23日、ドイツのカードゲーム『ぴっぐテン(Pig 10)』の日本語版を発売した。2〜8人用、6歳以上、15分、1500円。

3枚の手札から1枚出して合計10にできれば場札をゲットできるというハイテンポでエキサイティングなカードゲーム。昨秋に発売されたばかりの新作で、目立った受賞歴はまだないが、日経新聞で取り上げられるなど日本で人気となった。日経新聞のボードゲームランキングでは『ニムト』を抜いて5位。

ちょうど10にできれば嬉しいが、10を超えてしまうと、前の人に場札をゲットされる。数字はただ増えるのではなく、「0」を出すと0にリセットされ、前の人が出した数字や、現在の数字と同じカードを出すと、足さないでその数字に戻すことができる。ちょっとしたひねりが加わることで、繰り返し盛り上がれるようになっている。

多人数で遊べ、小さい子供も大人と一緒に楽しめる。箱とルール以外、言語依存はないが、日本語版となったことで、より多くの人が手に取りやすくなった。メビウスゲームズの日本語版は、『ワードバスケット』を皮切りにヨドバシカメラで販売されており、このゲームも追加されそうだ。

メビウスゲームズ:ぴっぐテン
TGW:ぴっぐテン

カルカソンヌ・ステッカー

| コメント(0) はてなブックマーク - カルカソンヌ・ステッカー 

シュピールボックス最新号(2011年4号・クゥワークルの表紙)の付録は、カルカソンヌ・ステッカー(Carcassonne Aufkleber)だ。ボードゲーム『カルカソンヌ』の手下コマ(ミープル)に貼れば、無気質だった自分のコマが実は王様だったり、修道僧だったりと、活き活きとしてくる。イラストレーターは『アグリコラ』のK.フランツ。

carcassonnesticker.jpg

裏にも貼る。表と同じポーズになっているのは芸が細かい。

carcassonnesticker2.jpg

さらに、追加セット1に入っている大コマと6人目用の灰色のコマ、追加セット2に入っているブタコマと建築士コマのステッカーもついている。私はどちらも未所有だが、貼り残したステッカーを見ているうちにほしくなってきた。なかなか上手い。

シュピールボックスはドイツ語版が1冊6ユーロ、英語版が1冊7ユーロ。オンラインショップにて購入できる。

ゲットナビ9月号にボードゲーム特集

| コメント(0) はてなブックマーク - ゲットナビ9月号にボードゲーム特集 

最新の生活アイテムを紹介している月刊誌『GET Navi[ゲットナビ]』2011年9月号(7月23日発売)に、ボードゲームが特集されている。国内のボードゲーム専門店の店長さんが選んだこの夏オススメのボードゲームとは?

『ハマる「非電源ゲーム」ガチンコ総選挙』というタイトルの特集では、すごろくや、メビウスゲームズ(水道橋)、B2FGames(立川)、ドロッセルマイヤーズ(中野)、イエローサブマリン秋葉原RPGショップ、PattyClover(大阪)、Role & Roll Station(秋葉原)、Daydream(神田)、テンデイズゲームズ(三鷹)の店長さんに投票を依頼。「20〜40代男性が絶対にハマる順」に20タイトルをランク付けしてもらい、1位20pt、2位19pt.……20位1pt.として集計した。

10位まで店長のコメント付きで発表され、上位3位までを、シャッツキステのメイドさんたちが遊んでレポートしている。

結果は1位『ドミニオン』(100pt.)、2位『カルカソンヌ』(91pt.)、3位『ごきぶりポーカー』(75pt.)となった。4位は『カタンの開拓者たち』(60pt.)、5位は『パンデミック』『ワードバスケット』『ディクシット』が48pt.で並び、8位『世界の七不思議』(46pt.)9位『ニムト』(42pt.)10位『電力会社』(40pt.)となった。

4月に行われ『ワードバスケット』ブームを巻き起こした日経新聞のランキングと異なり、選者が店長に限られているほか、子供と一緒に遊ぶことを前提としていないところが特徴となっている。

『ワードバスケット』を除き、海外のボードゲームが占めたことを受けてか、ランキングとは別に国産ゲームのコーナーも設けられた。先日発売されたばかりの『逃走中 THE ボードゲーム』のほか、『ウノアタック』『オセロ・革命』『人生ゲームギャップ天国』『ラブヒゲ危機一髪』『ジャンボジェンガ』『ゲームスタジアム17』が紹介されている。

ふうかのボードゲーム日記:GetNavi9月号にボードゲームが掲載されてた
R&Rステーション店長ブログ:これぞ、どはまりゲーム!?
メビウスママのひとりごとブログ:Get Navi
GetNavi Web

グッドプライス!(Good Price!)

| コメント(0) はてなブックマーク - グッドプライス!(Good Price!) 

適正価格とは、自分が買いたい価格である

goodprice.jpg

OKAZUブランドから、『擬人化総選挙』と共に発表された多人数で遊べるコミュニケーションゲーム。価格に見合った品物を考える大喜利系ゲームである。

毎回、「大根」「コート」「ガム」などの材料カードと、「300円」「1980円」「5000万円」などの価格カードが提示される。これで例えば「7万円の大根」や「1500円のコート」といった商品を考えださなければならない。各自、メモ用紙にアイデアを記入して、順番に発表。発表が終わったら投票して、投票数だけ得点と、最多投票にボーナスが入る。

投票の基準は「価格が適正だと思うもの」だが、価値をどれくらいと認めるかは人次第。結局、自分がその値段でなら買いたいものということになるだろう。したがって、考える商品もメンバーに合わせた魅力あるものにしたほうがよい。

今回「7万円の大根」は「レディ・ガガが八百屋で買った大根」、「1500円のコート」は「しまむらのコート」などが好評。商品と値段のギャップが大きければ大きいほど悩ましく、またアイデアの出しがいがある。大喜利系のゲームなので、笑いをとろうとすればするほどハードルが上がるが、笑いを取らなくても「欲しい!」と思わせれば勝ちである。

コンポーネントは『擬人化総選挙』とデザインが同じだが、使い回しではない。材料カードと候補カードを交換すれば、どちらにも拡張として投入できそう。

Good Price!
林尚志/OKAZU Brand
3〜8人用/8歳以上/30分
OKAZU brand:Good Price!
ゲームストアバネスト:グッドプライス

擬人化総選挙(Personified Election)

| コメント(0) はてなブックマーク - 擬人化総選挙(Personified Election) 

モノにも性格がある

gijinkasenkyo.jpg

震災後、我が家の自宅ゲーム会はパーティ・コミュニケーションゲームが多く遊ばれている。このジャンルはアメリカが先進国で、『テレストレーション』をはじめとして数えきれない作品が発売されている。また『ディクシット』あたりから、フランスも注目されてきている。

そんな世界のトレンドを受けてか、今年のゲームマーケットの同人ブースでも、多人数で遊べるパーティゲームがいくつか発表されていた。その中で、『ひも電』などのオリジナルアイデアで世界を驚かせたOKAZUこと林尚志氏が発表した2タイトルのひとつがこの『擬人化総選挙』。「この中で一番いばっているのは?」「この中で一番歌手に向いているのは?」などの選挙に、「七夕」や「ブランデー」や「相撲」など、人間ではないものが立候補する。

問題カードを出して、8枚の立候補を並べたら、みんなで投票する。単独で最多数派だった人が得点。単独最多がなければ、得点はキャリーオーバーされる。はじめに7点以上取った人が勝ち。

もの言わぬ事物に、一体どれがいばっているかなんて分かるはずもないから最初は途方にくれる。しかし、投票を繰り返していくうちに、その事物のどこかをクローズアップすればよいというコツがつかめてくる。問題は、どこをクローズアップするかである。ほかのプレイヤーの感性をつかんで投票しよう。

開票後の「そこかー!」「え、どうして?」みたいな会話が楽しいので、投票と投票の間には会話する時間を設けるのがよいだろう。ルールに書かれていない、ゲーム進行の合間が、コミュニケーションゲームの醍醐味である。

擬人化総選挙
林尚志/OKAZU brand
3〜8人用/6歳以上/15分
OKAZU brand:擬人化総選挙
ゲームストアバネスト:擬人化総選挙

ドイツ年間キッズゲーム大賞2011は『もぐりイモムシ』

| コメント(0) はてなブックマーク - ドイツ年間キッズゲーム大賞2011は『もぐりイモムシ』 

kisds.jpgドイツ年間キッズゲーム大賞(Kinderspiel des Jahres)審査員は本日10時30分(日本時間17時30分)から、ハンブルクで今年の授賞式を行った。5月に発表されていたノミネート3タイトルから、今年で11回目となるキッズゲーム大賞には『もぐりイモムシ(Da ist der Wurm drin)』が選ばれた。

ドイツ年間キッズゲーム大賞は、ドイツ年間ゲーム大賞の特別賞が2001年から格上げされた
もので、昨年から独立し、審査員が専門になり、発表も別日程で行われるようになった。キッズゲームの大幅な売上増が背景にある。

『もぐりイモムシ』は4歳から遊べるレースゲーム。ダイスを振って出た色のタイルを、穴の中に入れてイモムシの頭を押し出していく。入れたタイルは隠れており、途中でどのイモムシが顔を出すか予想するところでは、ちょっとした記憶力も試される。審査員は「簡単なルールと、これまでにない素晴らしい造形のボードで、特に小さい子供向けの作品」と評している。

過去の受賞作品で4歳から遊べる作品は、『おしゃれパーティ(2002)』、『ねことねずみの大レース(2003)』、『オバケだぞ〜(2004)』がある。ツォッホ社が同賞を受賞するのは初(特別賞時代を含めれば『にわとりのしっぽ(1998)』以来13年ぶり2回目)。作者のC.クライナートは初作品での受賞となった。

Spiel des Jahres e.V.:"Da ist der Wurm drin" ist das Kinderspiel des Jahres 2011
TGW:もぐりイモムシ

ドイツメーカーの欠品対応

| コメント(0) はてなブックマーク - ドイツメーカーの欠品対応 

先日、ドイツのショップから個人輸入した『モンスターがすむ家』に砂時計が欠品していた、早速メーカーのコスモス社にメールした。すぐに「担当〇〇が承りました」という返事がきて、しばらくしてから厳重な包装で送られてきた。

面白かったのはついていた手紙。コスモス社ではなく、エドゥアルト・エーマンという梱包会社。梱包と発送を行っているようだ。

-----
拝啓 Ono様
あなたのボードゲームに欠品・破損がありましたことをお詫び申し上げます。

当社では毎日5万セットのボードゲームを生産しており、残念ながら梱包や仕分けのミスが起こることがあります。そのため今回のことをご容赦下さいますよう、心よりお願い申し上げます。人が仕事するところではどこでも、ときどきミスが起こるものなのです。

同封しました代替品で、コスモス社のボードゲームの世界で楽しい時間を長く過ごされることを願います。

敬具
-----

「人が仕事するところではどこでも、ときどきミスが起こるものなのです(Wo Menschen arbeiten, passieren manchmal Fehler)」というのは常套句のようだが、欠品の弁解に使ってくるところは面白い。論理的に納得できることが大事なドイツ人の気質なのだろうか。日本でこんなことを言ったり書いたりしたら、開き直ってると怒られるだろうな。

『逃走中 THE ボードゲーム』、バンダイから発売

| コメント(0) はてなブックマーク - 『逃走中 THE ボードゲーム』、バンダイから発売 

バンダイは本日、フジテレビ系列のテレビ番組『逃走中』をもとにしたボードゲーム『逃走中 THE ボードゲーム』を発売した。2〜5人用、8歳以上、3,780円。

『run for money 逃走中』は、有名人が逃走者となり、サングラスとスーツ姿の「ハンター」の追跡から逃走し、賞金獲得を目指すゴールデン枠のテレビ番組。2004年から始まり、若年層を中心に高い毎回10%以上の高い視聴率を保っている。

ボードゲーム版は、バンダイとフジテレビの共同開発により、番組の世界観と緊張感あふれる展開をリアルに再現。、「逃走者」となったプレイヤーが、制限時間(ターン)の中でさまざまなミッションをクリアしながら、追ってくる「ハンター」から逃げ切り、最も高い賞金を獲得したプレイヤーが勝ちとなる。

ミッションはひとりではクリアできないものがあり、クリアできないとハンターが増えるなどのペナルティもある。また、仲間を裏切って自首することで少額の賞金をもらったり、捕まった仲間を助けるという選択肢もあり、仲間と協力するか、裏切るか、戦略は自分次第だ。

バンダイ:逃走中 THE ボードゲーム
Exciteニュース:番組のハラハラ・ドキドキ感を再現! 『逃走中 THE ボードゲーム』

ケツ爆弾(Arschbombe)

| コメント(0) はてなブックマーク - ケツ爆弾(Arschbombe) 

スイマー飛び込む水の音

arschbombe.jpg

カードを上からひらひらと落として、プールに飛び込む夏らしいアクションゲーム。見た目とは裏腹に難易度が高く、投扇興を思わせる。

順番に1枚ずつ、自分のカードをプールに投げ込んでいくが、2種類あって「素人」は隣の人が指定したカードにかかるように、「選手」はどのカードにもかからないように飛び込まなければならない。順序は自由で、「選手」は後から投げるほど(空いているところが少ないので)得点が高くなる。

さらに投げ方にノーマルとスペシャルがあって、成功すれば得点が2倍になるスペシャルでは、選手を手を上げた高さから落とす。ひらひら宙を舞う飛び込み選手は、水面ではなくプールサイドに落ちて死んでしまうことが多い(プールサイドは失点)。

ノーマルでも結構プールサイドに激突しまくる中、妙に上手だったくさのまさんが1位。家で練習してきた疑惑をかけられていた。暑くて考える気が起きないようなときは、こんなアクションゲームも涼しげでいい。

Arschbombe
B.ラッハ、U.ラップ/ツォッホ(2011年)
2〜4人用/8歳以上/15〜20分
メビウスゲームズ:ケツ爆弾

『ディクシット』日本語版、8月下旬発売

| コメント(0) はてなブックマーク - 『ディクシット』日本語版、8月下旬発売 

ホビージャパンは8月下旬、『ディクシット(Dixit)』日本語版を発売する。3〜6人用、8歳以上、30分、4,725円。

昨年のドイツ年間ゲーム大賞を受賞したフランスのコミュニケーションゲーム。各自6枚ずつ手札を持ち、親は自分の手札1枚を選び、その絵柄から連想される言葉を言って出す、ほかの人も、自分の手札からその言葉に最も関係していると思うカード1枚を出す。これらをシャッフルして並べ、親が選んだカードを当てる。

全員当たりまたは全員外れの場合、親はポイントをもらえないため、バレバレでも的外れでもない言葉を要求される。情報は多すぎても少なすぎてもいけないというコミュニケーションの原理を味わえる。メルヘンチックなカードイラストと、かわいいウサギコマを使い、老若男女で楽しく遊べるパーティゲームである。

play:game評価コメントリスト:ディクシット

ホビージャパンは同時に、6月に発売されたばかりのシリーズ最新作『ディクシット・オデッセイ(Dixit Odyssey)』を多言語版で発売する。3〜12人用、8歳以上、30分、4,725円。

新しいイラストカードや投票ボードのほかに、6〜12人で遊べるパーティルールとチーム戦ルールが加わった。パーティルールでは、親がカードを見る前にお題を出し、全員が出したカードに投票して、投票数だけ得点になる。収納面では、『ディクシット』『ディクシット2』が全て収まるようになっている。全部のカードをまとめて遊ぶことが可能。

自宅ゲーム会

| コメント(0) はてなブックマーク - 自宅ゲーム会 

海の日は海にも行かずゲーム会。ちょうどふうかさんが多人数ゲームを遊びたいというので声をかけてみたところ、karokuさんと新幹線でいらっしゃった。そのほかにくさのまさん、carlさん、神尾さん、ぽちょむきんすたーさん、鴉さんが参加し、8人で多人数ゲームを遊ぶ。

クゥワークル(Qwirkle)
タイルを配置して高得点を狙うゲーム。ドイツ年間ゲーム大賞受賞記念にプレイ。6枚ボーナスの「クゥワークル」をさせまいと5枚目を出さないで苦しい展開に。時間はけっこうかかる。

もぐりイモムシ(Da ist der Wurm drin)
ダイスでイモムシのパーツを入れるレースゲーム。来週月曜に発表されるドイツ年間キッズゲーム大賞で唯一、輸入されていないノミネート作。予想がことごとく外れて意外な結果になった。対象年齢は4歳以上で、キッズ大賞は厳しいかも。

テレストレーション(Telestrations)
絵とお題を交互に書いていく伝言ゲーム。8人揃って早速これ。今回も爆笑ものの連続で、鉄板ぶりを見せつけた。正解による得点と、気に入った絵とお題の得点を両方入れると、答え合わせの後でもう一度振り返れて楽しい。

レジスタンス(The Resistance)
レジスタンスとスパイに分かれ、ミッションの成功(失敗)を狙うゲーム。待ちに待った日本語版発売記念。1ラウンドを通常ルールで遊んでから、カードが日本語化された追加ルールで。誰かの正体が分かるなど強力な効果もあったが、推理の手がかりになるのでゲームが面白くなった。3ゲーム目の最後のリーダーは私で、スパイを絞り込めなかったのが悔しい。

クイズいいセン行きまSHOW!
誰も答えを知らないような問題にだいたいこれくらいという数字を書いて、真ん中になることを目指すゲーム。同点決勝のルールを初めて遊んだ。「正解さん」を1ん決めて、その人の答えに一番近い人が勝つ。これもまた面白い。バチカン市国の人口13人って。

アトリビュート(Attribut)
親が決めたお題に、合う形容詞、合わない形容詞を出して取り合うゲーム。合わない形容詞を出したのに、拡大解釈されて取られてしまう。「平らな」「地球」や「黒い」「お嬢様」が取られるなど、感覚違いすぎ。

カリバ(Kariba)
カードを揃えて場札を取るクニツィアのゲーム。タイトルは狩場ではなくアフリカの湖の名前。出し過ぎると次の人にもっていかれるジレンマがある。ゲーム上の必要性はまったくないが、ワニのカード置き場と草むらのカードフォルダーがカワイイ。

サンドイッチ(Sandwich)
具材を集めて美味しそうなサンドイッチを作り、気に入ってくれそうな人にプレゼントするゲーム。チョコレートとかサーモンとかムール貝とか、組み合わせによっては凶悪なものができるので工夫しなければならない。

ふうかのボードゲーム日記:山形ゲーム会

『ドミニオン』『世界の七不思議』無料PCソフト

| コメント(1) はてなブックマーク - 『ドミニオン』『世界の七不思議』無料PCソフト 

『マジック・ザ・ギャザリング』の関連サイト"Collectible Card Games Headquarters"は、人気カードゲーム『ドミニオン』『世界の七不思議』などのPCソフトを公開している。ログイン不要・ダウンロード無料。

『ドミニオン』はこちらのページから、Downloadのリンクを保存し、ZIPファイルを解凍すれば遊べる。基本セットから、最新拡張の『収穫祭』まで全ての王国カードで遊べるスグレモノ。ランダムに混ぜることも、指定して使うこともできる。プレイヤー人数・王国カード枚数などの設定も変更可能だ。

『世界の七不思議』も、こちらのページから、Downloadのリンクを保存し、ZIPファイルを解凍して遊ぶ。プレイヤー人数を変えることができるほか、リソースやコイン、軍事思考など、プレイヤーごとにAIのキャラクターを設定できる。

ほかにも、『アセンション』が同サイトにて、『スリードラゴンアンティ(3 Dragon Ante)』、『戦国大名(Feudal)』がBoardgamegeekにて公開されている。いずれも相手プレイヤーはAIが瞬時に処理するので1ゲームの所要時間は短い。何ゲームも遊んで腕を磨こう。

Collectible Card Games Headquarters

ポルトガル年間ゲーム大賞に『トロワ』

| コメント(0) はてなブックマーク - ポルトガル年間ゲーム大賞に『トロワ』 

ポルトガルのボードゲームサイト「シュピール・ポルトガル」は7月12日、2010年のポルトガル年間ゲーム大賞(Jogo do Ano)を発表した。5タイトルの最終候補から、審査委員会の投票で『トロワ(Troyes)』が選ばれた。

ポルトガル年間ゲーム大賞は、サイトのメンバーが10タイトルの新作を挙げ、その中から最終候補を5タイトルに絞って投票にかけられる。コンポーネント、テーマ、システム、繰り返しプレイする価値、インタラクション、総合的な楽しさの6項目で審査され、ベストゲームが決まる仕組み。過去には『アグリコラ』『ブラス』『インペリアル』『マリア』などが選ばれている。

『トロワ』はベルギーのパールゲームズが昨年のエッセン国際ゲーム祭で発表し、『世界の七不思議』と並んで高い評価を得ているボードゲーム。フランス北部の都市を舞台に、ダイスを駆使して発展を競う。

ノミネート作品には、今年を代表するフリーク向けの新作が並んでいる。

【ポルトガル年間ゲーム大賞2009】
大賞:トロワ(Troyes)
ノミネート:ドミナント・スピーシーズ(Dominant Species)、ナビゲーター(Navegador)、ヴィニョス(Vinhos)、ルナ(Luna)

Spiel Portugal:Jogo do Ano 2010
Spiel Portugal:Jogo do Ano 2010 - Nomeados
TGW:トロワ

ホビージャパンゲームフェスティバル、9月10日11日

| コメント(0) はてなブックマーク - ホビージャパンゲームフェスティバル、9月10日11日 

海外ボードゲームの日本語版を手がけるホビージャパンは9月10日(土)と11日(日)、全理連ビル9F(東京・代々木)にて人気5タイトルの日本選手権を一挙に開催する。『ドミニオン』『アグリコラ』『世界の七不思議』『スモールワールド』『レース・フォー・ザ・ギャラクシー』でそれぞれ日本一になるのは誰か?

『ドミニオン』日本選手権は10日に予選、11日に決勝が行われる。エントリーはオンラインの事前登録が必要で8月9日正午から受け付けられる。定員240名で、エントリー料金は1000円。予選では基本セットのみ、決勝では基本セットと、『収穫祭』を除く全ての拡張を用いる。優勝すれば、トロフィーと賞品のほか、10月にドイツで開催される世界選手権の出場権と、トラベルマネー100,000円が贈られる。また世界選手権の優勝者には、賞金1,000ユーロ(11万円)が贈られることになっている。

『アグリコラ』日本選手権も、優勝者はトロフィーと賞品のほか、11月にオーストリアで行われる世界選手権に出場できる。エントリーは11日の当日10時からで定員35名(多数の場合抽選)。エントリー料金は500円。

『世界の七不思議』『スモールワールド』『レース・フォー・ザ・ギャラクシー』の3タイトルも、それぞれ11日の当日10時からエントリーを受け付け、エントリー料金は500円。優勝トロフィーと賞品が贈られるが、世界選手権への出場権はない。

『ドミニオン』で予選落ちした場合を除き、1人で複数のゲームに同時エントリーできないので、出場したい方はどの大会に出るか検討しておこう。なお、観戦は無料。人気タイトル体験コーナー、B級品セールを含むショッピング・コーナーもあるので、大会に出場しない方でも見に行く価値はありそうだ。

ホビージャパン:ホビージャパン・ゲームフェスティバル

『世界の七不思議』日本語版発売

| コメント(0) はてなブックマーク - 『世界の七不思議』日本語版発売 

ホビージャパンは本日、『世界の七不思議(7 Wonders)』日本語版を発売した。3〜7人用、13歳以上、30〜40分、6300円。

2010年のエッセン国際ゲーム祭で一番人気だった文明発展ゲームがついに日本語版で登場。「ギザのピラミッド」「ロードスの巨人像」「アレクサンドリアの灯台」「エフィソスのアルテミス神殿」「バビロンの空中庭園」「オリンピアのゼウス像」「ハリカルナッソスのマウソロス霊廟」から1つずつ担当し、3つの時代にわたって発展させていく。

時代ごとに対応する7枚のカードを受け取って、1枚選んで左に渡し、また右から回ってきたカードから1枚選んで左隣に渡すというドラフト方式がゲームの核。 選んだカードは同時に公開してアクションを実行。各時代の最後には隣のプレイヤー同士で軍事力を競う。

同時進行のため、何人で遊んでも約30分で終わる手軽さと、7人まで遊べる幅広さで人気を博し、先月、新しく制定されたドイツ年間エキスパートゲーム大賞(Kennerspiel des Jahres)に選ばれている。

これまで国内発売されていた多言語版と比べ、日本語版では180枚ある世代カードの表記が日本語になっている。プレイヤーボードは、多言語版と同じく効果はアイコン・地名はローマ字。

『世界の七不思議』日本語版、7月中旬発売

『エアライン・ヨーロッパ』日本語版、9月上旬発売

| コメント(0) はてなブックマーク - 『エアライン・ヨーロッパ』日本語版、9月上旬発売 

ホビージャパンは9月上旬、A.R.ムーンの航空ボードゲーム『エアライン・ヨーロッパ(Airlines Europe)』日本語版を発売する。2〜5人用、13歳以上、75分、5,880円。

『チケット・トゥ・ライド』のA.R.ムーンが、愛好者に絶大な人気を博しながら絶版になっていた『ユニオン・パシフィック(Union Pacific/アミーゴ社・1999年)』をリメイク。今年のニュルンベルク国際玩具見本市でアバクス社より発売された新作が早速日本語版となる。『ユニオン・パシフィック』の熱烈な愛好者として知られるテンデイズゲームズの田中誠店長がルール制作に携わった。

プレイヤーは投資家となって、ヨーロッパを舞台に、限りある航空ライセンスを巡って競争を繰り広げる。航空路線を購入する一方で、航空会社の株式を入手し、配当をもとに株式を買い足していく。ゲーム中に何回かある決算のときに、所持している株式に応じて勝利点を獲得。勝利点が最も多い投資家が勝つ。航空会社の成長を見極めて、有益な航空会社により多く投資できるかが勝敗を分ける。

手番中の選択肢はたくさんあるのに、できることは1つだけという悩ましさを『ユニオン・パシフィック』から継承しつつ、プレイ時間を90分から短縮。また、カラフルな飛行機コマで視認性が向上している(前作からの変更点については、下記のリンクを参照)。

ゲームボード・カードの地名・会社名は『チケットトゥライド・ヨーロッパ』と同様ローマ字表記となる。

play:game:エアラインズ・ヨーロッパ評価コメント

フェイドゥッティゲーム賞に『銀河帝国の興隆』

| コメント(0) はてなブックマーク - フェイドゥッティゲーム賞に『銀河帝国の興隆』 

フランスのゲームデザイナー、B.フェイドゥッティ氏は毎年恒例の年間マイゲーム大賞(Mon jeu de l'année)を発表し、大賞に『銀河帝国の興隆(Ascending Empires)』を選んだ。

『銀河帝国の興隆』は、宇宙船を指のおはじきで移動して探検し、帝国を建設するゲーム。おはじきというアクションを取り入れつつ、さまざまな得点パターンを組み入れてプレイ時間75分という大作に仕上げた。フェイドゥッティ氏は「『クロキノール』ボードで遊ぶ『スタークラフト』のような組み合わせが面白い。バランスがよく取れており繰り返し遊べる。その割にあまり評価されていない」と評している。

一方、フェイドゥッティ氏自身も多数の新作を発表しており、その中では『黄金の島イスラ・ドラーダ』が会心の作としている。

ファイナリストとノミネートは以下の通り。

【B.フェイドゥッティの年間マイゲーム大賞】
大賞:銀河帝国の興隆(Ascending Empires)
ファイナリスト:エイリアンフロンティア(Alien Frontiers)、ビッグアイデア(The Big Idea)、レミングマフィア(Lemming Mafia)
ノミネート:ザ・ボス(The Boss)、ニュルンベルク(Norenberc)、ビアナ宮殿(Palacio de Viana)、フォトパーティ(Photo Party)、アメリカの開拓者たち(Settlers of America)、世界の七不思議(7 Wonders)、髑髏と薔薇(Skull and Roses)、誰が勝つ?(Who Would Win)

Bruno Faidutti:Mon jeu de l'année 2011

『ドミニオン:収穫祭』日本語版、8月末発売

| コメント(0) はてなブックマーク - 『ドミニオン:収穫祭』日本語版、8月末発売 

ホビージャパンは8月末、元祖デッキ構築ゲーム『ドミニオン』の最新拡張『収穫祭(Cornucopia)』の日本語版を発売する。2〜4人用、8歳以上、30分、3150円。

『陰謀』『海辺』『錬金術』『繁栄』に続いて第5弾となる拡張。サイズは『錬金術』と同じく中箱で価格を抑えた。テーマは収穫と祭で、巨万の富を作り上げた領主たちの村で祭りが行われ、豊穣を祝う笛コルヌコピアが鳴る。

カードの能力は「多様性」がキーワードで、自分の山札・手札・プレイエリアにあるカードの種類が多いことで、大きな効果をもたらすカードが特徴。王国カード13種類に加え、5枚の新種カード「褒賞」が入り、今までのカードセットと組み合わせることで、さらにバラエティに富んだゲーム展開が楽しめる。

『ドミニオン』の基本セットと『陰謀』は現在品切れになっているが、現在再版中でまもなく入荷する見込みだ。

ドミニオンの日々:Cornucopiaカードレビューその1その2その3その4

『ドワーフの王様』日本語版、8月中旬発売

| コメント(0) はてなブックマーク - 『ドワーフの王様』日本語版、8月中旬発売 

ホビージャパンは8月中旬、新作トリックテイクゲーム『ドワーフの王様(The Dwarf King)』日本語版を発売する。3〜5人用、10歳以上、40分、2,520円。

『ビブリオス』を発売したフランスのイエロ社が、同じくフランス人デザイナーのブルーノ・フェイドゥッティが手がけた特殊能力いっぱいのカードゲームを発売した。

テーマはファンタジーで、ドワーフの王様を始め、ゴブリンの呪術師、ドワーフの技師、ゴブリンの忍者、ドラゴンの哲学者、ミイラ、楽師が登場。配られたカードを全員1枚ずつ出し、一番強いカードを出した人が全員分のカードをもらうというトリックテイクにフェイドゥッティ得意のツイストが加えられる。

全員が出した毎ラウンド、「ナイトの5」が配られたプレイヤーが、2種類のクエストタイルから好きな方を選んで得点方法を決める。クエストに応じて、カードの出し方を考えなければならない。

さらに、毎ラウンド1枚だけ加えられる「ドラゴンの賢者」や「ミイラ」や「ゴブリンの忍者」などの特別カードが戦略を左右する。コミカルなイラストで、トリックテイク愛好者だけでなく、気軽にカードゲームを楽しみたい人もターゲットにする。

CMソングメーカー(CM Song Maker)

| コメント(0) はてなブックマーク - CMソングメーカー(CM Song Maker) 

かみ合わせの妙

クライアントが気に入ってくれるCMソングの歌詞を作るゲーム。名古屋EJFのメンバーが制作した作品で、ゲームマーケットでゲームストアバネストから無料配布された。8人プレイで、無料とは思えないほど非常に盛り上がった。

はじめに今回のお題が2枚のカードで指示される。カードは形容詞と名詞からなり、「ゴージャズな/公営ギャンブル」「やる気の無い/ドラッグストア」というようにランダムに組み合わせられる。

CMソングの歌詞は3つの候補を前半と後半に分かれて制作する。作詞家になったプレイヤーは、自分が担当する部分を七五調で作詞。担当はシャッフルして決めるので、誰と組になるかは分からない。終わったらひとりがまとめて順番に読み上げる。CMソングだが節はつけなくてもよい。

お台場カジノ
ゴージャスデリシャス/レインボーブリッジに虹の橋
政治家もみんなやってるよ/バカラ、ポーカー、ルーレット
あなたも5分で/大爆発だよお台場カジノ

ダラダラドラッグ
開店は午後3時/なんとなく営業中
そんな時は一発キメてみよう/みんな適当に持っていけ
いつでもどこでも定休日/今日もだらっとダラダラドラッグ

候補を読み上げたら、クライアントのプレイヤーは気に入ったものにお金カードをビッド。これをそれぞれの担当で折半して収入とする。相手とのかみ合わせが見事にマッチして大爆笑を引き起こせれば、高い収入が得られるだろう。

ラウンドごとに作詞家とクライアントを交替し、規定ラウンドで収入の最も多い人が勝ち。ベストコピーライターは誰か。

評価の仕方がよく出来ており、また毎回作詞家とクライアントが変わるのでめりはりがつく。ひとりで全部作るわけではないので(ときどきそうなることもあるが)、大喜利系のプレッシャーもない。コミュニケーション・パーティゲームの需要が高まる昨今、この作品は是非、商品化してほしいものだ。

CMソングメーカー
風狐享也/ゲームストア・バネスト(2011年)
5〜8人用/30分
ゲームストア・バネスト:CMソングメーカー

ゲームマーケット2011新作評価アンケート結果

| コメント(0) はてなブックマーク - ゲームマーケット2011新作評価アンケート結果 

2011/6/12-7/10実施 有効回答総数141名
評価平均
(5/とても面白い-1/全く面白くないまでの五段階評価平均と評価数、全投票者の1割=14票以上、上位20位まで)

1.シガラミ(カワサキファクトリー)4.41/36
2.ダチョウサーカス(カワサキファクトリー)4.32/53
3.ブレインフリッパー・プラス(カワサキファクトリー)4.29/17
4.7つの島(ワンドロー)3.98/48
5.The Majority2(操られ人形館)3.86/29
6.怪盗ジュエル(染井吉野ゲームズ) 3.84/38
7.ハートオブクラウン(FLIPFLOPs)3.78/72
8.UNGERADE(青い街)3.65/20
9.R(カナイ製作所)3.59/27
10.スパイ51(カワサキファクトリー)3.52/19
11.ギリギリボウリング・タップ!(カワサキファクトリー)3.45/22
12.ブランノワール(R&Rステーション) 3.44/18
13.Vopals(I was game)3.42/54
14.みんくえ(White Owl)3.31/19
15.ひも電-輸送編-(Hammer Works)3.26/27
16.Good Price (Hammer Works)3.19/21
17.Tの悲劇(カジタブリッジ)3.11/19
18.歌って♪ ボーカロイド(R&Rステーション)3.10/20
19.エルシャダイカードゲーム(ゼロハウス)3.07/14
20.魔法少女 まどか☆マギカ カードゲーム(アナログゲームショップ)3.06/18

→過去のゲームマーケット新作評価アンケート結果…200520062007200820092010

年齢:30代54%、20代31%、40代11%、そのほか4%
性別:男性91%、女性9%
居住地:関東58%、都内19%、東海・近畿16%、北海道・東北3%、そのほか4%
ゲームマーケット参加経験:4回目以上41%、初めて22%、2回目21%、3回目16%

ろくでなし(Fiesling)

| コメント(0) はてなブックマーク - ろくでなし(Fiesling) 

え、私なんですか?

性格カードの置き方をもとに、プレイヤー間の誰だ問題になっているか予想するドイツのコミュニケーションゲーム。『ディクシット』以来、プレイヤーに楽しみ方を任せるゲームがドイツでも広がっているが、参加者そのものをお題にするダイレクトさは極限まできたという感じである。

出題者は2人一組となって、プレイヤーチップを1枚引く。プレイヤーチップには参加者の番号が書いてあり、今回のお題となる。出題者自身がお題になることもある。

出題者は性格カードを引く。「神経質」「お人好し」「しつこい」などの性格が書かれており、お題のプレイヤーにどれくらい当てはまるかを5段階で評価する。それから、もう1人の出題者が、その評価を変えることができる。順番交替して、もう1枚性格カードを置いたら1回目の予想タイム。

ほかのプレイヤーは、2枚の性格カードの位置を見て、誰がお題になっているか予想する。予想したらまた2枚の性格カードを出して2回目の予想タイム。そしてまた2枚の性格カードを出して3回目の予想タイム。1、2回目から予想を変更しなくてもよい。そしていよいよ答えを発表する。「えっ、この人だったの?」「やっぱりそうだと思った!」

1回目の予想で当てたら3点、2回目は2点、3回目は1点。出題者は過半数に当ててもらえれば3点。出題者を1人ずらして次のラウンドを行い、1周したら得点を競う。

出題者2人の評価がずれているところが大きなヒントになる。「上品」がマックスから一気に下がったのでもしやと思ったら私だった。実は下ネタが嫌いじゃないということがばれていた。もしかしたら自分がお題ではないかと、じわじわ分かってくるのはスリルがある。

失礼な性格カードもどんどん出てくるので、気心のしれた仲間同士で遊びたい。とはいえ、初対面で遊んでも、第一印象でビッドして、実際はどうかを答え合わせの後に本人が修正すると、自己紹介タイムのようになって楽しい。

Fiesling
C.ウェーバー/フッフ&フレンズ(2011年)
3〜8人用/10歳以上/20〜30分
国内未発売

6月のメビウス便

| コメント(0) はてなブックマーク - 6月のメビウス便 

(写真と文:石川 久)

 7月9日の「なかよし村とゲームの木」に参加していずれもプレイできた。
 「なかよし村とゲームの木」は、1982年4月創立の草場純さんが主催するゲーム会である。高田馬場ブリッジセンターにおいて、毎週土曜日に開催されている。今回が通算1,483回目の例会にあたり、おそらく現在まで活動を続けるゲーム・サークルとしては日本最古である。

マンモス(クイーン)8歳以上/2〜5人/30分(7点)

 「ホテルサモア」で注目を浴びた、ノルウェー出身のクリスティアン・アムンドセン・オストビーによるデザイン。本業では医者をしている31歳の新鋭ゲームデザイナーである。
 原始人となったプレイヤーたちは、捕獲したマンモスの分配を行う。できるだけ自分の分け前が多くなるようにしたいのが本音ではあるけど、あからさまに強欲張ると周囲からのマークを厳しくなる。ほどほどが肝心なのだ。


人類による狩猟が原因で絶滅したとの説も

 このゲームでは、2,3人の場合には5ラウンド、4,5人でプレイする場合には4ラウンドを行う。
 毎ラウンドともに獲物タイル31枚とシャーマンタイル1枚を袋の中でかき混ぜた後、テーブル中央へとバラまかれ、このタイルの分配を巡って争うことになる。
 タイルの表裏には、それぞれ別のアイコンが描かれており、表になった面が適用される。中には「?」と書かれ、この時点では不明だが、分配が終了後に表向けられるタイルもある。


2枚のボードは、メインではなくサポート的存在


このタイルを分配する

 手番が来て、タイルの獲得前であれば、手札から任意の枚数のアクションカードをプレイできる。このアクションカードは、直ちに効果を発動するタイプと、得点計算に影響を与えるタイプの2種類に大別される。「?」タイルの存在により、得点計算に思わぬ番狂わせが生じることがあるので要注意。
 タイルの獲得に際しては、任意の枚数の獲物タイルをテーブル中央から取って自分の前に置くか、他のプレイヤー1人が既に獲得したタイルを全部奪って、そこから最低でも1枚を中央の場に返却する。いきなり、テーブル中央に置かれた全てのタイルを獲得しても構わないという大胆なルールだ。
 既にタイルを獲得したプレイヤーの手番は飛ばされ、まだタイルを獲得できていないプレイヤーへと手番が回る。タイルを持たない最後のプレイヤーが、ボード中央からタイルを取る場合には、残った全てを獲得しなければならない。そして、そのプレイヤーが次のラウンドのスタートプレイヤーとなる。
 タイルの分配が決まったら、次に得点計算を行う。シャーマンタイルを受け取ったプレイヤーから、描かれた矢印の方向に、タイブレイクした際の優先順位が決められる。
 6種類あるタイルは、種類ごとに獲得枚数を比べていく。例えば「毛皮」のタイルの場合、一番枚数の多いプレイヤーにはラウンド数と同じ得点が入るが、一番少ないプレイヤーは減点される。というような感じだ。


マンモスと一緒に狩られる動物たち

 使用したアクションカードを捨て札にして、再び全てのタイルを袋に戻したら、新たなラウンドを開始する。規定数のラウンドを終えたら、ゲームを通じて集めた動物の種類数に応じて得点が入る。全7種の動物をコンプリートできれば30点になるから、これは強力だ。
 アクションカードの効果は判りやすくアイコン化されており、言語依存もなく遊べるのは嬉しい。プレイヤーにゲームバランスを委ねているところは、ユーロ・ゲームらしからぬところで、自制心のないプレイヤーには向かないかも知れない。
 タイルの分配は、競りゲームにも似た感覚で、プレイヤー間でいかに談合できるかがポイントになる。想像以上の面白い展開になったが、プレイされたアクションタイルが仇となり、キングメイクが起こってしまった。
 展開次第だとは思うが、プレイ時間を30分内で収束させるには、ちょっと無理がある。それでも、あまりプレイ時間はかからない。

◎スコア ※敬称略
石川 55, ケマ 39, 堀田 37, やすやす 60

◎メビウスおやじ「マンモス」の紹介
http://mobiusoyaji.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/post-e2d7.html

◎Mammut for BoardGameGeek
http://www.boardgamegeek.com/boardgame/95613/mammut

アバンティ(ツォッホ)10歳以上/3〜5人/45〜60分(4点)

 「ザップゼラップ」など、子供ゲームを得意とするハインツ・マイスターによるデザイン。「アバンティ」とはイタリア語で「進め」または「どうぞ」を意味する。
 コンサート、記者会見、スポーツ・イベント、ファッション・ショーといった会場をプレイヤーは自家用車で駆け巡り、エスプレッソ・マシーンやカナッペ、お寿司、トイレットペーパーなどをデリバリーする雑務で大忙し。それもこれも、しっかりとお金を稼いで、南の島でハンモックに揺られる悠々自適な暮らしをするためである。


コスモスサイズと同じで、ポップなイラスト

 ボードの内周は、南の島へのトラックになっていて、外周は熾烈なレースが繰り広げられる円状のトラックが描かれている。レースゲームでありながら、自分の車のコマを動かすのは、ダイスロールではなくカードプレイである。
 このカードが三角形なのが珍しい。角にはそれぞれ数字が書かれており、進みたい数字をボード側に向け、伏せてプレイする。全員のカードが出揃ったら、下位のプレイヤーから時計回りの順番で、自分のカードを表向け、その数だけ車を進ませる。5人プレイだと、カードのリシャッフルが頻繁に起こる。三角形なので混ぜにくい。
 特筆すべきは、進んだ先のマスに、他のプレイヤーの車のコマがあれば、進んできた数だけ、さらに先へと進めることである。これは連鎖するので、ビリの車がいきなりトップに躍り出ることだって可能だ。
 毎ラウンド、先頭の車に対して、自分の車がいるマスに書かれた金額を支払わなければならない。それだけでなく、1から3までの数値をプレイした場合でなければ、カードを補充できないという厳しいルールが定められている。もしも、4以上の数値でカードを3回連続プレイして、それでもゴールできなければ、レースから脱落してしまう。


レースは外周をくるくると回る

 何回かのターンを繰り返して、少なくとも1つの車が1周するか、誰もカードをプレイしなくなるか、カードを持っているプレイヤーが先頭のプレイヤーだけになったら、ひとつのレースが終了する。自発的にレースからリタイアしても構わないので、お金がなければ、高額な駐車場を占有する戦法も有効だ。
 レースの1位が3マス、2位は2マス、3位は1マス、というように順位によって内周トラックのコマを進ませる。途中で資金ショートした場合には、この内周トラックのコマを後退させることで、マスに書かれた額面の半分を銀行から受け取って支払いに充てられる。
 さらにここで、プレイヤーは収入を得る機会が訪れる。自分の車から直後の車のいるマスまでの間の駐車場に書かれた金額の合計を銀行から受け取れるのだ。加えて、内周トラックに書かれた金額を支払えば、自分のコマを何マスでも前進させられる。(金額の書かれてないマスへは進めない)
 こうして、内周トラックのいずれかのプレイヤーがコマが、南の島へと到着したらゲーム終了。複数のプレイヤーが南の島に到着した場合には、最終レースでより上位のプイレヤーが勝利する。
 一度、負のスパイラルに陥ってしまうと、そこから、なかなか脱せないのが辛いところである。他のプレイヤーの動向をしっかり読んで、いかに相手のコマを踏みつけるかが、戦略上重要なのは間違いないが、それでも肝心のカードが手札にないことには、どうすることもできない。


車のコマが良い味を出している

 木製コマが利用されることの多いドイツゲーム界にあって、このゲームの車のコマは着色されたポリストーン製である。一見凝った作りに見えるが、細部は案外と雑だったりする。
 全くもって余談になるが、私がチーフ助監督を担当した映画「THE 有頂天ホテル」の舞台となる架空のホテルの名前が「アバンティ」だった。

◎スコア(順位) ※敬称略
草場純 5位, 石川 4位, ケマ 1位, 堀田 2位, やすやす 3位

◎Avanti for BoardGameGeek
http://www.boardgamegeek.com/boardgame/91668/avanti

ビット(ラーフェンスブルガー)8歳以上/1〜4人/30〜45分(4点)

 2009年にライナー・クニツィアが発表した「フィット」の続編的位置づけの、テレビゲームの「テトリス」に代表される落ち物系をアナログ化したゲームである。


クニツィア博士‥‥嘗ての栄冠は今どこに?


ポピュラーだった長方形サイズも今ではマイノリティ

 このゲームは全部で3ラウンド行って、その得点を競うものである。
 「ドミノ」のように、ひとつのタイルは2個のブロックで構成されており、1色もしくは2色のカラーがついている。
 カードに指定されたタイルを6×6マスのボードに順番に配置していって、基本的には4個からなるテトリス・ブロックのパターンを作り出すことで、得点が獲得できる仕組みだ。
 ラウンドごとに指令カードで得点パターンが決定する。そして、プレイヤーはそれぞれ色の違うスタート・タイルを自分のボードに配置してから、ゲームがスタートする。これにより、各プレイヤーは異なった条件でプレイをすることになる。
 後は、プレイヤーのひとりが代表してカードを1枚ずつめくり、そこに指定されたタイルをボードに配置していくだけである。これらは同時進行だから、プレイヤー人数によるプレイ時間の差はほとんど生じない。
 タイルは上から落とすように配置しなければならなず、後になってから、隙間にはめ込むような配置は禁止されている。
 またプレイヤーには一度だけ、指定されたタイルを配置しない代わりに、無色の中立タイルを配置することが許されている。これにより、同色のブロックが繋がってパターンが崩れてしまうのを防ぐことができる。
 上級ヴァージョンのルールも用意されており、こちらは4ラウンド行う。


残りのタイルから確率を推察してみる

 タイルを配置することで、テトリス・ブロックを作り出すというのは、逆転の発想というか、そこが「フィット」との大きな違いでもある。しかし、前作「フィット」同様にソロプレイ感が強く、盤面がより狭くなってしまったことで、自由度も奪われ、盛り上がりには全く欠けるところが寂しい。
 最早、クニツィア博士は最も期待できないデザイナーに成り下がってしまった感がある。過去の自身の名作のiPhone/iPad用のアプリケーション開発に専念した方が無難ではなかろうか。

◎スコア ※敬称略
 ラウンド 1 2 3  合計
  ケマ  10 13 08  31
  堀田  12 10 04  26
  ジロウ 10 12 10  32
  石川  11 09 10  30

◎Bits for BoardGameGeek
http://www.boardgamegeek.com/boardgame/89668/bits

 昨年7月のメビウス便のレポートから、小野さんのサイト(Table Games in the World)にも転載されるようになって、ちょうどまる1年が経過。
 供給過剰なまでに、さまざまな海外のテーブルゲームが輸入販売される時代だけに、購入目安のひとつとして、少しでも役立つ情報になればと願いつつ、愚にもつかないレポートを書き綴ってきたことが恥ずかしくもある。

『オリンポス』多言語版、8月下旬発売

| コメント(0) はてなブックマーク - 『オリンポス』多言語版、8月下旬発売 

ホビージャパンは8月下旬、フランスの文明発展ゲーム『オリンポス(Olympos)』多言語版を発売する。3〜5人用、10歳以上、90分、6300円。

『スモールワールド』の作者P.キーヤーツの新作で、ファンの多いイスタリ社から発売される。ボードにはペロポネソスの原野や、神秘のアトランティスの輝く砂浜が広がっている。ここで敵を撃退し、技術を開発し、驚異の建造物(ワンダー)を造り、オリンポスの神々の恩恵を受けて自分の一族を発展させていく。

ボード上にコマを配置して移動し、行く先々で戦闘を行ったり、資源を手に入れて発見や建造を行う。アクションポイント制で、使ったポイントの少ない順に手番を行う『テーベの東』方式。一定のアクションポイントを使うたびに神々が登場し、その時点でのプレイヤーの状況によって恩恵や天罰が与えられる。

ゲームを有利に進めたり得点したりする発見のコンボが勝敗のカギ。25種類あり、専用のボードにランダムに並んでいるタイルを取って効果を獲得できる。

日本語ルールがメーカーから公開されているので、内容をチェックしてみよう。

Ystari Games:Olympos

『ダイナマイトナース・リターンズ』8月12日発売

| コメント(0) はてなブックマーク - 『ダイナマイトナース・リターンズ』8月12日発売 

アークライトは8月12日、デッキ構築カードゲーム『ダイナマイトナース・リターンズ』を発売する。3〜5人用、12歳以上、40〜60分、3,990円。

ホビージャパンが80年代に発売したミルボーンズ系のカードゲームが帰ってきた。自分の病院で患者を治療したり、たらい回しにしたりして死亡させた患者の数の少なさを競うというテーマそのままに、流行のデッキ構築システムを採用。イラストもアークライト得意の萌えエロ系になった。

次々と搬送される患者をスムーズに受け入れ、手際よく手術して退院させて、名医として一番の尊敬を受けることを目指す。あまり患者を死なせると、伝説の「ダイナマイトナース」として、永久に村の歴史に刻まれてしまう。

アークライトのデッキ構築ゲームはこれまで『たんとくおーれ』シリーズ3作、『くにとりっ!』シリーズ3作、『ばるば★ろっさ』シリーズ2作、『リトルバスターズ!』で、今回で10タイトル目。デッキ構築専門のプレイヤーも多く、人気が続いている。

Amazon.co.jp:ダイナマイトナース・リターンズ

『レジスタンス』日本語版発売

| コメント(0) はてなブックマーク - 『レジスタンス』日本語版発売 

ホビージャパンは本日、多人数推理ゲーム『レジスタンス』日本語版を発売した。5〜10人用、13歳以上、30分、1,890円。

2009年にネットのプリント&プレイ作品として発表されたアメリカのゲーム。翌年にアメリカのインディーゲームズから発売されると、司会進行役いらず、脱落者なしの人狼系ゲームとして人気を集めた。日本語版は中国語版と共に4月発売予定だったがスケジュールが遅れ、ようやく発売となった。

プレイヤーは全員、地下抵抗組織(レジスタンス)の一員となって反政府活動を行っているが、政府からのスパイが紛れており、サボタージュを働く。

順番に抵抗活動のリーダーとなった人は、作戦参加メンバーを選び、それを全員で投票にかける。承認されれば作戦開始。ここで参加メンバーに選ばれた人は、作戦遂行するかサボるかを密かに選ぶ。1人でもサボると作戦は失敗に終わってしまう。

レジスタンス側は作戦を3回成功させれば、スパイ側は3回失敗させれば勝つ。お互いに誰が仲間か分からない中、投票や作戦の成否から少しずつ明らかになっていく真実。推理に推理を重ねて勝利を目指したいが、ウソを付いているかもしれない。

さらに選択ルールで使用する『陰謀カード』では正体がいきなりバレるなどのハプニングも起こり、先の読めない展開が待っている。

ホビージャパン:レジスタンス日本語版
TGW:レジスタンス

『クォーリアーズ!』日本語版、7月30日発売

| コメント(0) はてなブックマーク - 『クォーリアーズ!』日本語版、7月30日発売 

アークライトは7月30日、ダイスでデッキ構築するアメリカのダイスゲーム『クォーリアーズ!(Quarriors)』を発売する。2〜4人用、14歳以上、30分、4830円。

『サンダーストーン』の作者M.エリオットと、『ケイオス・イン・ジ・オールドワールド』のE.M.ラングがウィズキッズから発表したばかりの新作が早速日本語版となった。手持ちのダイス6個を振って、新たなダイスを購入し自分の「デッキ」を作っていく。手番には布袋に入った「デッキ」からダイスを引いて使い、布袋がなくなったら全部補充するというまさにデッキ構築システム。

ダイスは50種類あり、その中から1ゲームで使うのは10種類。新たな獲物ダイスを購入できる「マナ」のほか、モンスターを召喚したり、ドロー追加や振り直しができる魔法もあるなど、ダイスの効果は千差万別。最終的には、召喚したモンスターから生まれる勝利点を競う。

130個のダイスが入って、デッキ構築の楽しみと、ダイスロールの興奮が同時に味わえる新機軸の作品だ。レビューは『GameLink』8号に掲載されているのでチェックしておこう。

Boardgamegeek:Quarriors!

未確認生物テレビ(Cryptids TV)

| コメント(0) はてなブックマーク - 未確認生物テレビ(Cryptids TV) 

絵を見て笑うのを見て笑う

でっち上げた生物のイラストを見て、即興でテレビリポートする国産のコミュニケーションゲーム。今年のゲームマーケットの新作だが、先行してシンガポールのゲームフェアでも展示された。カードは日英の両方表記で、エッセンの出展もばっちりである。

まずはじめに未確認生物カードを引き、「テレパシー生物」「猛毒生物」などの今回の生物が決められる。このテーマで、各自、生物をでっち上げスケッチ。絵の上手下手よりもインパクト重視。

そして、番組テーマカードを引き、「シベリア凍土地帯から千年前の生きた状態で」「驚きの実態!奇妙な増え方をする…」などのテーマが与えられる。先ほど描いておいた絵を皆に見せながら、テーマに沿って1人ずつ実況中継するわけだが、その前に全員の絵をシャッフルして配りなおすのがこのゲームのポイント。

絵を見るととんでもない生物が描かれているわけで、吹き出してしまったり、絶句したりと、まるで本当に生物を見たかのような臨場感があふれる。

「ハイ、こちら〇〇から実況中継です。巨大な生物が眠っています! この耳のような部分は、専門家によりますと電波を発信する装置になっているそうです。おおっと、起き出しました!」……実況中継ではテンションの高さと、絵をテーマにこじつけるプレゼン力が問われる。

全員がリポートした後にベスト作品を一斉に指さして決め、これを2〜3ラウンド繰り返して、ベスト作品中からベストを決める。そのリポーターが1位、絵を書いた人が2位、2番目のリポーターが3位、絵を書いた人が4位。

いきなり実況中継といわれても戸惑うが、次第に自分なりのスタイル(勢いで押し切る、無理やりこじつけるなどなど)が確立されれば何とか乗り切れるようになる。どう実況したらいいか困っているのを見ているのも楽しい。

ホームページでは、傑作作品のイラスト写真とリポートの要約を募集している。8月末〆切。応募してみてはいかが。

Cryptids TV
藤原快/ピグフォン(2011年)
3〜8人用/10歳以上/20〜40分
ピグフォン:未確認生物テレビ

ブロッカーズ(Blockers!)

| コメント(0) はてなブックマーク - ブロッカーズ(Blockers!) 

もう置くところない!

自分の色のタイルの「島」ができるだけ少なくなるよう、つなげて配置するゲーム。もとは2007年にアメリカのゲームショップ「ファナゲン」が発売した『アップタウン』で、今年になってドイツ語・英語・中国語版が相次いで発売され、ドイツ年間ゲーム大賞で推薦リストに入った。新版ではタイルがずれないようにボードがエンボス加工されている。

順番に各自、自分の色タイルを1枚置く。タイルは数字・アルファベット・模様がついており、対応する行・列・エリアに置かなければならない。ただし1枚だけ「ブロッカーズ」と書かれたタイルがあり、どこに置いてもよい。

ボードは思いのほか狭く、中盤から置くところがどんどんなくなっていく。そこで、空いているマスだけでなく、ほかの人のタイルを除去して置いてもよい。その場合は、相手の「島」(タイルのひと続き)を分断してはいけないというルールがある。除去したタイルはゲームの最後に失点になるが、それによって自分の「島」をつなぐ足がかりになるならば失点を減らせるだろう。

山札がなくなったら1枚ずつ置いて終了。「島」の数と、除去したほかの人のタイルの数の合計が一番少ない人の勝ち。

序盤はある程度固めておけるが、手札はすぐばらばらに。しかもボードはどんどん埋まっていき、除去せざるを得ない状況になる。相当な洗面器ゲーム※で悶絶しまくった。私は少し離して置いた島を後でつなげる作戦だったが、中央の攻防が激しくてつながらずじまい。ぽちょむきんすたーさん(赤)が1つのマークのエリアを囲い込み、有利に進めて1位。同じアブストラクトゲームの『クゥワークル』と続けて遊んだが、こちらのほうが時間が短くてエキサイティングだと評判だった。

※水を入れた洗面器に顔をつけて最初に顔を上げた人が負けというゲームのようなマゾヒスティックな我慢比べのこと。

Blockers!
K.ヒース/アミーゴ(2011年)
2〜5人用/8歳以上/30分
国内未発売

『7つの島』再版、予約開始

| コメント(0) はてなブックマーク - 『7つの島』再版、予約開始 

先月のゲームマーケットで最も長い行列ができ、わずか30分で売り切れた『7つの島』(ワンドロー)の再版が決まり、4日から予約受付が始まっている。木皿儀隼一作、2〜4人用、12歳以上、30〜50分、4200円、140部限定。

7つの島を巡り、それぞれ異なる効果を利用して、自分が率いる海賊団を成長させていくカードゲーム。デッキ構築型ワーカープレイスメントという、世界の最先端をいくシステムで注目されている。

発売は7月末で、印刷は萬印堂が行う。同社の通販では『未確認生物テレビ』『アークキング』『スタンプス』などゲームマーケットで発売されたばかりの最新作もあるので、チェックしよう。

ボードゲーム・カードゲームの販売所:7つの島 【萬印堂仕様】
ワンドロー:7つの島

リオグランデ(Rio Grande)

| コメント(1) はてなブックマーク - リオグランデ(Rio Grande) 

相乗りしたら流された

アメリカ・コロラド州にある川リオ・グランデは、ゲームメーカーの名前にもなっているが、これはオーストリア製。同時進行で川が何本も伸びていく。そこに自分の橋をかけて、川の長さで得点するカードゲーム。

自分の番には5枚の手札から川カードを出して、川を伸ばす。川は全員共通で最高6本まで増やすことができ、模様が合えばどの川にカードを置いてもよい。そして、出したカードの上に自分の橋を置くことができる。『カルカソンヌ』のような分かりやすいゲーム進行。何枚だしてもいいので展開がダイナミックだ。

ポイントは1手番に1枚だけ出せるスペシャルカード。川の価値を上げる湖、橋を入れ替えるカーブ、川を途中で切って上流を捨ててしまう行き止まり、川の得点計算を起こす河口の4種類がある。カーブと行き止まりは攻撃的なお邪魔カードで、独占して川を育てていると狙われやすい。妨害される前に得点計算しておくか、もう少し育てておくか、あるいはほかの人の橋がある川に相乗りするか。

相乗りするにしても、得点計算は、自分の橋から下流のカード枚数×1点のため、あまりに後から相乗りしてもうまみがないどころか、先に橋をおいている人が得してしまう。相乗りするなら早めにしたいが、その分、川が台無しにされるおそれも高まる。

私は独自路線で相乗りせずコツコツ育てる作戦。ふうかさんはおいしそうな川を見つけて橋を置きカーブで上流の橋と入れ替える作戦である。どちらも実は効率がよくなくて、karokuさんが臨機応変に相乗りしたり、独自に伸ばしたりと得点を重ねる。長い川を独占していたが、お邪魔カードを置く場所がない巧さで大量得点し、勝利。

「今、行き止まりカードを持っていたら…」「次に得点計算を起こされたら…」などとスペシャルカードを前提として、プレイヤー間の駆け引きが熱いゲームである。

Rio Grande
M.コメルシ(Michele Comerci)/ピアトニク(2009年)
2〜5人用/10歳以上/45分
ゲームフィールド:リオグランデ
ふうかのボードゲーム日記:リオグランデ

ジョーカー賞2011ノミネート

| コメント(0) はてなブックマーク - ジョーカー賞2011ノミネート 

ベルギーのゲーム団体「もうひとつのゲームアイデア協会(Pour une autre idée du jeu)」は、今年で5回目となるジョーカー賞(Prix Joker)のノミネート作品を発表した。4部門について発表されたノミネート作品は以下の通り。

この作品の中からショップやネットで投票が行われることになっている。昨年はファミリー部門で『トバゴ』、愛好者部門で『フレスコ』が選ばれた。

【ジョーカー賞2011ノミネート作品】
小さい子供部門(4歳〜)
バナナジャンプ(Banana Jump / ウィニングムーブス)
枕投げ(Kissenschlacht / アミーゴ)
満腹(Pappsatt / セレクタ)

子供部門(6歳〜)
あわてんぼ魔女(Schusselhexe / ハバ)
スーパー恐竜(Super Rhino / ハバ)
ジャイアントステップ(Zwerg Riese / ハバ)

ファミリー部門(9歳〜)
バンコクの運河(Bangkok Klongs / dlpゲームズ)
カーゴ・ノワール(Cargo Noir / デイズ・オブ・ワンダー)
サフラニート(Safranito / ツォッホ)

愛好者部門(12歳〜)
世界の七不思議 (7 Wonders / レポスプロダクション)
エアラインズ・ヨーロッパ(Airlines Europe / アバクス)
ユグドラシル(Yggdrasil / ズィーマンゲームズ)

spielbox-online:Nominierungen für belgischen Spielepreis
Pour une autre idée du jeu

ルール和訳公開の是非(3)メーカー

| コメント(0) はてなブックマーク - ルール和訳公開の是非(3)メーカー 

ショップ関係者は影響がないといっても、私には遠慮があって、現行商品のルールは原則公開していない。これは、公開訳をもとに個人輸入する人が増えると、ショップの売り上げに影響するのではないかという危惧からであるが、このポリシーを覆す考えが出てきた。それはルールを読んでから買うという人と、発売と同時にルールを公開する海外メーカーの急増である。

収納の関係で購入量はしぼりたいが、新しいゲームはどんどん発売される。そんな中で、ルールを読んでから買いたいという人はどんどん増えている。ベテランゲーマーはこれまで数多のボードゲームを遊んできており、ルールを読んだだけで自分が求めているゲームかどうか、面白いか、ありきたりか、つまらないかの見当がつく。

このような機運が原因なのか結果なのか分からないが、海外メーカーでは発売と同時にホームページでルールを公開するようになっている。メーカーとしても、概要だけで買う気にならない人は、ルールを読んで購入を検討してほしいということなのだろう。

この理屈から行けば、現行商品のルールは、その作品に面白さの自信があるならば、どんどん公開したほうがよいということになるだろう。ショップとしても、個人輸入に流れるリスクよりも、公開されなければ売れなかった作品が売れる可能性のほうが高くなる。逆にいえば、ルールが公開されない作品は、羊頭狗肉の疑いがかけられることすら考えられる。

近年の趨勢であるルール公開が、和訳の公開にも影響を与えていくのは間違いない。それでも、現行商品の和訳を公開するのは新規情報性が薄いので私は積極的にならないと思うが、このシバリは外して考えてもいいかなと考え始めている。

Ninety.&ソンタナ オリジナルゲームコンテスト

| コメント(0) はてなブックマーク - Ninety.&ソンタナ オリジナルゲームコンテスト 

都内のゲーム&カフェバー「Ninety.」(新宿・曙橋)とタイ料理店「ソンタナ」(世田谷・経堂)は、お店オリジナルのボードゲームのコンテストを始めた。8月8日第一次〆切。優勝作品各1点はそれぞれの店舗に置かれ、応募者には食事券1万円が贈られる。

Ninety.とソンタナはどちらも店内にボードゲームが常備されており、ボードゲームイベントも行われているお店。、「もっと、お客様にボードゲームを楽しんでほしい」「もっと、ボードゲームを遊ぶお客様にお店に来てほしい」という思いから、コンテストを企画した。

応募作品はゲームカフェ、タイレストランという各店舗の雰囲気に合わせたテーマ、コンセプトで、未発表(ゲームマーケットなどのイベントも含む)かつオリジナル作品であることが条件。ゲームデザインの経験、ボードゲームかカードゲームかは自由。

Ninety.の要望は「SE○A vs S○NY vs Nintend○」がテーマで、チーム戦ができるもの。準備に時間がかからず、お酒を飲みながら楽しめ、勝利条件を満たせば勝つもの。ソンタナの要望は「タイ王国の風習・文化・料理・歴史」がテーマで、「9」が重要な役割をもつ短時間ゲームと「バンコクの歴史経済」をテーマにした長時間ゲーム。

第1次選考はゲーム概要のみ、第2次選考はルールのみで審査され、第3次選考までコンポーネントは不要。審査にはそれぞれのお店のオーナーや店長・スタッフがあたる。

詳細や応募先は下記のリンクから。

Ninety.&ソンタナ オリジナルゲームコンテスト
mixi:N&S オリジナルゲームコンテスト

トリッキーサファリ(Tricky Safari)

| コメント(0) はてなブックマーク - トリッキーサファリ(Tricky Safari) 

逃げないで、写真撮らせて

トリッキートレックが好評だったことから、モーセルは翌年も動物ミニチュアゲームを発表した。今度は筒型のケースに入り、ボードもついて豪華になった。サファリパークの中で歩きまわっている10匹の動物を、全て写真に収めるゲーム。

動物の写真を撮るには、動物の正面か脇にいる必要がある。動物は絶えず動き回っているので、動きを読んで先回りしなければならない。順番に自分のコマを移動して、全員の移動が終わったら動物が移動して、自分のコマの周囲にいる動物の写真チップをもらう。先に全部の動物を撮った人の勝ち。

動物の移動パターンはまず、自分の前が空いていれば前に一歩。行き止まりでは空いている方、左右が空いていれば右、左右とも塞がっていれば後ろといった具合。ただし、カメとワニは水のマス、リスとサルは木のマスが行き止まりにならないでそのまま進む。

序盤は調子よく撮影を進めていた私だったが、あと2〜3頭になってからが難しくなった。後ろから追いかけていっても追いつけない。そのうちに中盤で2枚一度に撮れたkarokuさんが、そのまま勝利。

ゲームとしては、運の要素が全くないシビアなゲームであるが、動物たちがサファリパークを好き勝手に動き回っている様子が可愛らしくて、それを追いかけてなかなか捕まえられないでいる写真家たちが滑稽でおかしかった。

Tricky Safari
コルネ・ファン・モーセル/クワリ(2010年)
2〜7人用/7歳以上/25分

5〜6月のアクセス解析

| コメント(0) はてなブックマーク - 5〜6月のアクセス解析 

Googleアナリティクスによる統計。セッション数は、ゲームマーケット関連で盛り上がったことや、節電でボードゲームが注目され続けていることもあって3〜4月比6600増の68022。ユニークユーザー数も8763(3〜4月7066)と増加している。

ゲームタイトルのキーワード別ランキング(セッション数)
1.どうぞどうぞ 1779
2.世界の七不思議 244
3.アサラ 131
4.メルカトル 105
5.バンコクの運河 92
6.クゥワークル 83
7.スチーム 80
8.パスティーシュ 79
9.王国の守護者 66
10.レジスタンス 59
10.髑髏と薔薇 59

フリーダウンロードで配布されている震災カードゲーム『どうぞどうぞ』が3〜4月期に引き続き高い注目を集めている。2位も前回と変わらず『世界の七不思議』。エキスパートゲーム大賞を受賞し、日本語版も発売されるのでこれからも人気が続きそうだ。3位はドイツ年間ゲーム大賞にノミネートされた『アサラ』。同じくノミネートされ、大賞に輝いた『クゥワークル』は発表からわずか3日で一気にランクインした。

リンク元(セッション数。検索サイト・はてな・mixiを除く)
1.gioco del mondo 1821
2.play:game 652
3.メビウスゲームズ 619
4.ボードゲームラボ 514
5.海長とオビ湾のカジノロワイヤル 473
6.ボードゲームを始めよう 461
7.ふうかのボードゲーム日記 430
8.ネットショップ・ボードゲームフリーク 346
9.ボードゲームおっぱい 322
10.俺ビュー 310

3〜4月のアクセス解析

オリジンズ賞2011に『キャッスル・レイヴンロフト』ほか

| コメント(0) はてなブックマーク - オリジンズ賞2011に『キャッスル・レイヴンロフト』ほか 

アメリカ・ゲームメーカー連盟(GAMA)は6月22〜26日、アメリカのオハイオ州コロンバスにて開かれたオリジンズ・ゲームショーにて、37回目となるオリジンズ賞を発表した。

3月のトレードショーでボードゲーム小売業者の投票によって選ばれたノミネート作品が4月に発表され、その中から各部門の大賞が選ばれた。部門はRPG、RPGサプリメント、ボードゲーム、カードゲーム、ファミリー・パーティ・キッズ、アクセサリ、ミニチュア、歴史、書籍の9部門がある。

ボードゲーム部門で大賞に選ばれた『キャッスル・レイヴンロフト』はTRPG『ダンジョンズ&ドラゴンズ』の世界観に基づく協力ゲーム。いくつかのシナリオがあり、一致団結してダンジョン探索を行う。

昨年の受賞作は『スペース・ハルク』、一昨年は『パンデミック』で、ヨーロッパのゲームもノミネートされているが、アメリカゲームの受賞が続いている。

【第37回オリジンズ賞】(ボードゲーム関連のみ)
ボードゲーム部門
キャッスル・レイヴンロフト(Castle Ravenloft)
カードゲーム部門
バック・トゥ・ザ・フューチャー:カードゲーム(Back to the Future: The Card Game)
ファミリー・パーティ・キッズ部門
ゾンビダイス(Zombie Dice)
歴史部門
カタン:アメリカの開拓者たち(Settlers of America)
(リンクは国内販売があるもののみ、ショップへ)

CRITICAL-HITS.COM:2011 Origins Awards Winners
TGIW:第37回オリジンズ賞ノミネート

アンケート:ゲームマーケットに行きましたか

| コメント(0) はてなブックマーク - アンケート:ゲームマーケットに行きましたか 

Q.47:6月12日のゲームマーケットには行きましたか?(2011年6月後半)

A.全日参加した 72票(32%)
B.半日参加した 48票(21%)
C.行かなかった 108票(47%)

3000名が参加した今年のゲームマーケット。当サイトの読者では、半数を超える方が参加したようです。一昨年のアンケートでは41%でしたので、1割ほどアップしています。

その一方で、参加しなかった方も半数弱おり、ボードゲーム人口の広がりも見て取ることができます。今年から年2回の開催となり、秋は11月27日。6月は都合がつかなかった方も参加を検討してみてはいかがでしょうか。

今月のアンケートは、毎年恒例のドイツ年間ゲーム大賞についてです。今年はエキスパートゲーム大賞が新設され、赤いポーンの本大賞は普段遊ばない人をターゲットにすることがより明確となりました。そのため「マニアを対象としていない賞に文句を言うマニア」の愚になるかもしれませんが、初めての人・普段遊ばない人に薦めるなどの場面を想像して、3択の中から、一番近いと思うものをお答え下さい。

カレンダー