2012年3月アーカイブ

ボードゲーム川柳募集、4月8日まで

| コメント(0) はてなブックマーク - ボードゲーム川柳募集、4月8日まで 

名古屋のゲームスペース「テーブルゲームほわっとぷれい」に隣接するカフェレストラン「ハートビートカフェ」では、ボードゲーム普及の一環を兼ねて、ボードゲーム川柳を募集する。4月8日まで。

ボードゲーム関係であれば内容は自由。1人何作品も投稿できる。〆切後、投稿作品の中から作品をピックアップし、別途投票を行って「第1回ボードゲーム川柳大賞」を決定することになっている。

応募は下記のリンクから、ボードゲーム川柳、補足説明(説明が必要な場合)、名前、Twitterアカウント名かE-Mailアドレスを送る。ネットのほか、ハートビートカフェ店頭でも受け付ける。

ハートビートカフェ:ボードゲーム川柳募集

ゲームスペース柏木、大久保駅寄りに移転

| コメント(0) はてなブックマーク - ゲームスペース柏木、大久保駅寄りに移転 

ゲームスペース柏木(東京・新宿)が本日より、現在の柏木MURAから新しい場所に移転する。移転先は北に約300メートルの百人町。JR大久保駅が最寄り駅となる。新住所は新宿区百人町1-24-7タウンプラザ3F。

ゲームスペース柏木は2003年5月にオープンしたプレイスペース。1000円の席料で店内のゲームを遊ぶことができる。ドミニオン木曜会や伝統ゲームの例会が定期的に行われており、愛好者たちの集いの場となっている。ドミニオン日本選手権ではドミニオン木曜会のメンバーが上位を独占し、世界チャンピオンのルネ氏を輩出している。

ゲームスペース柏木


大きな地図で見る

ハイキング(Hike)

| コメント(0) はてなブックマーク - ハイキング(Hike) 

丘を越え行こうよ〜一寸先は闇だけどな!

この頃8人まで遊べるゲームに目がない。多人数で遊ぶ機会が多いというのもあるが、パーティーゲームはどういう要素を備えていると盛り上がるのか、興味をもっているためである。このゲームはサンフランシスコのメーカーによるもので、テンデイズゲームズの店頭で入手した。

森や山を歩きまわり、鳥や虫を鑑賞してカードをなくすウノ系のゲーム。カードを出せないときは山札から引くのではなくて、即脱落というルールが緊張感を高める。

ハイキング

スートは鳥、虫、湖、稲妻、山頂、山道、森の7つ。湖なら鳥か虫か山道、鳥なら鳥か森か湖というように、次に出せるカードの種類が指示されている。同じスートを出せるわけでないところがポイント。指示された3種類のいずれも手札になかったら、手札を公開して脱落する。

誰かがカードを全てなくすか、全員脱落したらラウンド終了。手元のカードが最も少ない人(たいていは最後まで残った人)が勝者となり、先に脱落した人が公開しているカード枚数だけ得点となる。早々に脱落する人がいると場の得点が上がるが、反対にみんなが粘って、しかも手元のカードが最も少ない人が複数いると分け合うので得点が少ない。

どんなスートでも対応できるよう、プレイするカードを選ぶのがポイントだが、10枚あるスペシャルカードを使うポイントも重要。「干ばつ(Drought)」が出たら全員手札から湖を出し、出せない人は脱落。最後まで絶対出せない「ゴミくず(Litter)」や、全員から虫を出させる「うんこ(Poop)」、手札を回収してシャッフルする「地震(Earthquake)」など、戦略的に使えば逆転が可能だ。

自宅ゲーム会で7人プレイ。なぜか「Lake!」「Bird!」「Tree!」「トゥ、Tree?…Wind!」「Sun!」などと英語でプレイするうちのメンバーたち。妙にテンションが上がる。carlさんが流れをたぐり寄せて勝利。楽しいハイキングなのに、カードを出せない瞬間終わりというのがドキドキして楽しかった。

Hike
J.モンターグ、C.ラモス、D.シラー/ムースタッチゲームズ(2011年)
3〜8人/7歳以上/30分
テンデイズゲームズでは、まだ一般取り扱いされていない商品です。欲しい方はリクエストしてみて下さい。

幻冬舎エデュケーション、『ワードバスケットキッズ』を発売

| コメント(0) はてなブックマーク - 幻冬舎エデュケーション、『ワードバスケットキッズ』を発売 

幻冬舎エデュケーションは本日、しりとりカードゲームを小学生未満でも遊べるようにアレンジした『ワードバスケットキッズ』を発売した。2〜8人用、4歳以上、5分、1500円。

大ヒットのしりとりカードゲーム『ワードバスケット』のキッズ版。基本ルールや面白さはそのままに、ひらがなが読めれば小さい子供でも楽しめるように、カードにイラストを入れた。「は」には「はち」「はぶらし」のイラストが入っており、これらをヒントにしてカードを出せる。『ワードバスケット』では、誰もカードを出せなくてゲームが止まることがあるが、このイラストで言葉がイメージしやすくなり、スムーズに出せるようになる。

スペシャルカードも多彩。3文字以上なら終わりの文字は何でもよい「+3」、同じく4文字以上のカードのほか、「たべもの」「いきもの」「なんでも」といったテーマなら文字を無視して何でも出せるカードが加わる。

お子様から大人まで、家族みんなで楽しめる、ひらめきとスピードが勝負のカードゲーム。メビウスゲームズから『ワードバスケット』が発売されて5年、『ドメモ』などで全国展開するメーカーが取り扱うことでさらに広いプレイヤー層への広がりを見込む。

幻冬舎エデュケーション:ワードバスケットキッズ

タカラトミー、『人生ゲームGO!GO!』を発売

| コメント(0) はてなブックマーク - タカラトミー、『人生ゲームGO!GO!』を発売 

タカラトミーは本日、人生ゲームシリーズ第50作目となる『人生ゲームGO!GO!』を発売した。2〜6人用、6歳以上、3,990円。おなじみの車コマがチョロQになり、アクションゲームの要素が追加された。

累計約1300万セットを販売する国産のロングセラーの最新作はグローバルをテーマに、日本と海外の文化の違いに触れながら世界中を飛びまわり、世界で活躍する人生を疑似体験できる内容。スタート地点が空港となっているほか、職業はメジャーリーガー、SUSHI職人、CEO、宇宙飛行士などが登場し、マス目には「日本から持ってきたビニール傘が結構ウケた」「SUSHIBARでイチゴロールを発見」「レアなアニメTシャツを日本から輸入」など海外から見た日本文化を表すものや「全く新しいソーシャルネットワークの開設に成功!」「大聖堂の建造に協力」などグローバルなマス目が並ぶ。

さらにルーレット運だけで決まらない新ルールとして、自動車コマ型チョロQのコントロール次第で人生を左右する「GO!GO!チョロQチャレンジボード」を採用。結婚・職業などの選択を決めるチャレンジマスに止まったら、チャレンジボードにチョロQを走らせ、止まったところの指示に従う。人生の大事な節目で、吉と出るか凶と出るかはプレイヤーの腕次第。

26日には銀座・博品館で製品発表会が行われ、5月にタレントの安めぐみさんと挙式する予定の東貴博さん(Take2)が特別ゲストに招かれた。人生ゲームのコマを等身大にしたピンクのピンを抱えて登場し、ゲームで赤ちゃんが生まれたときに車に乗せる赤ちゃん駒がプレゼントされるなど、会場を沸かせた。

タカラトミー:人生ゲームGO!GO!

ホビージャパン、『ビブリオス』日本語版を4月発売

| コメント(0) はてなブックマーク - ホビージャパン、『ビブリオス』日本語版を4月発売 

ビブリオスホビージャパンは4月下旬、写本を集める競りゲーム『ビブリオス』日本語版を発売する。2〜4人用、10歳以上、30分、2520円。

オリジナルは『写字室と写本師たち(Scripts and Scribes)』というタイトルで、2007年にアメリカの個人メーカーから発売された作品。小部数製作ながらゴールデンギーク賞(カードゲーム部門)にノミネートされるなど話題を呼び、フランスのイエロ社が2010年にリメイクした。ドイツではアラカルトカードゲームで7位に入っているが、日本ではそれ以上の人気を集めていた。

「ビブリオス」はギリシア語で「書物」の意味。このゲームでは、プレイヤーは中世ヨーロッパの領主となり、他の領主よりも立派な書庫を充実させることを目指す。

当時の書物作りは大変な作業だった。15世紀にグーテンベルクにより活版印刷術が発明されるまで、聖書などの書物は人の手によって書き写されていた。それゆえ大変貴重で、高価なものだったのである。プレイヤーは貴重な書物を読みやすく美しい書面にするため、色のついた文字や装飾、必要な顔料、腕のいい写本職人をそろえ、なるべく少ない投資で原本を買い揃え、書庫を充実させなくてはならない。

5つのジャンルを競りで集め、それぞれのトップ賞の得点をとる。大枚をはたいて集めても、トップ賞が安くてはどうしようもない。独特のシステムで駆け引きも楽しいゲームで、短時間で終わるところも評価が高い。

play:game評価コメント:ビブリオス

ホビージャパン、『イノベーション』日本語版を4月発売

| コメント(0) はてなブックマーク - ホビージャパン、『イノベーション』日本語版を4月発売 

イノベーションホビージャパンは4月下旬、文明発展をテーマにしたカードゲーム『イノベーション』日本語版を発売する。カール・チャデク作、2〜4人用、14歳以上、60分、3,465円。

2010年にアスマディ社(アメリカ)から発売され、ゴールデンギーク賞(カードゲーム部門)に選ばれるなど話題を読んだ作品。このたび日本語版になるのは、イエロ社(フランス)が昨年リメイクした新版で、旧版ではアイコンだけだったカードに美しいイラストが入っている。

人類の文明の発展は、数々の技術革新―イノベーション―の積み重ねだった。プレイヤーは各自の文明を、10の時代に分かれた技術革新カードを駆使して発展させる。ゲームの目的は、時代や文明分野を規定の回数制覇すること。偉大な功績を歴史に残した文明こそが、人類社会の勝者となるのだ。

そのためには、先史時代の「車輪」「陶器」「牧畜」に始まり、「哲学」「紙」「火薬」「蒸気機関」「缶詰」「鉄道」「飛行機」「抗生物質」「核分裂」「コンピューター」、そして「インターネット」に至るまで、各時代に多大な影響を与えたさまざまなイノベーションを駆使して、文明の影響を高めていかなければならない。

毎回2回のアクションで、手札を引いて充実させ、必要かつ先進の技術を場に出し、その能力を使い、影響をため、時代を制覇するのだ。その中で手札の枚数、場に出ているカードによるリソース数、山札の状況など、各種マネージメント能力が必要とされ、緻密なプレイングが求められる。時代が下るにつれてインフレ化するカードの能力など、逆転も可能なので最後まで気が抜けない。

60分程度で人類1万年の文明発展競争が楽しめる、やりこみ型のカードゲーム。2月に東京で先行体験会が行われ、好評を博している。

ホビージャパンゲームブログ:ホビージャパンゲーム体験会開催〜今度は発売前にお試しプレイ!

クレニアム・コンガ(Cranium Conga)

| コメント(0) はてなブックマーク - クレニアム・コンガ(Cranium Conga) 

ドキドキの爆弾クイズ

その後、数多く発売されたクレニアムシリーズの中の1作。タイマーがランダムに設定される電子機器を用いる。

クレニアム・コンガ

親はカードを引いて、今回のお題が与えられる。お題のジャンルは相変わらず4つ。「お化け屋敷にあるものといえば(粘土)」「オリンピック種目に入ってほしい競技(単語)」「私が鳴き声を真似できる動物の種類(数字)」「私がもっと時間をかけてしたいこと(ジェスチャー)」というように出題される。親が答えを自分で決められるので、見ず知らずのアメリカネタに悩まされることがない。

親は機械のフタを開けて答えを書き込み、フタを閉じたらスタート。機械から怪しげな音楽が流れるので、すぐ左どなりの人に渡す。そしてジャンルによって粘土をこねたり、ジェスチャーをしたりする。単語だったら最初の1文字だけ、数字だったら答えるたびに「それより上」「それより下」だけを言う。これをもとに、ほかの人は答えを当てる。外れたら機械を次の人へ。

機械にはタイマーが内蔵されており、いつ終わるかは毎回異なる。時間が終わる前に正解すれば、親も子も得点になるが、時間が切れてドカーンという音がすると、その時機械を持っていた人以外が得点。だから思いつかなければ適当な答えを言ってさっさと渡してしまうのがよい。

「お化け屋敷にあるもの」で私が粘土で作った「卒塔婆」を初手番で当てたまあさんがその後も順調に得点を重ね1位。「オリンピック種目に入ってほしい競技、C」で一発目から「カルカソンヌ」が出て正解とか、みんなお互いの性格が分かっている。

Cranium Conga
フォレスト・プザン・クリエイティブ/クレニアム(2003年)
3〜6人用/8歳以上/30分
国内未発売

『アセンション:堕ちたる者の帰還』日本語版、4月発売

| コメント(0) はてなブックマーク - 『アセンション:堕ちたる者の帰還』日本語版、4月発売 

アセンション:堕ちたる者の帰還(箱)アークライトは4月21日、スピーディなデッキ構築ゲームとして人気の『アセンション』の拡張セット第1弾『アセンション:堕ちたる者の帰還(Ascension: Return of the Fallen)』を日本語版で発売する。1〜2(基本セット『アセンション』と組み合わせて〜6)人用、12歳以上、30〜60分、3780円。

サクサクしたプレイ感、手軽に派手な動きが楽しめることが魅力のデッキ型ファンタジーカードゲームに、昨年発売されたスタンドアローン型の拡張セットが日本語版となった。これまで4人までだった『アセンション』も、この拡張セットを合わせることで6人までのプレイできるようになる。さらに、基本セットなしでもこの拡張セットのみで1〜2人で遊ぶこともできる。
 
新たなカード能力として「宿命」が登場し、ゲームはより奥深いものに。強力な能力を持つ新カードも満載だ。2011年ゴールデンギーク賞拡張セット部門ノミネート。アークライト社はこの商品を「拡張セット1」としており、今後の拡張セット発売も続く見込みだ。

アセンション:堕ちたる者の帰還(カード)

ドロッセルマイヤーズ、パーティーゲーム『HYKE』発売

| コメント(0) はてなブックマーク - ドロッセルマイヤーズ、パーティーゲーム『HYKE』発売 

東京・中野でボードゲーム専門店を営むドロッセルマイヤー商會は今春、俳句を題材にしたパーティーゲーム『HYKE(ハイク)』を発売する。渡辺範明・デザイン、宇佐美詠子・イラスト、真城七子・原案、4〜8人用、8歳以上、20〜30分、発売日、価格未定。

Hyke

R.クニツィアの『モダンアート』をローカライズした『スタンプス』、2人用の協力ゲームとして異彩を放った『アダムとイブ』に続く同社の第3弾。日本独自の表現文化、世界最短の詩である「俳句」を題材にした、風流なパーティーゲームである。

プレイヤーはそれぞれが与えられたテーマに基づいた五・七・五の俳句を詠み、互いにその元となったテーマを当てる。システムはシンプルなクイズ、またはジェスチャーゲームだが、そこに五・七・五という形式があわさることにより、絶妙な制限、意外な表現力、不思議なおかしみを生む。

「俳句なんかつくれないよ!」という人も意外とできるもので、だんだんそれ自体が楽しくなってくると、ついには日常生活でもついつい五・七・五で物事を考えるようになってしまう……そんな日本人の魂をゆさぶるゲーム。「五・七・五という形式そのものがもっている魔力」を作品の核を楽しく味わおう。

ゲームの詳細な内容は、ブログで順次公開される予定だ。

ドロッセルマイヤーズ ブログ:新作発表!!『HYKE』

アークライト、『キングダム』日本語版を4月発売

| コメント(0) はてなブックマーク - アークライト、『キングダム』日本語版を4月発売 

キングダム箱アークライトは4月28日、R.クニツィアの名作陣取りゲーム『キングダム(Kingdoms)』日本語版を発売する。2〜4人用、14歳以上、20〜40分、2,940円。

オリジナルは1994年にハンス・イム・グリュック社(ドイツ)から発売された『市場のお店(Auf Heller und Pfennig)』で、2002年、ファンタジーフライト社(アメリカ)が現在のタイトルでリメイク。オリジンズ賞のアブストラクトゲーム部門に選ばれ、2007年にはシステムを応用した『ベオウルフ・ザ・ムービー』も発売された。昨年、正方形の箱になって改版され、今年、フランス語、スペイン語、日本語版が一斉発売される。

プレイヤーは領主となり、盤上で領地を奪いあいながら自分の「キングダム(王国)」を作る。他のプレイヤーの領地に沼地を作ったり、ドラゴンやトロールを呼んで領土拡大の邪魔をすることもできて一筋縄ではいかない。

順番にタイルを置いていって、縦か横の列に全部置かれたら決算。高い土地があればお城から得点できるが、沼地などで邪魔されると失点になってしまう。築城と土地の確保のどちらが先か? 自国を肥やすのか、他国を荒らすのか? 悩みは大きい戦略的タイル配置ゲームだ。

play:game評価コメント:キングダム

キングダム(コンポーネント)

クトゥルフの協力ダイスゲーム『エルダーサイン』日本語版4月発売

| コメント(0) はてなブックマーク - クトゥルフの協力ダイスゲーム『エルダーサイン』日本語版4月発売 

エルダーサイン箱アークライトは4月28日、クトゥルフ神話をテーマにした協力ダイスゲーム『エルダーサイン(Elder Sign)』日本語版を発売する。1〜8人用、14歳以上、60〜120分、3,780円。

『アーカムホラー』の作者R.ローリアスの新作で、昨年ファンタジーフライト社(アメリカ)から発売されたばかりの製品。今年になってドイツ、フランス、スペイン、ポーランド、日本語版が一斉に発売される。

プレイヤーは「探索者」となって、未知なる恐怖が巣食う博物館の中を探索していく。刻々と過ぎていく時の中、小型のモンスターや様々なイベント、そして近づく邪神の復活がプレイヤーたちを襲う。探索者たちは襲い来る脅威を乗り越え、邪神のたくらみを阻止できるか?

プレイヤーは特製ダイスを振り、出た目を使って冒険カードの条件を満たしながら、邪神たちに立ち向かう。1人だけではカードの条件を満たすことが難しくても、プレイヤー全員で協力すれば条件を満たすことができるかもしれない。「自分はダメでも仲間がいる!」という連帯感で、ダイスのひと振りひと振りに盛り上がること必至の協力型ダイスゲームだ。

クトゥルフものには興味があるけど、内容が難しそうだからちょっと……という人でも、分かりやすくまとまったルールでテンポよくクトゥルフ神話の世界を楽しめる。
エルダーサイン

オリジンズ賞2012ノミネート

| コメント(0) はてなブックマーク - オリジンズ賞2012ノミネート 

オリジンズ賞ノミネートアメリカ・ゲームメーカー連盟(GAMA)は12日、第38回オリジンズ賞のノミネート作品を発表した。

ノミネートは3月にラスベガスで行われたトレードショーで、ボードゲーム小売業者の投票によって選ばれた。部門はRPG、RPGサプリメント、ボードゲーム、カードゲーム、ファミリー・パーティ・キッズ、TCG、ミニチュア、ミニチュアルール、アクセサリーの9部門がある。この中から6月のオリジンズ・ゲームショーで投票が行われ、6月2日に大賞が発表される。

【第38回オリジンズ賞ノミネート作品】(ボードゲーム関連のみ)
ボードゲーム部門
・ネラスの戦い(Conquest of Nerath)
・オートモービル(Automobile)
ヒベルニア(Hibernia)
真昼の乱闘(High Noon Saloon)
パスティーシュ(Pastiche)

カードゲーム部門
・クトゥルフ・グルーム(Cthulhu Gloom)
・ナッツ!(NUTS!)
レッド・ドラゴン・イン3(Red Dragon Inn 3)
・スタートレック・デックビルド(Star Trek Deck Building Game)
カタンの開拓者たちカードゲーム(Struggle for Catan)

ファミリー・パーティ・キッズ部門
クマー!(BEARS!)
・フォークス・キャブレリー(Faux∙Cabulary)
ゲット・ビット!(Get Bit!)
・スカベンジャーズ(Scavengers)
スペースミッション(Space Mission)

GAMA:The 38th Annual Origins Awards Nominees

リサイクル:危機の時代(Recicle: Tempos de Crise)

| コメント(0) はてなブックマーク - リサイクル:危機の時代(Recicle: Tempos de Crise) 

資金0からのリサイクル事業

連日、お金カツカツのマネージメントゲームを紹介している。お金カツカツでマゾヒスティックに苦しめられるM.ワレスの作品人気のもあってか、魅力を感じるゲーマーが多いようだ。実生活がカツカツでならば、わざわざゲームでまで追体験しなくてもいいだろうにと思うのは私だけだろうか。

とはいえ私も、可処分所得はほとんどないし、家のローンもたっぷり残っている身ではあるが、この手のゲームも楽しい。子供の頃、遠足のおやつ代300円と言われて、その中で少しでもお釣りがないようにしようとあれでもないこれでもないとお菓子を選んだときの感覚が蘇る(借金したわけではないが)。

『リサイクル(Lixo?)』といえば昨秋にポルトガルで発売された手軽なカードゲームだが、同じポルトガル語圏のブラジルから、別の『リサイクル(Recicle)』が一昨年発売されている。ゴミを買い集めて工場でリサイクルするこのゲームのカツカツぶりは、凶悪といっていい。ゲームの大半は借金生活で、終盤に何とか黒字になるかどうかである。

リサイクル

各ラウンド、はじめは作業員を移動してアクションを選ぶ。資源ゴミを集める(紙、ガラス、プラ、UHT、金属、生ゴミの6種類)、ゴミを工場に運搬する、アクションカード(ラウンド中に特殊効果を得る)の獲得など。作業員はとなりの空きマスにしか移動できないので、どのアクションでもできるわけではない。

集めるところまでは無料だが、運搬するところからお金がかかる。これがいきなり高い。工場に運ばず、倉庫に売れば収入になるが微々たるもの。それどころか、必要に応じて倉庫から買い付けることもある。工場までもってこないとリサイクルできないので、借金してでも運ぶ。

リサイクルするには、資源ゴミの種類に応じた設備が必要だ。設備は手番中に好きなものを買えるが、どれもおしなべて高い。しかし設備がないとリサイクルできないので、また借金。金属専用とか紙専用とか、特定の組み合わせでとかいろいろあるので、ほかの人とかぶらない設備を選びたい。

リサイクルすると、お金と勝利点が入る。これを元手に次のラウンドに資源を購入して、設備投資して、さらに儲けたいところだが……利益などはあっという間に使い果たしてしまって、借金が返せる見込みはしばらく立たない。

というのも、所持金トラックは下がるとき(=借金するとき)のマス数より、上がるとき(=収入)のマス数が多いのである。5ドルの借金を返して0に戻すには、7ドル支払わなくてはならない。しかも初期資金は0。最初から借金が決まっているのである。

工場がどんどん稼働して一気に収入や得点が入る状態になるまで、相当時間がかかるが、できるだけ早く達成しなければならない。収入を増やす「デザイナー」を雇ったkarokuさんが中盤くらいから設備がうまく回ってきて1位。ふうかさんは設備を必要としない生ゴミで手堅く稼いで2位。私は最初から回収が高くつく金属ゴミを扱ったため効率が悪く最下位。

借金は、ゲームの中だけにしたいものである。ご利用は計画的に。

Recicle: Tempos de Crise
L.M.コエリョ/ガラパゴス・ジョゴス(2010年)
2〜4人用/14歳以上/120分
今日もプレイミス:【ゲーム紹介】リサイクル:危機の時代(Recicle: Tempos de Crise)
ふうかのボードゲーム日記:リサイクル:危機の時代

アグリコラNLデッキ(1)

| コメント(0) はてなブックマーク - アグリコラNLデッキ(1) 

NLデッキは2011年の暮れに発売された120枚のカードで、職業カード60枚、小さな進歩カード60枚からなり、これだけで遊ぶことも、ほかのカードと混ぜて遊ぶこともできる。NLはNederland(オランダ)の略で、オランダの名物・絵画・有名人が登場する。ゴッホやフェルメールの絵画を実際に用いており、カード名の下に画家や元ネタが記されているのが特徴だ。

全てローゼンベルク自身が手がけたもので、ローゼンベルクらしいトリッキーな効果もちらほら見られて楽しい。

塩の海の上で/ソルティーオーシャン(Upon a Salty Ocean)

| コメント(0) はてなブックマーク - 塩の海の上で/ソルティーオーシャン(Upon a Salty Ocean) 

塩漬けの相場だだ下がり

昨日のエントリーでは、ドイツ以東への広がりとレベル・ポーランド(Rebel.pl)を取り上げたが、今度はドイツ以南への広がりである。どちらもホームページ名のようなメーカー名で、ジョーキックス・イタリア(Giochix.it)というメーカーが近年注目されている。

イタリアはもともとキダルト社やダヴィンチ社などパーティーゲームが得意だったが、ほかの国と同様にゲーマーズゲームも発表するようになった。その旗頭が、『バスコ・ダ・ガマ』と『ヴィニョス』で有名になったホワッツ・ユア・ゲームズ?社と、このジョーキックス社である。

ジョーキックス社も、自社ショップで国外の名作のイタリア語版を扱っている。その中で、ゲーム開発やマーケティングのノウハウを蓄積し、オリジナル製品の発売に至る。こうした手順を踏んだ作品は、ゲーマーのユニバーサルデザインとでもいうべきものを備えており、日本人も安心して楽しめるのだ。

フランス西部、ドーバー海峡に臨む小都市ルーアン。遠洋漁業でニシンとタラを取り、塩田で取った塩で塩漬けにし、相場が高いときに売ってお金を儲けるボードゲームである。といっても利益はあまり出ない上に、すぐ建物に使ってしまうため、なかなか貯まらないどころか、借金までしてマネージメントするゲームだ。

塩の海の上で

アクションは建物を建てる、航海する、船を作る、売買するの4つ。この中から毎手番1つずつ、全員がパスするまで何周でも行うが、誰かが選ぶごとにそのアクションのコストが1つずつ上がっていく仕組みだ。ここですでに相当のお金を使わなくてはならない。

建物はボード上に14軒広がっており、建物を建てるアクションを選ぶと、好きなところに自分のコマを置く。塩の産出量が増える「塩田」、塩や魚の貯蔵量が増える「倉庫」、持ち金の上限を上げる「銀行」、船の建設が無料になる「造船所」と「海軍学校」、海賊や悪天候で壊れた船を直す「灯台」、コツコツと寄付していればゲーム終了時に大きな収入をもたらす「ノートルダム」など効果はさまざま。ここでもお金を払って建設しなければならない。

船は最初1隻だけ、小さいものをもっている。塩を積み、航海のアクションで港から海に行くと、塩が魚に変わる。魚はニシンかタラのどちらか。そのときの相場を見て、高く売れる方を選ぼう。海から港に帰るには、航海のアクションがもう1回必要だ。

船を作るアクションで船を2隻、3隻と増やすこともできる。そうすれば1回のアクションで全部を動かせるため、ある船は海に出て、同時にある船は港に戻るといった効率のよい漁業ができるようになるだろう。

そしていよいよ売買のアクションで船の魚を販売できる。販売すると相場が下がるので、早く売っておかないと儲けがない。ちなみに相場は各ラウンドのはじめに、イベントカードによって上下する。このイベントカードには、航海した船にダメージを与える嵐や海賊、取れる魚が減る不漁などがあって、前のラウンドから見ることができる。

自宅ゲーム会で3人プレイ。序盤からいきなり借金に走るkarokuさんとふうかさん。2人とも建物に先行投資して、そのメリットを積み重ねる作戦である。私は借金を避けて、小金を稼ぐという小ぶりな経営。そのうちkarokuさんが大量の魚をさばき、一気に収入を上げてトップ。私にはそのような爆発力はなかった。一方のふうかさん、儲からない漁にはほとんど出ず、最後の最後まで借金漬けでノートルダム大聖堂に貢ぎ続けたが、借金の利子に足を引っ張られていた。プレイ時間は約80分。

大儲けのチャンスはゲーム中1〜2度しか回ってこない。それ以外は自転車操業を余儀なくされる。しかし設備投資と先見の明、そして思い切りのよさが、そのチャンスを引き寄せる。複雑なルールはないが、お金がない中で、建物や船を優先するか、先に漁に出るべきか、考えることが多い。

Upon a Salty Ocean
M.プランゾ/ジョーキックス・イタリア(2011年)
2〜4人用/13歳以上/120分
ゲームストアバネスト:塩の海の上で
ふうかのボードゲーム日記:塩の海の上で

シティ・タイクーン(City Tycoon)

| コメント(0) はてなブックマーク - シティ・タイクーン(City Tycoon) 

物入りでカツカツの都市経営

昨年11月、東京・三鷹のボードゲームショップ、テンデイズゲームズが相次いでポーランドのメーカーと代理店契約を結んだ。ドイツを中心としてきたボードゲームのトレンドは、西側のフランス、東側のチェコ・ポーランドに拡散している。

ポーランドの代表的なメーカーであるレベル・ポーランドは、登山ゲーム『K2』の人気で知られるようになった。国内では『世界の七不思議』『モダンアート』『スモールワールド』などのポーランド語版を扱う、日本でいえばホビージャパンのようなメーカーである。世界の最新トレンドを熟知して、オリジナル作品を作るというパターンは、他国にも見られる。

『シティ・タイクーン』は近未来都市をタイルで広げ、物資を輸送して勝利点を増やすゲーム。タイル配置、ピック&デリバリーといったオーソドックスなシステムを使いつつ、絶妙なバランスでシビアなマネージメントを楽しめる。このゲームの中心は、カツカツのお金をどうやりくりするかというところにあるようだ。

シティ・タイクーン

各ラウンドは、タイルのドラフトから始まる。各自配られた6枚から1枚を選び、残りを隣の人へ。かわって隣の人から渡された5枚から1枚を選び…こうして6枚のタイルを選ぶ。『世界の七不思議』に見られるドラフト方式で、自分の戦略に合ったタイルを集められるようになっている。

次にタイル配置。順番に1枚ずつ、場にタイルを置いて建設するか、タイルを捨てて代わりにプラント(資源の源)を建設するか、何も建設せずタイルを捨ててお金をもらうか。建設するときは、タイルに記されたお金を払わなければならない。タイルもプラントも、後から出てくるものほど効果が高く、値段も高い。お金は常にカツカツで、タイルを捨てまくってお金をもらい、やっと建設できるようになることも。

さてタイル配置が終わると、今度は建物の稼働である。順番にプラントから資源を自分の建物に運び、収入や得点を得る。資源は水(青いコマ)と電力(赤いコマ)がプラントで発生し、それを別の建物まで運ぶと商品(黄色いコマ)ができる。水や電力のままでも収入や得点になるが、商品にかえればそれだけ高く売れるようになる。

ここで重要になるのがタイルの位置。資源は早い者勝ちでなくなるのと、建物の効果によって隣接する建物の得点が上がるほか、他人のプラントから資源を購入する上で位置取りが大きく左右する。購入した資源を自分の建物に運ぶとき、他人の土地を通れば通行料が発生するので、むやみに遠い所からは買えない。それを見越してプラントや建物を配置し、利益を出すのはなかなか難しい。

タイルは4時代でグレードアップし、値段も上がっていくので乗り遅れないようにしたい。旧時代の建物から速やかに乗り換えられるような配置が勝敗を分ける。

江別のゲーム会で4人プレイ。建物にセットでついてくる湖や緑地を使って、お互いに距離を取り合う展開。建物のコンボと商品の安定生産で順調に得点した西宮さんが先行したが、後半に、佐藤さんと相乗りして高得点の建物エリアを作った筒井さんが逆転1位。私は旧時代の建物にしがみつくしかなくなってジリ貧になり最下位。もう少し、他人の建物やプラントを利用する位置取りをしたほうがよかったかもしれない。プレイ時間約2時間。

所持金と建物のコスト、アイテム配達の収入と支出の勘定、さらにタイルを置く位置と使う順番と、多岐にわたって頭を使う。タイルの値段と所持金を見比べて費用を計算し、1金だけ足りず悶絶することも多い。金策も含めて、終わってから「もっとこうすれば」という思いがふつふつと湧いてきた。

City Tycoon
H.バルトス、L.S.コワル作/レベル・ポーランド(2011年)
2〜5人用/10歳以上/75分
テンデイズゲームズ:シティ・タイクーン

ハリガリ・リング/リング・ディング(RinglDing)

| コメント(0) はてなブックマーク - ハリガリ・リング/リング・ディング(RinglDing) 

よく見ると違っていたり

昨日発表された日本ボードゲーム大賞で、初めての人に薦めたい「ゆうもあ賞」のノミネート作品に選ばれたアクションゲーム。見ただけで何をするゲームかが分かり、夢中になれる。邦題に「ハリガリ」が付いている通り、同じ作者によるスピード勝負のゲームだ。

ベルを中央に置いて、その周りにカラフルなリングをばらまいておく。カードをめくって、絵の通りにリングを指にはめて、できたと思ったらベルをチン! 正解していればカードをもらえる。これをたくさん集めるのが目標だ。

リングは指1本にはめるとは限らず、何本にも渡してはめることも。また互い違いにはめるのもあって、見た目以上に難しい。ちなみに手の甲と裏を返せば、どちらの利き手でも遊べる。上級ルールはカードをちら見して裏返し、記憶を頼りにリングをはめるというもの。かなり難しい。

子供たちだけでプレイ。この手のゲームの特徴として、得意不得意はかなり出る。同じ人が連続して作ると場が白けてしまうので、できた人は1回お休みというルールにしてみた。結局その人が戻ってくるとまた取れるのだが、あまり得意でない人にもチャンスが回ってくるのでいいみたいだ。

大人だけでプレイするときは、そんな手加減はしない。でもめいめいがごつい手に小さいリングをはめ込んでいる姿は何だか笑えるものである。tomokさんがコツをつかんだようで、目にも止まらぬ早技で1位。

1位になった人を見ていると、器用さよりも集中力が勝敗を分けるようだ。私は焦ったり、気後れしたりしてなかなかカードが取れなかったが、カードを取れたときは無我の境地になっているような気がした。

RinglDing
H.シャフィール/アミーゴ(2011年)
2〜6人用/4歳以上/10分
ゲームショップ検索:ハリガリ・リング

日本ボードゲーム大賞に『ぴっぐテン』『世界の七不思議』

| コメント(0) はてなブックマーク - 日本ボードゲーム大賞に『ぴっぐテン』『世界の七不思議』 

NPO法人世界のボードゲームを広める会「ゆうもあ」は本日未明、日本ボードゲーム大賞2011を発表した。ボードゲーム普及の現場に立つ選考委員による選考部門(ゆうもあ賞)には『ぴっぐテン』、全国のボードゲーム愛好者の一般投票による投票部門には『世界の七不思議』が選ばれた。

今年で10回目を迎える日本ボードゲーム大賞。昨年1年間に日本国内で新発売された265タイトルの中から大賞を選んだ。選考部門は、ゆうもあ内で日々ボードゲーム普及を行なっている6名の選考委員が「最もボードゲームの普及に貢献したと考えられるボードゲーム」を選出する。昨年はノミネートのみで大賞該当なしとなっていたが、今年は『ぴっぐテン(Pig 10)』が選ばれた。

『ぴっぐテン』は数字の書かれた手札を出して足しあわせ、合計10ぴったりになればカードをもらえるドイツのカードゲーム。昨年の節電によるボードゲームブームからマスコミで盛んに取り上げられ、メビウスゲームズから日本語版が発売された。

投票部門はショップ・サークルに送られる投票用紙か、ネット投票で誰でも参加でき、全国38都道府県から423名が参加した。各自ベスト5まで記入できる方式で、1位5点、2位4点、3位3点……として集計している。この結果、『世界の七不思議(7 Wonders)』がダントツで1位に選ばれた。

『世界の七不思議』は7つの都市とピラミッドなど奇跡的建造物をカードドラフトで作りあげるベルギーのカードゲーム。ドイツ年間エキスパートゲーム大賞、ドイツゲーム賞、アラカルトカードゲーム賞、国際ゲーマーズ賞と、主要なボードゲーム賞で四冠を達成し、日本では輸入版、多言語版を経て日本語版がホビージャパンから発売されている。

選考部門のノミネート、投票部門の2位以下は下記の通り。ドイツ、フランス、アメリカ、ポーランド、日本と国際色豊かな顔ぶれとなっている。

【日本ボードゲーム大賞2011】
選考部門(ゆうもあ賞)
大賞:ぴっぐテン(Pig 10 / A. プヌエリ / ツォッホ出版・メビウスゲームズ)
ノミネート:ハリガリ・リング(リング・ディング)(RinglDing)
ノミネート:インカの黄金(Incan Gold)
投票部門
大賞:世界の七不思議(7 Wonders / A.ボザ / ルポプロドゥクシオン・ホビージャパン)587点
2位:髑髏と薔薇(Skull & Roses)397点
3位:レジスタンス(The Resistance)229点
4位:K2(K2)184点
5位:ナビゲーター(ナヴェガドール)(Navegador)176点
6位:ディクシット(Dixit)174点
7位:藪の中 139点
8位:キング・オブ・トーキョー(King of Tokyo)134点
9位:ぴっぐテン(Pig 10)122点
10位:クォーリアーズ!(Quarriors!)121点

・NPOゆうもあ:日本ボードゲーム大賞2011 ゆうもあ賞 決定日本ボードゲーム大賞2011 投票部門 発表!

メイクンブレイク・チャレンジ(Make'n' Break Challenge)

| コメント(0) はてなブックマーク - メイクンブレイク・チャレンジ(Make'n' Break Challenge) 

焦ると落とす

ラベンスバーガー社の『メイクンブレイク』と、コスモス社の『ウボンゴ』はほぼ同時期に発売され(前者が2004年、後者が2005年)、どちらも制限時間内に何か組み立てるゲームとしてシリーズ化されている。しかし、『ウボンゴ』シリーズが全てG.レヒトマンによるものであるのに対し、『メイクンブレイク』は別の作者がデザインしたものがある。それがこの『メイクンブレイク・チャレンジ』と、『メイクンブレイク・ダイス』だ。

『メイクンブレイク・チャレンジ』は、ベテランデザイナーS.ドラの作品。私はこの作者の大ファンで、どのように料理するのかが楽しみだった。

タイマーはなく、2人でより早く積み上げることを競う。向い合って座り、同じ組み合わせの積み木を用意し、中央のカードスタンドにカードを差し込んでスタート。カードは両面が同じ絵柄になっていて、どちらからもよく見えるようになっている。絵柄の通りに先に積み上げた人勝ち。

手で積み上げるのだったらさぞ簡単だろう。だがこのゲームでは、積み木をトングで持ち上げる。焼肉屋さんにあるような、でも木製のトング。いちおうギザギザになっているが、丸い積み木などは特につかみにくい。

複数で遊ぶ場合はトーナメント戦。ドラのファンの意地を見せて1位。絵柄が指定されておらず「積み木を○個使う。ただし床に付いていいのは○個だけ」というようなお題もあって、渡された積み木を見て積む順番をとっさに考えなくてはならない。手先の器用さ、冷静さと集中力のほかに、カードの指示を考える力も試された。

Make'n' Break Challenge
S.ドラ&M.ラインドル作/ラベンスバーガー(2009年)
2〜4人用/8歳以上/30分
ゲームショップ検索:メイクンブレイクチャレンジ

秋葉原ゲーム会

| コメント(0) はてなブックマーク - 秋葉原ゲーム会 

所用で上京したのに合わせて、ふうかさんとkarokuさんに秋葉原のR&Rステーションで臨時ゲーム会を開いて頂いた。4時間「しか」遊べなかったが、クレバーなセレクトでぴったり3ゲーム遊ぶことができた。

忘れられた惑星(The Forgotten Planet)
宇宙の彼方でロボットを使って鉱床を探し、財産を競うゲーム。アクションポイント制で、タイルを置く、ロボットを新たに作る、移動する、基地を作るなどして自分の陣地を広げる。自分の陣地は基地からの近さ(タイル数)で決まるので、最前線に基地を作る。壁を作ると近さが変わるので、陣地を奪うこともできる。陣地を奪われたロボットは、取り返すまでフリーズしてしまう。鉱床の種類がダイスで決まる以外、運の要素がないゲームで、ああでもない、こうでもないと頭をひねった。真っ先に中央の鉱床に突進した私は、途中を切られてロボットが死屍累々に。karokuさんと一進一退の攻防を繰り広げているうち、ふうかさんの侵入を許した。中央の鉱床を最後に握ったふうかさんが勝利。
Michele Quondam / Giochix.it (2011)
2-4人用 / 12歳以上 / 75分
ゲームストアバネスト:忘れられた惑星

カンタベリーへの道(The Road to Canterbury)
J.チョーサーの『カンタベリー物語』から「免罪符売りの話」に基づいたゲーム。カンタベリー大聖堂にやってくる巡礼団に、7つの大罪を自覚させると同時に、その免罪符を売って儲ける……何というマッチポンプ。自覚させた罪が大きければ大きいほど、収入も上がるので、せっせと大罪カードを置いていく。ところがあまり欲張るとほかの人に先に免罪符を得られてしまったり、巡礼団が死んでしまったりしてチャンスを逃すことも。「オレが育てた色欲が〜」「うわ、死んでしまった〜」そんな巡礼団の真理をつかんだkarokuさんがダントツ勝利。私はニセ聖遺物カードで逆転を狙ったが、偽者だけに効果がいまひとつだった。
Alf Seegert / Gryphon Games (2011)
2-3人用 / 10歳以上 / 60分
国内未発売
今日もプレイミス:カンタベリーへの道

アルカヌム(Arcanum)
タロットカードで4つのスートへの影響力を競うゲーム。自分の番には1枚を伏せて、1枚をプレイしてスートが進める。何ラウンドかに1度、伏せたカードを公開。一番進んでいたスートから、出した枚数に応じて得点する。進んでいないスートでも、一番カードを出していればそれなりに得点できるので、伏せるカードをよく吟味しないといけない。そのほかに大アルカナで特殊効果も得られる。満遍なく伏せていたら、激戦区では負けたもののほかでは上位をとれて1位。カードをプレイするたびに、ポーンを移動してさらにスートを進めたり、手札を補充したりできるが、スートによって進みやすさが違う。進みやすいものほど競争率が高いので、そのスートに力を入れるか、そこそこにしてほかを狙うか悩ましい。
Andrea Chiarvesio, Pierluca Zizzi / Lo Scarabeo (2011)
3-5人用 / 10歳以上 / 45分
国内未発売

ふうかのボードゲーム日記:秋葉原ゲーム会

森の仲間さがし/四匹いるよ(findevier)

| コメント(0) はてなブックマーク - 森の仲間さがし/四匹いるよ(findevier) 

ちょっとした推理ゲームである。

10枚のタイルの表裏、計20面に5種類の動物イノシシ、キツネ、ウサギ、フクロウ、ハリネズミが4匹ずつ描かれている。表と裏が同じタイルはない。そこから、カードに指示された動物を4匹全て探すのが目標だ。

森の仲間さがし

4匹全てが隠れている(裏になってる)とは限らない。2匹が表になっていれば残りの2匹、1匹が表になっていれば残りの3匹を探すことになる。探す数だけチップを置いて、見つけたらゲットできる。ちなみにこのチップ、木の枝を輪切りにしたもので森の雰囲気満点である。

見事めくることができれば続けてもう1回。外れれば次の人。4匹目を見つけた人は、チップのほかにカードももらえる。全部見つかったら、次のカードをめくって動物を探す。カードの中から妖精が出てきたらどの動物でも指定できる。カードとチップが1点で、合計の多い人が勝ち。

たった10枚なのに、なかなか覚えきれない。特にハリネズミとイノシシがわざと区別しにくくしているのだろう、よく間違える。でもだんだんと「キツネは2つ連続している」「ハリネズミは1つ飛びになっている」などのパターンをつかむことで当たる確率を上げられる。相対的な位置をパターン化するのはまた別の頭を使う。

子供だけと大人だけでそれぞれ遊んでみたが、間違う頻度は大差なかった。思っていたよりも難しいものである。その分当たったときの喜びは大きい。上級ルールでははじめからチップを持っており、間違ったらチップを払う、当たったらもらうという緊張感あふれるゲームが楽しめる。

findevier
J.ゼメ/シュテフェンシュピーレ(2010年)
2〜6人用/5歳以上/15分
百町森:森の仲間さがし
テンデイズゲームズ:四匹いるよ

『アグリコラ』WMデッキ(5)

| コメント(0) はてなブックマーク - 『アグリコラ』WMデッキ(5) 

これで最終回である。ズィーマンゲームズによる英語版の発売が4月にアナウンスされた模様だ。日本語版も期待したい。

デッキの使い方は特に説明がないが、各デッキには職業カードが11枚、小さな進歩カードが12枚ずつ入っているので、各自いずれかのデッキを受け取り、その中から職業・進歩カードを7枚ずつ選ぶか、ランダムに引くかして使うとよいだろう。

α(アルファ)デッキ訳
β(ベータ)デッキ訳
γ(ガンマ)デッキ訳
δ(デルタ)デッキ訳
・ε(イプシロン)デッキ訳(下記)

『アグリコラ』WMデッキ(4)

| コメント(0) はてなブックマーク - 『アグリコラ』WMデッキ(4) 

前回の続き。

δデッキ 職業カード
WM007 Zweigesammler 枝集め
レンガか石材で増築・改築・進歩を行うたび、コストを支払う前に、共通のストックから木材1を得る

W017 Ingenieur 技師
進歩を行うたびに、食料1を得る。この食料は、今回の進歩のコストに支払うことができる。進歩カードに指示されたコストに石材が含まれていれば、食料1ではなく食料2を得る

WM018 Bauexperte 建築専門家
誰かが増築するたびに、増築したプレイヤー(あなたを含む)は、使用した資材から1つ選び、このカードの上に置く。あなたは、このカードに置かれた資材をいつでも、増築・改築に利用できる

WM019 Familienplaner 家族計画家
現在のラウンドに4,7,10を足し、そのラウンドの1〜3スペースに、ストックの家族コマを置く。そのラウンドのはじめに(それ以前は不可)、部屋があればその家族を増やせる(部屋がなければストックに戻す)。この家族は子孫として、次のラウンドからアクションに使える

WM020 Hofschulabsolvent 農業学校卒業生
このカードは1枚目の職業としてのみ出せる。このカードを出したら、もう「職業」のアクションスペースを使うことはできない。代わりに収穫のたび、食料2を支払えば職業を1枚だけ出せる

WM023 Waldbauer 森の農夫
矢印マーカー3枚をこのカードに置く。毎ラウンド、労働から帰宅の間に、矢印マーカー1枚を捨てて木材1を支払えば、「畑1を耕す」または「畑1を耕す、種をまく」にいる家族コマを、空いているアクションスペースに移動し、そのアクションを行うことができる

WM028 Hütejunge 監督の少年
家族コマで「日雇い労働者」のアクションを使うたびに、追加で羊1を得る。ラウンド6からは羊1の代わりに猪1を得ることもできる

WM032 Jäger 狩人
収穫の繁殖フェイズ以外に家畜を手に入れるたびに、すぐ何頭でも食料に換えられる。羊/猪/牛はそれぞれ食料2/3/4になる

WM040 Permakultturist 自給自足者
小麦を、未使用の農場スペースに植えられる。小麦を植えたスペースは小麦畑となる。ほかの畑に隣接していなくてもよい。(小麦が全て収穫されたら、未使用のスペースに戻る。)このスペースの小麦は、いつでも共通のストックに戻せる。遅くとも得点計算までには戻さなければならない(あるいは、最後にこのカードの効果がなくなる)

WM046 Steinkurator 石材管理者
石材の累積スペースを使うたびに、追加で食料1を得る。得点計算で石の家2部屋につきボーナス1点と、指示されたコストに石材が含まれる進歩カード2枚につきボーナス1点をえる。(「累積スペース」とは、品物や食料が累積するアクションスペースを指す)

WM050 Gardinenweber カーテン織
収穫の畑フェイズのたび、羊が3頭以上いれば、共通のストックから食料1を自分の住居に置く。置ける食料は部屋1つに1つまで。この食料は使うことができないが、得点計算で1つにつきボーナス1点になる

δデッキ 小さな進歩カード
WM056 Armenhaus 救貧院
(木材1・葦1)収穫の食料供給フェイズが終わるたびに、物乞いカード1枚を捨てることができる。これにより、家族に与える食料を1つ節約できる

WM057 Jungtieraufzuchtstation 家畜の赤ちゃん飼育所
(木材2)どの種類の家畜でも、収穫の繁殖フェイズで生まれたものをすぐこのカードに置くことができる。ここの動物はカードから取り除くことも、ほかに使うこともできないが、得点計算で動物の数に数える(このカードは牧場や厩とみなさない)

WM058 Apfelbaum リンゴの木
(空いている畑1、木材1)共通のストックから木材1を取り、空いている畑に置く。この畑は引き続き畑とみなすが、種をまくことも、ほかに使うこともできない。収穫の畑フェイズのたびに、食料1を得る

WM072 Wiege ゆりかご
(木材2)「家族を増やす」のアクションを使った労働フェイズが終わるたびに、共通のストックから食料2を得るか、食料2をボーナス1点に換えることができる

WM074 Esel ロバ
(牧場1)1ヶ所の牧場で家畜を飼うことができなくなる(その牧場には、共通のストックからレンガ1を置いて表す)。家族コマで「畑1を耕す」か「畑1を耕す、種をまく」のアクションを行うたびに、追加で畑1を耕せる

WM075 Wohnungsverkleinerung 住居縮小
(職業1)ゲーム中に1回だけ、柵を作るときに、増築した木の部屋があれば1つを取り除いて、代わりに柵7本を無料で作ることができる。その部屋に家族がいれば、別の部屋に移す

WM078 Landwirtshaftsshule 農業学校
(職業2、木材1・葦1)収穫の畑フェイズで作物を2つ以上収穫するたび、その後すぐに食料2を支払えば、職業1を出せる

WM082 Blumentopfe 花鉢
(レンガ1)このカードをラウンド6までに出せば、共通のストックから野菜1をラウンド8のスペースに置く。ラウンド8のはじめにその野菜を得る

WM083 Freilaufende Hühner 放し飼いの鶏
(小麦畑1、木材1・食料1)毎ラウンドのはじめに、小麦畑があれば、共通のストックから食料1をこのカードに置く。この食料はいつでも取ることができる。得点計算で、このカードに食料3/6が残っていれば、ボーナス1/2点を得る

WM107 Express-Renovierung スピード改築
(レンガ1・石材1)家族コマで「改築」のアクションスペースを使った手番の最後に、その家族を住居に戻すことができる(同じラウンドにまたアクションができる)

WM110 Geräteschuppen 物置小屋
(柵1)前に作った柵を1本取り除いてこのカードに置く(この柵はもう使えない)。小さな進歩を出すたびに、小さな進歩のコストを支払う前に共通のストックから好きな資材を1つ得る

WM115 Köder 餌
家族コマで「畑1を耕す」のアクションを行うたびに、共通のストックから食料2をこのカードに置く。ここの食料は、家族コマで「漁」のアクションを行ったときに取る。ただし収穫のたびに、このカードから食料1を共通のストックに戻さなければならない

クレニアム(Cranium)

| コメント(0) はてなブックマーク - クレニアム(Cranium) 

これが原点

「クレニアム」を聞いたことがあるだろうか。アメリカのパーティーゲームシリーズとして何十タイトルも発売されている。多くは原語依存が強いためほとんどが国内発売されていないが、どれも注目に値する。

その原点となったゲームがこの『クレニアム』である。4つのジャンルで時間内にチャレンジをクリアし、コマを最初にゴールさせるのが目的。

クレニアム

4つのジャンルとは、絵や粘土でお題を表現して当ててもらう「クリエイティブキャット」、クイズに答える「データヘッド」、単語の綴りや意味を当てる「ワードワーム」、ジェスチャーやハミングでお題を表現して当ててもらう「スターパフォーマー」。現在止まっているマスの色でチャレンジが決まり、当たればサイコロで進む。

「クリエイティブキャット」では「目をつぶって絵を描く」というチャレンジがあり、簡単なお題でも難しい。「本棚」というお題で、四角と本を何度も描いたが当ててもらえず、終わって目を開けてみたら確かに何だか分からなかった。自分でも大笑い。

日本人には厳しい問題も多い。「データヘッド」は1問目から見たことない絵が出てきて「この女性は誰?」。正解は軍隊に入ろうキャンペーンのスージーだったが、アメリカ人でも分かるか微妙な問題が、日本人に分かるはずもない。「ワードワーム」は「ガーゴイル」「クルトン」のアルファベット綴りを書くという問題で撃沈。「スターパフォーマー」も聞いたことのない俳優がわんさか。

答えが誰も知らなさそうなときは、カードを交換してよいルールにした。ときどきチーム別ではなく、全員一斉に同じお題に取り組んで、早く正解した人が進めるというものもあり、4人が思い思いに意味不明のジェスチャーをしている図は爆笑。

機転とひらめきでチーム福島の勝利。最初に見ず知らずの絵が出て以来、みんなが尻込みしていた「データヘッド」を後で開けてみたら、意外と簡単な問題もあった(「V6エンジンのVは、気筒がVだからである。イエスかノーか」とか)。

Cranium
W.アレクサンダー、R.テート作/クレニアム社(1998年)
4〜16人用(2人以上で4チームまで)/13歳以上/60分
国内未発売

アークライト、『フレスコ』日本語版を発売

| コメント(0) はてなブックマーク - アークライト、『フレスコ』日本語版を発売 

アークライトは3月10日、教会の天井画を修復する職人を描いたボードゲーム『フレスコ(Fresco)』を日本語版で発売した。2〜4人用、10歳以上、60分、5,250円。予定では3月中旬とされていたが、4日のゲームマーケット大阪を皮切りに予定より早い発売となった。

2010年にクイーンゲームズ(ドイツ)から発売され、ドイツゲーム賞で第1位を獲得した作品。プレイヤーはフレスコ画の名匠となり、自分の工房にいる職人たちを指揮・監督して、教会の天井画を修復する。

職人たちを早起きをさせればよい絵具が手に入るし、修復作業の後に副業をさせれば工房の収入も増やせる。しかしそのような厳しい労働を繰り返すと、職人はやる気をなくして生産性が下がってしまう。充分な睡眠をとらせ、気晴らしに劇場に連れていくなど、待遇にも気をつけなくてはならない。

手に入れた絵の具を混ぜて別の色を作ったり、必要な絵の具を使うたびに天井画が少しずつ姿を現したりする様子は、本当に絵画の修復をしている気分。内容だけでなく、見た目にも楽しいボードゲームだ。また、拡張セットが3つ同梱されているので、経験に合わせて難易度を変えることもできる。

江別自宅ゲーム会

| コメント(0) はてなブックマーク - 江別自宅ゲーム会 

恩師の披露宴に招かれ札幌へ。せっかく札幌まで来たのだからと、以前仙台にお住まいのときに知り合った北海道の筒井さんに連絡を取り、札幌のとなりの江別にてゲーム会を設定していただいた。kak-A(かくえい)さん、西宮さんと4名。Phage(ファージ)というボードゲームサークルのメンバーである。10時から10時間たっぷり遊ぶ。ゲームの合間にはたっぷりボードゲーム談義も楽しんだ。
札幌でもボードゲーム人口は増えているという。出張のついでに週末オープンサークルを探して参加する人もいると聞いた。全国津々浦々にボードゲームサークルがあって、どこに出張・旅行してもそこでボードゲームを遊べるといいなと思う。

屋台料理大食い勝負(Taiwan Snackbar)
ゲームマーケットで台湾のスワンパナシア社が販売している密かな人気作。チキンレースと、カード枚数のマネージメントが楽しい。山札から1枚ずつめくっていって、「もうたくさん」カードが出るとアウトなのだが、1枚目からめくってしまったり、最後の1枚がそうだったりして盛り上がった。ぎりぎりの見極めで手札を増やし、危ない場面は指名カードで回避した私の勝利。

シティ・タイクーン(City Tycoon)
近未来都市をタイルで広げ、物資を輸送して勝利点を増やすポーランドのゲーム。建物タイルはドラフトで手に入れ、お金を出して配置する。電力・水・商品の3種類のアイテムがあり、これを建物に運ぶことで収入や得点になる。タイルは4時代でグレードアップし、値段も上がっていくのに乗り遅れないようにしたい。建物のコンボで高得点できるエリアを作った西宮さんが先行したが、後半の高得点の建物で筒井さんが逆転1位。所持金と建物のコスト、アイテム配達の収入と支出の勘定、さらにタイルを置く位置と使う順番と、多岐にわたって頭を使う。終わってから「もっとこうすれば」という思いがふつふつと湧いてくる。

ケベック(Quebec)
カナダで街を作り、5つのジャンルで影響力を競うボードゲーム。自分が開いた街は、ほかの人が多く利用するほど価値が上がるので、みんなが求めているものを予想して場所を選ぶのがカギとなる。もうひとつのカギは、毎ラウンド最後にコマの数を競う5つのジャンル。1つ目のジャンルで一番多かった人は、半数を2つ目のジャンルに持ち越し、2つ目のジャンルで一番多かった人は、半数を3つ目に……というシステムで、上流にたくさん置くのが有利。ここで大量得点した私がちまちまと稼ぎ、最後のボーナスで一気に追い上げたほかの人を振りきって1位。得点方法はたくさんあるので、ベターな選択の積み重ねが勝利を近づける。

ブロッケーデ(Blockade)
S.サクソンのアブストラクトゲームアンソロジー。このタイトルのゲームはごまんとあるが、英題は「Sly」というタイトルで1975年の作品。6つのルールが入っているが、このうち4人でも遊べる「トランスミッター」と「スターゲイト」をプレイ。「トランスミッター」は○△□の3つコマでL字を作るたびに新しいコマを投入でき、先に全部投入した人が勝つ。ほかの人の邪魔をしつつ、いかに手数を減らして新しいコマを生めるかが勝負。スマートにkak-Aさんの勝利。「スターゲイト」は中央にある4つのマスに自分のコマを入れる将棋ライクなゲーム。取るときの射程距離はコマによって決まっているが、移動は何マスでも、ほかのコマを飛び越えてもいいのでかなりダイナミック。誰が上がってもおかしくない、先の読めない状況で私に勝利が転がり込んだ。

ダンジョンレイダース(Dungeon Raiders)
ダンジョンで待ち受けるモンスターやトラップをかいくぐり、財宝を集めるゲーム。5つのイベントに手札から1〜5のカードを出して対処するが、最初から表になっている場合と、そのときが来たらめくる場合があって、パワー配分が難しい。モンスターを倒すときは協力するが、微妙に手を抜くことで犠牲者を出すという腹黒いプレイができるのが醍醐味だ。最もダメージを受けた筒井さんが脱落し、残った3人の財宝比べで西宮さんが勝利。

変遷の年代記:久しぶりの自宅ゲーム会
書き込み専用メモリー:T井氏宅ゲーム会

日本経済新聞NIKKEIプラス1にボードゲーム記事

| コメント(0) はてなブックマーク - 日本経済新聞NIKKEIプラス1にボードゲーム記事 

日本経済新聞の土曜朝刊についてくる生活情報紙「NIKKEIプラス1」に、ボードゲームの記事が掲載された。「ゼロから始めます」というコーナーで、「ボードゲームを趣味にしたい」という見出し。ボードゲームを遊ぶ相手をどうやって探すかが紹介されている。

紹介されているのは日本ゲーム協会(JAGA)。毎月1回、東京・目黒で行われているゲームサークルだ。サークルの様子と、初めて参加したという頼木康弘さん、JAGA代表の石橋俊彦さん、スウェーデンから短期滞在中に参加しているというミカエル・フォンキノリィンさんが登場し、インタビューに答えている。写真は、JAGAで『カルカソンヌ』を遊ぶ様子。

ついでJAGAの事務局でもある水道橋のボードゲーム専門店メビウスゲームズ、高円寺のボードゲーム専門店すごろくやのおすすめとして『カルカソンヌ』『ナイアガラ』『イチゴリラ』『ディクシット』などが挙げられ、ホームページのサークルリンク集や、すごろくやの体験会、ミクシィのコミュニティなどが紹介されている。

最後に、友人を誘ってゲーム会を開くときの注意点として、「初回は練習として説明をしながら楽しさを伝えること」を挙げ、記事を閉じる。実践的な内容で、実際に役立てる人も多そうだ。

「NIKKEIプラス1」には昨年4月にも「ボードゲームランキング」が掲載されている。全国のサークルは、以下の「ワイワイマップ」から探すのも便利だ。

スイスゲーマーズ賞2011に『ローマに栄光あれ』

| コメント(0) はてなブックマーク - スイスゲーマーズ賞2011に『ローマに栄光あれ』 

スイスゲーマーズ賞スイスのボードゲーム普及団体「ルデスコ」は、3月16日から3日間にわたって開かれるルデスコ・ボードゲーム祭に合わせて「スイスゲーマーズ賞」2011を発表した。国内のボードゲームサークル16団体による人気投票で、『ローマに栄光あれ』が1位に選ばれた。

スイスのボードゲーム賞は2007年まで選ばれていたが、2年間中断。昨年、愛好者主体の賞が新たに立ち上がり、2010年には『世界の七不思議』を1位に選んでいる。サークル単位でベスト5を挙げ、上から8,5,3,2,1点として集計する仕組み。

今年の1位に選ばれた『ローマに栄光あれ』はアメリカの作品(原題"Glory to Rome")で、ローマ皇帝ネロが火災で失われた街を再建するカードゲーム。史実に基づく200枚近いカードは、レンガや石材などの資材と、街の門や塔などの建築物になっており、パトロンや職人などの職業を使って築いていく。

2位にはフランスを舞台にした『ブルゴーニュ』、3位にはスイスを舞台にした『ヘルベチア』が選ばれた。

【スイスゲーマーズ賞2011】
1位:ローマに栄光あれ(La Gloire de Rome/フォロソフィア)36点
2位:ブルゴーニュ(Les Châteaux de Bourgogne/アレア)24点
3位:ヘルベチア(Helvetia/コスモス)18点
4位:カラヤのスルタン(Sultans de Karaya/MJゲームズ)13点
同 :エアライン・ヨーロッパ(Airlines Europe/フィロソフィア)13点

Swiss Gamers Award:Rusults

サウンズ・ライク・ア・プラン(Sounds Like a Plan)

| コメント(0) はてなブックマーク - サウンズ・ライク・ア・プラン(Sounds Like a Plan) 

他人事だと思って適当なことを

「バンジージャンプに挑戦」「タージマハルに行く」「IQテストで高得点を取る」「宇宙人に会う」などといったチャレンジに、ナイスなアドバイスを送るアメリカのコミュニケーションゲーム。タイトルは「よさそうなアイデアだね」という意味。

親はサイコロを振って、今回の審査基準を決める。「BEST」は一番よさそうなアドバイス、「WORST」はその反対で最悪のアドバイス、おばあちゃんマークはおばあちゃんが言いそうなアドバイス、子供マークは子供が言いそうなアドバイス。水晶マークが出たら親のお題はシークレットとなり、「WILD」が出たら以上の5つの中から好きなものを選べる。

お題は1枚のカードに3つ書いてあり、親が好きなもの(自分がもっともやりたいもの)を選ぶ。ほかの人は、手札のアドバイスカードから1枚を裏にして出し、誰がどれを出したか分からないように混ぜて発表。『アップルトゥアップル』方式である。

親はひと通り見てから、基準に合うと思われる順に並べる。完全な主観でよい。そして、並べられた順に得点して次の人が親。得点するたびにコマが進んで、最初にゴールした人が勝者となる。

私のお題は「水の中で5分間息を止める」だった。そしてサイコロは子供マーク。アドバイスは「息をしない」―当たり前だろ!、「水を飲む」―その手が…ないない、など、どれも突っ込みどころ満載なアドバイス。鴉さんのお題は「乗馬をする」でダイスは「WORST」、アドバイスは「携帯電話をもってくる」「コイントスをする」など意味不明なものばかりで大弱りだったが「睡眠薬を飲む」を1番に選んでいた。結局、つぼにはまったアドバイスでcarlさんの勝利。

箱には「1.プレイ 2.笑う 3.勝つ* *1〜3を繰り返す」と書いてある。的外れのアドバイスが笑いのツボにはまることもあって確かに笑えた。

Sounds Like a Plan
J.ジョンソン、C.マクキャシー・エヴァンス/ゲームライト(2010年)
4〜8人用/10歳以上/30分
国内未発売

シュピールボックス、中国語版も

| コメント(0) はてなブックマーク - シュピールボックス、中国語版も 

ドイツのボードゲーム専門誌『シュピールボックス』に、今年の第1号から中国語版も発売されることになった。2010年から制作されている英語版と合わせて、3ヶ国語で出版されることになる。

最新号の特集はニュルンベルク国際玩具見本市。R.クニツィアがラベンスバーガー社から発表した『インディゴ』が表紙を飾った。

出版社など詳しいことは明らかでないが、これまで英語版を読んでいた中国のボードゲーム愛好者からは「国内の普及が加速する」「これで価格が下がるのでは」など、早くも期待と喜びの声が上がっている。

spielbox-online:spielbox jetzt auch in China - auf Chinesisch!
BGC桌游网:[公告] 已经预订Spielbox杂志2012全年的朋友请留意

ゲームマーケット2012春、出展申込今日まで

| コメント(0) はてなブックマーク - ゲームマーケット2012春、出展申込今日まで 

ゲームマーケット大阪の興奮冷めやらぬ直後、浅草のゲームマーケット出展申込が本日〆切となっている。出展を予定している方は忘れないで申込を済ませよう。

ゲームマーケット2012春は再来月、5月13日(日)に東京・浅草の東京都立産業貿易センター(台東館)にて開催される。昨年11月のゲームマーケットは146団体が出展し、3000人が訪れた。今回は2フロアから3フロアに広がり、合計1857平方メートルの会場にさらに多くの参加者を見込む。

コースは一般ブース(1/2卓、4,200円)または大型ブース(1卓+イベント1卓で21,000円〜)の2種類。ホームページにある出展申込フォームに記入して本日18時までに送付し、返信に従って出展料を支払う。このほかに、カタログ原稿を3月19日まで送らなければならない。

出展内容は創作ボードゲームの発表、同人誌の頒布、関連グッズの製作販売、中古ゲームの放出、サークルの活動紹介など、アダルト関連を除き自由で、誰でも出展できる。申し込み、問い合わせは下記のリンクから。

ゲームマーケット2012春:ご出展のみなさまへ

『髑髏と薔薇:赤』発売

| コメント(0) はてなブックマーク - 『髑髏と薔薇:赤』発売 

昨年発売されスマッシュヒットとなったフランスのブラフゲーム『髑髏と薔薇(Skull & Roses)』。人気のためしばらく品切れが続いていたが、今月1日、ホビージャパンが赤箱版を輸入販売した。3〜6人用、10歳以上、15〜45分、2,670円。単体で遊ぶことが出来、『髑髏と薔薇』(黒箱)と合わせれば12人まで遊べるようになる。

フランス年間ゲーム大賞受賞作品。手札からバラかドクロを1枚ずつ出していき、途中から安全だと思われる数字をビッドしていく。一番大きい数字をビッドした人がその枚数だけ全員のカードをめくり、ドクロを出さないでめくりきれば成功。2回成功で勝利となるが、途中でドクロをめくってしまった場合には、手札を1枚失い、なくなったら脱落となる。

ルールを聞いただけでは分からないブラフとチキンレースが楽しめる作品。「黒箱」とはまた異なる、各プレイヤーの紋章のアートワークも見どころだ。

「黒箱」は現在のところ、昨年秋よりメーカー品切れのため、入荷未定となっている。

Skull & Roses

ゲームマーケット2012大阪、入場者1500人

| コメント(0) はてなブックマーク - ゲームマーケット2012大阪、入場者1500人 

浅草以外での開催は初めてとなるゲームマーケット2012大阪が3月4日(日)、大阪マーチャンダイズ・マート(天満橋)にて開かれ、参加者1500名で大いに賑わった。

85団体の出展者ブースがところ狭しと並べられた会場の広さは978平方メートル。開場直後から長い行列を作った参加者が、めいめいに人気ブースを目指す姿はゲームマーケット名物で東西を問わない。新作ゲームの日本語版、同人ゲーム、中古ゲームなどが展示販売された。

参加者からは徐々にレポートが上がリ始めている。

ふうかのボードゲーム日記:ゲームマーケット2012大阪へ行ってきた
鎌倉想像工房:「ゲームマーケット2012大阪」簡単レポート
メビウスママのひとりごとブログ:ゲームマーケット2012大阪
浅く潜れ!:ゲームマーケット 2012大阪 に行って来ました!
ONE DRAW blog:ゲームマーケット2012大阪 閉幕
さあくる湯沢温泉:GM大阪遠征・当日&ボードゲーム交流会!
もっとホイップとスパイスを!:ゲームマーケット大阪振り返り
YBC ヤマザキボードゲームクラブ:大阪ゲームマーケット2012レポ、あるいは前後の心持ちがどうだったかの話
ボードゲーム研究室!:「ゲームマーケット2012大阪」終了しました!
零と壱の狭間:ゲームマーケット大阪 行ってきました
あしかの書く新聞 asica times:ゲームマーケット2012大阪行ってきました

次回は5月13日(日)に浅草にて。出展申し込みはすでに明後日(7日18:00)に迫っている。出店予定でまだ申し込んでいない方はお早めに。

ゲームマーケット公式:ゲームマーケット2012大阪は無事終了いたしました

『レジスタンス』キャラクターカードのイラスト募集

| コメント(0) はてなブックマーク - 『レジスタンス』キャラクターカードのイラスト募集 

正体隠匿系ゲームの新作で、日本語版が発売され人気を集めている『レジスタンス』。オリジナル発売元のインディ社が、プロモーション用にキャラクターカードのイラストを募集している。3月8日(木)(日本時間9日夕方)まで。

日本のアニメ・マンガスタイルによる女性画で、政府側(赤)かレジスタンス側(青)のいずれか。採用されれば原稿料30〜40米ドルが支払われる。画像フォーマットや送り先などは下記のリンクを参照のこと。

『レジスタンス』は政府スパイとレジスタンスの二手に分かれ、ミッションの成功と妨害を争うカードゲーム。司会役の人がいらず、少人数でも楽しめることや、ゲーム中に脱落者が出ないこと、論理的な推理もできることなどから、同系統の『汝は人狼なりや?』とはまた違ったかたちで人気を集めている。

ホビージャパンゲームブログ:『レジスタンス』プロモーションカードアーティスト募集のお知らせ

3月8日追記:〆切は15日まで延長、送り方はメールにJPG添付で可能になった。

ホビージャパンゲームブログ:『レジスタンス』プロモーションカードアーティスト募集のお知らせ:更新情報

人狼イベント、渋谷でも

| コメント(0) はてなブックマーク - 人狼イベント、渋谷でも 

先日お伝えした東京・お台場の人狼イベント(3月11日)は50人規模で『汝は人狼なりや?』を行うという、人狼ファンには夢のようなイベントである。チケットはすぐに売り切れ、昼の部の追加公演もすでに売り切れたが、翌週にも渋谷で別の人狼イベントが行われる。

東京人狼

渋谷の人狼イベント「東京人狼」を主催するのは株式会社人狼。今月設立されたばかりの人狼好きによる人狼好きのための会社だ。第1回は3月18日(日)夜、東京・渋谷のJELLY JELLY CAFEにて、参加費2500円(ワンドリンク付き)。初めての方にはスタッフがルール説明をしてくれる。

定員は15名。申込は下記のリンクにあるフォームから。3月8日までで、申込多数の場合は抽選となる。

『汝は人狼なりや?(Are you a Werewolf?)』は、村人の中に紛れ込んだ人狼を見つけ出す欧米のコミュニケーションゲーム。人狼はばれないように嘘をついて村人になりすまし、村人は言動から人狼を暴く。会話を楽しむゲームで、ネットでもよくプレイされている。

3月には人狼イベントが立て続けに3つ。ボードゲーム愛好者に限らない人狼人気に今後も注目しよう。

株式会社人狼:第1回東京人狼開催いたします!

トゥレグ/トゥアレグ(Tuareg)

| コメント(0) はてなブックマーク - トゥレグ/トゥアレグ(Tuareg) 

鼻の差で出し抜く

小箱ながらしっかりしたプレイ感に定評のあるアドルング社(ドイツ)が昨年発表したこのゲーム。デザイナーはイタリア人。粟、岩塩、金、水の4種類の商品をラクダにのせ、種類ごとのマジョリティを狙う。

このゲームに登場するトゥアレグ族とは、アフリカ北西部の遊牧民である。アルジェリア、ニジェール、マリなど数カ国にわたり、サハラ砂漠の国境を越えて交易する。箱絵にあるように、青いターバンに民族衣装をまとう。

トゥレグ/ツアレグ族

手番は基本的に補充かラクダに積むか。山札が切れたときラクダにたくさん積んでいればよいが、特殊カードを買うのにラクダに積んである商品を使うので、安心はできない。

補充は山札から3枚引いて手札に入れ、1枚を場(市場)に出す。手札の上限は4枚までで、それを超える場合は市場に出さなければならない。

ラクダに積むのは手札か、市場からで1回につき1頭のみ。積み方には種類や枚数などの制限があり、手札とラクダを見て積む商品を考えるのはパズル感覚だ。市場にある商品は要するに余り物だが、塵も積もれば山となる、である。

ラクダは各自2頭しかいない。ラウンドがまだ終わらなさそうであれば、ラクダに積んだ商品で特殊カードを買おう。もっと商品を積める「ロバ」、ラウンド終了まで商品を確保できる「穴」、他の人から商品を盗める「泥棒」、そしてゲーム終了時に得点になる「地図」の4つがある。売り切れ次第終了。これらを有効に活用して、さらに商品を集めたほうが強い。

ラウンド終了は山札がなくなって、1回ずつ手番を行ったら。商品の種類ごとに、ラクダに積んでいる分を数え、勝利点を得る。勝利点は商品によって異なり、希少なもの(水、金、岩塩、粟の順)ほど高い。

2ラウンドの合計で勝敗を競う。第1ラウンドから持ち越した手札と特殊カードをどう使うかもポイントとなる。

確実に得点できるアイテム「地図」を独占したくさのまさんが1位。ラクダにのせられる枚数がもともと少ない上、特殊能力カードを買うのに商品を使うため、マジョリティーはいつも微妙なラインで決まるのがしびれる。確実に1位を取れると思っていたら「泥棒」で盗まれたり、「穴」に意外な商品が仕込まれていたりと、特殊カードの効果も憎い。1ラウンドはあっという間に終わり、せっかく買ったく特殊カードが使えないままになることも。短時間ながら悩みどころの多いゲームである。

Tuareg
F.ベラルディ/アドルング(2011年)
2〜5人用/10歳以上/20〜45分
プレイスペース広島:トゥレグ
ゲームストアバネスト:トゥアレグ

『ボードゲームナビ』創刊、『ゲームリンク』休刊

| コメント(0) はてなブックマーク - 『ボードゲームナビ』創刊、『ゲームリンク』休刊 

アークライトは4月27日、新紀元社から専門誌『ボードゲームナビ』を創刊する。1680円。これに伴い、同社のボードゲーム雑誌『ゲームリンク』は11号をもって休刊となった。

『ゲームリンク』とは異なり、書店扱いの書籍となり、全国の書店で入手できるようになる。創刊号の内容は、『ゲームリンク』12号特集の「ゲーマーズゲーム」を引き継ぐ見込み。新作レビューや、ゲームマーケットのレポートなど、ボードゲームの楽しさに深く斬り込む記事を掲載。オリジナルゲーム付録もあり、同人ゲームを紹介するなど、輸入ゲームだけでなく国産ゲームにも力を入れる。

『ゲームリンク』は2009年10月、Shoot the Moon社からゲーム付録つきの季刊誌として創刊された。1年後、第5号からアークライト社に移行し、隔月刊に変更。ダウンサイジングによって価格は3780円から2730円(第10号から2940円)に値下げされた。『ボードゲームナビ』はこれをさらに下回る価格で、購買者層の拡大を狙う。

アークライト:ボードゲームナビ

OK牧場(O.K. Corral)

| コメント(0) はてなブックマーク - OK牧場(O.K. Corral) 

ガンマンたちの真剣勝負

1881年10月26日、アメリカ・アリゾナ州で、ワイアットアープら保安官と、クラントン兄弟らカウボーイによる銃撃戦があった。これが西部劇でよく登場する「OK牧場の決闘」である。カウボーイ側に死者が出たが、保安官側は無罪となった。O.K.はオールド・キンダースリーの略。後にガッツ石松のギャグで用いられるようになった。

このドタバタをゲームにしたのはフランスのイロペリ社。『クロノス』や『モンテ・クリスト伯の秘密』などを手がけたA.ウルボンが昨年立ち上げたメーカーで、ライトなカードゲームを発表している。

OK牧場

プレイヤーはガンマンとなって、的確な判断と素早いリアクションで得点を競う。はじめに1枚ずつ配られるのがマイキャラクター。用意ができたら、1,2,3,スタート!

山札から1枚めくって、そのカードによってリアクションを競う。「金塊をつかむ」だったら中央にある金塊カードを真っ先に取る。「札束をつかむ」だったら札束カード。カードによって、一番早い人が得点するか、一番遅い人が失点する。ほかにも、「立ち上がって敬礼」「ウィスキーを飲み干してグラスをテーブルに置く真似」などがある。「金塊をつかむ」とそっくりで、取ってはいけない「偽の金塊」が罠。

銃撃戦ももちろんある。両脇を撃つ、指名手配犯(カードに指示されたキャラクター)を撃つ、右か左の人を撃つなど。手を銃にして先に「バン」と言ったほうが得点。面白いのは「決闘」で、1人目のキャラクターが出たらそのままにしておき、2人目が出たらそのキャラクターのプレイヤー同士で撃ち合う。1人目になると、誰から狙われるか分からず、心の準備がたいへんだ。

山札がなくなったら終了。キャラクターによって、カードのボーナスがあり、カウガールならば酒場のペナルティーを取っていなければボーナス、ゴールドディガーならば金塊を最も多く集めればボーナスなどのアドバンテージがある。自分だけのボーナスなので重点的に狙っていきたい。

リアクションゲームは得意不得意が分かれるが、気後れしないことが最も大事である。みんなの動きが素早くてほとんど同時という激しいゲームになったが、carlと神尾さんが同点1位。命を取るか取られるか、油断ならないひとときを送った。

O.K. Corral
J.カプラン、P.ジュメル/イロペリ(2011年)
3〜6人用/8歳以上/15分
ゲームストアバネスト:OK牧場

アンケート:ゲームマーケット大阪

| コメント(0) はてなブックマーク - アンケート:ゲームマーケット大阪 

Q.57:3月4日のゲームマーケット大阪に…(2012年2月)

A.参加予定である 71票(32%)
B.参加予定はない 134票(61%)
C.未定 15票(7%)

いよいよ今週末に迫ったゲームマーケット大阪。浅草以外で開かれるのは初、しかも関西での開催ということもあって話題になっています。アンケートでは、3割の方が参加予定と回答。東京では参加しにくかった関西以西からの参加も期待されます。

ここでもう1度、ゲームマーケット大阪についてまとめておきます。
・日時:3月4日(日)10〜17時
・場所:大阪マーチャンダイズ・マート 2階Cホール(京阪・地下鉄天満橋駅徒歩1分)
・入場料:800円
・内容:85団体が新作輸入ゲーム、同人ゲーム、中古ゲーム、関連グッズを展示販売。こどもゲームコーナー、スタンプラリー、ゆうパック受付あり

ゲームマーケット大阪で発表される国産新作は、こちらのページにまとめられています。
JDSA:ゲームマーケット大阪

終了後に有志で行われる「ボードゲーム交流会in大阪」は募集が締め切られましたが、前の晩にキウイゲームズのプレイスペースで行われる「ゲームマーケット懇親会」は本日いっぱい参加者を募集しています。この機会にぜひ参加してみましょう。

2012年1〜2月のアクセス解析

| コメント(0) はてなブックマーク - 2012年1〜2月のアクセス解析 

Google Analyticsによる統計。

震災からまもなく1年。ゲームタイトル別1位は依然として『どうぞどうぞ』でした。節電や買い溜めを考える無料配布のゲームです。新作では『祈り、働け』、『テトリスリンク』、『封建領主』の注目度が高いようです。

ゲームタイトルのキーワード別ランキング(セッション数)
1.どうぞどうぞ 300
2.ヴィネタ 251
3.祈り、働け 237
4.テトリスリンク 193
5.封建領主 175
6.ピクトマニア 171
7.ビッグアイデア 163
8.アグリコラ 148
9.屋台料理大食い勝負 139
10.世界の七不思議 129
11.ウボンゴ3D 124
12.ひと握りのペンギン 109

最もアクセス数が多かったニュースは『アグリコラ:プレミアムグッズ』日本語版のリリース情報でした。来月の発売予定。ニュルンベルクの新作情報では、クイーンゲームズが一番注目されました。ドイツゲームメーカーがこぞってファミリーゲームにシフトする中、フリークゲーム路線を堅持して人気が高まっているようです。

アクセスの多かった記事ランキング(セッション数)
1.『アグリコラ:プレミアムグッズ』日本語版、4月上旬発売 766
2.ニュルンベルク’12新作情報:クイーンゲームズ 597
3.東京お台場で人狼イベント 591
4.『祈り、働け』日本語版発売 549
5.ドミニオンニュース2012 548
6.ニュルンベルク’12新作情報:ハンス・イム・グリュック 534
7.ニュルンベルク’12新作情報:コスモス 522
8.『アグリコラ』WMデッキ(1) 509
9.白箱.com、『テトリスリンク』発売 485
10.ニュルンベルク’12新作情報:シュミット 476

カレンダー