アンケート:日本語版の購入先

| コメント(0) | はてなブックマーク - アンケート:日本語版の購入先 

Q.62:次々と発売される日本語版、どこで買う?(2012年7月)

A.専門店 87票(44%)
B.アマゾン 83票(42%)
C.ホビーショップ 30票(15%)

日本語版バブル」などというコラムを書いてから2年近くが経ちますが、日本語版のリリースは鈍ることなく、今月も『フラッシュポイント』『ピクトマニア』『潜入スパイ脱出』『荒野の1ドルペンギン』などたくさんのラインナップが予定されています。はじめに外国語版が販売され、人気の高まりを受けて日本語版制作が決定するという流れに、日本語版が出るのを待つという人も。

日本語版は日本語ルール付き外国語版と比べると販売量が多く、専門店だけでなく、アマゾン、といず広場やあみあみなどのホビーショップでも販売されています。今回のアンケートでは、どちらから購入しているかを尋ねました。

結果、専門店とアマゾンがほぼ同じパーセンテージという回答が寄せられました。専門店では、ほかに欲しいゲームと一緒に買うことができるというメリットがありますが、アマゾンやホビーショップがが価格面で攻勢をかけてきています。「日本語版は取り扱うメリットが少ない」という専門店の声もあり、日本語版の増加は業界の形態まで影響を与えている模様です。

8月のアンケートは、インターネット上に公開されている日本語訳ルールの利用についてです。有志によって、海外ボードゲームのルール日本語訳が次々と公開され、個人輸入して遊べるようになりました。これに呼応して、独自の日本語ルールを作成せずに販売している業者も登場しています。そこで、公開日本語訳ルールをどれくらい利用しているか、お尋ねします。利用方法は訳なしボードゲームを購入して遊ぶ場合でも、気になるゲームをチェックするだけの場合でもかまいません。一番近いと思うものをお答え下さい。

コメントする

カレンダー