絶叫!おばけ屋敷ゲーム(Scream! Haunted House Game)

| コメント(0)

スマートフォンで笑い++

夏といえば幽霊やおばけの季節だ。怖いもの見たさは子供の性である。夜、トイレに行けなくなるのが分かっているのに、幽霊やおばけの本を手に取ったり、テレビ番組を見たりしてしまう。本当にいるのかしら?

そんな子供の怖いもの見たさを刺激する、あのおばけ屋敷ゲームが今夏帰ってきた。しかもスマートフォンで専用アプリをダウンロードして遊ぶという、アナログとデジタルを融合させた画期的な試みがなされている。スマートフォンがなくても遊べるが、あったほうが断然楽しい。

絶叫!おばけ屋敷ゲーム

ゲームはすごろくで、手札のカードを1枚出して、その数だけコマを進める。途中、はしごやカギが必要なマスがあり、そのカードを引かないと先に進めない。さっそくnagaさんがカギを引けなくて最初の部屋でストップ。激しく置いていかれた。

一方、私ははしごをほかの人にかけてもらったりしてどんどん進む。途中、おばけの部屋では勇気・知恵・力のカードから1つを出しておばけカードを引き、出したカードが苦手なおばけならば勝てる。自分の仲間にして、「3枚集めると誰かを6マス戻す」「カギとして使える」などの特殊能力を得る(使い捨て)。

コースのところどころに紫のマスがあり、スマートフォンが登場する。今回はhataさんがアプリをダウンロードして下さった。ボタンをタッチするといろいろなイベントが起こる。ふすまをドラッグして開けると座敷童がいたり、電話が鳴るので取るとお姉さんがやさしい言葉で話しかけてきたり、大きいつづらか小さいつづらか選んだり。「お前は4マス戻れ!」と偉そうに命令されたくさのまさんに大笑い。

そのうちボスおばけの部屋にたどり着く。ここでも勇気・知恵・力から1枚を選ぶが、今度はカードではなく、チップをボスおばけが表示されているスマートフォン画面にタップする。チップの裏にある凹凸でスマートフォンが判断するらしい。勇気を出したのに角度がずれて力と判定されたり、しかもそのおばけは力で勝てるおばけだったり、微妙なアナログ感にまた笑う。

最後は死神の廊下だ。死神はみんなが出したカードの数だけ廊下の中をうろうろしており、途中の小道に隠れながらやり過ごさなければならない。ここでは数字の高いカードを温存して、一気に行く作戦となる。死神に捕まったらスマートフォンのルーレットを回し、まれに助かる可能性があるが、また戻ってきて捕まることも。捕まったら、廊下の入り口からやり直し。

5人プレイだったこともあり、死神のスピードが異様に速くてゴールに近寄れない。そのうち序盤大幅に出遅れていたnagaさんがトップに躍り出る場面も。かゆかゆさんが6マス進めるおばけで一気にゴールを狙ったが、その前にcarlさんがおばけカードを捨てさせるおばけを使うなど足の引っ張り合いもあった。おしまいにはグダグダになって、誰でもいいから早く上がってくれという雰囲気になりかけたとき、鴉さんがゴールしてくれた。プレイ時間120分。

基本は32年前と同じものなので、カギがないと全く進めなくなったり、死神に捕まりまくったりとゲームが停滞するのがプレイ時間を長く感じさせるが、スマートフォンのイベントに一喜一憂したり、つっこんだりするのが楽しく、大笑いできた。

絶叫!おばけ屋敷ゲーム
作者不明/バンダイ(2012年)
2〜5人用/9歳以上/60〜120分
Amazon.co.jp:絶叫! おばけ屋敷ゲーム

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2

このブログ記事について

このページは、おのが2012年9月13日 06:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「アークライト、池田氏を提訴」です。

次のブログ記事は「シュピール'12新作情報:エッガートシュピーレ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。