2012年12月アーカイブ

2012年のアクセス解析

| コメント(0) はてなブックマーク - 2012年のアクセス解析 

1年の最後にGoogle Analyticsに基づく今年の当サイトへのアクセスデータより。

ユニークユーザー数は116,937で前年比+179.2%、ページビューは930,736で前年比+82.8%と、大幅に増えた(これはブログを全面改装し、トップページだけでなく個別エントリーのログを取れるようになったためである)。1日のアクセス数は平均で1661。新規訪問の割合が昨年の9.8%から18.6%に倍増したのが、愛好者の増加を物語る。iPhone、iPadなど携帯端末からのアクセスが急増しており、総アクセス数の7割に達しているのも面白い。

アクセス数に基づく注目されたゲームタイトルは以下の通り。ばれなければカードを隠してもよいという前代未聞のルールでドイツキッズゲーム賞を受賞した『いかさまゴキブリ』が通して最も注目された。

TGIW今年注目されたゲーム(検索ワードに基づくランキング)
1位:いかさまゴキブリ 3449
2位:村の人生 2346
3位:ロストテンプル 1435
4位:ルーンエイジ 1425
5位:ファブフィブ 1336
6位:テレストレーション 1335
7位:エルダーサイン 1273
8位:シティタイクーン 1175
9位:街コロ 1155
10位:ターギ 1122
11位:ピクトマニア 1105

最後に、リンク元のアクセス数ランキング。今年もありがとうございました。

TGIW今年のリンクありがとうランキング
1位:ジョーコデルモンド 9226
2位:ふうかのボードゲーム日記ふうかのボードゲームアンテナ 4739
3位:たっくんのボードゲーム日記 3853
4位:海長とオビ湾のカジノロワイヤル 2872
5位:メビウスゲームズ 2496
6位:A Home Of Game Apes 2221
7位:ボードゲームの素敵な世界 2208
8位:GameBusiness.jp 2060
9位:GIGAZINE 1921
10位:ボードゲームを始めよう 1786
11位:The Boardgame Laboratory 1483
12位:bqsfgameの日記 1476
13位:俺ビュー 1443
14位:みさき工房 1432
15位:play:game 1268
16位:ボードゲーム CU部 1082
17位:暮しとボードゲーム 1023

今年を振り返ると、1日を除いて毎日更新できた。これも情報をお寄せくださる方々、レビューするゲームを一緒に遊んでくれる友人たち、そしてたくさんの愛読者の皆様のおかげである。心から感謝申し上げると共に、また来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

日本の城(Japanese Castle)

| コメント(0) はてなブックマーク - 日本の城(Japanese Castle) 

素人は2階も積めません

カードを積んでお城を作るロシアのゲーム。いくつかのルールで遊ぶことができる。

城は「屋根替」という床カードに、「壁(ヘキ)」というカードを組んで作る。「屋根替」には「締め具」という爪があるので、ここにカードをひっかけて組み立てていく。

ルールは高い城をいち早く完成させた人が勝つ「塩手」と「七つ」と「一緒」と「建築士」パーツを作ったらそれをもって移動する「運ぶ」、皆が城を作ってから机を揺らし、最後まで崩れなかった城が勝つ「ナマズ」、「壁」の数字を階数に合わせて得点する「一致」と「祭典」、とにかく高く積む「館」と「工場」、小屋を崩さないようにその下のカードを取る「絆」の10種類。チーム戦だったり、勝利条件となる階数が異なったりする。

「とりあえず練習で作ってみましょうか」ということで、1階建ての「安定」に挑戦。ところがこれがひどく難しい。壁の上端がぴったり合わなくて、どちらかに倒れてしまうのだ。上にもう1枚床置くとその重さで安定するのだが、床を置くまで下の壁を支えておくのがたいへん。2階以上では、支える力で崩れてしまうことも。

しばらく試行錯誤を続けていたが、結局3階まで建てる人が出ず、ゲームを断念した。最初のルール「塩手」でさえ、5階建てが求められる。「おかしい、ロシア人より日本人のほうが器用なはずなのに!」

もっとも、今回のメンバーがずば抜けて不器用だっただけかもしれない。手先の器用さに自信がある方はぜひ我々に代わってリベンジしてほしい。

日本の城
待ち時間に鴉さんが組み立てた5階建て。爪を違法に使うことでここまでできたという

Japanese Castle
S.マーチン/ライトゲームズ(2012年)
1~4人用/10歳以上/30分
ホビージャパンから輸入版が発売予定

武士道(Bushido)

| コメント(0) はてなブックマーク - 武士道(Bushido) 

主君のために命をかけて

戦国時代末期、将軍足利家は弱体化し、天皇が新しい将軍を任命しようとしていた。12ヶ月にわたる戦いで名誉ポイントを競う。毎月のように起こる戦争で手柄を立てよう。ベルリンの出版社が発表した日本ゲーム。拡張「他人(Tanin)」も出ている。

最初はランダムに自分の陣地が決められる。田畑・お寺・街といった裕福な地形から始められることもあれば、山岳地帯ばかりなんてことも。スタート時から国力がイーブンでないとは、ドイツのゲームにしては珍しい。

武士道
六角形タイルの領地。名誉ポイント、米(=もてる兵の数)、刀(=引けるタイル数)が決まる

手番プレイヤーが「大名」となって、キャラクターカードを全員に分配する。ここがゲームの面白いところ。「侍」を受け取ったプレイヤーは、手番プレイヤーに代わって敵陣を攻め、「武士」を受け取ったプレイヤーはその敵陣を守る。自分の陣営を使って敵陣を攻撃するのが他人という代理戦争システムが変わっている。ほかに「先生」は影響タイルによって局面を変化できるほか、侍が戦に負けたときに罰を提案する。「旗本」は浪人を各地に配置して、謀反を起こさせることができる。

「侍」に任命された人は腕の見せどころ。他人の代理だからといって手を抜いてはいけない。戦に勝利すれば、侍ポイントが入り、これを茶会で使うと名誉ポイントに変換できる。逆に負ければ先生の指示で切腹させられ、せっかく貯めた侍ポイントを失ってしまうことも。

大名が戦地を決めたら、「侍」役のプレイヤーと「武士」役のプレイヤーはまず手持ちの刀チップを出す。これが基本戦力。さらに兵法チップを出して、基本戦力を変化させる。兵法チップは基本的に「一騎打ち」、「戦」、「伏兵」の3種類でじゃんけんのようになっている。勝てば基本戦力が2倍だが、引き分けだった場合は組み合わせによって両者の損害が異なる。ダメージ分の兵を減らして、攻撃側が残れば占領。

それぞれの土地にも名誉ポイントがあり、占領のたびに名誉ポイントは増減する。この部分は誰かが増えた分だけ誰かが減るというゼロサムだが、戦勝のたびに入る侍ポイントの分だけ、全体に底上げされていくようになっている。先に50名誉ポイントを集めるか、12ラウンドで最も名誉ポイントの多い人の勝ち。

3人プレイで2時間ほど。最初の土地がよかった私が快調にポイントを稼いで先行したが、要だったお寺をnagaさんに奪われる。最初は山地ばかりだったnagaさんはこれで一気にトップ。しかしその結果付け狙われることになり、代わって神尾さんがトップに踊り出た。このように目まぐるしく変わるのは、トップは「武士」(防御)に任命されやすくなり、自分の土地を守るのに戦力を費やし続けるためである。しかし神尾さんは見事追撃をかわして最終ラウンドに50名誉ポイントに到達し1位。

代理戦争のシステムが、主君のために命を投げ打って戦う侍の姿をよく表していてよい。あと「先生」というキャラクターも味わいがある。「先生、お願いします!」「今日は芸者の日じゃから戦はお休み!」「えー?!」・・・何の先生?

Bushido
M.ニーツァー、O.ヴォルフ/ゲームヘッズ(2008年)
3~5人用/12歳以上/90分
ゲームストアバネスト:ブシドー

島根・松江にプレイスペースオープン

| コメント(0) はてなブックマーク - 島根・松江にプレイスペースオープン 

ホワイエピッコリーノ(ロゴ)島根県松江市に11月21日、新しいプレイスペース「ホワイエ ピッコリーノ」がオープンした。13:00~21:00、火曜定休、大人600円~、子供400円~。JR松江駅から松江市営バス23番「かんべの里」行きで20分、風土記の丘入り口から徒歩5分。電話番号0852-67-6450。

建設会社に務めていた池田典彦氏が「地元を元気にしたい、もっともっといろんな人との出会いをボードゲームを通じて広げていきたい」という思いから脱サラして始めたお店。人と人がつながる社交場をめざし、キウイゲームズ(大阪)のような時間制のプレイスペースをメインに営業している。またドリンクバーやケーキセットを提供し、来場者がくつろいで遊べる環境を用意しているほか、ドイツ年間ゲーム大賞の受賞作品など、定番商品に関しては物販も行う(取り扱い商品は現在のところ、アークライト、メビウスゲームズ、オインクゲームズ、ニューゲームズオーダーの製品)。

開店して1ヶ月ちょっとで来店者数が約200名、会員数が80名ほど。全国的にボードゲーム愛好者の多い30代だけでなく、幅広い世代をメインターゲットとし、小学生から70歳以上の年配者まで訪れているという。今後は店舗を拠点として、出張イベントや子ども会、教育への活用、観光地(旅館・ホテル)を活用したイベント、地元団体とのコラボを進めていく考えだ。

Facebook:ホワイエ ピッコリーノ

ホワイエピッコリーノ
先週末の3連休にはクリスマスイベントが開催された

ホワイエピッコリーノ(店内)
写真提供:ホワイエ ピッコリーノ

東海道(Tokaido)

| コメント(2) はてなブックマーク - 東海道(Tokaido) 

芸者と老人と役人の珍道中

京都から江戸に向かって旅をしながら、料理や景色を楽しむフランスのゲーム。作者は『世界の七不思議』『タケノコ』『花火』のA.ボザ。柔道をやっていたり、来日経験があったりと、親日国家フランスの中でも特に親日家である。このゲームでも日本の人物、料理、土産がふんだんに出てきて、いかに日本好きであるかが分かる。

大箱だが、賞味30分くらいのライトなゲームである。コマを進めて、行き先のアイテムを取り、得点を競う。

コマは常に一番後ろにいるものが進む。コマを進めるのはサイコロではない。空いているマスならば、どこまで進んでもよい。ただし後戻りはできず、ところどころにある宿場では必ず止まらなければならない。クニツィアの『ツタンカーメン』で用いられたシステムである。みんなが欲しがりそうなものは先に取りたいが、あまり飛ばしすぎると数を集められなくなるというジレンマ。飛ばしすぎると当分手番が来ない。

東海道
じっくり進んでアイテムを増やすか、一気に進んでほしいものを先取りするか

さて、各プレイヤーにはキャラクターが渡される。これによって最初の資金と、ゲーム中の特典が異なり、自ずと止まりたいマスも変わってくるというわけだ。止まる場所と手に入るものは次の通り。

  1. 村・・・土産を買う。土産は小物、衣服、美術品、飲食物の4種類があり、同じ物を集めるほど得点が上がる
  2. 田畑・・・なぜかお金を拾う
  3. 景観・・・景観カードを手に入れる。海、山、水田の3種類があり、集めるほど得点が上がる
  4. 温泉・・・温泉カード(普通に得点)を手に入れる
  5. 神社仏閣・・・お金を寄付してその分だけ得点
  6. 出会い・・・得点、お金、景観、土産。何が出るかな?
  7. 宿場・・・強制ストップ。料理を購入する

東海道(キャラクター)
役人・吉保は金を持っていて出会い系に強い。芸者・笹奴は土産買いが得意。老人・光圀は温泉好き

道中なくてはならないものがお金だ。温泉や景観は無料だが、それだけで勝つことは不可能。ところが初期資金のほかに、お金が入るのは田畑のマスに止まったときと、出会いで「公家」を引いたときだけ。お金がないと特に困るのは宿場で、ここで料理を食べられないと相当なビハインドになってしまう(宿場は先に入るほど料理が安い。だから道中あまりのんびりしていられない)。目移りして散財しないよう、節約を心がけたい。

全員がゴールしたら、景観、料理、温泉、出会い、土産のトップ賞が贈られ、合計得点の多い人が勝ち。

東海道(アイテム)
絶景! 海上に鳥居が・・・ってそんな風景、東海道にありましたか?

3人プレイ。神尾さんは金持ちで出会い系に強い吉保・・・って何か不純な旅の予感。私は笹奴で土産に強かったが、なかなか村に入れない。しかも神社に賽銭をあげたりしているうちに金欠になってしまい、景観を見るだけの旅に。一番ぶれていなかったのはぽちょむきんすたーさんの光圀で、ひたすら温泉に入りつつ(温泉がプラス1点という特典)、土産物に走り、景観は一切見ないという徹底ぶりで圧倒的な1位。

どう動いてもそれなりに点数が入ってくるところと、どこに止まれば一番点数が高いかは引いたカード次第というところから、先の先を読むとかあまり考えないで気楽に旅を楽しむという、テーマに沿ったゲームである。

Tokaido
A.ボザ/ファンフォージ(2012年)
2~5人用/8歳以上/45分
国内未発売
ふうかのボードゲーム日記:東海道

ボードゲーム家計簿

| コメント(0) はてなブックマーク - ボードゲーム家計簿 

このところ毎年年末に、今年1年のボードゲーム支出をまとめて記録しておくことにしている。

本当は購入するたびに手帳などでこまめに記録しておけばよいのだが、そこまで几帳面ではない。そこでレシートをファイルケースに挟み込んでおき、年末にエクセルなどに打ち出す。最低限、購入先と、購入点数と、購入金額があればよい。個人輸入したものは、うろ覚えの為替相場で円に換算する。

問題はゲームマーケットやエッセン・シュピールなどイベントでの購入。レシートが出ないので、その時に記録しておかないと分からなくなる。最低限、購入物の写真をとっておけばよかったと思う。幸いゲームマーケットの購入物に関しては「暮しとボードゲーム」で撮影してもらっていたので、それを見ながらだいたいの金額を思い出す。エッセンは支出総額をだいたい覚えていたので、そこから宿泊費・交通費・食費などを差し引いたものをゲーム代とした。

この結果、今年は263,300円で95点のボードゲームを購入していたことが分かった。昨年は209,700円で86点購入していたので10点近く多い。道理でゲーム棚から常時はみ出しているわけだ。

棚に収まりきらない分は、家族との約束で所有できないことになっており、ヤフーオークションなどで定期的に放出していることにしている。今年は96点を全国の愛好者の方々に引き取って頂き、合計170,600円が入った。海外のボードゲームは極端に値下がりしないどころか、中には値上がりするものもあって、この趣味を続けていく上で助かっている。昨年は73点放出していたが、今年は頑張って購入と放出をほぼトントンにできた。来年も早いうちに放出しておきたい(←購入を減らすつもりはないらしい)。

購入と放出の収支を差し引くと92,700円。月平均で7700円くらいになる。ほかにはこれといった趣味もないし、酒もタバコもギャンブルもやらないので、ほどほどな出費ではないかと思われる(思いたい)。

ボードゲーム増えて増えて困っているという方、とりあえず家計簿でレコーディングダイエットを始めてみてはいかが?

大江戸八百八町(Yedo)

| コメント(0) はてなブックマーク - 大江戸八百八町(Yedo) 

花のお江戸で裏稼業

江戸時代の大名となってかずかずのミッションを果たし、名声を競うドイツのゲーム。エッガートシュピーレ社が、今秋のエッセン・シュピールに合わせて去年から製作を進めていたが、クイーンゲームズ社が今春『江戸(Edo)』という別ゲームを発表してしまった。そこで新しいタイトルとしてY付きの"Yedo"になったというわけである。デザイナーはベルギー人で、イラストレーターはシアトル在住のドイツ人、F.フォーヴィンケル。どうしてこんなに日本が人気なのだろう?

プレイヤーは豊臣、細川、鍋島、前田、真田のいずれかの「部族」を担当する。徳川家に協力しつつ、裏活動で名声を高める。

大江戸八百八町(プレイヤーボード)
プレイヤーボードは、アイテムやカード置き場を兼ねている

まずは競りでアイテムとミッションを取る。ここでは「挙(特殊能力)」、「賞与(ボーナス)」、「鋭(武器)」、「建増し(部屋)」、芸者、「乾児(追加の侍)」、ミッションの7つが3つのグループに分けられ、各グループを競り落とした人がその中から好きなものを取る(日本語がやや謎)。

次にイベント発生。このラウンドに入れない場所が決まったり、プレイヤーの財産を失わせる地震・津波・明暦の大火などが起こったりする。自然の脅威に人間は無力だが、お寺にお参りして「祝福」チップを取っておけば、被害が抑えられることもある。

次に侍の配置。江戸は江戸城、池上本門寺、京橋、吉原、芝、高輪大木戸、宿屋(笑)の7地区に分かれており、ここにワーカープレイスメントする。江戸城でミッションカードを手に入れ、池上本門寺で仏の祝福を手に入れ、京橋で武器を買い、吉原で芸者を雇い、芝で舶来ものを買って名声を上げ、高輪大木戸で名声をお金に変え、宿屋でカード交換をする。配置も行動も1人ずつなので、先手先手をとっていかなければならない。

大江戸八百八町
長城のようなもので7つに区切られた江戸の街。中央には同心が回っている。

配置が終わると、同心が移動する、ここで捕まるとアクションできないので、同心が来るところは避けるか、特殊能力カードで回避。そしてようやく行動のときがやってくる、この行動のときに、ミッションを達成できるのだ。

ミッションカードは「翠色」、「黄色」、「丹色」、「墨色」の順で難易度が上がる。「翠色」はどこかに行くだけで達成できたのが、次第に必要な武器や部屋などが増え、「墨色」となると侍を3箇所に配置し、部屋を2つ、仏の祝福、武器4つ、芸者2人揃えなければならないものなど、ゲーム中に達成できるかどうか微妙になってくる。

ミッションの内容は、ゲーム自体とは関係ないが面白い。僧侶のヒロを誘拐せよ、将軍の茶器を盗め、芸者マリコを暗殺せよ、女形のハルコを誘拐せよ、教会から寄付箱を盗め、来週の宿屋のメニューを調べよ・・・スパイ、盗み、誘拐、暗殺とどれも黒いが、実在の人物?

大江戸八百八町(ミッションカード)
下の段のボーナスは、必須ではないが条件を達成すると追加で収入や名声が入る

 これを11ラウンド繰り返して、名声の多い人が勝つ。「墨色」のミッションカードを早めに狙っていくか、それとも「翠色」や「黄色」で数を稼ぐか。同じアイテムで達成できるミッションカードを狙うのが効率がよいが、そうはうまくいかない。

ふうかさん、karokuさんと3人プレイ。最初のラウンドでいきなり地震に見舞われ、建てたばかりの部屋が消滅。気を取り直して「翠色」のミッションをどんどん達成していたが、易しいため点数が伸びない。そのうちkarokuさんが「墨色」をスピード達成して高得点。私も「墨色」で将軍の娘を誘拐するというミッションにチャレンジしたが、武器の縄(そりゃ誘拐には最も必要ですな)が最後まで手に入らなかった。たくさんアイテムを集めていって、あと1つで達成できないととても悔しい。交換で「縄、縄下さい!」と連呼していたら、2人に笑われた。1位は、終盤に「黄色」「丹色」のミッションを次々と達成したふうかさん。

ミッションを達成するというシンプルな目的に比して要素が多く長時間ゲームになっているが、日本に対するいろいろな勘違いも含めて楽しめるゲームである。

Yedo
T.V.ギンステ、W.プランケ/エッガートシュピーレ(2012年)
2~5人用/14歳以上/120~180分
ゲームストアバネスト:大江戸八百八町
ふうかのボードゲーム日記:大江戸八百八町

江戸(Edo)

| コメント(0) はてなブックマーク - 江戸(Edo) 

江戸幕府は、地方大名が反旗を翻すことを防ぐため、財政負担と人質を目的とする参勤交代制度を義務化した。以来200年以上この制度は継続し、交通の発達や文化の交流など現代にも大きな影響を与えている。

そんな参勤交代の中で、江戸で一旗揚げたい地方大名が、国元で資材を調達し、建物を作って権力を競うドイツのボードゲーム。ソフトウェア会社社長のS.マルツとその息子のL.マルツがデザインした作品で、2010年のヒッポダイス・ゲームデザインコンテストで長時間ゲーム特別賞に選ばれた。このときはアンデス高原が舞台だったが、クイーンゲームズから発売されるに及び日本のテーマに変更された。

ゲームの特徴はタイルを回転させてプロットするアクション選択である。全員が3枚ずつもっているタイルには、4辺に1つずつアクションがついており、合計3つのアクションを選ぶ。これと同時に、侍コマをそれぞれのアクションに振り分ける。そしてスタートプレイヤーから順に、1枚目のアクションを実行。全員が終わったら2枚目、3枚目と順番に行う。

このラウンドのアクションは、ほかの人の動きを見る前に全て予め決めておかなければならない(プロット)のと、1枚のタイルにあるアクションはやりたいものが2つあっても択一なところが悩ましい。

アクションの種類は、お金(両)、米、移動、侍の雇用、追加タイルの購入、木材の切り出し、石材の切り出し、米の収穫、建設、交換(売買)と多岐にわたり、アクションによって、プロット用の侍のほかに、ボード上の侍も必要となる。例えば木材を切り出すには、プロット用の侍がいて、その上、森林にもう1人いなければいけない。しかも同じ森のほかの侍がいると取れる木材が減る。たくさん木材を手に入れて建設に取り掛かるつもりでいたら、ほかの侍が乗り込んできて取り分が減り、建設中止になることも。その読み合いと裏のかきあいが、プロットゲームの面白さである。

勝敗に重要なのは建物で、屋敷と石垣と商館(越後屋とか?)の3種類がある。木材・石材・お金を払ってこれを江戸の各町に建てると、権力ポイントがもらえるだけでなく、その町の中での影響力を上げ、ラウンドごとに収入が入ってくる。アクションが終わったら、江戸に残したい侍全員に給料として米を与えなければならない。米を与えないと国元に帰ってしまう。

タイルの選択が悩ましく、またプロットゲーム特有のハプニングがあちこちで起こって楽しい。米もお金もかつかつなのは、地方大名の厳しい財政状況をうまく再現していると思う。

侍は東海道からも日光街道からも、どこからでも江戸入りできるのが不思議。いったいどこの藩なのか。浮世絵風のマップに、でかでかと掲げられている俳句と「日本 徳川家康」の文字がおかしい。

Edo
L.マルツ、S.マルツ/クイーンゲームズ(2012年)
2~4人用/12歳以上/60分

江戸

『天空都市ヴィラコチャ』日本語版、1月26日発売

| コメント(0) はてなブックマーク - 『天空都市ヴィラコチャ』日本語版、1月26日発売 

天空都市ヴィラコチャアークライトは1月26日、ベルギーのボードゲーム『天空都市ヴィラコチャ(Wiraqocha)』日本語版を発売する。2~4人用、12歳以上、60分、4,725円。

ベルギーのシットダウン社より昨年発売された作品。20世紀初頭、人知れぬ渓谷で未知なる鉱石が発見された。「ヴィラコチャ渓谷」と名づけられたその地を支配するべく、女帝ヴィクトリア二世は、飛空船団や科学者、冒険者、略奪者を送り込むことを決めた。プレイヤー達は、ヴィラコチャ渓谷に派遣された財団の党首となり、それぞれが女帝の期待に応えるため、手柄をたてようと争う。手番ごとにダイスを振り、その出目を活かすように計画を立てて行動する。

ボードは六角形のタイルをランダムに配置することで作られるため、遊ぶ度にさまざまな展開を生み出す。また勝利条件は、「究極兵器リバイアサン建造に必要な科学技術の獲得」や、「ヴィラコチャの真の宝へと導く4つの聖遺物を集めること」等、世界観を楽しめるものが用意されており、どれかひとつを達成すれば勝利するため、さまざまなプレイスタイルで楽しむことができる。

ロボットのドクロだったベルギー版のパッケージとは異なり、日本語版オリジナルのパッケージイラストが採用されている。イラストレーターは『カードファイト!!ヴァンガード』、『神撃のバハムート』などで知られるタカヤマトシアキ氏。

アークライトゲームズ:天空都市ヴィラコチャ

天空都市ヴィラコチャ

横浜ボードゲームサークル、100回記念100人ゲーム会

| コメント(0) はてなブックマーク - 横浜ボードゲームサークル、100回記念100人ゲーム会 

横浜ボードゲームサークルは1月14日(日)、第100回を記念して100人ゲーム会を開催する。参加費500円、事前エントリー必須(当日参加不可)、エントリーは下記のページにて。

横浜ボードゲームサークルはこいち氏の主催で2004年8月にスタート。月1回のペースで開催されて100回を数えることになり、記念に100人で1つのゲームをプレイすることになった。

用意されるゲームはこの日のためにデザインされたオリジナル作品。『ミスターハンドレッド(仮)』というタイトルで、さまざまなゲームが用意してある各卓を回りながら、100点を目指す。制作メンバーはりんちゅ(ゲームアイデア)、カワサキ工場長(ルール作成)、OKAZU(テスト・調整)、bone5(アドバイザー)、タクヤ(企画)と著名なデザイナーが担当する。

会場はフォーラム南太田(横浜市南区)で、11~19時(全体ゲームは13~17時)。終了後は懇親会も予定されている。

横浜ボードゲームサークルVol.100~100回記念100人ゲーム会~

ホビージャパン、『斬‐サムライソード-』を発売

| コメント(0) はてなブックマーク - ホビージャパン、『斬‐サムライソード-』を発売 

斬‐サムライソード‐ホビージャパンは1月下旬、イタリアのカードゲーム『バン!(Bang!)』を和風にしたカードゲーム『斬‐サムライソード‐』を発売する。3~7人用、8歳以上、20~40分、2100円。

「花は桜木、人は武士(一休宗純)。」日出る土地にて、義に厚き侍は将軍を護る。闇に潜む忍者は、あらゆる手段を用いて幕府転覆を目論む。無頼の浪人は己が報復の為、戦場にて刃鳴散らす。自らの名誉を貶めることなく、同胞を見出すことができるだろうか?

オリジナルはイタリアのダビンチ社から2002年に発売された西部劇カードゲーム。テーマを西部劇から時代劇に変えただけでなく、さらにエキサイティングな要素を加えた。

プレイヤーは、将軍・侍の幕府側、幕府転覆を目論む忍者、そして無頼の浪人に分かれ、お互い正体を隠してゲームを進める。プレイヤー同士で正体を探りながら、自分の勢力に勝利をもたらすべく、表の顔である信長、武蔵、千代女などのキャラクターの特殊能力を駆使して闘う、正体隠匿系の時代劇推理ゲームだ。

斬‐サムライソード‐(コンポーネント)

トリックトラック賞2012に『蟻の国』

| コメント(0) はてなブックマーク - トリックトラック賞2012に『蟻の国』 

フランスのゲームサイト「トリックトラック」で先日発表された今年のトリックトラック賞ファイナリストから16日、メンバーによる投票結果が発表され、金賞に『蟻の国(Myrmes)』が選ばれた。

『蟻の国』はアリたちが巣を造営し、自分たちの王国を広げていくというユニークなテーマの作品。プレイ時間は60~120分というゲーマーズゲームである。デザイナー、出版社ともにフランスの国産オリジナルタイトルで、フランス語圏の作品が金賞に選ばれるのは『スモールワールド』『世界の七不思議』『トロワ』に続いて4年連続。

銀賞にはドイツで昨年発売された『トラヤヌス』、銅賞には今年のドイツ年間エキスパートゲーム大賞とドイツゲーム賞をダブル受賞した『村の人生』が選ばれている。4位以下は下記の通り。

【トリックトラック賞2012最終結果】(括弧内はフランス国内タイトル)
金賞:蟻の国(Myrmes)
銀賞:トラヤヌス(Trajan)
銅賞:村の人生(Descendance)
4位:アーキペラゴ(Archipelago)
5位:エクリプス(Eclipse)
6位:シャーロックホームズ:10の怪事件(Sherlock Holmes Detective Conseil)
7位:十二季節の魔法使い(Season)
8位:トゥルネー(Tournay)
9位:タケノコ(Takenoko)
10位:ノア(Noah)

Tric Trac:Les Tric Trac d'Or 2012 sont...

『ラクラク大統領になる方法』日本語版、1月12日発売

| コメント(0) はてなブックマーク - 『ラクラク大統領になる方法』日本語版、1月12日発売 

ラクラク大統領になる方法アークライトは1月12日、ドイツの奇才ゲームデザイナー・F.フリーゼの最新作『ラクラク大統領になる方法(Fremde Federn)』を発売する。2~4人用、12歳以上、95分、4,410円。

『暗黒の金曜日』『ロビンソン漂流記』に続く「金曜日プロジェクト」の第3弾。1金になる父親の友人カード7枚と、勝利点になる影響力カード3枚からはじめ、毎ラウンド4枚ずつ引いてカードを出し、選挙員コマをアクションスペースに配置する。これによってカード購入資金を増やしたり、勝利点を得たりしていき、最後に影響力(勝利点)の最も大きいプレイヤーが大統領に選ばれる。

「借り物の羽根」という意味の原題が示す通り、『ドミニオン』のデッキ構築、『アグリコラ』のワーカープレイスメント、『スルー・ザ・エイジ』のカード選択という近年の流行システムをぶちこみ、絶妙に絡み合うゲームに仕上げた。日本にもファンの多いフリーゼ特有のウィットがいっぱい詰まった意欲作だ。

アークライトゲームズ:ラクラク大統領になる方法

ラクラク大統領になる方法(コンポーネント)

『テーベ』日本語版、1月12日発売

| コメント(0) はてなブックマーク - 『テーベ』日本語版、1月12日発売 

テーベ日本語版アークライトは1月12日、ドイツの遺跡発掘ゲーム『テーベ(Jenseits von Thebe)』日本語版を発売する。2~4人用、10歳以上、60~90分、5,250円。

プレイヤーは考古学者となって名声や評判を競う。知識を習得し、ギリシャ、クレタ、エジプト、パレスチナ、メソポタミアの各地に赴いて遺跡を発掘、さらには展示会を開いたり、学会で発表したりしていく。

2004年に作者の個人メーカーで発売されたものを、クイーンゲームズ社(ドイツ)が2007年にリメイクし、ドイツ年間ゲーム大賞にノミネートされた。これまで輸入版が『テーベの東』という邦題でメビウスゲームズにて取り扱われていた。

袋からランダムに発掘品タイルを引き、当たりがどんどん少なくなっていく発掘と、ボード上のトラックで表される時間を、行動に応じて消費するシステムが斬新で、ボードゲーム歴を問わず楽しめる作品。日本ボードゲーム大賞ではフリーク部門と入門者部門の両方で上位に入っている。

アークライトゲームズ:テーベ
TGiW:テーベの東

テーベ日本語版(コンポーネント)

日本版The One Hundred 2012

| コメント(0) はてなブックマーク - 日本版The One Hundred 2012 

ミクシィで5849人(昨年比800人増)が参加する大コミュニティ「ボードゲーム」にて、12月1~15日にかけて毎年恒例の日本版The One Hundredが行われた。発起人と集計はさとーさん(さとーふぁみりあ)。各自がベスト15を発表して集計したもので、今年は112人(昨年比49人減)が参加した。結果は以下の通り(カッコ内は昨年の順位とそこからの上下、新作は★、国産オリジナルは■、日本語版ありは●)。

昨年まで1位だった『カタンの開拓者たち』を退けて初の1位になったのは『プエルトリコ』。新作はカナイ製作所の『ラブレター』が最高の15位。119タイトル中、新作は23タイトル(昨年22タイトル)、日本語版ありは45タイトルにのぼる。昨年から最もジャンプアップしたのはM.シャハトの『王と枢機卿』で75位から29位。すでに絶版になっているゲームが再評価された。

このリストの楽しみ方として、「ゲーマー度」というものがある。リストの全119タイトルから、自分が所有しているゲーム数と、遊んだことのあるゲーム数を足し合わせるものだ(最高238ポイント)。人気のあるゲームを遊んだことがあるかチェックしてみてはいかが。

ゲームマーケット2012秋新作評価アンケート結果

| コメント(2) はてなブックマーク - ゲームマーケット2012秋新作評価アンケート結果 

4200名が参加した先月のゲームマーケット2012秋。国産ボードゲームの新作発表数も過去最多の134タイトルを数えることになりました。その中でどの作品が面白かったか、当サイト恒例の新作評価アンケートを約1ヶ月間にわたって実施しました。

各ゲームの5段階評価を、とても面白い=5〜全く面白くない=1として数値化し、平均の高かった順に並べたものが以下のランキングです。右の数字は評価数を表しています。全投票者(166名)の1割にあたる17票以上を掲載しました。

1位になったのは操られ人形館の『王宮の歩き方』。王室の人物カードと仕事ディスクをうまい組み合わせで得点を競うカードゲームです。2位には『街コロ』で人気を集めたグランディングの『すきもの』。江戸時代に高価な茶器を急いで集める和風ボードゲームです。どちらも売り切れておらず、ショップや直販で購入できるようです。

アンケートに投票頂いた皆様、ご協力ありがとうございました。

ゲームマーケット2012秋新作評価(評価平均/評価数)】
1.王宮の歩き方(操られ人形館) 4.61/23
2.すきもの(グランディング) 4.38/39
3.ギシンアンキノトウ(カワサキファクトリー) 4.348/46
4.Old World And Code Of Nines(BakaFire Party) 4.346/26
5.Xing(篠原遊戯重工) 4.14/28
6.あやつりキングダム(ワンドロー) 4.08/49
7.成敗(カナイ製作所) 4.00/23
8.ホシリンピック(大気圏内ゲームズ) 3.97/29
9.赤ずきんは眠らない(薫風) 3.93/71(評価数最多)
10.テネシティ(有限浪漫) 3.90/31
11.きのこはかせ(遊星からのフリーキック) 3.89/47
12.男前動物園(民宿IZMD) 3.88/17
13.Dragon's Stone(Power9 Games) 3.86/51
14.ワンナイト人狼(少人数でできる人狼【ワンナイト人狼】) 3.78/49
15.デカスロン(OKAZU brand) 3.73/44
16.Gear's Knights(高天原) 3.72/24
17.傾国-KEIKOKU-(ハッピーゲームズ) 3.71/17
18.黒猫ローラと魔法の森(ワンドロー) 3.63/41
19.互いを男の娘メイドに調教しあうゲーム!(07th Expansion) 3.59/17
20.タイムカプセル(倦怠期) 3.53/17

年齢:30代55%、20代37%、40代5%、そのほか3%
性別:男性90%、女性10%
居住地:関東64%、都内19%、東海・近畿12%、そのほか5%
ゲームマーケット参加経験:3回目以上61%、2回目17%、初めて16%、0回6%

→過去のゲームマーケット新作評価アンケート結果...2005200620072008200920102011春2011秋2012春

ボードゲーム十大ニュース2012

| コメント(0) はてなブックマーク - ボードゲーム十大ニュース2012 

今年もあと半月ほどとなったところで、今年の主なニュースをまとめ。震災明けの節電ムードで、マスコミによく取り上げられるようになってから2年近く過ぎようとしているが、ゲームマーケットの入場者は増え続け、日本語版のリリースもひっきりなしとなっている。もはや一過性のブームという感じはなく、安定した広がりをみせた1年だったと思う。その一方で、大小のトラブルもクローズアップされた。早い収束を願っている。

1.東方シャドウハンターズ頒布中止URL
同人サークルのあゆ屋が制作した東方シャドウハンターズこと『幻想郷闘乱記』が、オリジナルの作者である池田康隆氏に正式な許可を取っていなかったことが判明。9月に頒布中止と返品受付に追い込まれた。その後もネットオークションに品物が流れるなど回収はあまり進んでおらず、清算も終わっていない模様だ。

2.ドミニオン世界選手権、日本代表が2連覇URL
8月、アメリカ・インディアナポリスのゲーム祭「ジェンコン」にて第2回ドミニオン世界選手権が開かれ、日本代表の三津家和彦氏が優勝した。昨年の第1回ドイツ大会を制覇したルネ氏に続き、日本代表の2連覇。2人を輩出したドミニオン木曜会がゲームマーケットで頒布した『ドミニオンマニアックス』は本格的な研究本として注目された。

3.ゲームマーケット、大阪で初開催URL
3月4日(日)、大阪マーチャンダイズ・マート(天満橋)にてゲームマーケット2012大阪が開かれた。ゲームマーケットが東京以外で開催されるのは初めて。出展者85団体、参加者1500名で大いに賑わった。来年も3月10日に、同じ会場で行われることが決定している。

4.アークライト、池田氏を提訴URL
東方シャドウハンターズ頒布中止事件の折、あゆ屋代表の北崎氏がアークライト社の役員だったと思うなどと池田康隆氏がツイッターで発言。これに対してアークライト社が、違法行為を行った北崎氏を当社に結びつけたため名誉と信用を毀損したとして池田氏を東京地裁に提訴した。すでに2回公判が行われているが、両者争う姿勢で決着は来年に持ち越されることになった。

5.駿河屋参入、価格破壊進むURL
静岡市に本社をもち、全国展開しているゲーム・リサイクルショップの駿河屋がボードゲームに参入。ホビージャパン、アークライトなどの日本語版、海外輸入版ゲームを定価の2~3割引で販売し始めた。消費者は買い求めやすくなった反面、ボードゲーム専門店は新しい方向性を打ち出す必要に迫られている。

6.宮崎あおい「ボードゲームが好き」URL
女優の宮崎あおいさんが映画の完成試写会のインタビューで「ボードゲームが好きで、家族で旅行に行くときはいつも持って行くんですけど、負けるとすごく悔しいので一生懸命やります」と発言。ボードゲームの名前は明かされなかったが、愛好者たちを大いに沸かせた。

7.ひも電、グリモワール、ラブレター・・・日本のゲームが世界で注目URL
OKAZU Brandのひも電がフランスのアスモデ社から、カナイ製作所の『ラブレター』がアメリカのAEG社からデビュー。ワンドローの『グリモワール』がドイツゲーム賞・金の羽根賞(模範ルール賞)とグラフ・ルード賞(イラスト賞)を受賞するなど、国産オリジナル作品が海外でも注目された。ゲームマーケットでは外国からスカウトが訪れるまでになっており、日本のゲームが注目されている。

8.ドロッセルマイヤーズワークショップ好評、製品化もURL
東京・中野のボードゲームショップ・ドロッセルマイヤーズは4月から定期的にワークショップを開催し、参加者でオリジナルのゲームを制作している。その中の1つ『巨竜の歯みがき』が11月のゲームマーケット2012秋で発売し、すぐ売り切れるなど注目されている。

9.日本語ルールを付けない業者をめぐって議論紛糾URL
通販ショップやオークションで、ネット上に公開されている日本語ルールを前提にボードゲームを販売している業者が相次ぎ、公開されている日本語ルールの商用利用をめぐって賛否両論の議論を生んだ。立場によって見解が分かれ、また個人輸入の増加による国内ショップへの影響も考えられるため、難しい問題となっている。

10.ボードゲームポッドキャスト次々とURL
ふたりはボドキュア!」をはじめ、ボードゲームをテーマにした新しいポッドキャスト番組が次々と生まれた。一方、ボードゲーム専門ではないポッドキャスト番組で「ゲームマーケットで石を投げれば童貞に当たる」発言が炎上するなど、文字ではなく声で伝えることの難しさも認識させられた。

※ランキングは、エントリーのアクセス数・ブックマーク数・ツイート数などをもとに、当サイト管理人の独断を交えて作成したものです。

ボードゲーム十大ニュース2011
ボードゲーム十大ニュース2010

『ドミニオン:暗黒時代』日本語版発売

| コメント(0) はてなブックマーク - 『ドミニオン:暗黒時代』日本語版発売 

ホビージャパンは本日、人気デッキ構築ゲーム『ドミニオン』の最新拡張セット『暗黒時代(Dark Ages)』を発売した。2~4人用、8歳以上、30分、4725円。プレイするためには基本セット、『ドミニオン:陰謀』、『ドミニオン:基本カードセット』のいずれかが必要となる。

今夏にアメリカで、今秋にドイツで発売されたばかりのドミニオン拡張セット第7弾。このセットでは、何らかの理由で没落してしまった領主たちが、逃れてきた土地で再起を夢見て困難に打ち勝っていくことがテーマとなっている。システム上はカードの廃棄と改良がポイントになっており、廃棄されたときに効果があるカード、廃棄置き場のカードに影響するカード、自分自身を改良するカードなどが特徴。

新たな王国カード35種類と、ほかのプレイヤーに渡す不吉な「廃墟」カード、ゲーム開始時に「屋敷」と入れ替えて手札で使用する「避難所」カード、様々な能力を持つ10種類各1枚ずつの「騎士」カードが加わり、さらにバラエティに富んだゲーム展開が楽しめる。

ホビージャパン:ドミニオン暗黒時代

年末の大掃除:ボードゲーム棚

| コメント(0) はてなブックマーク - 年末の大掃除:ボードゲーム棚 

12月は大掃除の季節。気持ちよくお正月を迎えるためにボードゲーム棚を掃除しよう。重点目標はここ。

  1.  重なっていて見えない奥のゲームはないか?
  2. 箱やボードにカビが生えていないか?
  3. 重ねすぎで箱がつぶれていないか?

1.ゲームが増えてくると手前と奥に重ねてしまいがち。視界に入らないゲームは存在を忘れがちで、また遊ぼうと思っても出すのがたいへんになる。そこで棚から一旦全部ゲームを出して整理。「そういえばこんなゲームあったな・・・」と新しい発見ができるかもしれない。未プレイ品や、放出候補をまとめて1つのコーナーに収納するとよい。並べ替えると、また新鮮な気持ちで遊べるものだ。

2.冬でも結露などでカビは発生しやすい。箱やボードを光に当てて斜めから見たときに、光沢がない部分があったらそれはカビである。乾いた布かティッシュで丁寧に拭きとって、軽く日光に当てる。一般にカビ取りで有効とされる洗剤やエタノールは、色落ちする恐れがあるので使わないほうがよい。ましてやウェットティッシュなど水気のあるものはさらにカビを増やしかねないので使わないこと。カビ対策として、除湿機や除湿剤を導入しておく。

3.大きさの違う箱を重ねたり、物理的に重いゲームを上にしたりすると箱がつぶれやすい。上箱が大丈夫でも、下箱がつぶれていることもあるのでチェックしよう。つぶれている場合はこれ以上ダメージが大きくならないよう、大きさを揃えて重ねたり、重いゲームは下にしたりしておく。つぶれを直すのは難しいので、タイルを抜いた型紙を捨てずに入れておくといった予め対策をとっておくのがよい。

ほかにも棚の奥のホコリを取る、よく遊ぶカードをスリーブに入れる、小さいケースに移し替えて圧縮する、遊ばないボードゲームを放出するなど、さまざまなメンテナンスが考えられる。大切なボードゲーム、遊ぶ以外の部分にも手間をかけておけば、もっと気持ちよく遊べるだろう。

キャメロットを覆う影カードゲーム(Shadows over Camelot: The Card Game)

| コメント(0) はてなブックマーク - キャメロットを覆う影カードゲーム(Shadows over Camelot: The Card Game) 

うろ覚えクエスト

『アーサー王と円卓の騎士』をテーマにしたフランスの協力ボードゲーム『キャメロットを覆う影』(2005年)のカードゲーム版が、今年リリースされた。手軽な記憶ゲームで、プレイ時間は20分くらい。それでいて協力も裏切りもある。ひとりではとても覚えきれない量が、手分けすることで対処できるようになる。友情、努力、勝利が味わえるゲームだ。

クエストはボードゲームと同じように、ピクト人退治、サクソン人退治、ドラゴン退治、エクスカリバー探索、聖杯探索。山札からこれらがランダムに出てくる。順番に1枚めくっては、表にして重ねていく。下になったカードはもう見ることができないから、しっかり覚えておこう。

そのうち、クエストの数字が、合計11~13になったと思ったらめくるのをやめてクエスト宣言。これまでに重ねたカードをクエスト別に並べて、数字を合計する。

宣言したクエストの数字が、11~13に収まっていればクエスト成功。白い剣を受け取る。一方、10以下だと噂にすぎないのに出動したことになり、黒い剣1本。14以上だと、時すでに遅しで黒い剣1~3本。それ以外のクエストも、14以上だと黒い剣を受け取らなければならない。

キャメロットを覆う影カードゲーム
「?」のカードはそのクエストのカード枚数だけ。サクソン人のクエストが成功

ゲームの最初に、円卓の騎士か裏切り者カードが渡されている。白い剣が先に7本集まれば円卓の騎士の勝利。黒い剣が先に7本集まれば裏切り者の勝利。だから裏切り者は、覚えきれなかったふりをしてわざとクエストを放置したり、まだ大丈夫だろうとウソをついたりする。記憶ゲームなので、過失と故意が非常に見分けづらい。

クエストごとに担当者を決めて覚えておくというのはたいへん有効である。しかしそこに立ちはだかるのが敵のモルガン。このカードが出ると、11でもアウトなど不利な条件が課される上に、プレイヤー同士の相談ができなくなってしまう。その苦しい場面をどう乗り切るかが勝負どころだ。一方、強いカードを打ち消してくれる味方のマーリンもあるが、かえって数字が覚えにくくなることも。

5人で20分くらい。1ゲーム目はゲームに慣れていなくてあっさり円卓の騎士の敗北。2ゲーム目もあっという間に黒い剣が6本たまってしまう。ここでクエストごとに担当者を決め、各クエストが11~13になったら教えることにした。幸いモルガンがあまり出て来なかったので、これが奏功して一気に白い剣を集め勝利。薄氷を踏む思いだった。

記憶がメインで戦略的な要素はあまりないが、覚えきれない部分に潜む危険を、お互いにカバーしあい、クエストが見事成功したときはがっちり握手したくなる。

Shadows over Camelot: The Card Game
B.カタラ、S.ラジェ/デイズ・オブ・ワンダー(2012年)
1~7人用/8歳以上/20分

ブリっとでるワン(Doggie Doo)

| コメント(0) はてなブックマーク - ブリっとでるワン(Doggie Doo) 

おならと共に出てきますよ

イヌにごはんを上げてウンチを集めるゲーム。2年前にオランダで発売され、日本語版が先月、タカラトミー社から発売されて全国の玩具店、おもちゃコーナーで入手できるようになった。今冬のクリスマスプレゼントで当サイトのイチオシ。

まずはゴハンから。スライム状のエサを、お皿にすくってワンちゃんの口に入れる。骨をくわえさせたら準備OK。

順番にサイコロを振って、出た目によりワンちゃんの首輪につながっているポンプを押す回数が指定される。ポンプを押すたびワンちゃんはブー!、ブー!、ブー! おならの音に激しく脱力する。

おならの音はだんだん高くなっていき、クライマックスでおしりからウンチが勢いよくブリッ! 出てきたウンチはスコップですくってゲット。また新しいエサを食べさせよう。ウンチを先に3つ集めたら勝ち。

ブリっとでるワン
もう少しで出そうなところで手番が終わるとくやしい

サイコロは、ポンプを押すだけでなく、✕(何もしないで手番終了)とスコップ(スコップ交換)がある。これがちょっとしたアクセントになっていて、勝利目前でひっくり返されることも。

子供たちと遊んだが、みんなゲラゲラ大笑い。後日、子供の友達が遊びに来たときに子供たちだけでも遊んでいた。その後大人だけのゲーム会の時も出したが、これまたオオウケ。全年齢で楽しめることが分かった。いつウンチが出てくるか分からない中で、ウンチが出るのを心待ちにしてポンプを押すシチュエーションがたまらなくおかしい。

Doggie Doo
B.ルンド/ゴライアス(2010年)・タカラトミー(2012年)
2~4人/4歳以上/20分

巨竜の歯みがき(Dragons' Teeth Brushing)

| コメント(0) はてなブックマーク - 巨竜の歯みがき(Dragons' Teeth Brushing) 

恐る恐る・・・噛まれた!

リニューアルオープン後ますます独自色を強めるボードゲーム専門店・ドロッセルマイヤーズ(東京・中野ブロードウェイ)が、先月のゲームマーケット直前にオリジナルカードゲームのリリースを発表した。同店が毎月開催しているワークショップで、参加者がみんなで作り上げたものだという。渡辺店長が出演しているポッドキャスト番組「ボードゲームおっぱい」で宣伝されたこともあって人気はうなぎのぼり。初回生産分はゲームマーケットだけでほぼ売り切れてしまったという。

どんなゲームかというと、順番に長い槍状の歯ブラシで竜の歯を磨くというコミカルな設定のカードゲームである。竜が飽きてきて口を閉じる前に磨いた人は得点になるが、口を閉じたときに磨いていた人は失点になってしまう。

巨竜の歯みがき

全員もっている歯ブラシカードは1~8で同じ。1人が、今回登場する竜をこっそりみて、歯ブラシカードを1枚出す。それを見てから、皆も一斉に1枚ずつ歯ブラシカードを出す。そして数字の小さい順に歯を磨いていく。ゴシゴシ!

無事に歯を磨けると、カードの数字だけ得点になる。一方、歯を磨いたカードの数字は足し合わされていき、竜の数字を超えさせた時点でアウト。その歯ブラシカードを出した人は竜に噛まれて失点になってしまう。その後に控えている人は、歯を磨けなかったが、噛まれてもいないので0点。だいたいのところ、全員の半分を過ぎたあたりで噛まれるので、その少し前を狙うというわけだ。

ポイントは、1人が最初にこっそり竜を見ているところ。その人が数字の大きいカードを出せば、今回の竜はなかなか口を閉じない奴だと予想できる。反対に数字が小さければ早めに閉じるだろうと考える。ところが、裏をかいて罠にかけようとしているかもしれない。つられて大きいカードを出すと餌食になってしまうかも。ガブリ!

竜が全部登場し終わったところで、得失点を合計して数字の多い人の勝ち。プレイ時間は15分。『ニムト』のようにスピーディーだが、竜や歯ブラシをカウンティングすれば、もっと戦略的になる。

5人プレイで15分くらい。8のカードで噛まれて最下位。『黒ひげ危機一発』『ガオガオ』『イタイワニ』のようなスリルと同時に、竜が口を閉じるタイミングに駆け引きがあるのが面白い。

巨竜の歯みがき
大前広樹、きむらこうじ、木村祥朗、高円寺しめじ、副島武志、布施雅隆、堀井城太郎、西澤篤央、菱川ゆうき、ドロッセルマイヤーズワークショップ参加者一同/ドロッセルマイヤーズ(2012年)
3~5人用/6歳以上/15分
絶版・再版未定

トイレ(Lokus)

| コメント(0) はてなブックマーク - トイレ(Lokus) 

立ちション、野グソ、絶対ダメ

富士山のトイレは現在、全て環境対応型になっている。かつてはタンクに溜まった排泄物を山腹に捨てていたが、登山者が年間30万人にのぼると、ちり紙などの散乱、沢水の汚染、高山植物への悪影響などの環境破壊が懸念され始めた。そこで静岡県は10年ほど前からバイオ式、水循環式、燃焼式などのトイレ設置を進め、設置が完了した現在も富士山トイレ整備調査会を組織して見張っている。トイレを利用する際、協力金として100~200円をお願いしているが支払わない人もおり、またトイレにゴミを放置するなど、マナー問題もまだまだ改善の余地がある。

登山やハイキングでは少ないトイレをきれいに使おう。くれぐれも立ちションや野糞はしないように。そんな大切なことを教えてくれるドイツのカードゲーム。

トイレ
もれても並べ

トイレはたったの2つ。ここに毎回、各自1枚ずつ新しいお客さんを加える。全員裏向きに出して一斉にオープン。そのうち数字の一番小さいお客さんと、一番大きいお客さんがトイレに並ぶ。その中間は我慢しきれずに森に行って失禁、もとい失点。

うまくトイレに並べても次の関門がある。それは「同じ列には、同じ数字も同じ色も不可」という制限だ。おそらく似ている人が先に並んでいると恥ずかしいのだろう。どちらの列にも並べないと、森に行かなければならないだけでなく、もう1枚分の失点が加わる。

5枚目に並んだら、前のお客さんがみんな用を足して出ていくので掃除係になる。掃除係カードを取ると、失点が軽減されるのでどんどん狙って行きたい。

手札が全部なくなったら、森に行ったカード枚数で失点を数える。枚数が増えるほど加速度的に失点が増えるので、1枚でも節約したいところだ。

序盤から積極的に小さい数字のカードと大きい数字のカードを出していったが、並べても前に置かれたカードのせいで弾かれる場面が相次ぎ、普通に中間のカードを出したほうがダメージが少ないという展開。1位は、3回掃除係になって失点を帳消ししたtomokさん。

ドイツのレビューでは『ニムト』との類似を指摘するものがいくつか見られたが、何ラウンドかに1人だけ失点になる『ニムト』とは違い、毎ラウンド半数は失点になるのでシビアである。でもトイレに並ぶというテーマに緊迫感があって違和感を感じさせない。選ばれた者しか、トイレに並べないのである。

Lokus
R.シュタウペ/ニュルンベルガー・シュピールカルテン(2012年)
3~5人用/10歳以上/30分
ゲームストア・バネスト:トイレ

トリックトラック賞2012ノミネート発表

| コメント(0) はてなブックマーク - トリックトラック賞2012ノミネート発表 

フランスのゲームサイト「トリックトラック」は先月29日、今年のトリックトラック賞のノミネート10タイトルを発表した。フランスの愛好者が集うこのサイトで過去1年間に人気の高かった作品は以下のとおり。

この中から30名ほどのメンバーが2日半にわたってホテルで実際に遊び、順位点を集計して決めている。順位点は1位から12,9,7,6,5,4,3,2,1,0点で合計を競う。結果は今月16日に発表予定。

昨年の金賞は『トロワ』、銀賞は『オリンポス』、銅賞は『ブルゴーニュ』が選ばれている。

【トリックトラック賞2012ノミネート】(括弧内はフランス国内タイトル)
アーキペラゴ(Archipelago)
村の人生(Descendance)
エクリプス(Eclipse)
蟻の国(Myrmes)
ノア(Noah)
十二季節の魔法使い(Season)
・シャーロックホームズ:10の怪事件(Sherlock Holmes Detective Conseil)
タケノコ(Takenoko)
トゥルネー(Tournay)
トラヤヌス(Trajan)

Tric Trac: Les finalistes des Tric Trac d'Or 2012 sont...

暗闇の大広間(Finstere Flure)

| コメント(0) はてなブックマーク - 暗闇の大広間(Finstere Flure) 

機械的に追いかけてくる怖さ

一定のルールに従って追いかけてくるモンスターから逃れてダンジョンを脱出するパズルゲーム。血痕があちこちにあるボードはパニックを助長させる。

モンスターは組み立て式でいくつか替えパーツがあり、フランケンシュタインや目玉親父、その混合など好きなものを作ることができる。手をにょきっと前に出して突進してくるさまは恐ろしい。

暗闇のフロア
今日の餌食は誰か?

ゲームは、各プレイヤーが全部のコマを動かした後、モンスターが移動する。まずはプレイヤーのコマから。マスに書いてある数字だけ移動し、移動が終わったら裏返しにする。このとき重要なのが石で、押せば動くのでモンスターの視界から隠れよう。血の池で滑って一気に進むという方法もある。

次にモンスターの移動。移動タイルをめくって、今回何歩動くか決める(誰かを捕まえるまで何マスでも、というタイルもあり)。モンスターは1マス進むたびに左右を確認し、視界に人間がいればそちらに向かって方向転換する。複数入たら近いほう。何だか、キョロキョロあたりを見回しながらこちらに向かって迫ってくる様子が目に浮かぶようである。

モンスターに捕まってしまったコマは、スタートに戻るというルールと除外されるルールがあるが、除外されるルールのほうが緊張感があっていい。さようなら~!

こうして反対側にある出口から何人出せるかを競う。

石の陰に隠れていれば安全というわけではない。モンスターは力持ちなので、モンスターが石を押してそのまま壁まで持っていかれると圧死することもある。また、壁まで行ったモンスターは反対側から出てくるので、遠くまで逃げたと思っても安心できない。

たくさん人がいるうちはわいわいと遊んでいられるが、人が少なくなる中盤あたりからゲームは急に重くなる。他人を犠牲にして生き延びるにはどうしたらよいか、先の先まで読まなければならないからだ。動き方によって2人のうちどちらかが犠牲になるという場面もあり、決断を迫られる。上級ルールはワープなどが登場するが、思考能力のキャパシティーは基本ルールでいっぱいいっぱい。パニックにならず、冷静に(ときに冷血に)対処するのは難しい。

Finstere Flure
F.フリーゼ/2Fシュピーレ(2003年)
2~7人用/10歳以上/60分
ショップ検索:暗闇の大広間

遺言(Last Will)

| コメント(0) はてなブックマーク - 遺言(Last Will) 

 心のタガを外して

会ったこともない叔父さんが亡くなったという知らせが入った。大富豪ながら家族も友人もいない叔父さんは、金の使い道を知っている親戚に遺産を与えることにしていた。遺言状には、決められた額を親戚に与え、その中で最も早く使い切った者に残りの財産を与えるという。そんなミッション、余裕じゃないか・・・と思って集まってきた親戚たちは思い知ることになる。破産するのも容易じゃないと。

そんなクレイジーな設定のチェコのボードゲーム。ドイツ語版が"Mankomania"であることでも知られる『ビバ破産!』のような双六かと思いきや、シビアなマネージメントが求められるゲームだった。イラストも20世紀前半のレトロな雰囲気を出していて格調高い。

遺言

毎ラウンド、中央のボードにコマを置いてこのラウンドのアクション数などを決める。獲得できるカード枚数、お使いできる下男の数、そしてアクション数、さらにプレイ順もこれで決まる。手番順が先になるほどカード枚数もアクション数も減り、カード枚数が多ければアクション数が少なく、逆にアクション数が多ければカード枚数が少ないというジレンマ。ここで軽くシビれる。

次に下男コマを置いてカードや拡張ボードを取ったり、不動産の価格を変更するフェイズ。ここはワーカープレイスメントで、先手番が圧倒的に有利。

そしてアクションフェイズ。手札からカードを自分のボードにカードを出したり、出ているカードを発動させたりして実際にお金をなくしていく場面だ。限られたアクション数の中で、どの組み合わせだとお金を一番使うか考える。もちろんコンボもあり。

カードは「劇場」や「船旅」など1回限りのイベントカード、何回でも使える浪費カード、シェフ・婦人・犬・馬など出費をかさばらせる同伴者カード、特殊能力をもたらす助力者カードなどがある。例えば同じ「船旅」でも、通常は2アクションで2ポンドしか消費できないが、犬と婦人とシェフと一緒に出せば9ポンドも消費できる。なんとも贅沢な旅である。

中でもカギとなるのが不動産カード。購入するのに大枚をはたけるが、これをもっている限り破産できない。不動産価格は徐々に下落していくので、安くなったときに手放すのである。ただし、管理費を払っていると不動産価格が下落せず、手放しにくい。どうせならば庭師を追加で雇うなどして、管理費を無駄に増やしておきたい。

誰かが破産するか、第7ラウンドの最後にゲーム終了。破産した人が複数いたら、一番負債の多い人が勝つ。

普段から無駄遣いに定評のある鴉さんが、序盤から追加アクションでどんどんお金をなくし1位。常識の逆を行くシチュエーションに大笑いしたが、節約を心がける心のタガが外れそうで怖かった。くれぐれも、このゲームが終わってからボードゲームのまとめ買いなどしないようにしたい。

Last Will
V.スーキー/チェコボードゲームズ(2011年)
2~5人用/13歳以上/45~75分
日本語版は、アークライトから『おかしな遺産』として2013年春発売予定

ゲームマーケット2013春、ビッグサイトへ

| コメント(0) はてなブックマーク - ゲームマーケット2013春、ビッグサイトへ 

アークライトは来年の春に行われるゲームマーケットの会場を、9年間にわたり会場となってきた東京・浅草の都立産業貿易センター(台東館)から、東京・有明の東京ビッグサイトに変更することを発表した。これに伴い、期日も4月28日(日)に変更される。

先月行われたゲームマーケット2012秋の参加者が4200名に膨れ上がり、入場に混乱をきたしたことから急遽行われた措置。東京ビッグサイトは2年前から予約受付が始まるため、半年前ではすでに取りにくい状況だったが、ブシロード社の人気TCG『ヴァンガード』のイベント「大ヴァンガ祭」(昨年は2日で2万人の入場者)を間借りするかたちで実現した。そのため、期日も当初の予定だった5月12日から、2週間前の4月28日に変更となった。

ゲームマーケット2012秋の会場となった都立産業貿易センターは、2.5フロアで合計面積が約3700平方メートル。移転先の東京ビッグサイトの西3ホールは1フロアで4,680平方メートルと格段に広がる(大ヴァンガ祭は別ホールを使用するため、このホールが全てゲームマーケットに用いられる)。階段移動もなく、天井も高くてゆったりと見て回れそうだ。なお、入場料も800円から1000円に値上げされる。

東京ビッグサイトのアクセスは新橋駅からゆりかもめで22分、国際展示場正門駅徒歩3分。羽田空港から直行バスで25分。

ゲームマーケット2013秋も、東京ビッグサイトにて行われる。日程は11月4日(月祝)。

ゲームマーケット:「ゲームマーケット2013春・秋」の開催場所および開催日の変更について

 

日本ボードゲーム大賞2012:投票用紙ダウンロード

| コメント(0) はてなブックマーク - 日本ボードゲーム大賞2012:投票用紙ダウンロード 

一昨日スタートした日本ボードゲーム大賞2012の投票用紙が、ゆうもあのホームページで公開された。ネット投票のほか、投票用紙を郵送またはファックスで送ることができる。

下記のページから投票用紙(PDFファイル)をダウンロードし、印刷してサークルなどで配布。これを取りまとめて、郵送・ファックス・デジタルデータで事務局に送る。〆切はネット投票と同じ2月12日(消印有効)。

投票に協力したサークル名は、日本ボードゲーム大賞の案内や結果などのお知らせが届くほか、ゆうもあのウェブページからリンクされる。

これに伴い、例年サークルに郵送されている投票用紙は、今年から郵送されなくなった。ただしボードゲーム専門店には、例年通り投票用紙が発送されるので、投票はオンラインか、店頭か、投票を呼びかけているサークルのいずれかで行えることになる。忘れる前にお早めに。

ゆうもあ:日本ボードゲーム大賞2012 投票に関する販売店様・サークル様へのお願い

シェフ・カッコウ!(Chef Cuckoo!)

| コメント(0) はてなブックマーク - シェフ・カッコウ!(Chef Cuckoo!) 

うま・・・ずそう

先日紹介した『トリガー』と同じ、フランス系のパーティーゲームを出版しているブルーオレンジゲームズ(アメリカ)の丸い缶入りゲーム。作者は『サンドイッチ』と同じレンボーで、内容も似通っているが、親が気に入ったものを選ぶというところに焦点を当ててもっとシンプルにしている。

ブルーオレンジゲームズは、10月にドイツで行われたボードゲームメッセにもブースを出していた。そこで展示していたゲームはごくごくシンプルなダイスゲームのみ。この出版社は、第二のカクテルゲームズとして注目している。

シェフ・カッコウ!

親が12枚のお題カードから、今日のメニューを選ぶ。メニューはサンドイッチ、パスタ、ピザ、サラダ、オムレツ、スープの6種類だが、それぞれ「ベスト」と「ワースト」がある。「最悪のサンドイッチでお願いします!」

お題が決まったら、各プレイヤーは手札の具材カードから3枚をセットにして親に提出。誰が出したか分からないように混ぜてから、親が1位と2位だと思う具材セットを選ぶ。1位の具材セットを出した人は星2つ、2位は星1つ。

誰かが星を5つ集めるか、全員親をしたらゲーム終了。星の一番多い人が「シェフ・カッコウ」になって優勝する。

具材カードは60枚。フランスの『サンドイッチ』と比べ、アメリカンな具材なので分かりやすい。そして「ワースト」というお題が面白い。オエーッとなるような組み合わせを出したつもりなのに「意外にイケそう」とコメントされたり。具材には全てカロリー数が書いてあるところも芸が細かい。

写真は「ベストピザ」で、卵・ホットドッグソーセージ・パルメザンチーズ、ニンジン・豆・トマト、パイナップル・チェダーチーズ・モツァレラチーズがエントリーしている。あなたならどれを選ぶ?

Chef Cuckoo!
C.レンボー/ブルーオレンジゲームズ(2012年)
3~8人用/7歳以上/20分
国内未発売

すばやいパイロット(Flinke Flieger)

| コメント(0) はてなブックマーク - すばやいパイロット(Flinke Flieger)  

全力疾走!

ラベンスバーガーの「シュピール・アクティーフ」シリーズは、キッズ向けのアクションゲームで今年3タイトルがリリースされた。年齢の上限が設定されているが、これは精神年齢だと思うので問題なく遊べる(おい)。

その3タイトルの中で、日本にもファンが多いギュンター・バースがデザインした作品がこれだ。棒をつけた鳥の上に卵をのせて、落とさないように急いで運ぶゲーム。

すばやいパイロット

ゲームは2チームのチーム戦で行われる。棒の先の鳥の背中に卵をのせ、今回のレースの種類をルーレットで決め、巣箱をスタートライン(赤いひも)から4メートルほど先に置き、両チームの代表がスタートラインに立ったらスタート。

レースの種類は5通り。

  1. ターボ:ひたすら走る
  2. 低空飛行:膝を曲げて走る
  3. バック:後ろ向きで走る
  4. 回転:2回以上回っていく
  5. サイド:横向きで走る

ゴールにある巣箱に先に卵を入れた方の勝ちで追加で卵を1つ、巣箱に入れられる。途中で卵を落としたら負けだが、その場合は追加の卵はない。ストックの卵が2追加になったらゲーム終了で、巣箱にある卵の多いチームが勝ち。

回転が難しいのはもちろん、ターボで急ぎすぎてゴール前で急ブレーキをかけて落とすという罠。1対1勝負なので、つい本気になる。

Flinke Flieger
G.バース/ラベンスバーガー(2012年)
2~8人用/5~10歳/15分
国内未発売

アグリコラ:牧場の動物たち(Agricola - Die Bauern und das liebe Vieh)

| コメント(0) はてなブックマーク - アグリコラ:牧場の動物たち(Agricola - Die Bauern und das liebe Vieh) 

どんどん増やそう羊・猪・牛・馬

毎年数百タイトルの新作が発売されるボードゲーム。1回遊べばいいほうで、遊ばないものがほとんどという中、遊ばれ続けるというのはいよいよ難しくなっている。だから発売後5年経って、人気が衰えない『アグリコラ』はすごい。基本セットだけでも遊びきれないほど多くのカードが入っていて、遊ぶたびに展開も戦略も変わるのがロングセラーの理由である。

その魅力であるカードをばっさりカットして、2人用ゲームにしたゲームが今年リリースされた。『アグリコラ:牧場の動物たち』である。カードだけでなく、畑も、子供もいない。目的はただひとつ、動物をひたすら増やすことである。得点の大部分は動物によってもたらされる。

ゲームの進行は『アグリコラ』と同じで、アクションスペースにコマを置いて資材や動物を取ったり、牧場や建物を作ったりする。2人だけだから相手の手を読んでシビアにもプレイできるが、ぬるく遊んでもよい。

目的が動物を増やすことにあるので、自分の農場でも、動物をたくさん飼えるスペースを作ることが課題となる。住居は相変わらずペット1匹まで。牧場は建物の壁と柵で囲んで作り、1マスに2頭まで。これだけではどんどん増えていく動物に対応できない。それを解決するのがまず飼葉桶(『アグリコラ』の厩)で、収容能力を2倍にしてくれる。2つあれば4倍。牧場が3マスあれば12頭の動物を収容できるようになる。もうひとつが特別な建物で、飼葉桶と組み合わせると1マスで10頭飼えるものもある。

アグリコラ
農場は動物でいっぱいになる

動物は、アクションスペースから取ってくるもののほかに、2頭以上で1頭自動的に増える。1つの建物や牧場には、同じ種類の動物しか飼えないので、別々に用意しなければならない。なかなか増えないなと思っていると、あっという間に収容能力ぎりぎりになってしまう。はみ出した動物は逃げていってしまうから、なかなか焦る。かといって、はじめにスペースをたくさん作っておいて、後から動物を取りにいっても間に合わない。何しろゲームは8ラウンド、時間は30分しかかからないのだ。

最後は動物を種類別に得点計算。3頭以下は失点で、それ以上でも頭数が少ないと点数が低い(羊が得点になるのは8頭以上!)。動物の種類によって得点になる分かれ目が違い、馬が一番効率がよい。それから建物の得点を足して合計で勝負。

妻と一本勝負。動物はこれ以上無理かと思うほど増やしたが、意外に得点が伸びない。動物の得点は妻が高かったが、拡張した農場を全部使ったボーナスと建物の得点で挽回して私の1点差勝ち。本当に30分で終わるので驚いた。

じっくり考えて進めたつもりだが、これだけ短いゲームでも、ああしたほうがよかった、こうしたほうがよかったというのがあって奥深い。まんべんなく増やしつつ、どれかの動物に力を入れるというのが大事そうだ。もちろん、相手が何を集めているかによるけれども。

手札がない完全情報公開のゲームなので研究すればするほど展開が固まってきそうだが、今秋に拡張の建物タイルセットが発売された。こちらもまだまだ遊べそうだ。

Agricola - Die Bauern und das liebe Vieh
U.ローゼンベルク/ルックアウトゲームズ(2012年)
2人用/12歳以上/30分
日本語版がホビージャパンから発売中

日本ボードゲーム大賞2012:投票スタート

| コメント(0) はてなブックマーク - 日本ボードゲーム大賞2012:投票スタート 

今年11回目となる日本ボードゲーム大賞(主催:NPO法人世界のボードゲームを広める会ゆうもあ)の投票が本日から始まった。来年の2月12日まで。

対象は過去1年間に一般発売された新作で、5タイトルまでをリストの中から選ぶか、自由記述欄に記入する。新作リストには、過去最多の235タイトルがエントリーしている。もちろん全部遊んでいる必要はなく、1タイトルからの投票も可能。

ネット投票は下記のリンクから行うことができる。登録したメールアドレスに届いたURLを24時間以内にクリックしないと無効になるので注意。

昨年は423名が投票し、『世界の七不思議』が1位に輝いた。また、同時にゆうもあ内の選考委員によって入門向け・子ども向けの「ゆうもあ賞」も決定されることになっている(昨年は『ぴっぐテン』)。今年日本の一番人気を決める投票、ふるって投票しよう。

日本ボードゲーム大賞:投票部門 投票ページ(NPOゆうもあ)

ほかにも現在、2つの人気投票が行われている。こちらはあと10日ほどで終了となるのでお早めに。あとそれから、衆議院選挙もお忘れなく。

日本版The One Hundred 2012(mixi、12月15日まで)
ゲームマーケット2012秋新作アンケート(TGiW、12月16日まで)

キッズゲーム卸「クレーブラット」始動

| コメント(0) はてなブックマーク - キッズゲーム卸「クレーブラット」始動 

クレーブラットキッズゲーム輸入代理店「クレーブラット」が、本日からスタートする。最初の商品は『やぎのベッポ』『たこアラーム』『蜘蛛の毒とカエルの鼻水』など11タイトル。これまで手薄だった輸入キッズゲームの安定供給が期待される。

会社名はドイツ語で「クローバーの葉っぱ」の意味。保育士でもある畑直樹氏が、仕事を辞めてドイツに渡航し、幼稚園などで見聞を広め、会社を設立した。おもちゃコンサルタントの資格をもち、ゆうもあ会員でもある経験を生かして、ドイツの保育で多用されるボードゲームを日本の保育にも導入することを目指す。

現在はコスモス社とフッフ&フレンズ社のキッズゲームを扱う。小売はしておらず、すごろくや(東京・高円寺)、ゆかいなさかな(千葉・木更津)、ころあい(兵庫・稲美)などで販売される。

今後は、夕日のドライハーゼン社も取り扱う予定。そのほかにも、フッフ&フレンズ社と提携しているオーバーシュヴェービッシェ・マグネットシュピーレ(『ラリー・ファリー』『氷河わたり』)も問い合わせに応じて取り扱うという。問い合わせは、ホームページの専用フォームから。

Kleeblatt クレーブラット|子どものためのボードゲーム輸入代理店

シュピール'12:夕日のドライハーゼン(Drei Hasen in der Abendsonne)

| コメント(0) はてなブックマーク - シュピール'12:夕日のドライハーゼン(Drei Hasen in der Abendsonne) 

10月のボードゲームメッセでは、思いがけない出会いがあった。ドライマギア社のJ.リュッティンガー(Johann Rüttinger)前社長である。1994年にドライマギア社を設立し、『すすめコブタくん(Rüsselbande)』(2001)でブレイク。『オバケだぞ~(Geistertreppe)』(2003)、『ごきぶりポーカー(Kakerlakenpoker)』(2007)など、キッズ向けながら大人でも楽しめる作品を発表してきた。ところが健康上の理由で、2008年に会社をシュミット社に売却。絵本の出版社を立ち上げてボードゲーム制作から引退したと聞いていた。それ以降、ドライマギアはシュミット社の1レーベルとなっている。

エッセンのボードゲームメッセでは、ドライマギア、ハバ、ラベンスバーガーなどが出展する10番ホールに彼はいた。パートナーのK.カップラー(Kathi Kappler)さんも一緒である。ブースの中でゲームを説明しているのは、『ごきぶりポーカー』の作者であるJ.ツァイメ氏(フランス語圏の名前だが、ドイツに住んでいるのでゼメとは読まないそう)。「夕日のドライハーゼン」という出版社名である。

「ドライマギア(三人の魔術師)」という社名は、リュッティンガー社長とカップラー氏、そして同社のイラストを一手に引き受けるR.フォークト(Rolf ARVI Vogt)氏をとって名付けられた。「ドライハーゼン(三匹のうさぎ)」も同じ3人で、フォークト氏はドライマギアの仕事と掛け持ちしている。

当初は先述の通り、絵本を手がけていたが、今年初めてカードゲームを手がけ、4タイトルを発表した。『デア・イッセス(Der isses!)』は、リュッティンガー社長と縁の深い故A.ランドルフ氏の作品『ゼ・クエオ(Xe Queo!)』のリメイク。2人用の心理戦が楽しめる作品だ。『太陽と月(Sonne und Mond)』はJ.ツァイメの作品で、数字順にカードをプレイして5枚揃えるゲーム。相手の場に出して妨害することもできる。『ビンバン(Bim Bamm!)』はM.パルムとL.ツァッハの作品で、山札から引いたカードと同じ動物を、場札から探すキッズゲーム。そして『カルタ神経衰弱(Klatsch-Memo)』は、カードをめくって同じ絵が出たら両方をすばやく叩くキッズゲーム。めくったカードは外れても表にしたままにしておくので、緊張がどんどん高まる。

来年のニュルンベルク国際玩具見本市では、『チャオチャオ』の再版が予定されている。夕日が燃えて、日没は当分来なさそうな感じだ。

Drei Hasen in der Abendsonne

ドライハーゼン
ドライハーゼンのリュッティンガー氏。イラストレーターなので、ゲームの説明を聞いても絵の素晴らしさばかり話したがる。

日本版The One Hundred投票開始

| コメント(0) はてなブックマーク - 日本版The One Hundred投票開始 

5800名のメンバーを有するmixiのコミュ「ボードゲーム」で、毎年恒例の「日本版The One Hundred」投票が始まった。12月15日まで受け付ける。

アメリカのブログで行われたものに刺激されて2005年から毎年行われている年末の恒例行事。各自好きな非電源系ゲームを15個挙げ、それを集計して100位までを発表する。発表年、生産地共に不問で、TRPG・TCGも含めてかまわない。昨年は161名が投票している。

過去の1位は『カタンの開拓者たち』(2005、2006、2008、2010、2011)が5回と圧倒し、『アクワイア』(2007)、『ドミニオン』(2009)が1回ずつ。1年以内に発売された新作は例年1割くらい入るが、10位以内に食い込むのはなかなか難しくなっている。昨年では『世界の七不思議』と『テレストレーション』が10位以内に入った。国産オリジナルはさらに上位に入りにくく、昨年は『ワードバスケット』が最高で30位、『ヴォーパルス』が48位、『シャドウハンターズ』が61位。

コミュのメンバーが昨年から800人近く増えた今年、結果はいかに。

mixiボードゲームコミュ:日本版The One Hundred 2012(要mixiアカウント)
・過去の結果:2005200620072008200920102011

『アグリコラ:牧場の動物たち』日本語版発売

| コメント(0) はてなブックマーク - 『アグリコラ:牧場の動物たち』日本語版発売 

ホビージャパンは本日、名作農業ゲーム『アグリコラ』を2人だけで手軽に楽しめる『アグリコラ:牧場の動物たち(Agricola - Die Bauern und das liebe Vieh)』日本語版を発売した。2人専用、12歳以上、30分、3,990円。注目の新作が予定より1ヶ月近く遅れての登場だ。

国内外で人気の高い『アグリコラ』を、単体で短時間で遊べるようにした作品。『アグリコラ』では2人で60分ほどだったプレイ時間を30分に短縮。木製のかわいい動物コマがたくさん入っており、より多くの人が遊べるようになっている。オリジナルは今春、ルックアウトシュピーレ(ドイツ)が発表したもので、2012年の国際ゲーマーズ賞(2人ゲーム部門)に輝き、すでに今秋に拡張タイル(国内未発売)も発売されている。

プレイヤーは農夫となって羊、猪、牛、馬を飼育する。3人の働き手に手伝ってもらい、動物たちを農場で飼ったり、厩を作ったり、柵で囲んで牧場を作ったり、農場を広げたりしていく。厩は家畜小屋に、住居は木骨造りの家に改築できる。毎ラウンド、働き手はそれぞれ1アクションずつ行うが、どのアクションが選べるかは全て、ゲームボード上にあって一目瞭然。どのアクションも1ラウンドにつき1回しか使えないが、両プレイヤーが働き手を交互に置くので、重要なアクションを確実に行えるかどうかは、両者の駆け引き次第となる。ゲーム終了時により多く動物を飼育し、より価値の高い建物を建てたほうが勝者となる。

牧場の動物たち

アンケート:公開和訳の利用

| コメント(0) はてなブックマーク - アンケート:公開和訳の利用 

Q.66:公開和訳をあてにして日本語ルールのないゲームを入手することが・・・(2012年11月)

A.よくある 59票(25%)
B.たまにある 76票(32%)
C.ほとんどない 104票(44%)

海外からの輸入ボードゲームは、日本語ルールが最初からついてくることは稀です。国内のショップで購入するときは、国内のショップが作成した日本語ルールが付属しますが、海外から個人輸入するときは自分で日本語ルールを手配しなければなりません。そこで大いに役に立つのがネットに無償で公開されている日本語ルールです。当サイトでまとめているルール和訳の網によれば、こうして公開されている日本語ルールが1300タイトル近くに上ります。

アンケートでは、こうした公開日本語ルールがあることを前提にして、日本語ルールのないゲームを入手することがあるかをお伺いしました。結果、入手したことがある人が6割近くに達し、よく利用する人も4人に1人でした。前回のアンケートでは、ドイツアマゾンの利用率が35%ほどだったことから、「公開和訳ルールの存在によって、国内ショップの売り上げが落ちるとは限らない」と推定しましたが、この結果を見て前言撤回、国内ショップへの影響も相当大きいと考えるようになりました。

今年はこの問題についてさまざまな議論がなされましたが、国内ショップも呼応するかのように、公開ルールと競合しないアイテムの掘り起こしや日本語版化、オリジナルアイテムの制作など、新しい動きを見せています。愛好者の広がりと共に、日本のボードゲームシーンがどう変わっていくか、今後も注視していきたいと思います。

今月のアンケートは、日本語版が出たときの買い替えです。次々と日本語版が発売されている昨今、すでに輸入版をもっている作品の日本語版が発売されることも珍しくなくなりました。そのときあなたはどうしますか? 3択の中から、最も近いと思うものをお選び下さい。

カレンダー