巨竜の歯みがき(Dragons' Teeth Brushing)

| コメント(0) | はてなブックマーク - 巨竜の歯みがき(Dragons' Teeth Brushing) 

恐る恐る・・・噛まれた!

リニューアルオープン後ますます独自色を強めるボードゲーム専門店・ドロッセルマイヤーズ(東京・中野ブロードウェイ)が、先月のゲームマーケット直前にオリジナルカードゲームのリリースを発表した。同店が毎月開催しているワークショップで、参加者がみんなで作り上げたものだという。渡辺店長が出演しているポッドキャスト番組「ボードゲームおっぱい」で宣伝されたこともあって人気はうなぎのぼり。初回生産分はゲームマーケットだけでほぼ売り切れてしまったという。

どんなゲームかというと、順番に長い槍状の歯ブラシで竜の歯を磨くというコミカルな設定のカードゲームである。竜が飽きてきて口を閉じる前に磨いた人は得点になるが、口を閉じたときに磨いていた人は失点になってしまう。

巨竜の歯みがき

全員もっている歯ブラシカードは1~8で同じ。1人が、今回登場する竜をこっそりみて、歯ブラシカードを1枚出す。それを見てから、皆も一斉に1枚ずつ歯ブラシカードを出す。そして数字の小さい順に歯を磨いていく。ゴシゴシ!

無事に歯を磨けると、カードの数字だけ得点になる。一方、歯を磨いたカードの数字は足し合わされていき、竜の数字を超えさせた時点でアウト。その歯ブラシカードを出した人は竜に噛まれて失点になってしまう。その後に控えている人は、歯を磨けなかったが、噛まれてもいないので0点。だいたいのところ、全員の半分を過ぎたあたりで噛まれるので、その少し前を狙うというわけだ。

ポイントは、1人が最初にこっそり竜を見ているところ。その人が数字の大きいカードを出せば、今回の竜はなかなか口を閉じない奴だと予想できる。反対に数字が小さければ早めに閉じるだろうと考える。ところが、裏をかいて罠にかけようとしているかもしれない。つられて大きいカードを出すと餌食になってしまうかも。ガブリ!

竜が全部登場し終わったところで、得失点を合計して数字の多い人の勝ち。プレイ時間は15分。『ニムト』のようにスピーディーだが、竜や歯ブラシをカウンティングすれば、もっと戦略的になる。

5人プレイで15分くらい。8のカードで噛まれて最下位。『黒ひげ危機一発』『ガオガオ』『イタイワニ』のようなスリルと同時に、竜が口を閉じるタイミングに駆け引きがあるのが面白い。

巨竜の歯みがき
大前広樹、きむらこうじ、木村祥朗、高円寺しめじ、副島武志、布施雅隆、堀井城太郎、西澤篤央、菱川ゆうき、ドロッセルマイヤーズワークショップ参加者一同/ドロッセルマイヤーズ(2012年)
3~5人用/6歳以上/15分
絶版・再版未定

コメントする

カレンダー