サッカラ(Sakkara)

| コメント(0) | はてなブックマーク - サッカラ(Sakkara) 

設計図のとおりにピラミッド建設

エジプトのピラミッド建設をテーマにした2人専用ゲーム。『カタンの開拓者たちカードゲーム』から『ターギ』に至る、息の長いコスモス社(ドイツ)の2人ゲームシリーズに属する。ヒエログリフ風のアイコンが雰囲気を盛り上げる。

舞台はギザと並んでピラミッドで有名な土地サッカラ。ジュセル王の階段ピラミッドで有名である(先日紹介した『サッカラ(Saqqara)』とは別ゲーム)。目的は盤上からタイルを集めて3段の階段ピラミッドを作ること。もちろん、相手より早く。

手番には自分のコマを1マス移動して、移動先のタイルを取る。取ったタイルは手元のホルダーにストックにしておき、揃えば建設や魔法が使える。今、何を目指し何を集めるべきかよく考えておかないと、タイルはなかなか揃わない。

サッカラ(コスモス)

ピラミッドの一段目は四隅が四角柱、間が月と階段というように、設計図通りにタイルを集めなければならない。しかも、四角柱を置くには手、1段目を建設するには船と麦というように、必要な条件もある。これらを集めるのが最優先である。

一方、あるタイルの組み合わせを消費することにより、一列全部のタイルを取ったり、相手の船や麦をなくさせたりといった魔法を使うこともできる。相手に後れを取ったら魔法で逆転を狙おう。ただし、その分自分の手も遅れる諸刃の剣。

建設にいくか、魔法に行くかは、相手のコマの位置による。麦を消しても、すぐ近くに麦があればすぐ回復されてしまう。それだったら、建設を優先したほうがよいだろう。

「お前がそれを取るなら、オレはこれを取る」といった先読みもできるが、手札が非公開であることと、コマが2つあることでだいぶマイルドな仕上がり。致命的な悪手というものはなく、徐々に相手との差を広げていくというゲームである。サガエさんが中盤に魔法で集めたタイルで建設を一気に進めて勝利。私は足を引っ張る魔法ばかりだったが、大きなダメージは与えられなかった。

Sakkara
M.グラプマイヤー/コスモス(2007年)
2人用/10歳以上/30~40分

コメントする

カレンダー