2013年7〜8月のアクセス解析

| コメント(0) | はてなブックマーク - 2013年7〜8月のアクセス解析 

アクセスの多かった記事ランキング(セッション数)
1.国際頭脳スポーツフェスティバル2013、会場変更へ 1912
2.ドイツ年間ゲーム大賞2013に『花火』、エキスパート大賞は『アンドールの伝説』 1415
3.神戸・三宮にボードゲームショップ、8月23日オープン 1318
4.放課後さいころ倶楽部 1102
5.人狼ミステリー小説発売、映画化も 1047
6.アークライトの名誉毀損訴訟、和解成立 870
7.『アンドールの伝説』日本語版、9月21日発売 820
8.秋葉原にゲームスペースがオープン 784
9.『ムガル』日本語版、9月発売 748
10.ホビージャパン、9月の輸入リストを発表 742

一番アクセスの多かった記事は、国際頭脳フェスティバルの会場変更でした。事情については、頭脳スポーツ協会の謝罪文で「2億円相当の資産を、契約書を交わして資産を渡していた人間が、期日になっても大会費用・会場の支払い・JTBへの支払いが出来ずに今回の事態になりました」と説明されています(日本ポーカー協会のホームページより)。たいへんな事件でしたが、規模を縮小して開催された様子を、頭脳スポーツ協会のホームページで見ることができます。

注目は、神戸・三宮に8月オープンした専門店+プレイスペース「トリックプレイ」と、都内に6月にオープンしたプレイスペース「秋葉原卓ゲー部」です。珍しいゲームが遊べる/深夜まで遊べるというウリで注目されました。お近くの方は利用してみてはいかがでしょうか。

2ヶ月間の訪問数は119,631、ユニークユーザー数が32,759、ページビュー数は175,903と、5~6月期からやや減少しました。1日平均のページビューは2,837です。モバイル端末からのアクセスが増えており、訪問数4回に1回はモバイル端末からのアクセスとなりました。いつもご訪問いただきありがとうございます。

コメントする

カレンダー