今ボドゲ師走です

| コメント(0) | はてなブックマーク - 今ボドゲ師走です 

10月24日から4日間にわたって、ドイツ・エッセンで世界最大のボードゲームメッセ「シュピール」が行われる。会期中に15万人が訪れるというビッグイベントで、ゲーマー向けの新作を世界各国の出版社が発表する。

ドイツ年間ゲーム大賞や、ドイツゲーム賞などのアワードにとって、この「シュピール」が年度初めになる。すなわち、今回の「シュピール」で発表される新作は、2014年度の作品というわけだ。これによって、新作なのに発売年と受賞年が1年ずれるということがよく起こる。

「シュピール」が年度初めならば、その直前が年度末である。年度明けの準備でみんな忙しい。

工場では「シュピール」に間に合うように急ピッチで印刷や箱詰めが行われている。出版社は「シュピール」以降の販売についてショップや輸入代理店と打ち合わせを行い、輸入代理店は翻訳の手配に大わらわ。翻訳者は最も多くの仕事を抱える時期となる。さらに愛好者も、新作情報や前評判のチェックに多くの時間を費やす。

当サイトでは新作情報を出版社別にまとめているが、注目される出版社がどんどん増えていて、とても追いきれない感じだ。情報をまとめるために、また翻訳をするために、遊ぶ時間がなくなるともう何が何だか分からなくなる。

これが9月中旬からの1ヶ月である。「師走」とでも名づけたくなる気分だ。

さらに気ぜわしくするのは、昨年の「シュピール」で発売されたのに、1年近く経ってまだ遊んでいないボードゲーム。別にいつまで遊ばなければいけないというものでもないが、新作の激増に伴ってボードゲームに「旬」というものが出てきたのは否めない。受賞した作品はまだしも、そうでなかった作品を出すと今更感が漂う。そうならないうちに、今度の「シュピール」の新作が出る前に遊んでおこうと思うとまた忙しくなる。「それなら買うな」はいわないお約束。〽分かっちゃいるけど止められない♪

毎年のことながら、そんな贅沢な悩みを抱える今日このごろである。

コメントする

カレンダー