テーブルゲームほわっとぷれいを訪問

| コメント(2) | はてなブックマーク - テーブルゲームほわっとぷれいを訪問 

ほわっとぷれい(看板)お店に入ると辺り一面のボードゲームに圧倒される。新旧あわせて1600タイトルもあり、さらに増えている。2011年11月に開店(そのときのニュース)した「テーブルゲームほわっとぷれい」を訪れ、このコレクションの持ち主、みゃおんこと天野めぐみさんにお話を伺った。

1600タイトルもあると、どれを遊んだらいいか目移りしてしまうのではないか。そんな心配は無用である。天野さんがコーディネートして、あなたにぴったりのボードゲームを選んでくれる。まずアンケートで、好みや経験、得意不得意を把握した上で見繕う。お勧めするゲームは千差万別。1600タイトルもあって、稼働していないものは少ないという。

ほわっとぷれい(天野さん)

ドイツゲームのサイズに合わせた特注のゲーム棚をよく見ると、箱に色のついたリボンがついている。ピンクは初心者、ブルーは中級、イエローは上級、オレンジはパズル・アブストラクト。「つまづく部分があるのは理解できますし、初めての楽しさも大事にしたいので、うまく段階を踏んで楽しんでもらいたいです」と天野さん。新作は休日にテストプレイしておき、難しいゲームはリファレンスを用意する。

3人の店員がいて、お一人様でもOK。もちろんルール説明もしてもらえる。ゲームが終わったら簡単な感想を書いておくと、次回来たときにはさらにぴったりのゲームが待っている。ひとりひとりのプレイログがお店のPCに記録されているのだ。まさに至れり尽くせり。

ボードゲームコレクションは天野さんが都内にいたころ、文芸サークルの同人仲間で遊ぶうちに増えていった。名古屋に移ってから、ハートビートカフェという喫茶店にたまたま立ち寄った息子さんが、マスターから「店内にゲームを置きたい」ともちかけられたのが開店のきっかけ。天野さんのコレクションを内緒で持ち込み、お店にボードゲームが置かれるようになった。これが天野さんの知るところとなり、月1回のおためしゲーム会を経て、「一緒にお店をやりましょうか」ということで開店。1階のハートビートカフェは飲食して、2階のほわっとぷれいで遊ぶというコンセプトだった。

残念ながらハートビートカフェはその後1年も経たずに閉店してしまったが、今はカレーうどんのお店になっている1階から興味をもって立ち寄るお客さんもいるという。ダーツバーやプールバーだと思って来るお客さんもいるそうで、ボードゲームの認知度の低さを物語る。

訪れるのはファミリー層や、30~40代の個人・グループが多いという。最大で6卓、30人ほど遊べる店内が満杯になることも。「ボードゲームを使って、大人も子どもも一緒に遊べるコミュニティーを作りたい」という天野さんの夢は叶いつつある。

テーブルゲームほわっとぷれい
愛知県名古屋市中村区畑江通7丁目8−1
東山線岩塚駅(名古屋駅から9分)徒歩約7分。駐車場あり
14:00~21:00/火・水休
電話:052-414-4666
E-mail:what_play@nifty.com

ほわっとぷれい(プレイ卓)

コメント(2)

遠方から、わざわざご来店くださいまして、ありがとうございました。

丁寧に店舗をご説明いただき、非常に嬉しく、またありがたく、感謝いたします。

ゲームの選択には「お好み」が大きな要素になりますので、お薦めしたゲームが必ずしもお気に召すとは限りませんが、所有数が多いので、ある程度の絞り込みをさせていただいております。

ピックアップした中から、興味をお持ちの品でお遊びいただいて、それがお好みに合えば幸いです。

まだまだテーブルゲームの認知度は低く、デジタルゲームを探しにいらっしゃる方も少なくありません。

老若男女楽しめる、非常に優れたアイテムだと思いますので、大勢の方が気楽にお越しいただけるコミュニティーになればと願っております。

今度は取材だけでなく、是非遊びにもお越しください。
ご来店を楽しみにお待ちしております。

みゃおん♪

コメントありがとうございます。好みが大切な要素になると私も思います。いくらゲームが簡単でもテーマが受け付けないものだったり、その逆だったりすればマッチしないですものね。そのあたりの精度を高める工夫をなさっているところに感銘を受けました。

至福のひとときを過ごせる場所として、ご継続とご発展を祈念いたします。今度遊びに伺ったとき、はたしてどんなゲームをお勧めして頂けるか、楽しみです。

コメントする

カレンダー