2014年4月アーカイブ

オリジナルゲームを収録『遊べるBOOK』5月28日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ワンダーワークスは5月28日、コンポーネント付きでオリジナルゲームを収録した『遊べるBOOK』を2冊同時発売する。各2,484円。

付属のカードを切り取って、4つのゲームが楽しめるという新しいコンセプトの書籍。『アメージングテーブルゲーム』の伴隆之氏がプロデュースした。vol.1が『人との会話がはずむ カードゲームの本』で、vol.2が『勉強が楽しくなる カードゲームの本』。

vol.1『人との会話がはずむ カードゲームの本』は、パーティー向けのコミュニケーションゲームとして、新澤大樹氏(サークル倦怠期)の『シルクハット』、佐々木隼氏(オインクゲームズ)の『自画撮りマスター』、タンサンファブリークの『ハヤクチ流星群』、そしておなじみの『スタンダード人狼』を収録。2人から17人まで、幅広い人数に対応する。

vol.2『勉強が楽しくなる カードゲームの本』は、コトバや数字を使ったお勉強系ゲームとして、オインクゲームズの『テラリンピック』、タンサンファブリークの『ことバトル』、居椿善久氏(サイ企画)の『ククロボ』と『ごい夢中』を収録。地理、国語、算数が楽しく学べる。

収録されたゲームのほかにも、テーマに沿った市販のボードゲームを紹介するコーナーが充実。vol.1では協力系ゲームとして『スコットランドヤード東京』『花火』、簡単パーティゲームとして『インカの黄金』『心臓発作にならないための10の方法』、ブラフゲームとして『チャオチャオ』『レジスタンス:アヴァロン』など、vol.2ではコトバで遊ぶゲームとして『ディクシット』『京大・東田式 頭がよくなる漢字ゲーム』、数字で遊ぶゲームとして『ドメモ』『ラミィキューブ』、社会&理科で遊ぶゲームとして『ファウナ』『タイムライン』、お絵描きで遊ぶゲーム
として『テレストレーション』『ピックス』などを紹介する。初めての方でも手軽に遊べるオリジナルゲームから、よりディープな世界へと誘う内容となっている。

アナログゲームが手軽に楽しめる!! "遊べるBOOK"シリーズ

プフェファークーヘル2014に『イスタンブール』

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

今年度の新作ゲームの人気を占う「プフェファークーヘル(Pfefferkuchel)」の結果が、ドイツのボードゲーム情報サイト・シュピールボックスにて発表された。

「プフェファークーヘル」は、復活祭の休日を利用して約300名の参加者がホテルに集まり、1週間ボードゲームを遊ぶイベント。参加者は気に入ったゲームを3つまで挙げ、これに上から3,2,1点として集計している。過去10回中9回で、3位以内に入ったゲームがドイツゲーム賞を受賞しており、予備投票に近いものとして注目される。

今年の一番人気は『イスタンブール』。商人が街を歩きまわって商売を行い、ルビーを集めるボードゲームで、日本でも一般発売されている。2位には昨年のエッセンで人気を集めた『ロシアンレールロード』、3位には日本発のカードゲーム『ラブレター』が入った。

10位以下は次の通り。今年もこの中の多くがドイツゲーム賞に入賞すると考えられ、また現在選考が行われているドイツ年間ゲーム大賞・ドイツ年間エキスパートゲーム大賞へのノミネートも期待される。

【プフェファークーヘル2014】
1位:イスタンブール(Istanbul)181点 ニ
2位:ロシアンレールロード(Russian Railroads)159点
3位:ラブレター(Love Letter)73点
4位:ルイス・クラーク探検隊(Lewis & Clark)67点 ニ
5位:スカルキング(Skull King)65点 ニ
6位:ロココの仕立屋(Rokoko)64点
6位:宝石の煌き(Splendor)64点 ニ
8位:キャメルアップ(Camel Up)45点 ニ
9位:コンコルディア(Concordia)44点
10位:炭鉱讃歌(Glück Auf)41点
(ニ...ニュルンベルク国際玩具市2014の新作)

spielbox-online:Istanbul gewinnt Pfefferkuchel 2014

サンクトペテルブルク新版、出資目標額大幅に上回る

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ハンス・イム・グリュック社(ドイツ)初のクラウドファンディングとして、鳴り物入りで先月から始まった『サンクトペテルブルク(Sankt Petersburg)』新版の資金募集が、27日に締め切られた。目標額の2万ユーロ(約280万円)をはるかに超える7万5千ユーロ(約1000万円)を集めた。35ユーロ以上の出資者には限定の拡張付き製品が10月初旬に送られる。

クラウドファンディングでは、資金総額によってゲーム内容がグレードアップするのが通例。今回は、木製コマ、最初から各プレイヤーがもつ特殊能力「助手」、ゲーム中に発生するイベント、ブレットシュピールヴェルトでのオンライン版公開、12枚の新しいグループカード、得点トラックに置いて誰かが超えるとイベントが発生するハードル、ミッションカードという全てのオプションが加えられることになった。

アンケート(TGiWニュース「『サンクトペテルブルク』再版、貴族モデルを募集」)で貴族カードのモデルに選ばれたデザイナーは、V.フヴァチル(チェコ)、S.フェルト(ドイツ)、U.ローゼンベルク(ドイツ)。イラストレーターはD.マテウス、F.フォーヴェンケル(ともにドイツ)で、業界人はK.ガレギロス(チリ)T.ヴァーセル(アメリカ)、K.M.ヴォルフ(ドイツ)が選ばれた。貴族カードは、彼らと、出資者の顔をコラージュしたものになる。

出資していない人でも通常版を購入できる。今秋のシュピールでの発売が楽しみだ。

Spiele-Offensive:Sankt Petersburg

アークライト、『ラブレター』を5月31日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ラブレター(アークライト版)アークライトは5月31日、世界的に人気を読んでいる国産カードゲーム『ラブレター(Love Letter)』を発売する。カナイセイジ作、杉浦のぼるイラスト、2~4人用、10歳以上、5~10分、1998円。

さまざまな身分の協力者を使って、お城の姫に恋文を届けるカードゲーム。手札を1枚しかもたず、その内容をほかの人に気づかれないように行動しなければならない。2年前のゲームマーケットで発売され、日本ボードゲーム大賞で1位を獲得。イタリア語、英語、台湾語、中国語、韓国語、スペイン語、ドイツ語、ロシア語、ギリシャ語、ポーランド語、フランス語、オランダ語の13ヶ国語で発売されている。ドイツでは2014年度に発売されており、これから選ばれるドイツ年間ゲーム大賞、ドイツゲーム賞、アラカルト・カードゲーム賞への入賞も有力視されている。

日本では500円ゲームズで発表された初版から、封筒に入った廉価版(700円)、萌え絵イラストのアンソロジー『プリンセスワンダー』(3990円)が販売されているが、今回は追加カードとして通常カードと入れ替えできる「王」「王子」「姫(ショート)」「姫(メガネ)」「伯爵夫人」「女公爵」の6枚と、テキストの入っていないカード22枚が入っているのが特徴。イラストはカナイ製作所おなじみの杉浦のぼる氏による木版画調で箱絵まで統一した。

世界が注目する日本のカードゲーム。まだ遊んでいない方だけでなく、廉価版をどこにしまったか覚えていない(薄い封筒なので見えなくなりやすい!)という方も、この機会に入手しておこう。

アークライトゲームズ:ラブレター
TGiWレビュー:ラブレター

ラブレター(アークライト版)コンポーネント

『キャット&チョコレート 日常編』発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

幻冬舎エデュケーションは本日、ひらめきとプレゼン力でピンチを切り抜けるコミュニケーションゲーム『キャット&チョコレート 日常編』を発売した。3~6人用、8歳以上、30分、1620円。

国産ゲームで初めて、日本ボードゲーム大賞を受賞した作品が新しいテーマで帰ってきた。幽霊屋敷編、ビジネス編、学園編に続くシリーズ第4弾は、幻冬舎エデュケーションの取り扱いにより、これまでより格段に入手しやすくなる。

「靴下に穴が!」「宿題が終わらない!」「さぼっているところを見つかりそう」など、お題のカードに書かれている日常に起こりうるピンチを、「新聞」「消火器」「ネコ」「サッカーボール」など、手札の限られたアイテムでどう乗り切るか即興で発表し、他のプレイヤーのジャッジを受ける。ほかのみんなの多数決で成功判定が出れば得点。

ほかのプレイヤーを納得させる真っ当な解決法はもちろんのこと、「ウマい!」と思わせる発想力、プレゼン力、機転が試される。しかし無理やり考えついたこじつけに大笑いするのも、このゲームの醍醐味だ。

幻冬舎エデュケーション:キャット&チョコレート 日常編

『ブラックストーリーズ:50の"黒い"物語』日本語版発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

コザイクは本日、ドイツのパーティー推理ゲーム『ブラックストーリーズ:50の"黒い"物語(Black Stories: 50 rabenschwarze Rätsel)』日本語版を発売した。2~15人用、12歳以上、20分、1620円。

モーゼス出版(ドイツ)が2004年にリリースし、昨年の第9弾まで毎年シリーズ化されているほか、映画版、中世版、クリスマス版、ご当地版など幅広く展開しているカードゲーム。オランダ、チェコ、イタリア、イギリス、フランス、スペイン、アメリカ、ポーランド、ギリシャ、ノルウェーの各国語版が販売されている。

犯罪、死体、殺人、自殺の事件の真相を、質問を通して推理していくゲーム。100枚以上あるカードには、表に事件が、裏にその真相が書かれている。ひとりが「リドルマスター」となり、「長電話の女性が死んだ」「女性が夫の新車のポルシェを500ユーロで売ることにした」などの謎の事件を紹介。ほかのプレイヤーは、「はい」か「いいえ」で答えられる質問を繰り返し、真相の予想を述べる。続ける場合には当たった人が次のリドルマスターとなる。

勝敗を競うゲームではなく、謎解きをみんなで楽しむコミュニケーションゲームだ。

コザイク:ブラックストーリーズ

オランダゲーム賞2014ノミネート

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

オランダゲーム賞(Nederlandse Spellenprijs)の審査委員会は24日、今年のノミネート作品を発表した。昨年から分けられたエキスパート部門とファミリー部門の2部門で各3タイトルがノミネートされた。

大賞は昨年の3月から1年間にリリースされた新作。一般投票による選考を行わず、ノミネートから大賞まで一貫して審査員が決める。審査員はボードゲームショップ店長、ボードゲームジャーナリスト、ボードゲーム関連団体のメンバーなど10名。大賞は6月12日に発表され、夏のボードゲーム祭で授賞式が行われる。

例年、オランダ国産品がほとんど入らない賞だが、今年はファミリー部門に『ウーゴ!』(TGiWレビュー)が入った。そのほかはドイツで評価の高い作品が並ぶ、昨年はファミリー部門に『キングオブトーキョー』、エキスパート部門に『テラミスティカ』が選ばれているが、今年はどの作品が選ばれるだろうか?

【オランダゲーム賞2014】
ファミリー部門
ノミネート:花火(Hanabi / セレクタ)
  〃  :ウーゴ!(UGO! / プレイジスワン)
  〃  :クウィックス(Qwixx / ホワイトゴブリンゲームズ)
エキスパート部門
ノミネート:ブルッヘ(Brugge / ホワイトゴブリンゲームズ)
  〃  :アンドールの伝説(De Legenden van Andor / 999ゲームズ)
  〃  :ロシアンレールロード(Russian Railroads / 999ゲームズ)

Nederlandse Spellenprijs:Verkiezing familie 2014
Nederlandse Spellenprijs:Verkiezing expert 2014