『ウィンターテイルズ:冬物語』日本語版、6月中旬発売

| コメント(0) | はてなブックマーク - 『ウィンターテイルズ:冬物語』日本語版、6月中旬発売 

ウィンターテイルズホビージャパンは6月中旬、イタリアのストーリーテリングゲーム『ウィンターテイルズ:冬物語(Winter Tales)』日本語版を発売する。3~7人用、14歳以上、90分、5800円(税別)。

アルヴェ・パヴォ社(イタリア)が2012年に発売した作品を、ファンタジーフライト社(アメリカ)がリメイクした。体制側の「冬」と、反逆者側の「春」という陣営に別れ、カードの絵から連想される物語を、自らの想像力により語り膨らませることで、協力して物語を綴っていく。

自分の手番にはアリス、ドロシー、ブリキマン、白雪姫、くるい帽子屋などのキャラクターを使い、選んだクエストをそのキャラクターがどうやって達成するか、ストーリーカードのキーワードを使って話す。ほかの人もキャラクターを加えてその物語に割り込み、ストーリーカードをより多く使った陣営が勝利する。戦闘や罠を仕掛けて相手陣営を妨害することもでき、多様でドラマチックな展開が生まれる。ストーリーテリングゲームとしては『ファブラ(2010)』があるが、ボード上の位置取りなどの要素を加え、より戦略的な作品となっている。

アルヴェ・パヴォ版は輸入版をゲームストア・バネストが取り扱っており、また日本語ルールも公開されている。珍しいタイプのボードゲームなので、興味のある方は日本語ルールを一読しておくとよいだろう。

Fantasy Flight Games:Winter Tales

ウィンターテイルズ

コメントする

カレンダー