2015年5月アーカイブ

ゲームマーケット2015春:新作、アマゾンで発売(2)

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

5月5日に東京ビッグサイトで開かれたゲームマーケット2015春の新作について、前回のエントリーから後で確認されたアマゾン取り扱い分を掲載した。

ワー!ワーウルフ(リトルフューチャー)
ボードゲーム要素のある人狼。パネルを組み合わせて村を作り、人狼は道沿いに村人に襲い掛かる。道をふさいで人狼をあぶりだそうとする「木こり」など、村人にはそれぞれ役割をもつ。一方、人狼の味方をする「妖精」や「スプリガン」が村人や人狼の位置を動かして推理を難しくする。ほかにもゲームに脱落したあともゲームに残ることのできる「幽霊」、ワンワン、キャンキャンなどゲーム中は犬の鳴き声しか話すことができない「犬」など、独自のキャラクターが登場。司会者を必要とせず、5人から遊ぶことができるので、気軽に盛り上がれるゲームだ。
プレイ人数:5~16人、プレイ時間:15~40分

boketeー写真で一言ボケてーカードゲーム(リトルフューチャー)
人気ウェブサイト「写真で一言ボケて(bokete)」のカードゲーム版。お題カード(写真)にボケカードで一言ボケ、そのボケに評価カードで3段階の評価をする。一番多くの評価を獲得したプレイヤー(NO1ボケ職人)を目指そう。ノリで遊べるパーティーゲームだ。お題カードは全60種類、ボケカードは全54種類入っている。
プレイ人数:2~10人、プレイ時間:30分

マゴス(スパ帝国)
魔法使いの過度に平和的な論争----頭のおかしい公爵がお城の地下で拷問を繰り返していたら、世界を切り裂く悲鳴によって魔法使いの土地と繋がってしまった。異界を探検して呪文書を持ち帰ろう。プレイヤーは配られたカードの中から5枚の呪文を選び、手番ごとにダイスを振って使う。先に相手の体力を0にすれば勝利。1人用キャンペーンも付属する。
プレイ人数:1~2人、対象年齢:10歳以上、プレイ時間:10~15分

サンゴク拡張「争覇の彼方」 (リトルフューチャー)
三国志を舞台に、一国の君主となり、武将を率いて三国の統一を目指すカードゲームの拡張セット。28人の新武将が参戦し、より深く三国志の世界を楽しむことができる。より戦略的に遊べる2人対戦だけでなく、3~4人のマルチプレイも可能。敵の侵攻を抑えながら強固な陣形を完成させていく。進化したサンゴクの戦場を勝ち抜くことのできるだろうか?
プレイ人数:2~4人、プレイ時間:30分~50分

ゲット・ラッキー(Get Lucky)

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

チャンスは寝て待て

ゲット・ラッキー

『キル・ドクターラッキー』(1996年)という、ゲーム愛好者には有名な作品がある。館の中で、ラッキー博士とふたりきりになる機会を作り、ほかのプレイヤーに見られないところで殺害するというアメリカのボードゲームだ。心惹かれる設定とは裏腹に、お互いに妨害しあって殺害がなかなか成功せず、終わらないゲームとしても有名であった。

そんな終わらないところを改良して作られたのがこのカードゲームだ。手札を補充しないので、次第に妨害することができなくなり、そのうち必ず誰かの殺害が成功するようになっている。日本語版がグループSNE/cosaicから今年3月、日本語版が発売された。

ラッキー博士の殺害を目論むキャラクターが15人おり、そのうち2枚ずつ各プレイヤーが担当する。自分の番には(手札がある限り)カードを引くか、カードを1枚、自分のキャラクターに付けるか(攻撃力が上がる)していき、タイミングを見計らって殺害を試みる。

殺害はいつでも試みてよいわけではない。キャラクターには番号が振ってあり、「ラッキー博士コマ」が、1人が手番を終えるごとに次の番号に移っていく。このラッキー博士コマが自分のキャラクターの上に乗っていないと、殺害を宣言できない。自分の手番にラッキー博士が来るよう、キャラクターを交換したりしてタイミングを調整しよう。

殺害を宣言しても、ほかのプレイヤーがカードを出して邪魔をしてくる。1周する間に、攻撃力を上回るカードが全員から出されれば殺害は失敗。カードを出しすぎれば後が苦しく、かといって出し惜しみしすぎれば殺害が成功してしまうというジレンマ。特に後手のプレイヤーへのプレッシャーがすごい。

5人プレイで30分ほど。序盤に殺害を宣言して次々と失敗していく中で、徐々に成功するチャンスが上がってくる。終盤はキャラクターを交換して、できるだけ早く殺害を宣言できないか、みんなが狙う展開となった。千載一遇のチャンスを最後の1枚で阻止した神尾さんが、次の手番に殺害を宣言し、誰も止められずに勝利。序盤、ほかの人にカードを出させていたのが奏功した。

どのタイミングでカードを出すか、ゲームの序盤、中盤、終盤で駆け引きが変わってくるのが面白い。それと、キャラクターカードには殺害の動機が、各カードには凶器や動機が事細かく書かれており、ラッキー博士がどうしてこんなに付け狙われるのか、ストーリー部分も楽しむことができる。

Get Lucky
J.アーネスト/チーパスゲームズ(2014年)、cosaic(2015年)
2~6人用/12歳以上/20分

グループSNE、オリジナルゲームを募集

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

グループSNEは現在、オリジナルボードゲーム・カードゲームの募集を行っている。6月30日まで。優秀作は2016年中にグループSNE/cosaicから製品化される。

近年、海外ゲームの日本語版とともに、『ゴーストハンター13 タイルゲーム』『コクーン・ワールド ザ・ボードゲーム』といったオリジナル作品を発表しているグループSNEとcosaicが、ついに一般公募をスタートさせた。条件は、内容物とルールブックがあってプレイ可能な状態であること、未発表であること、そして「これまでの分野作品風ではなく、斬新なもの」。

製品化された場合の報酬・印税は、完成度によって販売価格の3~10%または、30万円以上とのこと。アイデアを温めている作品があれば、この機会に応募してみてはいかが。

これと同時に、デザイン、DTP、翻訳、営業・物流に携わる社員募集も行われている。詳しくは下記のリンクにて。

公募から製品化されたボードゲームとして、今年話題の『枯山水』がある。『枯山水』は、テンデイズゲームズとニューゲームズオーダーが主催する東京ドイツゲーム賞で大賞に選ばれ、ブレイクした(TGiWニュース)。すぐれたボードゲームデザイナーが日本国内に生まれてきている今日、今回の公募からどのような作品が生まれるか、大いに期待される。

グループSNE:オリジナルボード/カードゲーム大募集! ゲーム制作・流通の即戦力も急募!

『ブラックストーリーズ』、角川から小説化

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

カードゲーム『ブラックストーリーズ』を小説化した『ブラックミステリーズ 12の黒い謎をめぐる219の質問』が4月25日、角川書店より発売された。安田均監修、河野裕、友野詳、秋口ぎぐる、柘植めぐみ著、600円(税別)。

グループSNE/cosaicからすでにシリーズ4作品が日本語化されている『ブラックストーリーズ』。1人が謎の事件を伝え、その真相を質問で当てるパーティーゲームだ。今回の作品は「熱烈なキスを交わした結果、ふたりは二度と出会えなくなった」「のろまを見捨てたために、彼女の出費は倍増した」など、12の謎めいたユニークなシチュエーションが登場。ある館に呼ばれた運転手、投資家、詩人、船長という4人のゲストたちがお互いに出題しあって謎を解いていく。

12話はそれぞれ前半が質疑を行っている会話からなり、後半は真相究明で小説仕立てとなっている。ミステリ心をくすぐる仕掛けと、ユーモアが満載の作品で、登場人物のなりきって読み進められるだろう。『ブラックストーリーズ』ファンだけでなく、ショートショートやミステリが好きな方にも。

4人の著者が4人のゲストを担当し、実際にゲーム形式で遊んでから分担執筆しており、著者ごとのカラーの違いも楽しむことができる。

グループSNE:著者インタビュー

冒険企画局、『楽園のシェフィ』発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

冒険企画局は本日、1人用カードゲーム『シェフィ』をコミックにした『楽園のシェフィ』を発売した。すざ木しんぺい作、999円。

国産のカードゲームとしてロングヒットを続けている『シェフィ (Shephy)』をコミカライズし、ゲームマーケット2015春に先行発売された書籍。『シェフィ』を未プレイの方でも楽しめる1冊となっている。原作者ポーン氏による「ポーン'sポエトリー」コーナーも収録した。「一人用ゲームをコミック化した一人用コミック」だ。

イエローサブマリンなど、一部の店舗販売ではゲームマーケットで配布された『シェフィ』用のプロモーションカード「楽園のヨーコ」が付属する。

コミックを元にしたゲームは枚挙に暇がないが、その逆にゲームを元にしたコミックは珍しい。冒険企画局では、このコミックを第一弾として新レーベル「冒険コミック」をスタートさせるという。

「知ったかプロジェクト」発動、ゲームマーケット秋に4タイトル

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ポッドキャストとゲーム創作のサークル「豚小屋」は21日、『知ったか映画研究家』のスピンオフ作品を作るプロジェクト「知ったかプロジェクト」の立ち上げを各ポッドキャストにて発表した。5つのポッドキャストパーソナリティが参加し、ゲームマーケット秋に向けてゲーム制作が開始される。

『知ったか映画研究家』はダイスでランダムに生成される映画タイトルについて、即興で評論しあい、誰の評論が一番良かったかを投票で決める大喜利系コミュニケーションゲーム。ゲームマーケット2015大阪で頒布され、当サイトの国産新作評価アンケートで2位となっている(TGiWニュース)。

「知ったかプロジェクト」に参加して作品を制作するのは「豚の鳴き声」をはじめ、「今夜もアナログゲームナイト」の太陽皇子。氏、「大門さいころ倶楽部通信」のGSひかる&ひか★りん氏、「いかとりにょりのいかがわしいラジオ」のりにょり氏の4名で、「ほらボド!」のちゅぱみ氏がイラストを手がけることになっている。いずれもボードゲームポッドキャストのパーソナリティを務めている人たちだ。

プロジェクトではランダムに生成されるお題について即興で今にも知っているように語るというルールで、妖怪、Jポップ、お悩み相談、同窓会のテーマで4つのゲームが制作される予定。これに合わせて売り切れていた『知ったか映画研究家』も再版し、11月のゲームマーケット2015秋での同時発表を目指している。

豚小屋:重大発表!「知ったかプロジェクト」

『パンデミック:完全治療』日本語版、6月下旬発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ホビージャパンは6月下旬、伝染病から地球を守る協力ゲーム『パンデミック』のダイスゲーム版『パンデミック:完全治療ザ・キュア(Pandemic: The Cure)』日本語版を発売する。M.リーコック作、2~5人用、8歳以上、約30分、5,000円(税別)。拡張セットではなく、単体でプレイ可能。

2014年に発売され、ゴールデンギーク賞で総合、ファミリー、テーマ、ソロの4部門にノミネートされた作品。国内では、ボードゲームポッドキャスト「ふたりはボドキュア!」で取り上げられ、一般発売が待望されていた。テーマはボードゲーム版の『パンデミック:新たなる試練』と同じく、高度な経験と技術を持つ医療チームとなって、世界中に蔓延する凶悪な4種類の病原体と戦う。

各プレイヤーは「危機管理官」、「通信指令員」、「衛生兵」といった独自の特殊能力をもつ役割に就き、世界中を移動して感染者の治療をし、病原体のサンプルを収集して治療薬を開発しなければならない。プレイヤーチームが協力して、4つの病原体すべての治療薬を開発できればプレイヤーチームの勝利。しかし、感染率が上限に達したときや、アウトブレイクが多数発生したとき、そして感染者の数が増えすぎたときには敗北となってしまう。

各プレイヤーは独自の能力が表示されたダイスを振って、その結果でアクションを実行する。時間の経過とともに増殖する病原体を、早目に食い止めなければエピデミック、そしてアウトブレイクが発生してしまう。各自の判断力とチームワーク、CDCから供給されるイベントカードの効果を駆使し、ダイス運も味方につけて、すべての病原体の治療薬を開発しなければならない。

ボードゲーム版の緊張感をそのままに、プレイ時間を短縮して気軽に楽しめるようになった。はたして、君たちは人類を救えるだろうか?


写真は英語版です。

デウス(Deus)

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

神のお望みのままに作るデウス

デウス