2015年7月アーカイブ

『人狼ゲームで学ぶコミュニケーションの心理学』発売

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

新曜社は31日、『人狼ゲームで学ぶコミュニケーションの心理学-嘘と説得、コミュニケーショントレーニング』を発売した。168ページ、1700円(税別)。著者は東京福祉大学講師の丹野宏昭氏と、ドイツゲームスペース・人狼ルーム主宰の児玉健氏。

近年、コミュニケーション要素が注目され、企業や教育機関の研修・就職採用や人事・婚活などにも活用されている人狼。このコミュニケーションゲームを「究極の心理ゲーム」と捉え、心理学のプロと人狼ゲームのプロがチームを組んでできあがった本。人狼ゲームを楽しみつつ、嘘や説得とは何かを学び、コミュニケーションスキルをトレーニングする。

まず第1章では、人狼ゲームとはどのようなものであるかの説明。人狼ゲームをよく知らない人にも、その舞台背景・歴史・魅力から、ルールや雰囲気までが分かるようになっている。

第2章と第3章では、人狼で行われるコミュニケーションの諸現象について、心理学的な視点からの解説。「嘘をつく・嘘を見破る」と、「議論における諸現象」、特に「説得」について、実際のゲームを踏まえて解説する。

第4章では、人狼を用いたコミュニケーショントレーニングを紹介。ゲーム体験を通じて、自身のコミュニケーションの特徴を把握し、より良いコミュニケーション技術を身につけることを目指す。学校や企業の研修等で活用できるようになっている。

ゲームを通じてコミュニケーションの心理学に触れてみたいという方、いつも遊んでいる人狼ゲームを「心理学」という視点から見てみたいという方、ゲーム要素の強いコミュニケーショントレーニングを実施したいという方などに向けて書かれた、異色の書籍だ。

新曜社:人狼ゲームで学ぶコミュニケーションの心理学――嘘と説得、コミュニケーショントレーニング

ジェンコン2015開幕

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

北米最大のゲームイベント「ジェンコン2015(Gen Con 2015)」が本日から4日間にわたってインディアナポリスで行われる。会期中は全米および世界40カ国以上のボードゲーム出版社が新作を発表し、5万人の愛好者で賑わう。

ジェンコンは1968年、ウォーゲームのイベントしてウィスコンシン州で始まり、2003年からインディアナ州のインディアナポリスで行われている。今年で48回目を迎える伝統あるイベントで、TRPGからWii Uまで幅広く出展される。

Boardgamegeekのまとめでは、今回展示・販売される予定のボードゲームは400タイトル以上。その多くが10月にドイツ・エッセンで開催されるシュピールにも出展されるため、シュピールのプレビューにもなっている。

先日報じた『カタン』のギネス記録挑戦(TGiWニュース)もこの会期中に行われる。また、ドミニオン世界選手権もここで行われているが、今年は日本選手権の成績優秀者が軒並み都合がつかず、初めて日本代表が参加しない年となった(TGiWニュース)。そのほかにも、各出版社の主催によるたくさんのトーナメント大会が行われる。

Gen Con公式サイト

『ワンだふるデイズ』発売

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

メガハウスは本日、愛犬を育てて一緒にベストパートナーを目指すボードゲーム『ワンだふるデイズ~きずなを深めて♥めざせベストパートナー!~』を発売した。2~6人用、6歳以上、3,700円(税別)。

プレイヤーは子犬の飼い主になり、ルーレットを回して街を散歩させたり、お世話をしたりして絆を深めていく。「しつけ」「けんこう」「おしゃれ」などのコンテストに挑戦し、スキルカードを揃えて「きずな」カードをゲット。この「きずな」カードを1番多く集め、愛犬家の最高峰「ベスト・オブ・ブリード」の称号を得たプレイヤーと愛犬が勝者となる。どんな犬に育てるのかも戦略のひとつで、戦略によってはお散歩コースを変えることもできる。

彩色済みのワンちゃんコマ6個が付属し、またボードに記載の文字を読むだけで進められるため、子供と手軽に遊べるゲームだ。特に女の子には受けがよさそう。

メガハウス:ワンだふるデイズ~きずなを深めて♥めざせベストパートナー!~

映画『ゴーン・ガール』にボードゲーム

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

2014年公開のアメリカのミステリー映画『ゴーン・ガール(Gone Girl)』で、ボードゲームが登場する。

結婚5周年の記念日。誰もがうらやむような幸せな結婚生活をおくっていたニックとエイミーの夫婦の日常が破綻する。エイミーが突然姿を消したのだ。部屋は荒らされ、キッチンに残されたエイミーの大量の血痕から警察は他殺と失踪の両方の可能性を探る。憔悴した表情で行方のわからなくなった妻を心配する夫ニック、だが彼にも捜査の手が及び窮地に立たされる。妻エイミーに何が起きたのか――。

冒頭、ニックが妹のいるバーに『マスターマインド』を持ち込む。お気に入りではないとのことで、バーに置いてあるボードゲーム棚に加えられることになった。その後2人は、飲みながら『人生ゲーム』をプレイしている。そこに妻失踪の知らせが入るのだ。

後半は、薪小屋に『ドミニオン』と『レース・フォー・ザ・ギャラクシー』が置いてあるシーンが出てくる。これはニックの浪費癖を演出するためにエイミーがカードで贅沢品を買い集めたもので、ドローンやブラヴィア、ゴルフのクラブも見えるが、一番真ん中にこの2つが置いてあるので目立つ。

どちらもリオグランデゲームズの製品であることから、Boardgamegeekのフォーラムでは、宣伝のために提供したとの見方が強い。このフォーラムでは、友人と映画を見ていてこのシーンに独りだけ興奮し不思議がられたというゲーマーあるあるを披露するファンもいた。

『オルレアン』日本語版、9月5日発売

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

アークライトは9月5日、ドイツ年間エキスパートゲーム大賞にノミネートされた中世の都市開発ゲーム『オルレアン(Orléans)』日本語版を発売する。R.シュトックハウゼン作、2-4人用、12歳以上、90分、7,200円(税別)。

2014年秋にdlpゲームズ(ドイツ)から発売され、ドイツ年間エキスパートゲーム大賞にノミネートされた作品。大賞は逃したものの、国内外で高い評価を得ている。日本では輸入版をゲームストア・バネストが扱っている。日本語版にあたって、ボードや建物のタイルが日本語化されることになり、ゲームの世界により浸れるようになった。

フランスの中世都市オルレアンの有力貴族となり、さまざまな職業の者たちを従者として雇い、その能力を利用して財をなし、街の発展に貢献することを目指す。従者のチップを袋に入れて、そこから引いてアクションに配置する。そのアクションで新たな従者を雇ったり、要らない従者を除外したりすることにより、自分が狙ったアクションを行いやすくする「チップ構築ゲーム」だ。

アクションは新たな従者を雇うほかに、商品を生産したり、建物を建てたり、陸路や水路を移動して自分の取引所を作ったりするものもある。さまざまな得点方法をどのように組み合わせるか、やりがいのあるゲームだ。

TGiWレビュー:オルレアン(Orléans)

オルレアン日本語版(コンポーネント)

ゲームマーケット2015秋:応募者急増で抽選に

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

11月22日(日)に東京ビッグサイトで開かれるゲームマーケット2015秋の、出展申込者が過去最高の464ブースであったことが、事務局発表で明らかになった。会場都合により、抽選で約1割が出展できないことになった。二次募集は行われない。

5月に行われたゲームマーケット2015春では365団体が出展していたが、これを100団体も上回る申し込み。事務局では会場レイアウトの変更などで対応したが、スペースの確保が難しく、絞り込まざるを得なくなったという。申込者には当落通知がメールで送信されている。

今回会場となる東4ホールは8670㎡。今回の申込者急増をうけて、来年のゲームマーケット2016春は西3・4ホール(11,520㎡)で行われる見込み。

ゲームマーケット:GM2015秋 出展 当落発表

シュピール'15:会場8%増

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

ドイツ・エッセンで行われる世界最大規模のボードゲームイベント「シュピール(SPIEL)」の会場が前年比で8%広げられることが、主催のフリードヘルム・メルツ社の発表で明らかになった。10月8日(木)から4日間にわたって開かれ、850団体の出展、16万人の来場を見込む。

シュピールは、メッセ・エッセンという複合ホールで行われている。12のホールがあり、2013年から1,2,3番ホールを使用していたが、今年は7番ホールが新たに加わる。これによって、会場は前年の58,000㎡から63,000㎡に拡大。これは東京ビッグサイトのホール7つ分に相当する。

メルツ社はこの会場増設について、「世界中の人々がコンピューターゲームだけを楽しんでいるのではないことを印象づける。正反対に、古典的なボードゲームの市場がどんどん拡大し国際化している」とコメントしている。

Internationale Spieltage SPIEL'15

リフトイット!(Lift It!)

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

リフトイット!(シュピール)

クレーンを頭から下げて、指示通りにパーツを組み立てるアクションゲーム。オリジナルは2012年に『ビルドイット』というタイトルで北欧で発売された作品であるが、2014年にゲームファクトリー社(スイス)が多言語版をシュピールで発表し、注目を集めた(写真はシュピールでのデモ風景)。見ただけで何をやるか分かるゲームだ。

手番になったら建設カードをめくり、タイマーで制限時間内に組み立てる。手でクレーンをもって組み立てるマス、頭にクレーンを取り付けて組み立てるマス、カードを見ないで説明を聞きながら組み立てるマスがある。ブロック1個につき1点のほかに完成ボーナスあり。

付属のタイマーが時間が来ると飛び跳ねるのも心臓に悪いが、それ以上に盛り上がるのは対決モード。数マスおきに配置されており、ここを通過するとサシでどちらが先に完成するかを競う。制限時間なしで、先に完成した人が得点。

得点だけ自分のコマを進め、先にゴールした人が勝つ。

3人プレイで30分ほど。ふうかさんが圧倒的な強さを見せつけ1位。対決とか全然勝てないあまりの強さに戦意喪失するぐらいだった。頭で操作するのは、手と違った感覚が必要で、しばらく集中して遊んでいたら、軽く酔った(当方、三半規管が弱い)。

Lift it!
P.ガーディング作/ゲームファクトリー(2014年)
1-8人用/8歳以上/30分
ゲームショップ検索:リフトイット!

札幌ボドゲフリマ2015夏、8月9日開催

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

札幌のフリースペース「卓屋」は、2015年8月9日(日)、札幌市内にて、「札幌ボドゲフリマ2015夏」を開催する。コミュニティ&レンタルスペース「オノベカ」(地下鉄南北線中島公園駅徒歩10分)にて、11~13時、入場無料。

昨年から年2回のペースで開かれている中古ボードゲーム売買イベントで、今回で4回目となる。中古ボードゲームの販売と物々交換のほか、前回に引き続き1回300円の抽選会や愛好者同士の交流もある。今回は会場でボードゲームを遊ぶことができない。

6ブース募集された出展申込はすでに締め切られている。どんな掘り出し物が見つかるか、覗いてみてはいかが。

同日、金沢ボードゲームマーケットも開かれているので、北陸方面の方はそちらへどうぞ。

卓屋ブログ:札幌ボドゲフリマ2015夏

『ボードゲーム・ストリート2015』発売

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

新紀元社は本日、過去1年間の注目ボードゲームを振り返るレビュー誌『ボードゲーム・ストリート2015』を発売した。安田均&グループSNE著、B5版80ページ、1800円(税別)。

アナログゲーム専門誌『Role&Roll』連載のボード/カードゲームコーナー「ボードゲーム・ジャンクション」からピックアップし、書下ろしを加えたもの。毎年発刊されており、5冊目を迎える。年鑑として1年間の流れをつかむことができる。

ボードゲーム紹介コーナーで16タイトル、リプレイで4タイトルを取り上げ、ベスト20タイトルを集中的に紹介。紹介コーナーでは『宝石の煌き』『冬の真っ只中で(Dead of Winter)『インペリアル・セトラーズ』『アビス』『オルレアン』『デウス』など、リプレイでは『ノイシュヴァンシュタイン城』『アンドールの伝説 北方への旅立ち』『イスタンブール』『コルト・エクスプレス』を取り上げる。

その他、ライトなゲームを取り上げる「ウニ頭にもできるもん!」では『ノッティンガムの代官(Sheriff of Nottingham)』や『ビースティ・バー』を紹介。ゲームマーケット発の日本産ゲーム、iOSアプリ紹介や座談会も新機軸を取り入れている。遊んだことのないゲームを知るのにも、遊んだことのあるゲームを掘り下げるのにも役立つ一冊だ。

グループSNE著者インタビュー:ボードゲーム・ストリート2015

『お邪魔者3 対決』日本語版発売

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

メビウスゲームズとすごろくやは23日、役割を隠して金鉱を掘り当てるドワーフのカードゲームの最新シリーズ『お邪魔者3 対決(Saboteur: Das Duell)』日本語版を発売した。F.モイヤーソン作、1~2人用、8歳以上、30分、1500円(税込)。拡張セットではないので、単品でプレイできる。

ベルギー人デザイナーのF.モイヤーソンが多人数ゲームの『お邪魔者』を1人または2人でプレイできるようにした作品。2014年にオランダ語版が発売され、今年になって各国語版が発売されている。

カードを並べて相手より先に坑道を金鉱につなげることを目指す。坑道は両者共通だが自分だけが通れる扉をつけたり、トロールがいる通路を置いて邪魔をしたり、落石カードを使って通路カードを取り除いたりできる。正体隠匿の要素はなくなったが、金鉱に無事たどり着けるかどうかのドキドキ感は健在だ。

1人プレイでは決められたカード枚数でできるだけ多くの金鉱につなげることを目指す。作者のブログによれば、もともと1人プレイゲームとして開発して2人プレイルールを追加したものを、商業的な理由により2人プレイゲームとして発売され1人プレイルールが付属することになったという。

メビウスゲームズ:お邪魔者3 対決

『キャメルアップ:スーパーカップ』日本語版、8月中旬発売

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

ホビージャパンは8月中旬、ドイツ年間ゲーム大賞を受賞したレースゲーム『キャメルアップ(Camel Up)』の拡張セット『スーパーカップ(Supercup)』を発売する。S.ボーゲン作、2~10人用、8歳以上、30~45分、3,000円(税別)。プレイするためには『キャメルアップ』本体が必要。

今春に発売されたばかりの拡張セットが早くも日本語版になって登場する。4つのモジュールが入っており、自由に組み合わせて遊ぶことができるほか、2人分のコマが入っており10人までプレイできるようになる。

ラクダたちは過酷な競争が、追加ダイスによってパワーアップする。その一方、有名なカメラマンたちが、ラクダたちが積み重なっていくクレイジーな様子をカメラに収めようと現場で待ちかまえている。儲けを増やし、レースの結果をさらにエキサイティングにするため、エジプトのレース協会が新たな投票のシステムを開発したことも見逃せない。これらの機会を最大限に生かし、ラクダレースの帝王となるのは果たしてか。世紀の大一番が始まる。

モジュール1はレースの距離を延長する追加ボードと追加ダイス。モジュール2はラクダが予想通りに重なると報酬を獲得するカメラマン。モジュール3はよりフレキシブルな順位投票の新ルール。モジュール4は多人数でオープンに協力できる投票パートナーシップ。好みや人数に応じて加えることにより、ゲームに変化が生まれる。

第5回ドミニオン日本選手権、ヒロキ氏優勝

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

7月18日と19日、東京・渋谷のシダックスホールにて第5回ドミニオン日本選手権が行われた。参加者は174名と昨年から15%減となったが、東京大学ドミニオンサークルに所属するヒロキ氏がチャンピオンに輝いた。

1日目は午前と午後に分かれて予選が行われ、午前中91名、午後83名が参加した。4ラウンドの成績により2日目に進出。2日目も4ラウンドの成績で準決勝、さらに決勝が行なわれた。

決勝ラウンドはヒロキ氏が初優勝。強豪を擁するドミニオン木曜会を退けての優勝となった。東京大学法学部の4年生で、学内のドミニオンサークルで活動しているという。大会の様子は、ご本人がブログにまとめている。

ゆる~く楽しくドミニオン

世界選手権にはヒロキ氏が都合で参加できず、繰下げ対象者が全員辞退したため、日本代表なしとなった。日本代表が選ばれなかったのは5年目で初めて。これまで優勝3回、準優勝1回と好成績を収めてきた世界大会での活躍が今年は見られないのが残念だ。

R.クニツィアの『ダイスゲーム百科』発売

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

スモール出版は23日、R.クニツィアによるダイスゲームルール集『ダイスゲーム百科(Dice Games Properly Explained)』を発売する。R.クニツィア著、日本語訳・正田謙、A5版256ページ、2,100円(税別)。

世界的なボードゲームデザイナーであるライナー・クニツィア書き下ろしの約140のダイスゲームとそれらのバリエーションを掲載したダイスゲームの究極本。伝統ゲームからオリジナルゲームまで幅広く取り上げる。英語版が1999年に出版され、ドイツ語版("Das große Buch der Würfelspiele")にもなっている。これさえあればダイスとチップ、紙など家にあるもので遊ぶことができる。

クニツィアのダイスゲームでは『ヘックメック』が有名だが、運がメインの気軽なゲームから、本格的な駆け引きのゲームまで、本書では幅広く網羅。さらにゲームだけでなく、戦略や確率、ダイスの理論なども学べるようになっている。「運と得点のゲーム」「運とカウンターのゲーム」「賭けのゲーム」「前進のゲーム」「危険なゲーム(バーストゲーム)」「カテゴリーゲーム(役を作るゲーム)」「ブラフゲーム」というように系統別に分けられ、好みのゲームを見つけやすい。

紹介されているゲームはいずれも数行でルール説明が終わる簡単なものばかりだが、酒場などで人気のゲームを取り上げているだけあって面白さは折り紙つき。知らなかった世界のダイスゲームの興奮があなたを待っている。

またダイスの確率論が付いているのも数学者でもあるR.クニツィアならでは。「3個のダイスを振ったときに合計が4~17になる確率」このような計算は、賭けのゲームで重要となる。『王への請願』や『ウミガメの島』など、ほかのダイスゲームにも応用できるだろう。

当サイトでドイツ語版をいくつか訳出したものを公開しているので、どんなゲームが紹介されているか気になる方はご覧下さい。

TGiW:ダイスゲーム大全

ピクテル(Pictell)

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

発想の転換

ピクテル

標識などで使われている絵文字(ピクトグラム)を組み合わせてお題を当ててもらう日本のコミュニケーションゲーム。ゲームマーケット2015春に発表され、伊集院光氏が「そこそこ面白かった」とコメントしている。おなじみの絵文字も、発想次第でいろいろなものを表せるという再発見がある。

出題者は今回のテーマ(映画、スポーツ、楽しいこと)を発表し、そのテーマに沿ったお題を作成者に伝える。作成者は場に並んだピクトグラムカードを自由に組み合わせて、そのお題を表現する。回答者は自由に思いついたことを言い、お題を当てたら得点。

ピクトグラムカードは透明になっており、自由に重ねることができるのが特徴。このため『スクイント』と比べて表現の幅が広がっている。ただし、それぞれのピクトグラムは「自転車」「森」「女性」「転倒」など具体的なイメージを伝えるものなので、線を組み合わせて表現することができない。柔軟な発想で別なものを表すものとして使うことが必要だ。

3人プレイで30分ほど。私の最初のお題「ゲームマーケット」は、東京ビッグサイトを表現しようとしたが、三角形を逆にしてしまって撃沈。カードやボードを脇に付けたが迷宮入りするばかりだった。一方、2回目は「キャラクター」というテーマで「ドラえもん」で瞬殺。2枚目ぐらいで当てられてしまった。ルールブックの「リオのカーニバル」(下記リンク参照)のようなうまいカードの使い方をするには、熟練が必要だ。

出題者としてはカードを見ながらいいお題を考えるのが楽しい。回答者としては絵を見るだけでなく、出題者の性格や趣味、回答者の関係からお題を予想することも大事そうだ。マニアックなお題を当ててもらえるとすごく嬉しい。

ピクテル
ボドゲイム/ボドゲイム(2015年)
3~6人用/6歳以上/30分
ボドゲイム:ピクテル

『コルセア~海賊~』日本語版発売

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

cosaicは18日、R.クニツィアのカードゲーム『コルセア~海賊~(Korsar)』日本語版を発売した。イラスト・槻城ゆう子、2~6人、および8人用、10歳以上、20分、1800円(税別)。

オリジナルは1992年にアミーゴ社(ドイツ)から発売された『海賊(Pirat)』。同年、アラカルト・カードゲーム賞を受賞した。その後も何度かリメイクが行われ、『コルセア(Korsar)』『ルート(Loot)』などタイトルを変えてドイツ、アメリカ、フランス、イタリア、中国で発売されている。輸入版は国内流通があったが、日本語版になるのは初めて。ルールも改変が加えられているが、この日本版では新旧どちらのルールも入っている。

時は、海賊たちが猛威を振るう大航海時代。プレイヤーたちは、大陸をまたにかける商人となり、海賊たちに襲われないよう、うまく商船を運用しての大儲けを目指す。......というのはあくまで表の顔。実は、その裏では海賊とつながり、大海原をゆく商船を襲わせてはその利益を横取りしていくのがこのゲームの特徴だ。

手番にやることは商船・海賊船のカードを1枚引くか1枚出すかのどちらかだけ。商船を出して、1周の間に海賊船に襲われなければ得点になる。海賊船が出ればまた1周。その間により強い海賊船が出なければ商船が奪われる。危険を承知で商船カードを出港させるか、航海中の商船を海賊船カードで襲わせるか、将来のために手札を補充するかの選択が悩ましい。

プレイヤー同士の様々な思惑や利害が入り乱れて複雑、かつ奥深い駆け引きが展開する傑作カードゲームだ。

ゲームマーケット2015秋、出展〆切迫る

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

11月22日(日)に東京ビッグサイトで行われる「ゲームマーケット2015秋」の出展申込締切(一次)が7月21日(火)までと近づいている。出展する予定の方は忘れずに申し込もう。

ゲームマーケットは、2000年から浅草で行われている国内最大のボードゲームイベント。新旧ゲームの販売、創作ゲームの販売、中古ゲームの販売、同人書籍・グッズの販売などで賑わい、前回は約8500人が参加している(TGiWレポート)。

出展形式は広さ・試遊スペースの有無に応じて一般ブースが6,480~21,600円、企業ブースが41,040~99,360円。このほかに今回初めて、中古ゲームの販売に特化したブース12,960円が募集されている(いずれも税込み)。一次募集は7月21日13:00で締め切られ、空きが残っている場合のみ二次募集が行われる。

申し込みフォームやその他の詳細はホームページにて。

ゲームマーケット2015秋:出店申し込み

ニコニコ生放送で『枯山水』

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

ニコニコ生放送で『枯山水』本日夕方からネットで配信されている「ニコニコ23.5時間テレビ」にて、『枯山水』を京都のお寺から実況うプレイする「ボードゲーム『枯山水』実況in【国宝】大徳寺大仙院本堂」が放送される。放送時間は7月19日(日)午前6時45分から90分。視聴無料。

昨年は総来場者数130万人以上を記録した番組。アイドルから科学まで幅広いジャンルの話題で、多様なゲストを迎え、視聴ユーザーとやりとりを行いながら23.5時間連続で企画が進行される。でんぱ組.inc、きゃりーぱみゅぱみゅ、ヒロミ、天龍源一郎、加藤茶夫妻、石原慎太郎などゲストも豪華。新聞などで大々的に広告が打たれ、昨年以上の来場者を目指す。

注目は今年年明けから話題になっているボードゲームの実況プレイ。舞台となるのは枯山水で有名な京都・大徳寺大仙院(臨済宗)。室町時代を代表する枯山水庭園で、ひろゆき氏、ゲームに出てくる作庭家・重森三玲の孫である重森千青氏、テンデイズゲームズのタナカマ店長らが出演予定だ。見逃すな!


図書館でボードゲーム貸出 山中湖

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

山梨県山中湖村の図書館「山中湖情報創造館」では6月から、ボードゲームの館内貸し出しを行っている。また月1回、ボードゲームの日を設け、集まってボードゲームを楽しむ。

スウェーデン出身の司書、O.ベリー氏のいるこの図書館ではこれまでも、国際ゲームの日にゲームイベントを行っていた(TGiWニュース)。今春に、使わなくなったボードゲームの寄贈を募集し、『ガイスター』『カルカソンヌ』『キング・オブ・トーキョー』『チケット・トゥ・ライド』などを常設するに至った。

館内ならば空いているところで借りて遊ぶことができ、必要ならばルール説明もしてもらえる。図書館の開館時間は9:30から21:00(夏季)/19:00(冬季)まで。

ボードゲームの日は毎月1回、土曜日の15:00から18:00まで。8月はこのほかに、中学生以上を対象とした「大人のボードゲーム・デー」も行われ、『カタン』なども遊ぶことができる。日程はホームページを参照のこと。

図書館でのボードゲーム貸出はドイツでは一般的。エッセンの図書館では、絵本コーナーの近くにボードゲームコーナーが設けられ、親子で遊んでいる姿が見られた。ある程度の広さ、司書のボードゲームの知識、館内での会話についての利用者の理解などが必要だが、山中湖情報創造館の動きが日本の図書館に広まることが期待される。

山中湖情報創造館へのアクセスは、新宿からの中央高速バス富士五湖行きで「旭日丘」バス停徒歩10分。または富士急富士山駅・JR御殿場駅から路線バス「文学の森公園前」バス停下車徒歩2分。

山中湖情報創造館:ボードゲームを始めました
富士山経済新聞:山中湖の図書館でボードゲームの貸し出し 「ボードゲームの日」定期開催も

『仕立て屋シャルロッテの秘密カードゲーム』イベント限定販売

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

本日より全国6会場で行われているSCRAPのリアル脱出ゲームイベント「仕立て屋シャルロッテの秘密」にて、会場限定で『仕立て屋シャルロッテの秘密カードゲーム』が販売される。1500円(税込)。

世界一の仕立て屋と呼ばれるシャルロッテに招かれた若者たちは、人間をマネキンに変えて服を仕立てる魔法を見る。その謎とシャルロっての哀しい秘密を解き明かすというストーリーのリアル脱出ゲーム。「ファッション×謎解き」というテーマで、ファッションデザイナーのコシノジュンコ氏が衣装提供し、展示だけでなく謎を解く手掛かりとなる。

このイベントに合わせて、主催のSCRAPがオリジナルカードゲームを製作。マネキンにならないようシャルロッテをやっつける正体隠匿&トリックテイク風のゲームで、リアル脱出ゲームの興奮が再現できる。イベント会場限定販売で、一般販売の予定はない。

会場は札幌、東京(2会場)、大阪、名古屋、福岡で、毎週末、会場を移しながら9月上旬まで行われている。前売3000円。日時やチケット販売は下記リンクにて。

リアル脱出ゲーム:仕立て屋シャルロッテの秘密


少女漫画にボードゲーム

| コメント(1) このエントリーをはてなブックマークに追加    

作者のツイッターから、少女漫画『アンの世界地図』でボードゲームが登場することを知り、早速購入。月刊誌『ミステリーボニータ』(秋田書店)に連載され、3巻まで単行本が出ている。作者はボードゲームが趣味で、女子会で遊んでいる模様。

ネグレクトという環境で育ったアンは大好きなロリータ服をボロボロにされ、祖母の住む徳島に家出する。そこで着物少女のアキと出会い、同居生活を始める中で、アンのトラウマは解かれ、世界が変わっていくというお話。

親戚の「マサじい」がボードゲームマニアで、孫を麻雀で更生させたという話が出てくる。その孫である「マサ兄(マサキ)」は、アンとピンズ麻雀をするほか、幼なじみの「キヨ兄(キヨヒコ)」と『ブロックスデュオ』をプレイするシーンも出てくる。

マサじいがアンに、ボードゲームの説明をするシーンは『放課後さいころ倶楽部』のよう。日本がファミコンブームの頃、ドイツではボードゲームが進化しており、ドイツ年間ゲーム大賞のことも紹介されている。

何人かで集まってコマやサイコロやカードやらボードやらを机にひろげて遊ぶゲームをまとめてほう言うんじゃけんど、現代のゲームなら誰でもあっちゅう間にルールを覚えて老若男女みんなで楽しぃに遊べるんじゃ。将棋やらと違うんはがんばって勉強せんでもおもっしょうに遊べることかいなあ(第1巻118ページ)

『放課後さいころ倶楽部』と違って、ボードゲームがメインのマンガではない。しかし3巻では徳島がドイツ兵の収容所だった時代の話に遡り、ドイツとのつながりでボードゲームがまた出てきそうな気配もする。ドイツで代表的なボードゲーム『イライラしないで』は、この物語で描かれる第一次大戦時に兵士の娯楽用に戦地に送られたのが国民的ヒットのきっかけとなっている(拙著『ボードゲームワールド』16ページ)。今後の展開に期待。

マンガソムリエ兎来栄寿のブログ 先刻の箚記:アンの世界地図~It's a small world~1巻

『カタン』でギネス挑戦、ジェンコンとシュピールで

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

『カタン』発売20周年を記念して7月にインディアナポリスのジェンコン(アメリカ)で、10月にエッセンのシュピール(ドイツ)で同時プレイ人数のギネス記録挑戦が行われる。現在、エントリーを受付中。

『カタン』の同時プレイは特殊ルールで行われる。ボードを連結し、それぞれのボードに2人ずつ向い合って座り、交互に手番を行う。ダイスの出目は全員共通で、偏りがないようにカードを用いる。交換は向かいのプレイヤーだけでなく、左右斜め向かいまで、4人と交換できる。自分のボードから船をつなげれば、となりのボードにも開拓地などを建設できる。都市は9軒もあり、またとなりのボードや相手の陣地に開拓地を建てるとボーナスもあって、何と25点先取。全参加者で25点を獲得したプレイヤーが出たらゲーム終了で、同点の場合は残った資源カードの種類と枚数で勝敗を決める。前回は48ターンで勝者が決まったという。プレイ時間は2時間を見込む。

同時プレイの世界記録は、2005年ケムニッツ(ドイツ)での816名が最初。その後、2013年にインディアナポリス(アメリカ)で922名が参加し記録を破った。

今年の記録挑戦はいずれもボードゲームイベント内で行われる。インディアナポリスではジェンコン期間中の7月31日(金)の19時から、エッセンではシュピール期間中の10月10日(土)の15時から行われる。インディアナポリスの参加費は26ドル、エッセンは7~13ユーロで、参加者全員に限定コマ・カードなどの記念品が贈られる。1000人の大台に乗るかどうか見どころだ。

Catan:Catan - Big Game

ゲーム全格納庫(Allerley Spielerey)

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

全部別々のボード、しかも木製

R.クニツィアの幻のゲームアンソロジー。『古代ローマの新しいゲーム』(1994年)と同じ年に発売されたが、木製のケースに木製のボード、さらにワインまで入っている豪華仕様で、限定100セットしか作られていない。テーマはドイツ兵で、木製ボードのデザインに反映されている。

2人ゲームを除いて3人で4ゲームをプレイ。

シャンツェン

『シャンツェン』はダイスで自分のコマを進めるレースゲーム。8個のダイスを振り、1つの出目を選んでそのダイスを確保。残りを振って、また別の目を選んでそのダイスを確保していく。そのうちすでに選んだ出目しか出なかったらバーストで進めない。

バーストする前に振らずにやめることができ、その時点で確保してあったダイスの合計から20を引いた分だけ進める。先にゴールに着いた人の勝ち。

ダイスは全て確保しなくてもよく、例えば6だったら全部確保したいところだが、6があまり出なければ、1を1個だけ取り除いて次にかける手もある。最終的にはダイス運だが、「とりあえず4をとってみる戦法」などいろいろな選択肢が考えられて面白かった。

蹄鉄ゲーム

『蹄鉄ゲーム』は陣取りゲーム。各自1から12の番号が振られたコマを混ぜて、1つをめくり、好きな蹄鉄の上に置いていく。ほかの人のコマがある蹄鉄は、その数字以上なら上に重ね、その数字未満ならその下に入れる。

こうして全員が全ての蹄鉄に置いたらゲーム終了で、各蹄鉄に一番数字の大きいコマを置いていた人(最後にコマが上にあった人)にその蹄鉄の得点が入り、合計を競う。

何番のコマを引くかは分からないが、数字の大きいコマは得点の高い蹄鉄に置きたい。しかし欲張りすぎるとほかの人に取られてしまうかもしれない。カウンティングも相まって、どの蹄鉄に置くかが非常に悩ましいゲームだった。

飲食競争

『飲食競争』は売買ゲーム。ハム、チーズ、パン、ワインという4つの品物の価値が毎ラウンドダイスで変わるので、安いうちに仕入れ高くなったら売る。こうして手持ちの分を最初に2倍にしたら勝つ。

ただしお金はなくて物々交換。チーズの価値が4で、パンの価値が2、ワインの価値が1だったら、チーズを出してパンとワインを手に入れられるが、お釣りは出ない。1回で交換できるのはそれぞれ1個ずつなので、大儲けはできずコツコツと増やしていかなければならない。

交換方法に思ったよりバリエーションがないものの、途中で賭けに出て一気に増やすか、あるいは品物を減らすかという場面があり、そこでの成否が勝敗を分けた。

王宮にて

『王宮にて』は、豆を握って自分のコマを進めるゲーム。豆は0~9の範囲内で握った数だけ進めるのが基本だが、ラウンドごとにカードがめくられ、制限がかかる。

カードには、欲張りすぎると進めないというジレンマが仕込まれている。「一番高い数を出したら戻る」「一番低い数+2より大きい数を出したら戻る」「全員の数の合計が8より大きければ全員戻る」など。ほかの人を陥れたり、出し抜いたりする読み合いが楽しい。

ゴールである「王座」に最初にたどり着くか、12ラウンドで最も先に進んだ人の勝ち。

このほかに2人ゲームとして『コントラ』と『ギルドの石』というゲームが入っている。いずれも数字の弱いコマを取り合うゲームで、先の先を読まなければならない。どのゲームもシンプルながらクニツィア節全開で、「クニツィアめ~」(うぅ、懐かしいフレーズ)と言いながら楽しめる。

Allerley Spielerey
R.クニツィア/プロ・リグノ(1994年)
2人用・15分(コントラ)、1-4人用・20-30分(シャンツェン)、2-4人用・15分(蹄鉄ゲーム)、2-4人用・10-20分(飲食競争)、2人用・10分(ギルドの石)、3-7人用・20-30分(王宮にて)

文化放送『エジソン』でボードゲーム特集

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

7月11日放送の文化放送ラジオのアニラジ番組『A&G TRIBAL RADIO エジソン』にて、ボードゲーム特集が組まれた。アニメ・ゲーム関連の新製品や関係者を紹介するコーナー「未来ソケット」にゲームマーケット事務局の刈谷圭司氏が登場し、『かたろーぐ』を実際にプレイする様子が放送された。

『A&G TRIBAL RADIO エジソン』はアニメやゲームのニュースを中心に、声優やオタクトレンドに深く踏み込む情報バラエティー番組。声優の花江夏樹氏と日高里菜氏がパーソナリティーを務める。過去2回、野球中継の延長のため放送できなかったボードゲームがようやく取り上げられた。

ゲームマーケット事務局の刈谷圭司氏がゲストに招かれ、ボードゲームをめぐる国内外の状況を紹介。続いて『かたろーぐ』をパーソナリティーが実際にプレイした。「かなったらいい夢」というテーマで、いくつかの候補をランキングし、ほかの人がその順位を当てる。全問不正解という結果に終わってしまったが、楽しんだ様子だった。

番組内ではほかにも『街コロ』『キャット&チョコレート』『ラブレター』『モモンガジャンプ』が言及され、国産ゲームの活況を印象づけた。

文化放送エジソン:アニメ化の真相は『豚さん』のおかげ!?
togetter:文化放送の人気番組「エジソン」でボードゲーム特集のまとめ

ホビージャパン、8-9月の輸入リストを発表

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

ホビージャパンは今年8-9月に発売予定の輸入ボードゲームリスト7タイトルを発表した。いずれも外国語版で、日本語ルールが添付する。今回はすべてフランス語圏の出版社の作品が並んでいる。秋のエッセン・シュピールより一足早い発表だ。

栄光のスターファイター(Starfighter)
S.ボーダン作、イスタリゲームズ(フランス)、2人用、12歳以上、30分、4,500円(税別)、8月下旬発売予定。
第三次太陽圏戦争、各勢力は豊富な鉱物資源を含む小惑星をめぐり、空間優勢を奪い合っていた。2115年の戦場で、単身小型の空間戦闘機を駆り、巨大な巡航艦のあいだをすり抜けて攻撃を加えるパイロットたちは、あらゆるメディアでもてはやされる真の英雄的存在、スターファイター(天駆ける戦士)と呼ばれていた。プレイヤーはこの未来の英雄となり、カードをプレイしていくことで敵の戦闘機編隊をかいくぐり、敵の巨艦を拿捕しなくてはならない。
巡航艦ボードは5列のカード配置マスがあり、一辺で接するように並べ、少なくとも2列で接するようにしなくてはならず、ゲーム中にその位置関係は移動する。お互いカードプレイで自分の巡航艦ボード上の列に編隊カードをプレイすることで攻撃隊を編成し、ダメージを出し合うことになるが、巡航艦ボードの取りうる未来位置(どの列とどの列が接触するのか)やカードの特殊能力、カードの向きなどにらみつつ、お互い優位に立つべくカードをプレイしていく。
両者がパスしたらイニシアチブを持つ側が巡航艦ボードを移動し、編隊による攻撃を処理していく。はたして君の編隊は思惑通り攻撃できるだろうか。ルールはシンプルだが読みの要素が重要となってくる、プレイ時間も短くアートワークが美麗な2人用対戦型のカードゲームだ。

スターファイター

ディスカバリーズ:ルイス・クラークの足跡(Discoveries)
C.シャボーシ作、ルドノート(フランス)。2-4人、30-45分、5,800円(税別)、8月下旬発売予定。
1803年のルイジアナ買収により、アメリカは西部への門戸が開かれることとなった。しかし、まだ見ぬ西海岸までの土地は地図さえ無い未知の土地であった......。アメリカ開拓黎明期に陸路で太平洋まで探検し、帰還した史実をもとにしたボードゲームで、『ルイス・クラーク探検隊』と同じ作者、同じテーマのダイスゲームだ。プレイヤーはそれぞれ探検隊の一人となり、その探検の記録を記します。初めて見る動物、通過した地形、遭遇した現地部族などの記録を残していく。
ゲーム中に獲得できる「部族/発見カード」は、ゲーム終了時に得点となる。これらのカードを得るためには、探険アクションを行ってダイスを使用することになる。ダイスの目は可能なアクションを表すが、毎ターン振るわけではなく、ルールに従って管理していく必要がある。
プレイヤーの中で最も多くの記録を記してセントルイスまで帰還した者こそ、第3代アメリカ合衆国大統領、トーマス・ジェファーソンにより讃えられることになるだろう。好評のボードゲーム、注目のダイスゲーム版だ。

ディスカバリーズ

キャッシュ&ガンズ第2版拡張 もっとお金と拳銃を!(More Ca$h'n More Guns)
L.モーブロン作、ルポ・プロドゥクシオン(ベルギー)、4-8人用、10歳以上、30分、4,500円(税別)、8月下旬発売予定。プレイするためには『キャッシュ&ガンズ第2版』が必要。
強盗たちの報酬山分け交渉ゲーム、キャッシュ&ガンズ第2版の拡張セットが登場。金も銃もおかわりが来た!
この拡張をで手に入るのはそのタイトル通り、新しい銃(チャカ)4丁と(デリンジャー風、コルトSAA風、ワルサーPPK風×2)と新たな略奪品分配カード16枚。加えてゲームの展開をさらに楽しくする新しいパワーカードと秘密のパワーカードなどなど盛りだくさんの内容となっている。特に初版で好評だった潜入捜査員ルールがこの拡張で登場するので、ファンには見逃せない。



精霊の紋章シジル(Siggil)
H.ケーマレック作、カプシクムゲームズ(フランス)。1-4人用、8歳以上、20分、2,600円(税別)、9月上旬発売予定。
「精霊の紋章」を操り、封印から逃れた精霊を捕らえよ。自分の手番に捕らえることができるカードは1枚のみ。間違うことなく正しいものを選べるか?
精霊の紋章は、精霊を捕らえ、封印する魔力の印形である。プレイヤーは紋章を開放し、逃れた精霊を捕縛しなくてはならない。山札には1から7までの数字が記された7つの領域のカード49枚と、7つの領域に対応する《精霊》のカードがあり、シャッフルした後で最下層は表向きにならべ、2層目は裏向きでかぶせるように、3層目は表向きにかぶせるように......といった具合に配置する。これが、精霊をとらえている紋章(シジル)だ。紋章の配置は何種類か流派があり、「道」、「亀」、「ピラミッド」などと呼ばれる配置がある。
プレイヤーは自分のターンにこの「紋章」からカードを1枚取り手札とする。《精霊》が「紋章」より解放されたら、手札にしたカードを適切な組み合わせで使用することで「捕縛」できる。ゲーム終了時に、最も多くの精霊をとらえたる者が勝者となる。他のプレイヤーの手札を読みつつ、精霊をいつ解放し、捕縛するかの駆け引きも悩ましい、美しいアートワークが見逃せないカードゲームだ。1人でプレイできる点も見逃せない。

フリート・コマンダー2:ゲートを超えて(Fleet Commander: 2 - Beyond the Gate)
H.レディシ、E.シャーペンター作、カプシクムゲームズ(フランス)。2人用、12歳以上、60分、4,000円(税別)、8月中旬発売予定。プレイするためには『フリート・コマンダー』基本セットが必要。
手軽なルールと奥深い戦略性と、ミニチュアの出来のよさで好評の『フリート・コマンダー』の拡張セット。新たな艦種「巡洋艦」が加わり、ミニチュアも各陣営向けに2隻ずつ用意される。また新特殊兵装も3種類、新宙フィールドタイルも2枚用意される。さらに、独自の艦隊を編成し、3人以上のプレイヤーで遊べる「星間ゲート」のルールと艦隊識別マーカーも含まれているほか、星間ゲートを巡る2つのシナリオも収録されている。
新たな編成、新たな戦場 ―― ゲートを超える準備はできているか?

フリート・コマンダー:軌道戦闘 (Fleet Commander - Orbit)
H.レディシ作、カプシクムゲームズ(フランス)。2人用、12歳以上、45分、4,000円(税別)、8月中旬発売予定。プレイするためには『フリート・コマンダー』基本セットが必要。
フリート・コマンダーの戦闘は比較的自由な星系間の凪いだ空間で行われるとは限らない。戦略拠点となる恒星系をめぐり、主星の重力影響下である軌道上での任務を遂行せよ。60cm×60cmのラバーマット製の新マップは、中央に恒星系を配しており、その周りを同心円上にマス目が切られている。恒星の重力が戦場を支配するなか、君の艦隊は敵艦隊を排除できるだろうか。

フリート・コマンダー:深宇宙(Fleet Commander - Deep Space)      
H.レディシ、E.シャーペンター作、カプシクムゲームズ(フランス)。2人用、12歳以上、60分、2,000円(税別)、8月中旬発売予定。プレイするためには『フリート・コマンダー』基本セットが必要。
『フリート・コマンダー』のマップが豪華なラバーマットになった。トレーディングカードゲームなどでよく用いられるプレイマット同様の材質でプレイしやすい。また、60cm×60cmのサイズは汎用性が高く、他のゲームで使用することも可能。また基本セットのダイスの代わりとなる、青いダイスのセットも付属する。

『オリジン』日本語版発売

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

cosaicは11日、フランスの人類発展ゲーム『オリジン(Origin)』日本語版を発売した。A.マイニーニ作、2~4人用、8歳以上、45分、4,500円(税別)。

ゲーマーズゲームからファミリーゲームに手を広げているマタゴー(フランス)が2013年に発売した作品。人類の発展史という壮大なテーマが、可愛らしくユニークな木製のコマで楽しめる。

背の高さ、太さ、そして色の異なるさまざまな人型のコマが、アフリカから陸をわたり、海を越えて世界中に広がりながら、知識をつけ、技術を手に入れて文明へと発展していく。コマを増やすには、となりにあるコマと要素(大きさ、太さ、色)が共通しているものだけを置くことができる。移動先ではカード、イノベーションタイル、獲物タイル、海峡タイルを手に入れ、新しい能力や得点になる。カードやタイルが尽きたらゲーム終了となり、最後は目標カードに書かれた通りにコマが配置されていればボーナスが入り、合計得点の多いプレイヤーが勝つ。

通常のクラシックルールに加えて、小さな子供でも遊べるように簡略化したジュニアルール、2つのルールバリエーションを収録し、家族みんなで楽しく遊べるようになっている。

オリジン(コンポーネント)

ルーマニア年間ゲーム大賞2014に『キャメルアップ』『ファイブトライブス』

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

ルーマニアのボードゲームサイト"Jocul Anului(年間ゲーム大賞)"は今月1日、2014年のルーマニア年間ゲーム大賞を発表した。投票と審査員推薦で選ばれたノミネート作品の中から、『キャメルアップ』が入門者部門に、『ファイブトライブス』がアドバンスト部門に選ばれた。

昨年1年間にルーマニアで発売された作品からベストゲームを選ぶ賞。一昨年から2部門に分かれ、一昨年は『スターウォーズ・Xウィングミニチュアゲーム』と『ツォルキン』、昨年は『アウグストゥス』と『マデイラ』を選んでいる。入門者部門とアドバンスト部門は、ボードゲームギークの重さ評価(1軽い~6重いのユーザー評価平均)で分けている。

ノミネートは一般ユーザーの投票をネットで受け付けられ、3位までが自動でノミネート入り、4~10位から3タイトルを審査員が選んでノミネートに入れた。入門者部門は『キャメルアップ』『スターレルム』『宝石の煌き』『グローグアイランド』『ゾンビ15』『シノビ』がノミネートに入り、アドバンスト部門には『ファイブトライブス』『工房の錬金術師』『カンバン』『イスタンブール』『プラエトル』『ヴェルサイユ』がノミネートに入っている。

ノミネート作品は審査員がシステム25%、インタラクション10%、テーマ20%、コンポーネント15%、個人的な評価30%で採点し、大賞を決定した。ルーマニア語版のベストゲーム部門には『世界の七不思議』が選ばれた。

Jocul Anului:Castigatorii premiilor Jocul Anului in Romania 2014

『宝石の煌き』携帯アプリに

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

デイズ・オブ・ワンダー社は9日、世界的に人気を集めている『宝石の煌き(Splendor)』の携帯アプリ版(PCでもプレイ可)を発売した。iOS版6.99ドル、Android版849円。

2014年に発売され、ドイツ年間ゲーム大賞ノミネート、ゴールデンギーク賞・ファミリー部門大賞、オリジンズ賞・カードゲーム部門大賞、オランダゲーム賞・ファミリー部門大賞、日本ボードゲーム大賞・投票部門1位と数々の賞を受賞しているゲーム。これまで30カ国で20万セット以上販売されており、今月中旬には、日本語版もいよいよ発売される(TGiWニュース)。

携帯アプリ版では、コンピューター対戦の1人用と、携帯機器を回して遊ぶ2~4人用のモードがあるほか、シナリオに基づいて目標得点や特定のカードの組み合わせを集めるチャレンジモードも搭載。手番数や時間制限もあってパズルのように楽しめる。

今月19日にはホビージャパンゲームフェスティバルにて、第1回日本選手権が開かれる『宝石の煌き』(TGiWニュース)。腕を磨くのも、単に楽しむのもよさそうだ。

Days of Wonder Online:Splendor
Apple iTunes:Splendor
Google play:Splendor


中央・総武線ボードゲームフェスタ、8月9日

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

テンデイズゲームズテンデイズゲームズは、店舗オープン5周年を記念して「中央・総武線ボードゲームフェスタ」を開催する。8月9日(日)11-18時、三鷹産業プラザ7階(JR三鷹駅徒歩7分)、入場料500円(予定)。

中央・総武線沿線のボードゲームショップ・出版社が大集合。東から順に、イエローサブマリン(秋葉原)、ロール&ロールステーション(秋葉原)、メビウスゲームズ(水道橋)、ホビージャパン(新宿)、すごろくや(高円寺)、テンデイズゲームズ(三鷹)、ニューゲームズオーダー(立川)が出展を予定している。詳細はこれから発表されるが、物販やミニ大会形式のデモプレイが予定されているという。

テンデイズゲームズはネットショップを経て2010年に実店舗オープンした(TGiWレポート)。それ以来、トークイベント出演、ウェブラジオや動画の配信、書籍『ボードゲームガイド500』の出版、話題の日本語版制作など多方面に活躍している。

テンデイズゲームズ:中央・総武線ボードゲームフェスタ

2015年4〜6月のアクセス解析

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

アクセスが多かった記事ランキング(セッション数)
1.ゲームマーケット2015春:国産オリジナル新作リスト 4475
2.ドイツ年間ゲーム大賞2015ノミネート 3637
3.ゲームマーケット2015春:新作評価アンケート結果 3511
4.『逃げゾンビ』日本語版、6月13日発売 3212
5.『きぎ』日本語版、5月5日発売 2742
6.ホビージャパン、3~5月の輸入リストを発表 2667
7.スチームパーク(Steam Park) 2665
8.ホビージャパン、4-7月の輸入リストを発表 2634
9.ゲームマーケット2015大阪:新作評価アンケート結果 2441
10.ゲームマーケット2015春:国産新作評価アンケート 1622

5月に行われたゲームマーケット2015春に関連して、新作リストやアンケートが注目されました。この結果が、今秋発表のゲームマーケット大賞の一次審査に使われることになったことで関心を集めているようです。『街コロ』がノミネートされたドイツ年間ゲーム大賞は、日本のボードゲームへの注目から例年以上に盛り上がったと思います。

日本語版では『逃げゾンビ』と『きぎ』、輸入版では『バロニィ』『エリジウム』『ロール・フォー・ザ・ギャラクシー』が今期注目されていました。

3ヶ月のページビューは416,397(1日平均4,575)、ユーザ数は71,891でした。いつもご訪問頂きありがとうございます。

偽通販サイトに注意喚起

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

アークライトは9日、「キャラクターグッズ通販専門店」というサイトに商品の卸がないことを発表し、お金を支払っても商品が届かない詐欺行為の恐れがあるとして注意を呼びかけている。

「キャラクターグッズ通販専門店」のサイト(URL)には、ホビージャパン、アークライトの日本語版や、国産ボードゲームが並んでおり、割引価格で表示されている。しかし商品説明と画像はホビーショップ「あみあみ」のコピーである上に、会社概要の連絡先にはメールアドレスしか記載されていない。このメールアドレスに対し、お店の名前、住所、電話番号を尋ねるメールを8日に送信したが、現在までのところ回答はない。ドメインの管理者は上海で登録されており、日本語の表示がおかしいという偽通販サイトの特徴も見られる。

アークライトでは、このサイトに表示されている商品を卸していないことを確認したとして、商品代を振り込んでも、商品が届かない可能性が高いと注意喚起を呼びかけている。値段につられてポチらないように注意しよう。すでに注文した方は、すぐに警察へ。振込先の銀行口座にお金が残っていれば、警察が金融機関を通じてお金を振り込んだ銀行口座を凍結してくれる。

ゲームマーケット公式:偽通販サイトにご注意ください

原始人の晩餐(Primitive Men's Dinner Party)

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

食べ過ぎない

原始人の晩餐

バッティングしないように狩猟か採集を選んで、たくさん食料を集めるカードゲーム。『オレカジ!』のタガミゲームズがゲームマーケット2015春に発表した。食料を支払って雇う仲間の特殊能力によって、各プレイヤーの狙いが絞られ、読み合いが熱い。

獲物を狩りに行くか、果物を採りに行くか、どちらにも行かないで武器を作るかをひそかに選び、それぞれ対応する手札を出して一斉にオープン。獲物と果物は、出したカードの数字が大きい人から取れる。ただし、数字がバッティングした場合はもらえず、権利は単独の次点に移る。『はげたかのえじき』式である。

獲物のほうが食糧ポイントが大きいが、出したカードは返らず、武器を作るというアクションを選んで補充しなければならない。果物は食糧ポイントが低いが、出したカードはラウンドの最後に戻ってくる。手札から2枚以上出して数字を合計することもできる。そのため手札の枚数は同じではなく、手札の状況から狙いが読める。「手札が少ないから、狩猟はこないはずだ!」「・・・と思わせといて、狩猟でしたー!」

獲物カードを補充してこれを繰り返し、補充がなくなったら活動フェイズが終了。いよいよ晩餐フェイズである。『アグリコラ』の食料供給フェイズのように、手持ちの食料を食べなくてはならない。最初のラウンドは楽だが、仲間を雇うほど必要な食料は増える。最終的には食べないでとっておいた獲物が得点になるので、果物をほそぼそと食べて温存しておきたい。

ラウンドの最後に、仲間を雇える。場に何枚か並ぶので、順番に食糧を支払って1人ずつ取っていく。仲間がいるとカードを自動補充できたり、多く補充できたり、バッティングで勝てたり、あるいは得点になったりする。しかしこうした能力を使わなければ、無駄飯ぐらい。いい仲間が見つからければ見送ったほうがよいことも。

4ラウンド終了後、食べないでおいた獲物カード、仲間カード、また各ラウンドの最後にもらえるラウンドボーナスを合計して多い人の勝ち。

5人プレイで45分。手札が1枚まで減ると自動補充される「従者」、何の能力もないが得点になる「避難民」を獲得。とりたてて強力ではないが、その分いい獲物を温存できて1位。バッティングゲームは数あれど、仲間カードの出る順番によって展開が変わるところが面白い。

原始人の晩餐
田上雄一/Tagami Games(2015年)
2-5人用/8歳以上/30‐60分

『進撃の巨人』がボードゲームに デザインはボザ&モーブロン

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

クリプトゾイク・エンターテインメント(アメリカ)は2016年、日本のコミック『進撃の巨人(英題:Attack on Titan)』をテーマにしたボードゲームを制作していることを明らかにした。デザインは、A.ボザとL.モーブロン(共にフランス)が担当する。

A.ボザは日本通で知られ、代表作に『世界の七不思議』『花火』『タケノコ』などがある。L.モーブロンは『キャッシュ&ガンズ』のデザイナーで、2人は今年のゲームマーケット2015春で来日している(TGiWニュース)。

クリプトゾイク・エンターテインメントは『ロード・オブ・ザ・リング』『ホビット』『ゴーストバスターズ』などのボードゲームを次々と制作しており、今回はフランスの出版社ドント・パニック・ゲームズとのコラボによりこのゲームを製作する。そして今週末に開かれるロサンゼルスのアニメ博と、パリの日本博で展示されることになっている。

ボザとモーブロンはコンビで『ランペイジ:怪獣征服』(TGiWレビュー)をデザインしているが、『進撃の巨人』は新しいシステムになる。1人のプレイヤーが立体の巨人コマを担当し、ほかのプレイヤーが登場人物を担当して巨人コマを登り、倒すことを試みるという。

ICv2:'Attack on Titan' Board Game
CBR:'Attack on Titan' board game coming from Cryptozoic(プロトタイプ写真)

ヒーローカンパニー(Hero Company)

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

ヒーローといえどサラリーマンなわけで

ヒーローカンパニー

月刊『ヒーローズ』の連載で単行本にもなっているコミックを、『街コロ』のグランディングがボードゲームにした。「ヒーローカンパニー」の社員となって、5人戦隊のライバルと協力しつつ出しぬき、高い評価を得ることを目指す。

毎ラウンド3つの事件が起こる。「痴漢」や「コンビニ強盗」、そして「無差別暴行」「銀行襲撃」など。その合間に「特訓」も行われる。これらの事件を見て、順番にどの事件に向かうかを決める。自分の現在の戦闘力を見て、解決できそうなところを選ぼう。ほかの人と同じ事件に向かってもよい。

ここで「イベントスキル」というカードを出すことができ、ほかのプレイヤーを同じ事件に集めたり(「緊急招集」)、逆にほかの事件に飛ばしたり(「ここは任せろ」)といった調整ができる。難事件には助っ人を呼び、手柄を奪われそうになったら追い出してしまうという利己的なヒーローたち。

事件の解決は基本ダイスで、「バトルスキル」というカードでダイスを増やしたりできる。勝利条件の数字を上回れば解決。満たなければ同じ事件に参加している次のプレイヤーがサイコロを振って累積させる。全員がサイコロを振っても勝利条件に満たなかった場合はライフを失う。出目が大きい「必殺ダイス」をどこで振るかが大事だ。

解決すると、解決したプレイヤーにポイントと、参加した全員に(ダイスを振っていなくても!)「査定カード」か「技カード」が渡される。「技カード」は上記のイベントスキルかバトルスキルで、次の事件に備えておく。「査定カード」はゲーム終了時にポイントになるが、プラスばかりとは限らない。「無駄な出費」や「命令違反」のカードを引くとマイナスになってしまうので、「イベントスキル」でほかのプレイヤーに押し付けてしまおう。

最後はライフが残っているプレイヤーの中で、ポイントの多いプレイヤーの勝ち。だから当然、協力より競争である。他人の足を引っ張ってでも出世を目指す!

5人プレイで30分。難易度の高い事件に全力を注いで、そこで得られる報酬で次の事件に立ち向かう作戦だったが、最後の決戦まで体力がもたなかった。そのため最終ラウンドは手を抜いて、こそこそと査定カードを奪ったり押し付けたり。ヒーローとしてどうなのかという戦いぶりで1位。ヒーローだったら、確率の低いダイスで奇跡の一発逆転といきたいところだが、現実はそうではないみたいだ。

ヒーローカンパニー
菅沼正夫/グランディング(2015年)
3~5人用/10歳以上/30分

ドイツ年間ゲーム大賞2015に『コルト・エクスプレス』、エキスパート大賞は『ブルームサービス』

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

ドイツ年間ゲーム大賞(Spiel des Jahres)選考委員会は本日10時30分(日本時間の17時30分)、ベルリン市内のホテルにて今年度大賞の発表と授賞式を行った。5月18日に発表されていた(TGiWニュース)各3タイトルのノミネート作品から、大賞には『コルト・エクスプレス』、エキスパートゲーム大賞には『ブルームサービス』が選ばれた。

審査員は授賞式の前夜に投票して大賞を決定する。当日はノミネート作品のデザイナー、イラストレーター、出版社の代表が招かれ、それぞれ3タイトルのノミネート作品を順番に紹介した後、大賞が発表された。

大賞には『コルト・エクスプレス』(ルドノート)が選ばれた。西部劇をテーマにしたフランスの出版社のボードゲームで、審査委員会は「西部劇のパロディーのようなゲーム。ドタバタの中で盗賊たちは確実だと思っていた獲物を殴られて失ったり、誰もいないところに銃を撃ったりする。ほかのプレイヤーが失敗したのを笑っていると、今度は自分がハチの巣になる。このような計画性とカオスの混合が魅力と機知を生み出す。立体のボードになった機関車と客車がさらに目を引く」とコメントしている。フランスの作品が受賞するのは一昨年の『花火』以来2年ぶり4回目。フランスの躍進を印象付ける結果となった。

今年の大賞には日本ゲームの『街コロ』がノミネートされた。このためデザイナーの菅沼正夫氏と、ドイツ市場に紹介したヤポンブランドの健部伸明氏らも授賞式に出席している。日本ゲーム初の大賞受賞はならなかったが、壇上で賞状を受け取った。

エキスパートゲーム大賞に選ばれたのは『ブルームサービス』。2008年に年間大賞にノミネートされた『魔法にかかったみたい』のボードゲーム版が5年目となる同賞を受賞することになった。リメイクで大賞を受賞するのは『ズーロレット』などの先例があるが珍しい。審査委員会は「強気か弱気か。この問題は赤い糸のように『ブルームサービス』にもある。ハイリスクのアクションで強力な効果を狙うか、慎重に確実にいくかという選択に常に迫られるのがエキサイティング。臨機応変の戦術で相手を煙に巻けば、本当に魔法の瞬間を経験できる。特に素晴らしいのは追加可能な上級バリアントルールによってリプレイ性を高めていることだ」という。

ドイツ年間キッズゲーム大賞の発表は先月10日に発表され『スピンデレラ』が選ばれている(TGiWニュース)。

『コルト・エクスプレス』は日本語版が発売されているが、『ブルームサービス』の流通はまだ始まっていない。

Spiel des Jahres e.V.
TGiWレビュー:コルト・エクスプレス
TGiWレビュー:ブルームサービス



Broadcast live streaming video on Ustream

ミネルウァ(Minerva)

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

縦横上手に都市計画

ミネルウァ

施設を並べてローマ帝国の都市を作るタイル配置ゲーム。OKAZU Brandがゲームマーケット2015春に発表した作品で、当サイトの新作評価アンケートで2位になっている。タイルを縦横一列に並べて一気に発動させるシステムが面白い。

毎ラウンド、施設タイルが全員の前に並べられている。この中から1枚を選び、建設コストを支払って自分の都市に加えていく。施設には資材が手に入る「生産施設」、手持ちの資材に応じて収入が入る「商業施設」、都市の文化レベルを上げる「文化施設」、資材を軍事力に換える「軍事施設」、さまざまな効果をもつ「特殊施設」があり、どの要素に力を入れ、どういうコンボを作っていくかが考えどころとなっている。

これらの施設の多くは、配置しただけでは使えない。「住宅」を建てると、そこから見て縦か横に一方向に並んでいる施設が全部発動するのだ。資材が手に入り、その資材が収入になり、資材を軍事力に換え......これまでの計画が実るときだ。

施設はできるだけ増やしてから、一気に使ったほうがよい。しかし使わないままだと、資材や収入が手に入らないので新しい施設が入手しにくくなっていく。資材が少なくなっていくのを我慢して施設を増やすか、早めに使って資材を手に入れ選択の幅を増やすかも悩ましい。

住宅の建設によって発動する施設は、別の住宅に到着するまでとなっているため、ひとつの列は、両端に住宅を置くと(2回使うと)もう使えなくなる。そこで今度は縦に施設を並べ、別の方向から施設を発動させなければならない。こうしてクロスワードのような都市ができあがる。

最終的に得点になるのは「神殿」である。「周囲8マスにある商業施設1軒につき3点」「最後に残った石材1個につき2点」などの条件があり、これが各プレイヤーの戦略となっていく。建設コストは高いが、できるだけ早いうちに建設して方針を決めておきたい。

こうして場にある施設・神殿・住宅を配置していき、全員がパスをしたら、お金か軍事力を支払って「補佐官チップ」を獲得できる。これは一度使った住宅を再利用できる強力なチップで、列を長く伸ばすのに役立つ。そしてラウンドの最後に軍事力を比べ、上位に得点が入る。6ラウンドでゲーム終了。

4人プレイで90分。資材を節約し、補佐官チップを使って長い列を作ったcarlさんが1位。縦横にこまめに使い分けた神尾さんが最下位で、列の長さが勝敗を分けた結果となったが、carlさんは資材のやり繰り上手で、いいタイルを効果的に集めたのが勝因のようだ。

効果を一度に発動したり、神殿で得点化したりするのは『デウス』と軌を一にするが、タイルを縦横に並べていくパズル感覚が楽しく(どこまで広がるか分からないので床推奨)、また施設の先取りだけでなく、文化マークや軍事力の競争もあって適度なインタラクションもある。遊びごたえたっぷりの本格的なボードゲームである。

Minerva
林尚志/OKAZU Brand(2015年)
1~4人用/10歳以上/60~90分

『私の世界の見方』日本版、第2回お題アイデアコンテスト結果発表

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

スイスの傑作コミュニケーションゲーム『私の世界の見方(Wie ich die Welt sehe...)』のローカライズ日本版を企画しているテンデイズゲームズ(東京・三鷹)は、6月に行われた第2回お題アイデアコンテストの結果を発表した。受賞作品は製品版に収録されるほか、副賞として製品(発売日未定)が贈呈されることになっている。

『私の世界の見方』は、1人がお題カードを読み、ほかの全員が空欄にふさわしいと思う単語カードを出して、お題カードを読んだ人が最も気に入ったものを選ぶゲーム。スイスのU.ホシュテトラーの作品で、お題カードと単語カードの豊富さで高尚にも下品にも遊べる。日本版の制作は2012年に発表されていたが、諸事情により延期されている。テンデイズゲームズのタナカマ店長によれば「作業ももう大詰め」という。

入賞作品は以下の通り。下記のリンクでは審査員のコメントや、最終候補作品も掲載されている。

大賞
世界一の影絵名人が、自分の手だけで限界に挑んだ大技-○○(にしだまことさん作)

特別賞(準グランプリ)
卑怯だぞ!真剣勝負に○○を持ち込むだなんて!(Harry.Tさん作)

テンデイズラジオ賞
父は母をアドレス帳に○○で登録している。(ろこむさん作)

森木ノ子賞
修学旅行で京都に行っていろんなお寺を見たが、一番印象に残っているのは○○。(あそさん作)

Table Games in the World賞
パンがなければ○○を食べればいいじゃない。(彼葉さん・あそさん作)

ボードゲームおっぱい賞
ハードモードをクリアすると現れる○○モード(木曜屋さん作)

納富賞
ネットオークションで中古のボードゲームを買ったら、緩衝材の代わりに○○が入っていた。(しょーじさん作)

Daily Life is a game:「私の世界の見方:日本版」発売記念!第二回お題アイデアコンテスト:結果発表!
TGiW:『私の世界の見方』日本版、お題アイデアコンテスト結果発表(第1回)

『ドミニオン:錬金術&収穫祭』日本語版、7月下旬発売

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

ホビージャパンは7月下旬、品切れが続いていた『ドミニオン:錬金術&収穫祭デュアルセット』日本語版を発売する。2-4人用、8歳以上、30分、4,500円(税別)。プレイするためには『ドミニオン』基本セット、『ドミニオン:陰謀』、『ドミニオン:基本カードセット』のいずれかが必要。

『錬金術(Alchemy)』は2010年に発売された拡張セット第3弾。新たな財宝カード「ポーション」を加え、ほかのプレイヤーのターンをコントロールするカード、デッキの枚数ごとにコイン数が変わる財宝カードなど、超強力かつユニークな新能力を加える。「ゴーレム」のインパクトは記憶に新しい。

『収穫祭(Cornucopia)』は2011年に発売された拡張セット第5弾。 「多様性」がキーワードで、自分の山札・手札・プレイエリアにあるカードの種類が多いことで、大きな効果をもたらすカードが特徴。同じカードが買いにくくなり、バラエティに富んだゲーム展開が楽しめる。

いずれも中箱で発売され、長らく品切れになっていた。1つの箱に収まったことで収納性も高まっている。

『ノイシュヴァンシュタイン城』日本語版、8月8日発売

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

アークライトは8月8日、タイル配置型の城作りゲーム『ノイシュヴァンシュタイン城(Castles of Mad King Ludwig)』を発売する。T.アルスパッチ作、1~4人用、13歳以上、90分、5,000円(税別)。

ベジエゲームズ(アメリカ)から2014年に発売された作品。国内ではゲームストア・バネストから『狂王ルードヴィヒの城』というタイトルで発売されている。同社の作品をアークライトが日本語版にするのは『究極の人狼』『シティビルダー(Suburbia)』に続いて3タイトル目となる。

ゲームのモチーフになったのは「狂王」の異名で知られるバイエルン王ルートヴィヒ2世と、彼が熱中して建設した3つの城の中の1つ、ノイシュヴァンシュタイン城。彼が愛してやまなかった理想の中世の城築き上げよう。

プレイヤーはお城の建設請負業者となり、きまぐれな王の要望に沿って、完璧な城を作り上げることを目指す。城に新しい部屋を付け加え、ほかの業者には部屋を売る。王の要望は刻々と変化するので、いかにうまく部屋を配置していくかを考えなければならない。要望に応え、最も多くの勝利点を獲得したプレイヤーが最優秀現場監督としてゲームに勝利する。

ソロプレイも可能なので、黙々と建築に打ち込んで高みを目指す楽しみ方もできる。

アークライトゲームズ:ノイシュヴァンシュタイン城
ふうかのボードゲーム日記:狂王ルードヴィヒの城

ノイシュヴァンシュタイン城(コンポーネント)

オーストリアゲーム賞2015に『ムムム!』

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

ウィーン・ボードゲーム・アカデミー(D.デ・カサン代表)は、今年のオーストリアゲーム賞(Spiel der Spiele)を発表し、R.クニツィアの協力ダイスゲーム『ムムム!(Mmm!)』が大賞に選ばれた。このほか、キッズ・ファミリー・友人・フリークの4つの部門でヒットゲームが発表されている。

オーストリアゲーム賞は、選考委員が予め候補作を絞り込み、最終的にゲーム経験の少ない人に遊んでもらってその評価で決めている。コアな愛好者が選ぶことが多いゲーム賞の中で、広く遊びやすい作品を選んでおり、ドイツ語圏のショップではドイツ年間ゲーム大賞に次いで影響力の大きい賞となっている。

『ムムム!』はネコが来ないうちにダイスを揃えてご馳走を集める協力ゲーム。ダイスは振り直しできるが、バツ印が出たり、置けるところがなかったりするとネコが近づいてくる。しかしご馳走を完成させなくてもネコが近づいてくるため、失敗するリスクを覚悟でサイコロを振らなければいけないというジレンマがある。アカデミーは「さまざまな戦略を試すことができる」と評価している。対象年齢5歳以上のキッズゲームということもあり、日本では未発売。

大賞を受賞したR.クニツィア氏は、喜んでいる写真をツイッターにあげている。

今年は2人ゲームの特別賞が初めて設けられ、U.ローゼンベルクの『パッチワーク』が選ばれている。またファンタジー、SFがテーマのゲームに贈られる「グリフィン・スクロール」賞には、アメリカのテレビゲームを元にした『XCOMボードゲーム』が選ばれた。ヒットゲームでは、『スピードカップス』『キャメルアップ』『ブラッドバウンド』『コンセプト』『ロシアンレールロード』など、ドイツ年間ゲーム大賞でも名前の挙がった作品が選ばれている。

【オーストリアゲーム賞2015】
大賞:ムムム!(Mmm! / R.クニツィア / ペガサスシュピーレ)
2人ゲーム特別賞:パッチワーク(Patchwork)
キッズ部門:クレイジーココナッツ(Crazy Coconuts)、ハエのごちそう(Fliegenschmaus)、プッシュ・モンスター(Push a Monster)、 お宝騒動(Schatz Rabatz)
ファミリー部門:カカオ(Cacao)、ドラゴンの宝石(Drachenhort)、よくばりハムスター(Hamsterbacke)、ルーニークエスト(Loony Quest)
フレンド部門:バミューダ(Bermuda)、ブルームサービス(Broom Service)、ルディクス(Ludix)、ウーゴ!(UGO!)、ウィーン(Vienna)
フリーク部門:オルレアン(Orléans)、プログレス(Progress)
グリフィンスクロール:XCOMボードゲーム(XCOM Das Brettspiel)

Der Östreichische Spielepreis:Spiel der Spiele 2015
Boardgame Memo:Mmm!

第1回ゲームマーケット大賞、一次審査通過作品発表

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

ゲームマーケット事務局は1日、第1回ゲームマーケット大賞の一次審査通過作品35タイトルを発表した。当サイトの国産新作アンケート上位22タイトルに、審査員推薦13タイトルが加えられている。

ゲームマーケット大賞は、アナログゲームシーンのさらなる盛り上がりのために設立された新しい賞。国内最大のアナログゲームイベントであるゲームマーケットで発表された作品の中からすぐれた作品をセレクトし、あまりアナログゲームを遊んだことのない人へのバイヤーズガイドにしてもらうことを目指す。

今回の対象は、ゲームマーケット2014秋、2015大阪、2016春の3回に発表された新作ボードゲーム522タイトル。この中から、当サイトで行われた新作評価アンケートで平均点上位の各5タイトル(大阪は3タイトル)、投票数上位の各5タイトル(大阪は3タイトル)で合計22タイトルが自動的に一次審査通過となった。このほかに、4人の審査員が13タイトルを推薦し、合計35タイトルとなっている。

この中から二次審査で約10タイトル(9月1日)、三次審査で数タイトルの優秀作品に絞り込み(10月)、最終的に1タイトルを大賞とすることになっている。大賞・優秀作品に選ばれた制作者には、11月のゲームマーケット2015秋で行われる授賞式への交通費と、翌年のゲームマーケットで出展ブースが無料になる特典が受けられる。

ゲームマーケット公式:【ゲームマーケット大賞】一次審査通過作品 発表

【ゲームマーケット大賞 一次審査通過作品】★は審査員推薦
★Eight Epics(カナイ製作所)、★GLOBETROTTER(Joygames x Gamestore Banesto)、★HONNOJI(シンガリハット)、★MAYOR(やおよろズ)、★PRINCESS ESCORT(てぃ~くらぶ)、7つの紋章、7つの部族(高天原)、アメコミコレクション(Roughneck:7)、ゲット☆スイートラブ(しらたまゲームス)、★ゴー・ダッ・チーズ(OKAZU brand)、★ゴリティア(ステッパーズ・ストップ)、サイコロのアレ(豚小屋委託)、しまんちゅ(イリクンデ)、スチームウォーズ(たけのこ攻防)、★チューリップ・バブル(ぐうのね)、ドラゴン(HOY GAMES)、とりっく&でざーと(操られ人形館)、★ドワーフの城塞(ステッパーズ・ストップ/I was game)、パイレーツコード(かぼへる)、ひつじとどろぼう(Power9Games)、★ピクテル(ボドゲイム)、ひとひら(桜遊庵)、ブレーメンズ(大気圏内ゲームズ)、マッシヴ!Attack of the Tyrant(Roughneck:7)、ミネルウァ(Minerva)(OKAZU brand)、ライツ(オインクゲームズ)、★ライデマイスター(BakaFire Party、全ファミ協会)、猛牛が倒せない(こたつパーティー)、知ったか映画研究家(豚小屋)、犯人は踊るポーカー(鍋野企画+数寄ゲームズ)、★勝手にしやがれ!(賽苑)、★幻影探偵団(ハッピーゲームズ)、一撃ヒーローズ(ボドゲイム)、枯山水(New Games Order)、海底探険(オインクゲームズ)、姫騎士逃ゲテ~(蒼猫の巣 出張所)

アンケート:ドイツ年間ゲーム大賞2015予想

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

Q97:ドイツ年間ゲーム大賞2015はどれになりそう?

A.コルト・エクスプレス 62票(38%)
B.街コロ 70票(43%)
C.ザ・ゲーム 32票(20%)

5月に発表されていたドイツ年間ゲーム大賞ノミネート作品から、いよいよ今月6日に大賞が発表されます。今回は日本のダイスゲーム『街コロ』がノミネートされており、例年以上に発表に注目が集まっています。

先月のアンケートは審査員の気持ちを読んで大賞を予想して頂きました。『街コロ』が一番で、少しの差で『コルト・エクスプレス』が追います。『ザ・ゲーム』は小箱ということもあり、予想する方は少なめでした。

ドイツのボードゲームサイトSpielbox Onlineでもトトが行われていますが、こちらは『コルト・エクスプレス』が大きく上回っています。さて結果はいかに?

今月のアンケートは『枯山水』のプレイ状況です。ニューゲームズオーダーが昨秋発売し、今年になって頻繁にメディアに取り上げられているボードゲーム。大きな話題になっていますが、少量生産と高価格のため、遊んでみたいけど遊べないという方も多いようです。当サイトの読者では、どれくらいの方がおもちで、どれくらいの方が遊んでいらっしゃるでしょうか。ご回答をお願いします(所有・未プレイの方は「未プレイ」とお答えください)。

カレンダー