2015年8月アーカイブ

コクーン・ワールド ザ・ボードゲーム(Cocoon World: The Board Game)

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

タイルの指示に翻弄

コクーン・ワールド:ザ・ボードゲーム

ファンタジーワールドの地下空洞を舞台にしたすごろくゲーム。シンプルで先の読めないドタバタな作品である。

手番には2個のダイスをタワーに入れて振り、その合計だけ自分のコマを進める。そして止まったマスが空いていたら手持ちのタイルを置き、その指示に従う。たいていは「○マス戻る(進む)」なので、さらに移動して、そこにまたタイルがあれば指示に従う。あっちに行ったり、こっちに来たり。

最終的な目標は「経験点」である。これは止まったマスで入ることもあるが、多くは最初のダイスで入ってくる。2個のダイスが、もう1個振る黒いダイス(ターゲットダイス)と同じ出目だったら1点もらえるのである。

「経験点」は、最高で10点。それ以上増えると0点に戻ってしまうので注意が必要だ。逆に、0点から1点減るといきなり10点になる! 地道に増やしていくよりも手っ取り早いので、点数を増やさないようにして減らす方向を目指す。そのため、コースの途中に「イニシエーション」というマスがあって、ここに止まるとコマが上下裏返り、得点と減点が逆になるのを利用できる。

そのほかに白いダイスを4つ振ってポーカーの役に挑戦できる「ピットイン&アウト」、コースを1周してスタートマスに先に着くプレイヤーを予想する「ゴッズベット」というマスがあり、ここでも「経験点」が入る。上記のような事情から、入らないようにするという選択もあり得る。

ゲームは規定ラウンドで終了。シナリオが付いていて、使うタイルが変わったり、闘技場でモンスターとダイス対決するものもある。

4人プレイで40分ほど。タイルが並ぶに連れて、いくつかのマスでどこに止まっても同じところにたどり着くという現象が起こる。「また同じマスだよ!」carlさんがこのループから抜け出せなくて笑う。というのも、勝負のポイントとなる「ピットイン&アウト」がその先にあったからである。私が先に入って、経験点を10点にすることに成功。しかし鴉さんも最終手番で10点にしてきて逆転された。序盤にイニシエーションを受けたtomokさんは、思った以上に得点が減ってしまっていた。

タイルが「12戻る」とか「8進む」とかやたらダイナミック。その翻弄されっぷりに笑いが止まらないドタバタゲームである。

Cocoon World: The Board Game
安田均/グループSNE(2015年)
2-5人用/8歳以上/30-60分

『クー:改革』日本語版発売

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

テンデイズゲームズは本日、カードゲーム『クー』の拡張セット『クー:改革(Coup: Reformation )』日本語版を発売した。R.タータ作、3~6人用、6歳以上、10分、800円。プレイするためには『クー』の基本セットが必要。

ブラフ、推理、キャラクター能力で人気のカードゲームの拡張セットで、オリジナル版は2013年に発売された。この拡張セットにより、「カトリック」と「プロテスタント」という教派による陣営の要素が加わり、チームプレイを楽しむことができる。

プレイヤーはゲーム中、各自がどちらの教派に所属するか宣言しなければならず、敵対する教派のメンバーしか攻撃できない。しかしお金を払って教派を変えることもできる。しかも、自分だけではなく、ほかのプレイヤーの教派も変えることができるのだ。

その時の状況や戦略により、いずれの教派に属すれば生き残れるかも変わる。しかし最後に生き残るのはやはりひとりだけ。協力と裏切りの渦巻く世界へ足を踏み入れてみよう。

テンデイズゲームズ:クー:拡張「改革」 日本語版

福岡ボードゲームフェスタ、9月22日

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

9月22日、福岡市立中央市民センター(地下鉄赤坂徒歩5分)にて、福岡ボードゲームフェスタが開かれる。14:00~19:00、参加費500円。

ボードゲームを通じた愛好者の交流と、初心者のゲーム体験のイベント。福岡アニメイベント企画が主催し、福岡のボードゲームサークル6団体が共催して行われる。『カタン』『人狼』『枯山水』『ドミニオン』『街コロ』『ブロックス』『ディクシット』『プエルトリコ』『ニムト』などの定番ゲームを遊ぶことができる。

破損や紛失対策のため、小学生未満は参加できない。詳しくはホームページ参照のこと。

福岡おたくニュース:9/22【初心者歓迎】福岡ボードゲームフェスタが開催!/人狼・カタン・枯山水など話題のゲームで楽しもう!

『ピンクストーリーズ』日本語版発売

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

コザイクは本日、コミュニケーション推理ゲーム『ブラックストーリーズ』シリーズの最新作『ピンクストーリーズ:ちょっぴり苦くてロマンチックな謎を解く50の質問(Pink Stories)』日本語版を発売した。デザイン・A.ケールゼン、2人以上、8歳以上、2~20分、1,500円(税別)。

女性デザイナーが制作し、2009年にオリジナルが発売された。人の死なないお題で、子供から大人まで楽しめるものにした作品。ポールのそばでパウラはなにを待っている? ちっちゃなドラゴンが運んできた手紙とは? 猫のキティはどこにいる?・・・クールな女の子がテーマで、日常の悩み、童話のパロディ、異世界の冒険と、バラエティ豊富な内容が待っている。

遊び方は『ブラックストーリーズ』と同じだが、子供と遊ぶときは「はい/いいえ」で答えられる質問に限定せず、何でも訊いてよいことにしてもよい。友達同士、兄弟姉妹、親子で、楽しく問題を出し合ってみよう。

『ブラックストーリーズ』シリーズの日本語版はこれで早くも5タイトル目。3ヶ月に1本のペースでリリースされており、どんどん遊んでもネタは尽きない。

グループSNE:ブラックストーリーズシリーズ

大分サイコロジスト、10月4日で閉店

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

大分のプレイスペース「サイコロジスト」は今年10月4日をもって閉店することを明らかにした。

九州地方初のボードゲーム専門プレイスペースとして昨年5月にオープン(TGiWニュース)。地元愛好者に加えて、大分市・別府市を中心に約220名がこのプレイスペースで新らにボードゲームを楽しんできた。中には自らボードゲームを買うようなヘビーユーザーも現れたという。

しかし採算ラインに届かず、1年4ヶ月で閉店を決定。今後、常連客は近隣サークルでボードゲームを続けることになる。

10月4日まで通常通り営業されるので(木・金曜14:00~24:00、水・土・日曜13:00~24:00、月・火休)、まだ訪れたことのない方は遊びに行ってみてはいかが。

ねたあとラジオ:ボードゲームプレイスペース サイコロジスト(前編)
ねたあとラジオ:ボードゲームプレイスペース サイコロジスト(後編)

盛り上がるクラウドファンディング

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

『枯山水』の製作者・山田空太氏の最新作『江戸職人物語』の英語版"IKI: A Game of EDO Artisans"が、キックスターターで資金を集め出版されることになった。目標額2万7000ドル(327万円)に対し、3倍近くの7万8,046ドル(944万円)を集め、ストレッチゴール(達成額に応じて追加される特典)を次々とクリア。日本発のボードゲームとしては過去最高となっている。

アメリカのニュースサイト「ファイブサーティーエイトライフ」はキックスターターでボードゲームが盛り上がっていることを報じている。ここにその要約。

2012年に1万5000ドル(182万円)を集めた『人倫対戦カードゲーム(Cards Against Humanity)』。これが有名になったのがきっかけで、これを超える作品が次々と現れるようになった。これまでの最高額は、当サイトでも報じた『爆発する子猫(Exploding Kittens)』で、22万人が880万ドル(10億6000万円)を出資している。

クラウドファンディングがボードゲーム界で果たす役割が2つあるという。1つはユーザーがどれくらいプレオーダーしたいか手軽に分かる方法。ウェブページでゲームの概要を説明すれば、リアルタイムでそのゲームの需要を知ることができる。もう1つは、民主的なツール。これまでのようにデザイナーが出版社にもちこみ、ボツになったり改変されたりすることがなくなり、デザイナー自身が出版社となれる(粗製濫造が広がる恐れもある)。

このような2つの役割に加え、ボードゲームはビデオゲームと比べ製作費が格段に安く、500ドル(6万円)ぐらいからでも可能なため、キックスターターではボードゲームのプロジェクトが溢れかえることになった。『ダンジョンズ&ドラゴンズ(1974)』、『マジック:ザ・ギャザリング(1993)』、『カタン(1995)』に続いて、キックスターターの開始(2009)が、アナログゲームのマイルストーンだという人もいる。

開設からこれまで、ボードゲーム・カードゲームに出資された総額は1億9600万ドル(237億円)。そのうち93%のお金がプロジェクト成立に回ったという。ビデオゲームのプロジェクトが1億7900万ドル(217億円)で、85%が成立だというからアナログゲームのほうが強い。1ヶ月に成立するボードゲームのプロジェクト数は、2014年から毎月100タイトル以上のペスになり、2015年には150タイトルを超える月もある。

キックスターターでのプレゼンの仕方についてデザイナーたちの情報交換も進み、サポートするサイトも現れ始めた。インターネットのレビュアーがブログやポッドキャスト、SNSで新作を取り上げ、ボードゲームギークなどが評価・写真・コメントをまとめるのもプレゼンに役立っている。

これだけゲームやデザイナー増えると、キックスターターにアイデアを投げただけで一攫千金を期待することはできない。成功するには、注意深く、ウェブに精通した準備をして、出資者の興味を引く必要がある。「最初の2日間が肝心」という。

このゴールドラッシュはこれまで問題なく続いているが、連邦取引委員会が、クラウドファンディングで初めての詐欺事件を取り上げた。『アトランティックシティに訪れた運命(The Doom That Came to Atlantic City)』というボードゲームのプロジェクトは1,200人から12万ドル(1450万円)を集めた。しかし実際にはゲームを作らずに流用したており、返金することになったがまだ履行されていないという。

もっとも多くの愛好者にとってキックスターターは、純粋に自分の作ったゲームを遊んでほしいという願いを叶える場所だ。日本でクラウドファンディングがあまり広がらないのは、ゲームマーケットがこの役割を果たしているせいかもしれない。

※為替レートは2015年8月28日現在で計算

Kickstarter:IKI: A Game of EDO Artisans
FiveThirtyEightLife:Crowdfunding Is Driving A $196 Million Board Game Renaissance
The Washington Post:Game over: FTC goes after board game campaign gone wrong in first crowdfunding case

テンデイズゲームズ、『テンガロン』を発売

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

テンデイズゲームズは19日、スピーディーな国産カードゲーム『テンガロン(Mount Ten)』を発売した。デザイン・居椿善久(サイ企画)、イラスト・フジワラカイ(ピグフォン)、2-6人用、15分、1500円。

2014年にサイ企画発売された作品を、『ウントチュース』などのイラストで知られるピグフォンゲームズのアートワークで再版。プレイヤーは、手札の数字カードを誰よりも早くなくすことを目指す。

自分の番が来たら、手札から数字カードを場に出す。前のカードとの差が10以内でなければならず、しかも増やすか減らすかは、2枚目のカードで決まる。しかし、ぴったり10多いか少ない数字のカードを出すと「テンガロン」! 場のカードを仕切り直し、さらに1枚出すことができるのです。

このゲームの最大のポイントは「テンガロン」が手番と関係なくできるところ。そのため自分の番でなくても場札と手札を見比べておかねばならず、テンションの高いゲームが楽しめる。

簡単なルール、軽快なテンポで遊べ、ほどよい緊張感も楽しめる、愉快なタイトルだ。イラストのかわいさも見どころ。

テンデイズゲームズ:テンガロン

秋葉原で創作アナログゲームの小規模即売会、11月15日

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

ゲームマーケット2015秋の1週間前となる11月15日(日)、秋葉原ハンドレッドスクエア倶楽部(JR秋葉原徒歩7分)にて、創作アナログゲームの小規模即売会「アナログゲームラボ in 秋葉原」が開かれる。現在、出展者を募集中。

申込者多数で抽選漏れや二次募集なしとなったゲームマーケット2015秋。出展できなかった創作ゲームサークルが集い、オリジナルアナログゲームの展示、試遊、即売を行う。

出展は、ゲームマーケット出展の有無を問わず参加可能。販売ブースのサイズは長机の半分(約90cm x 45cm)、ブース数は12~14を予定しており、出展料は出展者数に応じて5,000~7,000円。試遊卓は8卓が用意され、全出展者の共用となる。

現在のところ、キングダイズゲーム、merry-andrew-works(メリーアンドリューワークス)、新ボードゲーム党、KIKACOOL(キカクール)、安東和之、ASOBI.dept(アソビデプト)、シュレディンガーゲームズ、ROUTE11(ルートイレブン)が出展を予定している。

申し込み・問い合わせは下記リンクから、ASOBI.deptの田中いつかさんまで。

アナログゲームラボ in 秋葉原

グループSNEコンテストに寺島氏・宮野氏の作品

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

5月から行われていたグループSNEのボード/カードゲームコンテストの結果が25日、発表された。この一般公募に、寺島由人氏(遊星ゲームズ)の『ソラシノビ』と宮野華也氏(MoBGames)の『ギャンブラーギャンブル!』が選ばれた。

内容物とルールブックがあってプレイ可能な状態であること、未発表であること、そして「これまでの分野作品風ではなく、斬新なもの」という条件のもと行われたコンテスト。8月10日に第一次審査通過作品10タイトルが選ばれ、その中から入選として2作と、選外佳作として3作が選ばれた。

『ソラシノビ』は惑星で順位争いをしながら、それらの特性を使ってリソースを発展、得点を稼ぐゲーム。「テーマのユニークさと、簡単なリソース発展やワーカープレイスメントの妙味を用い、特に両隣の星との絡みがおもしろい、よくできた思考型ボードゲームだと思います」とグループSNEの安田氏。『ギャンブラーギャンブル!』はギャンブラーを雇って、カジノで稼ぐカードゲーム。「カードのその場の選択・獲得の際に、ジレンマに悩むタイプ。短時間で終わるものの、プレイヤー間での絡みなどが凝縮されていて、とてもおもしろいと思います」と評している。これらの入選作は2016年中にグループSNE/cosaicから製品化される予定となっている。

今回入選した2人はゲームマーケットでも出展している実績あるデザイナー。寺島氏には『テラフォーマー』や『ワールドモンガー』、宮野氏には『YAMINABE』や『うそつき王国』などの作品がある。

選外佳作には樫尾忠英氏(ガーデンゲームズ)の『正直者の罠』、酢豚氏(豚小屋)の『王国建設』、増川和人氏の『ガリンペイロ』が選ばれた。

グループSNE ボード/カードゲームコンテスト結果発表&講評

『ドミニオン:冒険』日本語版、9月下旬発売

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

ホビージャパンは9月下旬、デッキ構築カードゲーム『ドミニオン』の拡張セット第9弾『ドミニオン:冒険(Dominion: Adventures)』を発売する。D.ヴァッカリーノ作、2~4人用、13歳以上、30分、4,500円(税別)。プレイするためには『ドミニオン』基本セット、または『ドミニオン:陰謀』、または『ドミニオン:基本カードセット』が必要。

前回の拡張『ドミニオン:ギルド』から2年ぶりとなる最新拡張セット。このセットでは、人生が先細りとなってきた領主たちが、さらなる栄華を求めて冒険へと旅立つことがテーマとなっている。

大箱サイズのボックスに、30種類の新たな王国カードが入っている。その中には『ドミニオン:海辺』で登場した「持続」という能力(将来のターンに効果)が再録され、さらに必要なときまでわきにおいて能力を取っておくことができる「リザーブ」や、デッキには入らず、カード購入したときに1回限り効果が発生する「イベント」が新たに加わった。

中でも今回の目玉は、場から捨て札にするときに指定されたカードと交換する「トラベラーカード」。これによって5段階でレベルアップし、能力がどんどん強くなっていく。

カードの能力を変更するさまざまなトークン類も付属。今までのカードセットと組み合わせて、さらにバラエティに富んだゲーム展開が楽しめるだろう。

ホビージャパン:ドミニオン

『ケンブルカスケード』日本語版、9月下旬発売

| コメント(2) このエントリーをはてなブックマークに追加    

ホビージャパンは9月下旬、縦スクロール型シューティングゲームをボードゲーム化した『ケンブルカスケード(The Battle at Kemble's Cascade)』日本語版を発売する。ティルランド兄弟作、2~5人用、13歳以上、70~90分、6,800円(税別)。

ズィーマンゲームズ(カナダ)が2014年秋に発売した作品で、スウェーデン人がデザインした。1980~90年代に流行した縦スクロール型シューティングゲームをボードゲーム化した作品である。

伝説によれば、ケンブルカスケードの小惑星郡の奥深くには、恐るべき古えのタイタンが守る異星人の秘密や素晴らしい鉱石が眠っているとのことだ。西暦3868年、君は自らの宇宙帝国の連邦議会により、この神話の秘密を解き明かし、まだ知られざるテクノロジーを持ち帰るべく、この"滝"(カスケード)へと送り込まれた。これこそ、君が待ち望んでいた栄誉へのまたとないチャンスなのだ。

ゲームは敵と敵弾が飛び交う背景宇宙を「スクロール」していくことで進められる。毎ラウンド、宇宙空間の最後の列は消え去り、銀河の最前列に新たな列が登場する。さらにトンネル、ワームホール、ファイターなど、さまざまな敵が登場するレベルパックを組み合わせることで、無限のゲームパターンが生まれ、毎回異なった展開が楽しめる。

また、自機を改良でき、戦略によって武器をアップグレードしたり、エンジンを強化したり、シールドで守りを固めたりできる。ほかのプレイヤーを攻撃することも可能で、その対策も怠ってはならない。

ボックスアートは角がダメージを受けて剥がれているようにデザインしてレトロ感を出した。『ゼビウス』など懐かしのレトロゲームを、新しいアプローチでまた楽しんでみてはいかが。

ゲームの内容物
-スペースカード123枚 -アップグレードカード33枚
-ミッションカード8枚  -センサーカード40枚 -功績カード22枚
-キャプテンボード5枚 -スコアボード1枚 -戦闘機コマ5個
-パワーアップカード23枚  -スコアカード5枚
-スクロールトレイ10枚 -ベロニウム結晶35個
-栄誉/敵弾/エネルギーマーカー15個
-プレイヤーマーカーとPvPマーカー50個 ほか

ドラゴン(Dragon)

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

目指せトップブリーダー

ドラゴン(HOY GAMES)

マメの精霊の力を借りて、強いドラゴンを育てるゲーム。ゲームマーケット2015春にHOY GAMESが発表した作品で、『たねまき』に続く2タイトル目となる。セットコレクションで強化していくが、ほかのプレイヤーの動向を見たうえでどのパラメータを上げるか決めるので考えどころが多く、遊びごたえのある作品だ。カードゲームとしては珍しい1時間級。
と、
はじめ、各プレイヤーは「ホワイトベビー」というドラゴンをもっている。ドラゴンは頭部と胴体とが別々になっており、それぞれ新しいカードを増やして強化していく。強化するためには、3つの素材(食料、火のエレメント、水のエレメント)が必要だ。これらの素材は、精霊を使うことで手に入る。

はじめにもっている精霊は、1食料を3金に換える「マーメー」と、1金を2食料に換える「ナットー」。そのほかの精霊は場札に出てくるので、ゲーム中にお金を払って契約する。ゲームが進むにつれて、どんどん効果の強い精霊が出てくるしかけだ。1枚1枚違う精霊カードのイラストがとてもかわいい。

手番にはアクションカードを1枚出して、そのアクションを行う。「いのる」(精霊カードの効果を使う)、「契約」(新たな精霊を入手する)、「狩りに行く」(素材を支払ってドラゴンをアップグレードする)、「休む」(これまで使ったアクションカードを回収する)のいずれかで、バランスよく出していかなければならない。

アクションのメインは「いのる」だ。ここでは、自分がもっている精霊を1枚と、ほかの人の精霊を1枚使うことができる。ほかの人の精霊を使うと、支払ったお金や素材はその人にいってしまうが、効率のよいドラゴン育成のためには避けることができない。一方、自分もほかの人に精霊を使ってもらえるように、需要を見極めてよい精霊を入手しておく必要がある。「ご利用ありがとうございまーす!」お店屋さんごっこのような楽しさがある。

一方、ドラゴンのアップグレードは早い者勝ちだ。資材をほかの人より早く集めていく必要がある。楽しいお店屋さんごっこの中にも、「赤の素材は先に集められそう」「あちらは食料が足りなさそう」といったシビアな駆け引きがある。

ドラゴンの強さは攻撃力、体力、速度があり、精霊やドラゴンカードを取るたびに累積していく。精霊カードの場札が補充できなくなるか、ドラゴンカードが全体で一定数取られたらゲーム終了。最後に、総当たりのドラゴンバトルで勝敗を決める。

育成に比べたら、ドラゴンバトルは一瞬だ。速度の速いドラゴンが先攻で、攻撃力だけ相手にダメージを与える。体力を上回るダメージを与えれば勝利、生き残れば反撃。今度は相手から攻撃力だけダメージをくらい、体力を上回るダメージをくらえば敗北、生き残れば引き分け。つまり体力がなくても攻撃力と速度があれば勝てるし、速度がなくても攻撃力と体力があれば反撃で勝てる。

ドラゴンバトルで勝てば4点、引き分けで1点が入り、そのほかにゲーム中に行われる「査察」で条件を満たしたときのボーナスを加えて得点の多い人が勝ち。

4人プレイで1時間。鴉さんが序盤に体力を増やし、精霊を多く契約して攻撃力もアップする作戦。私は序盤に攻撃力を増やし、そこで生まれる食料を活かしてドラゴンを強化する作戦を取った。結果、私の精霊は力不足になり、序盤苦しみつつ、終盤に大枚をはたいて強い精霊を手に入れたcarlさんにも敗北。精霊が繁盛していたtomokさんと同率3位。

先手有利の感もあるが、精霊カードの効果やドラゴンのグレードアップに必要な資源の組み合わせのバランスがとてもよくて、いろいろな戦略が取れる。さらにドラゴンのパラメータをめぐる終盤の駆け引きも熱く、興奮曲線が上がりっぱなしの作品である。

Dragon
矢沢 賢太郎/HOY GAMES(2015年)
2-4人用/12歳以上/45-60分

ルールライティングのチェックポイント

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

ゲームマーケット2015秋まで、あと3ヶ月となった。創作ゲームを出展するサークルは、準備をそろそろ始めているところだろうか。今回は史上最多の出展となり、その中には初出展のところも多いと思う。そこで、ルールを書く上でのチェックポイントを確認して頂きたい。

というのも、ゲームマーケットでは毎回のように、ルールが分からなくて遊ぶまでに至らないケースが起こるからである。ルールを執筆する時間が多く取れないこと、印刷代を節約しようと紙面を凝縮してしまうこと、何度もテストプレイしているうちにできる暗黙の了解が多くなってしまうことなどが原因と考えられるが、売ったほうも買ったほうも悲惨である。

ルールを書くときに一番よい方法は、ドイツゲームのルールブックをいくつか脇において、それを見ながら書くことである。構成や言い回しなど、そのまま使えるものが多い。ボードゲーム愛好者はそのような構成・言い回しに慣れているので、誤解も起こりにくいだろう。

後から遊ぶ人はルールブックだけが頼り。最後はルールを書いた人以外に読んでもらって、それだけで遊べるかチェックすることが望ましい。

以下がチェックポイント。

  1. 基本的な項目が全て備わっているか(コンポーネントの名称と個数、準備方法、手番に行うこと、終了条件勝者の決め方など)
  2. 「カードを出す(並べる・置く)」のは表/裏にしてかが明記されているか
  3. 手番の順番(時計回り、反時計回り)が明記されているか
  4. 可能(してもよい)なのか必須(しなければならない)なのか
  5. 1つだけなのか、いくつでもいいのか
     例:カードを出さなければいけません。
       ↓
       出すカードは何枚でもよい?
       ↓
       カードを1枚出さなければなりません。
  6. 以上、以下、未満は明確になっているか
     例:手札が8枚あれば、1枚を捨てなければなりません。
       ↓
       8枚ちょうどのときだけ、それ以上あっても?
       ↓
       手札が8枚以上あれば、1枚を捨てなければなりません。
  7. 「半分」で、切り上げか切り捨てかが明確になっているか
     例:手札が8枚以上あれば、半分を捨てることができます。
       ↓
       奇数だった場合は?
       ↓
       手札が8枚以上あれば、半分(端数切り捨て。9枚の場合4枚)を捨てることができます。
  8. タイブレイクが明記されているか
     例:1位のプレイヤーが5点、2位のプレイヤーが3点を得ます。
       ↓
       1位が複数いた場合は?
       ↓
       1位のプレイヤー(複数いる場合はその全員)が5点、次点のプレイヤーが3点を得ます。
  9. ルール全体で用語が統一されているか(コマ、トークン類)
  10. 場合分けしたとき、「重複なく、漏れなく(MECE)」が守られているか(場合分けしたとき)
  11. 例外的な状況の説明があるか(山札がなくなった場合など)
  12. 曖昧な表現はないか
     例1:「ダイスを3回まで振り直すことができます」
       ↓
       最初に振ったのは回数に含まれる?
       ↓
       最初にダイスを振った後、2回まで振り直すことができます。
     例2:「-1点を失います」
       ↓
       マイナスを引かれるということはプラスになる?
       ↓
       「-1点になります」または「1点を失います」
  13. 誤字脱字はないか
  14. 一読して分かりにくい言い回しはないか
  15. こみ入ったルールに、例や図解があるか
  16. 機能していないルールや、無意味に煩雑な部分はないか

こちらも併せてどうぞ:I was game:ボードゲームのルールを書くための5つの tipsThe Game Gallery:ルールライティング時のチェック項目

『ラー』日本語版発売

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

ニューゲームズオーダーは20日、R.クニツィアのエジプト競りゲーム『ラー(Ra)』日本語版を発売した。2~5人用、12歳以上、60分、4,500円(税別)。

オリジナルは1999年にアレア(ドイツ)から発売され、『モダンアート』『メディチ』と並んでクニツィアの競りゲーム三部作に数えられる名作。ドイツゲーム賞2位、ゲーマーズチョイス賞ノミネート。ドイツ語版・英語版は再版が繰り返され、そのたびに日本で流通していたが、このたび初めて日本語版となった。

ファラオ、文明、ナイル、金貨、モニュメントなどのタイルを場に並べていき、太陽神「ラー」のタイルがめくられるか、誰かが「ラー」宣言すると競りが始まる。競りに使う太陽コマは各自たったの3つで、1ラウンドに3枚までしか競り落とせない。しかし「ラー」タイルが既定数出てしまうと、3回競り落としていない人がいてもラウンドが終わってしまう。「ラー」タイルが増えていくにつれ、もっとめくるか、途中で妥協するか焦りも増す。

獲得したタイルは組み合わせによって得点が変わり、同じものを揃えれば揃えるほど得点が上がる。古王国・中王国・新王国の3ラウンドで獲得したタイルの得点を競う。

ラウンドがいつ終わるか分からないというプレッシャーと、たった3枚の太陽タイルが公開されていることによって生まれる競りの駆け引きはドイツゲーム最高峰。タイルの出方によってゲーム展開ががらりと変わるのも、繰り返し遊べる魅力を生んでいる。また、相場が分からなくても3枚のいずれかを出せばよいので、競りゲームに慣れていない人でも楽しめるだろう。

今回の日本語版にあたり、コンポーネントのサイズはほぼ同じで、ゲームボードを四つ折りにするなどしてボックスをオリジナルの半分のサイズに圧縮している。収納性もよい新しい定番の登場だ。

第5回カルカソンヌ日本選手権、根岸丈氏が優勝

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

今年で5回目となるカルカソンヌ日本選手権(主催・メビウスゲームズ)が8月15日(土)、東京・豊洲文化センターにて開催された。全国で行われた35回の予選で、500人を超える参加者を勝ち抜いた52名が参加し、予選6回戦、準決勝、決勝を行った結果、調布のあな代表の根岸丈氏が大会史上初の全勝で優勝に輝いた。

ルールは世界選手権と同じ2人対戦。予選の成績で上位4名が準決勝に進出し、1位対4位、2位対3位で対戦する。この準決勝を予選1位の根岸丈氏、予選3位の中川龍氏が通過。2人とも準決勝進出経験がある実力者同士の決勝となった。決勝では1点差という僅差で、根岸氏が中川氏を下した。

優勝した根岸氏には、世界大会への参加渡航費用として15万円が贈られた。昨年の世界チャンピオンである望月隆史と共に、10月にドイツ・エッセンで行われる世界選手権に日本代表として参戦する。

予選
1位:根岸丈 6勝
2位:村田大輔 5勝1敗
3位:中川龍 5勝1敗
4位:小川光一 5勝1敗

準決勝
○根岸丈 小川光一×
×村田大輔 中川龍○

決勝
○根岸丈 中川龍×

3位決定戦
○村田大輔 小川光一×

カルカソンヌ日本選手権
中川龍のヒマつぶしブログ:カルカソンヌ日本選手権2015に参加してきました。「勝つことよりも良い勝負を!」

調布のあな・川口氏、プレイスペースをオープン

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

ボードゲーム会「調布のあな」で代表を務める川口正志(かんちょー)氏は、8月29日(土)より、東京・東中野にプレイスペース「ディア シュピール(Dear Spiele)」をオープンする。土/日/祝日10:00~23:00、平日13:00~23:00、平日1時間300円~土日祝日全日2,000円まで。中古・新作ボードゲーム販売あり。JR中央線・東中野駅徒歩1分。

「調布のあな」は東京・調布市民会館にて2011年から月1回のペースで開かれているゲーム会で、現在は毎回60名ぐらいが参加している。川口氏のブログ「どうでもいい は なし」で伝えられるその様子は、いつも盛況だ。

「ディア シュピール」では、川口氏が所有するボードゲームを一挙公開し、500種類以上を常備。今はなきゴルトジーバー社のシリーズなど、マニア垂涎のボードゲームを自由に遊ぶことができる。プレイできるゲームの一覧はこちら

また、ゲームマーケットで長蛇の列ができることで知られる「ぼくのたからもの」でおなじみのボードゲーム販売も行われる。在庫は流動的とのことなので、行くたびに品揃えが変わるのを楽しめるだろう。

また、電源タップや据え置きレトロゲーム機もあり、アルコール・ソフトドリンクも提供される。仕事帰りや休日など、くつろぎの場になりそうだ。6卓あるので、貸し切ってクローズのゲーム会を開くという利用法も考えられる。

都内には常時ボードゲームを遊べるプレイスペースが10店舗ほどあり(ボードゲームの出来る、バー/カフェ/プレイスペース)、遊べる場所がどんどん増えている。

ディア シュピール

ディアシュピール

『枯山水』新装版発売、4000部製造

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

ニューゲームズオーダーは本日、国産ボードゲーム『枯山水』新装版の出荷を始めた。8,640円。

『枯山水』は砂紋と石の配置で作る禅庭の美しさを競うボードゲームで、昨年11月に発売された。今年の年明けから新聞やテレビ局が盛んに取り上げて話題となったが、石のコマの塗装に手間がかかるため製造が追いつかない状態が続いていた。それでも毎月150セットずつ、今年5月までに合計1400セットが製造されている。

少部数の入荷のためボードゲーム専門店では品切れが続き、プレミア価格がつくことも。そこで今回、新装版として海外で製造されることになり、ようやく入荷になったという経緯だ。

新装版は4000部作られ、価格は8,100円から8,640円になった。輸送してもコマが傷まないように透明ブリスターを使ったため、収納性が良くなり、また追加ルール「名庭園公開」「2人用」、ルール修正「蓬莱山ボーナス・三尊石ボーナスは1人につき各1回」が加えられるなど、ルールもバージョンアップしている。

先月の当サイトの読者アンケートでは、まだ遊んだことがないという方が6割にのぼった『枯山水』(TGiWニュース)。興味があっても遊べなかった方に朗報だ。

GetNaviweb:8100円の手作りボードゲーム「枯山水」が大ヒットした理由とは!?

第5回ボードゲームフリーマーケット in 新大阪

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

9月12日(土)に新大阪にて、第5回ボードゲームフリーマーケットが開催される。交流センターひがしよどがわ(JR新大阪駅徒歩5分)にて、入場無料。出店申込は本日まで。

日本中に広がっている中古ボードゲーム販売イベントの元祖が5年目を迎える。出店は個人・団体を問わず、2m×2mのスペース1000円で、遊ばなくなった中古ボードゲームのほか、創作ゲームなども販売可能。50スペースが用意されているが、すでにそれを上回る申し込みがあり、抽選またはキャンセル待ちとなっている。出店申込みはホームページのメールフォームにて。

今回も、TTBこと富本尚志氏の主催による公開オークション、ボードゲーム研究室!のカワサキ氏によるゲーム会「大ボー研」もあり、その場で遊ぶこともできる。そのほかにも、ボドゲクイズ大会、ごいた大会、入札オークション、ボードゲームのアクセサリー製作など、楽しいイベントが盛りだくさん。

開場前の待機列など決まりがあるので一般参加者も下記ホームページを熟読のこと。

第五回ボードゲームフリーマーケット in 新大阪

ホビージャパン、9-10月の輸入リストを発表

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

ホビージャパンは4月~7月に発売予定の輸入ゲームリストを発表した。いずれも外国語版で、日本語ルールが付属する。10月にドイツ・エッセンで行われるシュピールの新作も先行して入ってくる。

第51倉庫(Warehouse 51)
B.フェドゥッティ、S.ハラバン、A.ザッツ作/ファンフォージ(フランス)/3-5人用/10歳以上/45分/3,500円(税別)。
2038年、アメリカ合衆国は中国、日本、ロシア、ブラジル......まぁ、残りの世界のありとあらゆる国から金を借りている状態であったのだが――破産した。
連邦政府は債務返済のため、アメリカ合衆国がひそかに集めていたさまざまな財産を競売にかけ、借金の返済に充てることにした。
その財宝の隠し場所こそ、あの有名な第51地区ならぬ、第51倉庫であった。
『第51倉庫』では、プレイヤーはアメリカ合衆国の債務返済のために競売にかけられるお宝――伝説の「聖杯」や「ニーベルンクの指輪」、「契約の櫃」、「八咫の鏡」など――のまず再び世には出ないであろうレアお宝を狙うコレクターとなり、オークションに参加します。
西洋幻想、欧州神話、中近東、極東の各ジャンルをうまく集めることで、もっとも立派なコレクションを集めたプレイヤーが勝者となります。ただし、中には強力な加護がある品もあれば、恐ろしい呪いのかかった品もあります。何より、ものすごくよくできた贋作をつかまされる可能性もあるのです!
『あやつり人形』のフェドゥッティと、『手荷物検査』のブラジル人デザイナーコンビが贈る、獲得した品物でさまざまな能力を得ていく、ちょっと変わったオークションゲームです。

赤ずきん(Little Red Riding Hood)
A.ロべ作/イエロ(フランス)/1-5人用/7歳以上/20分/3,800円(税別)
こわい森を赤ずきんちゃんといっしょにあるいて、わるいオオカミにみつかるまえに、おばあさんのお家までたどりつこう!
ゲームのあそびかたは2通り、みんないっしょに力をあわせて悪いオオカミをだしぬくか、だれか1人が悪いオオカミやくとなってほかの人たちはにげまわるのか......
ゲームは小路デッキをめくるか、やめるかを選ぶだけ。自分の運を信じて、そして今までめくったカードをよく考えて、前にめくったカード以下の数字のカードをめくれたらいいのですが、失敗しちゃうとオオカミに追いつかれてしまうかもしれません!
ゲームはシンプルで子供から遊べる内容ですが、大人でも手ごたえのある内容なのは前作『ウサギとカメ』同様。アートワークも可愛らしい、好評のおはなしシリーズ新作です。

ニェット!(Niet!)
S.ドラ作/イエロ(フランス)/3‐5人用/10歳以上/40分/2,400円(税別)
1997年にゴルトジーバー社から発売され、2007年に『4in1』に収録されたトリックテイキングゲームの古典的名作がリメイクされます。
ゲームはチーム戦のトリックテイキングゲームですが、カードを配った後、「スタートプレイヤー」「切り札」などの、このラウンドのルールを決めていきます。このラウンドのルールは各項目ごとに、各プレイヤーが反対のものにトークンを置いていく消去法で決まっていくため、「ニェット!」(ロシア語でNO!)といいます。
そして、この「ラウンドのルールの決め方」つまり、どの項目で「ニエット!」をしたのかを見て、それぞれの手札を予想してスタートプレイヤーがチームメイトを選び、あとはチームごとに獲得したトリックで得点することになります。
イラストのロシアっぽい雰囲気も楽しいカードゲームです。

サピエンス (Sapiens)
C.ルロワ作/イエロ(フランス)/2‐4人用/14歳以上/40分/6,000円(税別)
部族の者たちが、この洞窟の避難場所から離れるべきときが来た。プレイヤーは自分の氏族の首長として、この新天地である谷へ一族を導くことになります。この谷を探索して住みやすい場所を確保し、食べ物を採集・狩猟し、来る冬をしのぐ安全で大きな洞窟を探し出しましょう!
『サピエンス』は短時間で終わるタイル配置ゲームです。プレイヤーはそれぞれが探索する谷を表すボードを持ち、原始生活や旅を表すタイルを配置していくことでゲームは進みます。氏族の首長であるプレイヤーの目的は、平地で食糧ポイントを確保し、森では住処ポイントを確保し、冬までに山にある洞窟までたどり着くこと。
プレイヤーは自分の手番に、手元に確保してある4枚のタイルから1つ選んでつなげるように配置することで、食糧を得たり、住処を得たり、場合によっては特別な能力を得たりします。そして、共通の場にあるタイルから1枚を選んで補充していきます。
ゲームの進行はシンプルですが、ドミノタイルのようなダブルサイズのタイルのため、ちょっとした戦略眼が必要となってきます。また、食糧と住処の2つのポイントは、その低い方を勝利のために比べるため、ほかのプレイヤーの動向をよく見ておかなければなりません。アートワークも美しい、軽めのタイル配置ゲームです。

メディバル・アカデミー (Medieval Academy)
N.ポンサン作/イエロ(フランス)/2‐5人用/8歳以上/30分/6,000円(税別)
「ようこそメディバル・アカデミーへ! ここはおまえを一人前の騎士に鍛え上げる場所だ! おまえはまず馬上槍試合の技術を磨き、危険なクエストを達成し、教養を磨かなければならない。それと王に仕えて、博愛と武勇の精神も見せなくてはならない。アーサー王によって騎士に叙されるのはただ一人。今こそおまえの力を見せるのだ!」
プレイヤーは騎士を目指す従者となり、さまざまな種類の訓練を重ねて騎士ポイントを貯めることになります。騎士ポイントはゲーム中6ターンかけて、カードドラフトでその時最も効果的なカードをプレイすることで、訓練トラックの自分のディスクを進めていくことになります。6ターンを終えたとき、もっとも多くの騎士ポイントを獲得できたプレイヤーが勝者となります。
短時間でプレイができる、今夏のジェンコンでも好評だった新作カードゲームです。

アーティファクツ・インク (Artifacts, Inc.)
R.ロウカット作/レッドレイヴンゲームズ(アメリカ)/2‐4人用/13歳以上/60分/3,800円(税別)
1929年、ニューヨーク;全米は熱狂的アンティークブームの真っ只中にあった。博物館はミステリアスでエキゾチックな遺物に飢えていた。――一方あなたは冒険に餓えていた 。そして、自分の考古学会社を開くこととなった。危険待ち受ける密林奥深くで、灼熱の砂漠で、強風吹きすさぶ山岳で、失われた脅威が待っている。はたして、プレイヤーは世界で最も勇敢で有名な冒険家として名をはせることができるだろうか?
『アーティファクツ・インク』で、プレイヤーは自分の考古学探検会社を最も有名な会社に成長させることを競います。自分の会社の従業員たる冒険者をあらわすダイスを振って、それらをカード上に配置して古代遺物(アーティファクト)を発見したり、それらを博物館に販売したり、会社の新たな資産を表すカードを購入したりします。プレイヤーは販売に重点を置いて現金を獲得するのも可能ですし、博物館で優位に立つのもよいですし、最適の組み合わせで探検旅行と建築物を充実させてもよいですし、失われた都市を探し出して財宝を見つけ出すようにしてもかまいません。
『八分帝国』のデザイナーにしてアーティストの、ライアン・ロウカットによる、最近流行の兆しを見せているダイス・プレイスメント・システムのゲームです。

アイランド拡張:イカとイルカと追加プレイヤーキット (Survive: Dolphin & Squid & 5-6 players... Oh my!)
J.コートランド=スミス作/ストロングホールドゲームズ(アメリカ)/2‐6人用/8歳以上/45‐60分/2,800円(税別)
沈没する島からの脱出ゲーム『アイランド』で、これまで発売されていた『イルカの来援』『巨大イカの襲撃』『5-6人プレイヤー』の各セットを一つにまとめたセットです。
イルカはプレイヤーの助けとなり、巨大イカは船のみならず陸のコマまで襲い、5-6人目用のコマの追加でプレイ人数は(当然)5人から6人で遊べるようになります。
プレイするためには『アイランド』本体が必要です。

タケノコ:ちびっ子 (Takenoko: Chibis)
A.ボザ、C.レブラ作/マタゴー(フランス)/2‐4人用/8歳以上/45分/4,200円(税別)
わがままなパンダの面倒を見ながら、何とか竹林を育てて維持してきた、ミカドの庭師の方に朗報! 2匹目のパンダがあなたが管理する庭にやってきます。
しかもパンダは雌なので、当然子供も生まれてパンダは増えていくことになります。
好評の『タケノコ』に、さらに仕事を楽しくする拡張セットが登場。
今回は2匹目のミス・パンダが登場し、ミス・パンダが今までいた雄パンダと同じ区画に移動するとパンダの赤ちゃんが登場します。パンダの赤ちゃんは獲得すると、いろいろ有利な効果を与えてくれますので、パンダの移動の選択がさらに悩ましいことになるでしょう。
そのほかにも、追加の竹コマによりプレイ中に竹が足りなくなる事態も減り、新しい目的カードによりゲームの勝ち筋も増えます。また、特殊な能力をもつ新しい区画タイルが加わることで、ゲームに変化が加わります。
息の長い人気のゲームをさらに楽しむために、必携の拡張セットです。
プレイするためには『タケノコ/Takenoko』本体が必要です。

古代の建築士たち (The Builders: Antiquity)
F.アンリ作/ボンビックス(フランス)/2‐4人用/8歳以上/30分/2,500円(税別)
好評を博した『中世の建築士たち』が、今度は古代に時代を移しての登場です。拡張ではありませんので、単独で遊べます。
バビロンの空中庭園や、エジプトのピラミッド、そしてギリシャのパンテオンまで、『古代の建築士』プレイヤーは新たに偉大な建築物に挑戦することになります。そのために、プレイヤーは配下の労働者を雇い、各建築物に派遣し、奴隷や建築工具を手配し金銭の苦心をすることになります。そして偉大な建築物を建てることを通して、古代の建築士たるプレイヤーはその名を後世に残すことになるのです。
プレイヤーが自分の手番に得るのは3つのアクション。しかし、このアクションはお金を払うことで追加することもできます。この限られたアクションで、プレイヤーは新しい建築物の建設に着手したり、労働者を雇ったり、労働者や奴隷や自由奴隷や工具を手配したりしなければなりません。建物にはそれぞれ建築に必要な要素が4種類あり、手配した労働者たちの各種のポイントが完成条件を満たすとってものは完成し、お金と名声をもたらします。

『ル・アーブル+拡張セット』日本語版、9月中旬発売

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

ホビージャパンは9月中旬、港湾マネジメントゲームの名作に拡張セットを加えた『ル・アーブル+拡張セット(Le Havre + Le Grand Hameau)』日本語版を発売する。U.ローゼンベルク作、1-5人用、12歳以上、100-200分、7,000円(税別)。

『アグリコラ』のデザイナー、U.ローゼンベルクが『アグリコラ』の翌年(2008年)に発表した作品。日本語版は2010年に発売されたが、長く品切れになっていた。今回の再版では、待望の拡張セット『ル・グランアモー』も同梱される。

ル・アーブルはフランスで2番目に大きい港町。このゲームでは、港に届くさまざまな商品を、街やプレイヤー所有の施設で加工・交易し、お金、船、建物などの財産を最も多く所有することを目指す。ただし食料の確保がキーとなり、毎ラウンド終了時に収穫で農産物を入手して、従業員を扶養しなければならない。

『アグリコラ』から継承されたワーカープレイスメントと食料供給はもちろんのこと、たくさんの建物が登場し、その出てくるタイミングや組み合わせでゲームの展開が毎回異なるのも、このゲームの魅力となっている。さらに毎回少しずつ出てくる「特別の建物」の使い方も勝敗を分ける。

同梱の拡張セット『ル・グランアモー』は、『ル・アーブル』のファンが作者たちと共に考案した「特別の建物」30枚のセット。オリジナルは2010年の発売で、英語版がテンデイズゲームズで取り扱われたことがあるが、日本語版になるのは初めて。「中央駅」を使えば建物に2件連続で入ることができ、「証券取引所」を買えば他のプレイヤーの利益に便乗できるなど、フランスの港町に新風を送り込む。

ホビージャパン:ル・アーブル完全日本語版
TGiWレビュー:ル・アーブル

『バロニィ』日本語版、9月中旬発売

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

ホビージャパンは9月中旬、フランスの陣取りゲーム『バロニィ(Barony)』日本語版を発売する。M.アンドレ作、2-4人用、14歳以上、45分、6,000円(税別)。

『宝石の煌き』のマーク・アンドレが今年6月に発表したばかりの作品が、早速の日本語版になる。オリジナルはマタゴー社(フランス)で、輸入版が日本で流通し、話題となっている。

「バロニィ」とは男爵領のこと。プレイヤーは地方の小領主となり、領地を広げることを目指す。毎ターン、プレイヤーは徴集、移動、建設、新たな都市、探検、貴族の称号のいずれかのアクションを1つだけ行う。徴集で騎士を手に入れ、移動で領土を広げ、移動した先で、騎士は村や要塞を建設し、村を新たな都市へと発展させ、資源トークンを得て、この資源トークンを使って男爵から子爵、伯爵、侯爵、公爵と称号を得ていく。いずれかのプレイヤーが公爵となるまでゲームを続け、得点をもっとも獲得していたプレイヤーが勝者だ。

シンプルなルールは覚えやすく、比較的短時間でプレイできる一方、運の要素がなく、一手一手の選択と駆け引きも悩ましい。木製のコマで領地を広げて行く箱庭感も魅力的な陣取りゲームだ。


ハンズ(Hands)

| コメント(4) このエントリーをはてなブックマークに追加    

必死になっているのを嗤う

ハンズ

カードに書かれた手のサインを作って、ペアを探すリアルタイムアクションゲーム。ホワイトゴブリンゲームズ(オランダ)の缶入り作品である。時折出てくる「ダブルハンド」が不思議な間を生み出し、大笑いして遊んだ。

手札には、片手でできるサインがイラストになっている。グーだったり、チョキだったり、サムズアップだったり、OKだったり。一斉にスタートしたら、カードを見て、自分の手でそのサインを作り、ほかの人に見せる。それを見たほかの人が、同じサインのカードを出してきたらペア成立で得点。それぞれカードを自分の前に出して補充する。

しばらくしてみて誰も反応しないとなると、誰も持っていないカードかもしれない。ほかのカードのサインに変えたり、カードを山札の下に入れて引き直したりするのは全くの自由。でもその間にほかのプレイヤーはどんどんペアを成立させていくだろう。乗り遅れるな!

さて、カードの中に黄色のダブルハンドがあり、これは両手でサインを作らなければならない。そして誰かがこのサインを作ったら、全員が同じサインを作らなければならないのだ。一番遅かった人がダブルハンドカードを受け取り、最後に失点になる。

カードを見たり、となりの人にサインを送るのに必死で、ダブルハンドが出ているのに気づかない人もいる。ダブルハンドが来たら、さりげなくそのサインをして、みんなが気付くまで観察しているのがたまらなく楽しい。誰かがダブルハンドを出さないか、たえず全員を見回しておかなければならないので、ますます忙しくなる。

カードが補充できなくなったらゲーム終了で、得失点を計算し、最も多い人の勝ち。

6人で10分ほど。ひんぱんにダブルハンドが出てくるので、そのたびに皆で大笑い。みんなが揃って変なダブルハンドのポーズをするのもおかしかった。

Hands
C.ヴァンデン・バルク/ホワイトゴブリンゲームズ(2015年)
3-8人用/8歳以上/20分
国内未発売

エイト・エピックス(Eight Epics)

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

もう無理だと何度も思った

Eight Epics

サイコロ8個を全部1の目にする、サイコロ8個の出目の合計を10以下にするといった厳しい条件を、キャラクターの能力を駆使して達成していく協力ゲーム。『ラブレター』のカナイ製作所がゲームマーケット2015春に発表した作品で、カードはたったの16枚しか使わないが、その組み合わせと順番によって多様な展開が楽しめる。

各プレイヤーに1枚ずつキャラクターカードを渡し、お互いの能力を確認してスタート。各プレイヤーは英雄で、これからさまざまな災厄を乗り越えなくてはならない。まずは1枚目の災厄から。今回、最初の災厄は「隕石落下」。サイコロ1個で5回1の目を出した後、サイコロ2個で2回1のゾロ目を出し、サイコロ3個を全て1にすると回避できる。無理でしょ?!

自分の番には、場にあるダイスを3個まで無料で振り直すことができる。ここで狙った出目が出ればラッキーだが、その確率は低い。そこでキャラクターのLP(ライフポイント)を減らして、また3個まで振り直すか、そのキャラクターの能力を使うことができる。例えば「至高の聖騎士」の能力はサイコロ1つを1の目に変更するというもの。「隕石落下」には有効だ。

こうしてキャラクターのLPを減らせば、いくらでも振り直し/能力を使えるが、先は長いので無闇に減らさないほうがよい。適当なところで手番終了を宣言し、次の人に続きを頑張ってもらう。あとは頼んだぞ!

しかし手番が終わったとき、使っていたキャラクター(自分のキャラクターか、共有のキャラクター)は横向きになる。1つの災厄を回避する前に、全部のキャラクターが横向きになってしまうとゲーム終了だ。使えるキャラクターがどんどん減っていく中で、災厄を回避できるか?

災厄を無事回避できると、次の災厄が出てきて全てのキャラクターが再び使えるようになるが、LPはそのまま。LPがなくなったキャラクターは裏返しになり、もう使えなくなってしまう。最終的にはキャラクターが数人、命を落として犠牲になるぐらいの厳しいバランス。ゲームは5ラウンドあり、最後は2枚の災厄を乗り越えなければならない。

どんどん戦況が厳しくなっていく中で、どこまで進めて次の人に渡すかが悩ましい。しかも3ラウンド目からは相談禁止というルールが推奨されており、阿吽の呼吸を早くつかまなくてはならない。今回は1振りで6個のストレートができあがるなど、奇跡のダイス運に恵まれたこともあり最後まで達成できたが、終盤についつい相談してしまったこともあり、もう1度やって達成できる自信はない。マゾヒスティックな作品だ。

Eight Epics
カナイセイジ/カナイ製作所
1-8人/10歳以上/20分

シュピール15:コスモス

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

スチームタイム(Steam Time)
R.ドーン作、2-4人用、12歳以上、90分。
時は1899年、ストーンヘンジやエジプトのピラミッドで奇妙な現象が観察されました。時間の経過がおかしくなり、新しく発見された水晶の性質によって素晴らしい装置の開発が可能になりました。この発見の偉業を争い、急速に産業革命を進めていた国々は、これらを使って巨大な蒸気飛行船を建造し、時空を超えて移動することを目指します。長く失われた知識、衰亡した文明、隠された財宝をめぐるレースが始まります。過去に移動し、水晶を探し、水晶を上手に使ってライバルを出し抜いて下さい。

王宮の大騒ぎ(Tumult Royale)
K.トイバー、B.トイバー作、2-4人用、10歳以上、40分。
民衆が上に苦しむ中、王様がモニュメントを建造し、国中が混乱に陥っています。農夫はこれ以上耐え切れずに、暴動を起こします。プレイヤーは貪欲な貴族となり、できるだけたくさんのモニュメントを建造することを目指します。そのためにはパンや大理石や道具が必要ですが、盗まれてしまうこともあります。同時プレイで、数秒の間にタイルをめくり、取るか隠すかを決めます。その際、民衆に残す分が少なすぎると暴動が起こり、欲張りな農夫たちは罰せられるでしょう。

アンドールの伝説:チャダとトルン(Die Legenden von Andor: Chada & Thorn)
G.ヘヒト作、2人用、10歳以上、40分。
ファンタジー協力ゲームがコスモス社お得意の2人用ゲームになりました。『アンドールの伝説:北方への旅立ち』からの帰還を描いたカードゲームです。女性弓使いのチャダと、戦士のトルンがシルバーランドの北から南へと旅します。そしてドワーフたちの助けを得て、海をわたってアンドールへ向かいます。航海では、スリリングな冒険と新しいチャレンジが待っています。2人が力を合わせないと、港にたどりつくことはできません。不吉な敵が後を追いかけてきます。4つのシナリオを選ぶことができ、タイルの配置によって毎回新しいルートとチャレンジが生まれます。

街コロ:大都市(Machi Koro: Großstadt-Erweiterung)
菅沼正夫作、2-4人用、8歳以上、40分。
ドイツ年間ゲーム大賞にノミネートされた『街コロ』の拡張セット。『街コロプラス』と『街コロシャープ』の両方を合わせたもののドイツ語版です。

トップ&フロップ(Top & Flop)
D.クラブシェット作、3-7人用、10歳以上、25分。
2005年にアメリカで発売され、数々の賞を受賞している数字当てゲーム『ウィット&ウェイジャー』のドイツ語版。問題に数字で回答した後、どれが当たりそうかをビッドします。

ルムス(Rumms)
O.シブトーペ、G.シブトーペ作、2人用、8歳以上、15分。
2013年にゲームライト社から発売された『キューブクエスト』のドイツ語版。ダイスを指で弾いて、ボード上で生き残り、相手の王様をはじき出すことを目指します。

ウボンゴ・スターウォーズ・フォースの覚醒(Ubongo: Star Wars: Das Erwachen der Macht)
G.レヒトマン作、1-4人用、8歳以上、25分。
ライトサイド、ダークサイドのあるタイルで地面を埋めることを目指します。成功すれば、宇宙船を進めることができ、先にできた人ほど遠くまで進めます。

ブレーメンズ(Bremens)

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

仲間に乗ってゴールを目指せ

ブレーメンズ

ネコ、イヌ、ロバの3匹をうまく重ねてゴールを目指すレースゲーム。『モテねば。』『シンデレラが多すぎる』の大気圏内ゲームズがゲームマーケットで発表したもので、テーマ(ブレーメンの音楽隊)の落とし込みだけでなく、洗練されたボックスアート、ひねりの効いたゲームデザインはさすがの出来栄えだ。ゲーム会が終わってから、早速ポチった方が2名もいた。

各自、手札からカードを1枚選んで一斉公開する。カードの数字だけ自分のコマを進めることができるが、欲張って一番数字が大きいのを出すと進むことができない。各自、ネコ、イヌ、ロバの3匹の動物を全てゴールまで進めれば勝ち。

悩ましいのは、ネコ、イヌ、ロバのどれを進めるかということだ。数字が決まってから、ネコ、イヌ、ロバのいずれかのカードを出して、その動物を進める。コマは大中小の大きさがあり、進めた先により大きいコマがあれば上に乗っかることができる。上に乗っかったコマは、下のコマが進んだときに一緒に連れて行ってもらえるのはお約束。

先にロバを進めて、その上にイヌ、さらにネコを乗せてグループになって進めれば効率がいいが、その前にほかのイヌやネコに乗られてしまうかもしれない。それを嫌って先にネコやイヌから進め、ほかの人に乗られないようにするという手もあるが、今度はロバが出遅れてしまう。何しろ移動先に、より小さなコマがある場合は、1マスも進めないのである。

一番数字が大きいカードを出してしまったら、自分のコマを進める代わりにお邪魔キャラのニワトリを移動できる。ニワトリはどのコマの上にも乗り、そのコマの移動をブロックする。このニワトリの動きまで予測して進めるコマを考えるとなると、さらに悩ましくなる。

手札も、動物カードも、使いきってはじめて補充される。そのためだんだん選択肢が狭まり、カウンティングもできる。少し先を考えて進めないといけない。

そしてこのゲーム最大のポイントは、スペシャルカード。7種類のうち1枚ずつ配られ、自分の手札に入っている。数字がついており、一番数字が大きいと効果は発動しない。一度に2匹進められる「DOUBLE」と、1~5マスで選んで進める「ONE TO FIVE」あたりが狙い目。このカードがいいアクセントになっていて、ゲームに予想外の変化が生まれる。

3人プレイで20分ほど。先にロバを進める人が多いと次々と上に乗り、展開が早いようだ。神尾さんが早々と自分のコマだけのトリプルセットを作り、ほかの2人の必死の妨害(といってもできるだけ小さい数字を出すだけ)をすり抜けて1位。私は最初にネコから行ってみたが、後続がなかなか進めず。みんながネコから進めると混戦になるようだ。

手札を出して一斉に公開するというゲームはたくさんあるが、使いきらないと手札に戻らないというルールと、スペシャルカードのアクセントで戦略性と意外性のある作品である。

Bremens
チーム大気圏内/大気圏内ゲームズ(2015年)
3-5人用/12歳以上/30分
大気圏内ゲームズ:ブレーメンズ

国際ゲーマーズ賞2015ノミネート

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

国際ゲーマーズ賞(International Gamers Awards)選考委員会は、今年のノミネート作品を発表した。昨年の夏から1年間に国際ボードゲーム市場で発売された新作の中から、アメリカ、ドイツ、オランダなど世界各国20名の審査員が選んだ作品は次の通り。

8月になってから審査員が各自10タイトルを挙げ、そのうち5タイトルに星印をつける。そして星印のあるタイトルを2ポイント、無印を1ポイントとして集計し、10位(タイの場合は+α)までをノミネートとする仕組み。ドイツ年間エキスパートゲーム大賞関連では『エリジウム』と『オルレアン』(ノミネート)、『マルコポーロの足あと』『デウス』『アルルの丘』(推薦リスト)がノミネートに入った。ほかにもこの1年を代表するゲーマーズゲームが並ぶ。

昨年は各部門で『ロシアンレールロード』と『ライム』が大賞に選ばれている。

【国際ゲーマーズ賞2015ノミネート】
(一般ストラテジー部門)
アクア・スフィア(AquaSphere / S.フェルト)
マルコポーロの足あと(Auf den Spuren von Marco Polo / S.ルキアーニ、D.タスキーニ)
デウス(Deus / S.ドゥジャルダン)
エリジウム(Elysium / M.ダンスタン)
ファイブトライブス(Five Tribes / B.カタラ)
ヒュペルボレア(Hyperborea / A.チャルヴェジオ、P.ズィッツィ)
クラフトワーゲン(Kraftwagen / M.クラマー)
ラ・グランハ(La Granja / M.ケラー、A.オーデンダール)
オルレアン(Orléans / R.シュトックハウゼン)
パナマックス(Panamax / G.ドオーレイ、N.B.センティエロ、P.ソレダーデ)
主計総監(Quartermaster General / I.ブロディ)
ロール・フォー・ザ・ギャラクシー(Roll for the Galaxy / W.H.フワン、T.レーマン)

(2人用ストラテジー部門)
ベースボール・ハイライト2045(Baseball Highlights 2045 / M.フィッツジェラルド)
アルルの丘(Fields of Arle / U.ローゼンベルク)
パッチワーク(Patchwork / U.ローゼンベルク)
スターレルム(Star Realms / R.ドゥガーティ、D.ケイスル)
スターウォーズ:アルマダ(Star Wars Armada / J.クニッフェン、C.T.ピーターソン)
我ら民族なり(Wir sind das Volk / R.シヴェル、P.ズィルフェスタ)

International Gamers Awards:2015 Nominees

シュピール15:アミーゴ

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

ボードゲームの世界最大イベントであるシュピール'15(エッセン国際ボードゲーム祭)が10月8日(木)から4日間にわたって行われます。

このページでは、新作情報を各出版社のウェブサイト、ニュースサイトから翻訳し、どのような新作が出るかを見ていきたいと思います。日本に比較的入りやすく、よく知られている出版社を中心に紹介しています。ゲーム名は直訳で、後に輸入販売されるときには別になるかもしれません。

例年1番最初に情報を出すアミーゴ社から。発売は9月なので、エッセン・シュピール前に国内発売される可能性もあります。

エルフェンランド・デラックス(Elfenland de luxe)
A.R.ムーン作、2-6人用、10歳以上、60分。
1998年にドイツ年間ゲーム大賞を受賞した旅行ゲームのリメイク。エルフたちがドラゴンやトロル車などのカードを出して、できるだけ多くの街を回ることを目指します。ただし途中の街道は、指示された交通手段でしか通れません。4ラウンドで最も多くの街を訪れたエルフの勝利です。
金塊、呪文、競りを加えてより戦略的になる『エルフェンゴールド』、旅カードに魔法カードを混ぜる『エルフの魔法使い』、島が点在するボードをクジラで渡る『エルフの海』の拡張セットが同梱されており、好みに応じて加えることができます。
英語版はリオグランデゲームズから、『エルフェンロード(Elfenroads)』というタイトルで発売されます。

頂上ラッシュ(Gipfelstürmer)
F.フリーゼ作、2-4人用、8歳以上、30分。
5匹のヤギで頂上を目指すダイスゲーム。手番には3回まで振り直すことができ、その結果によってヤギが頂上の方向に進めるかをチェックします。頂上に近づくにつれて、スリーカード、小ストレート、フルハウス、ファイブカードというように難易度が上がっていきます。またボードの上半分では、マスが1つしかなく、ほかのヤギがいるマスに登ると、自分のヤギは1マス上へ、相手のヤギは1マス下に押し出します。頂上に2回登ったプレイヤーの勝利です。

モルタールの入口(Die Portale von Molthar)
J.シュミッダウアー・ケーニヒ作、2-5人用、10歳以上、45分。
場には4枚の真珠カードと2枚のキャラクターカードが並んでいます。手番には、3アクションを行って、真珠カードを1枚取るか、真珠カードを4枚とも捨て札にするか、キャラクターカードを1枚取るか、取ったキャラクターカードを発動させるかします。キャラクターの発動には、指定された組み合わせの真珠を手札から出さなければなりません。発動させることで権力ポイントやダイヤモンド、特殊能力が得られます。誰かが12権力ポイント集めたラウンドでゲーム終了となり、権力ポイントの最も多いプレイヤーが勝ちます。

プライバシー・クイッキー(Privacy Quickie)
R.シュタウペ作、5-10人用、16歳以上、30分。
大人の質問にこっそり答えるゲームがスピードアップ。質問カードを読み、各自イエスかノーのカードを、どちらを答えたか分からないように伏せて中央に出します。そしてイエスと答えたのは何人かを紙に書いて予想します。全員、または0と予想することはできません。カードを混ぜて公開し、答え合わせをシます。正解者は3点、1つ違いは1点です。15ラウンドで得点の多い人が勝ちます。

3は多すぎる(3 sind eine zu viel!)
C.ベーレ、R.シュタウペ作、2-4人用、10歳以上、25分。
手番には手札から数字カードを場に1枚出します。場ではカードが数字別に分けられており、その数字の5枚目のカードを出したらカードを取らなければいけません。取ったカードは自分の前に色別に分けておきます。誰かが18枚取ったらゲーム終了で、1-2枚だけ取った色はプラス、3枚取った色はマイナスになります。多くの色を少しずつ集めましょう。

カルマ(Karma)
M.J.ファルコ作、2-6人用、8歳以上、35分。
2014年にセット・エンタープライゼズから発売された同タイトルのカードゲームのドイツ語版。各自、手札3枚、手前のカード6枚で始めますが、そのうち3枚は裏向きになっています。手番には数字カードかカルマカードを出します。数字カードは同じ数字なら何枚でも出せますが、前に出した人の数以上でなければなりません。カルマカードを出すと特別なアクションができます。山札も手札もなくなったら、手前のカードを表のもの、裏のものの順で出します。出せるカードがなければ、捨て札を引き取り、手札にしなければなりません。最後までカードが残っていたプレイヤーが敗者です。

カーフリップ(Kerflip!)
D.タッブ作、2-4人用、10歳以上、20分。
2012年にクリエイティブ・ファンドリーゲームズから発売されたワードゲームのドイツ語版。各自3~5枚のアルファベットタイルを袋から引き、同時に中央の場に投げ込みます。そこにあるアルファベットを使って、できるだけ早く単語を見つけ、声に出します。全員が認めた単語ならば得点です。使われたアルファベットは紫の面になり、次に使うと得点が半減します。また小さい数字の付いているアルファベットを使うとボーナスカードがもらえ、最後に得点が増えます。袋から引けるアルファベットタイルがなくなったらゲーム終了で、得点の多い人が勝ちです。

ローマポーカー(Römisch Pokern)
D.パーレット、J.クレナー作、2-6人用、10歳以上、30分。
各自6種類のアクションカードをもち、自分の前に表にしておきます。6つのダイスを振り、振り直すかやめるかを選びます。ローマ数字が作れる限り振り直すことができます。振り直すのをやめたら、7つあるローマ数字記入欄のいずれかに、数字を記入します。同じ数字は記入できず、しかも昇順に並べなければいけません。それができなければ、失敗となります。アクションカードを使って、特定のダイスを振り直したり、好きなダイスを取り除いたり、同じ数字を記入したりできます。誰かが7つの欄を埋めたラウンドでゲーム終了となり、記入した欄と、使わなかったアクションカードが得点になります。最も得点の多いプレイヤーが勝者です。

サルコファガス(Sarkophag)
M.フェルトケッター作、3-6人用、8歳以上、15分。
できるだけ最初の人に近い数字を出すトリックテイキングゲーム。各自10枚の手札をもち、順番に1枚ずつカードを出していきます。2人目が最初に出された数字より大きい数字を出すと、全員大きい数字を出さなければならず、2人目が小さい数字を出せば、全員小さい数字を出さなければなりません。そして最初の数字との差が一番大きい数字を出した人がトリック(全員が出したカード)を取ります。こうして獲得したカードのミイラが一番少ない人が勝ちです。

小さなカラスの靴下で大レース(Kleiner Rabe Socke - Das große Rennen)
M.シャハト作、2-5人用、5歳以上、20分。
ダイス2個を振って、森の中をレースします。1つは数字ダイスで、その数だけ進むことができ、もう1つはアクションダイスで、コース変更や障害物設置ができます。どちらかのダイスは振り直しができます。2周回って1位だったプレイヤーが勝ちます。

スピードカップス:ファンエディション(Speed Cups Fan-Edition)
H.シャフィール作、2-4人用、6歳以上、15分。
『スピードカップ』と『スピードカップ2』にカードを加えます。カードをめくって、その色の順番にカップを並べます。できた人は素早くカードを叩くか、ベルを鳴らします。正解だったらカードをもらえ、間違っていたら次点だった人がカードを受け取ります。カードが全部なくなったらゲーム終了で、最も多く取ったプレイヤーの勝ちです。

不登校の小・中学生のためのボードゲームイベント、福井

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

フリースクールや学童保育など、子供が集まる場でボードゲームを活用している例が徐々に増えているようだ。

福井市のフリースクール「みんなの広場」8月22日(土)15時から、福井市内の公民館にて「不登校の小・中学生のためのボードゲームイベント」を開く。地元の創作ゲームサークル「ちゃがちゃがゲームズ」が協力する。参加費500円、初めての方や、保護者の参加も歓迎。

同世代の同じような境遇の子供同士が良い刺激を与え合い、フリースクールという居場所があることを知ってもらうために開かれるイベント。そのために子供にとってハードルが低く参加しやすいボードゲームを取り上げた。「みんなの広場」では、普段からボードゲームの時間を設けて親しんでいる。

ちゃがちゃがゲームズは『かたろーぐ』『くだものあつめ』など手軽に楽しめるゲームを創作している福井のサークル。ゲームマーケットには昨年から参加し話題を集めているほか、北陸地方のボードゲームフリーマーケットに携わるなど、地元密着の活動を展開している。

8月22日(土)15:00~18:00に「不登校の小・中学生のためのボードゲームイベント」を行います。ボードゲームイベントは子供にとってハードルが低く参加しやすいのではないかと思い企画しました。このイベントに参加することで同世代の同じよ...

Posted by フリースクール みんなの広場 on 2015年8月5日

電力会社(Funkenschlag)

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

財布を中身をよく数えて

電力会社

電力会社の経営者となって、発電所を買い、電力を生み出し、都市に届けるゲーム。ミープルチョイス賞、ドイツ年間ゲーム大賞推薦リスト、ポーランド年間ゲーム大賞、スペイン年間ゲーム大賞ノミネート、イタリア・ルッカゲーム賞、日本ボードゲーム大賞2位など。言わずと知れた定番の名作ゲームで、日本を含む数多くのマップが発売されている。日本でも人気は根強く、日本版The One Hundredでは10位以内の常連である。

しかし、どんな名作ゲームでも、遊ぶ機会に恵まれないことがある。参加者全員が初プレイのゲームを優先する我が家のプレイ事情もあって、発売されて10年以上遊んでいなかった。そのことを知っていたtomokさんが、久しぶりに参加した近くのゲームサークルでわざわざ立卓してくれたおかげでようやくプレイできた。ドイツマップ北部を使い、3人プレイで2時間ほど。

ゲームの中心は、発電所の競りである。どの発電所を選び、いくらまで値をつけるかが勝敗を分ける。毎ラウンド、発電所がいくつか並ぶのでその中から順番に1枚を選んで競りにかける。落札した人は抜けるので、後になるほど楽に入手できるようになるが、いいものはもう残っていないかもしれない。

この後、残ったお金で燃料を買い、盤面の都市に建物を建てて送電網を広げなければいけない。こちらもお金がかかるので、競りでいくらまで出せるかよく計算しておく必要がある。お金がかつかつなので、1エレクトロ(このゲームのお金の単位)も無駄にできない。何度も何度も所持金を数えていた。

燃料を買う順番、建物を建てる順番は、発電所のグレードが低い人からである。そのため、なまじいい発電所を落札してしまうと、燃料は高騰するわ、建物を建てられる都市はなくなるわでたいへんな目に遭う。ほかの人よりちょっとグレードの低い発電所で止めておいて、燃料や建物でイニシアチブを取るしゃがみプレイが基本。でもみんなが同じことを考えているわけで、競りの駆け引きはいよいよ熱い。

ラウンドの最後に、燃料を使って発電所を稼働させ、建物を建てた都市に送電すると収入が入る。しかしこの収入もすぐに次のラウンドの設備投資に消えてしまうのだ。電力自由化も楽じゃない。

途中で建物を建てられる都市が増えるが、ゲームの流れは、発電所の競り、燃料の購入、建物の建設、収入の繰り返し。しかし最後は劇的な終わりを迎える。それは、所定の数の都市に送電すること。そのラウンドで終わりとなり、いくら所持金が多くても、送電できる都市が少なければ負けてしまう。このため、終盤は発電所の容量と建物の数をめぐって、あといくつで終了トリガーが引かれるかの睨み合いとなる。

今回のプレイ、序盤は経験者の鴉さんと場所争いを制して、広い送電網を築くことに成功。発電所もそこそこ旧式の火力発電にとどめ、手堅い経営ができた。しかし終盤は燃料を必要としないクリーンエネルギーの発電所がどうしても手に入らず、燃料費がじわじわと経営を圧迫してくる。最後は2エレクトロだけ足りなくて所定の数に送電できず。勝者は序盤で燃料を買い占め、使いきる頃にスムーズにクリーンエネルギーに転換できたtomokさん。鴉さんは原子力発電所を独占できたものの、それまでしゃがみすぎたようだった。

1エレクトロに泣くこともある非常にシビアなゲームだが、競りがそのカツカツさをほどよく緩和し(ほかの人が要らない発電所だったら入手しやすいなど)、爽快感も味わえる。発電所の出る順番によってゲームの展開も大きく変わり、さらにマップごとにさまざまな追加ルールが導入されて、ずっと遊び続けられる作品である。

Funkenschlag
F.フリーゼ/2Fシュピーレ(2004)・アークライトゲームズ(2010)
2~6人用/12歳以上/120分

ニューゲームズオーダー、東京ドイツゲーム賞特別賞作『曼荼羅』を発売

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

ニューゲームズオーダーは9日、東京・三鷹で行われる「中央・総武線ボードゲームフェスタ」にて、東京ドイツゲーム賞で特別賞を受賞した国産オリジナルゲーム『曼荼羅』を発売する。デザイン・麻生忠嗣、イラスト・ママダユースケ、3~4人用、12歳以上、120分、6,000円(税込)。「中央・総武線ボードゲームフェスタ」以後、順次各ショップで取り扱い開始となる。

『枯山水』が大賞を受賞した第1回東京ドイツゲーム賞にて、最終選考まで残った末、ニューゲームズオーダー特別賞に選ばれた作品。2年の歳月を経て、ようやく製品化が実現した。

密教の世界観を表した曼荼羅(マンダラ)の上で、自分のコマをできるだけ多くつながるように置くことを目指すゲーム。タイルの上にコマを置いて、そのタイルをボードに置くという二重構造で、奥の深い展開が待っている。コマの行方を左右する六道カード(天、人間、修羅、餓鬼、畜生、地獄)を取ってゲームのイニシアチブを奪うか、タイルにコマを増やす方を優先するか、ジレンマがあちこちに仕掛けられている。

ルールは4ページながら、国産ゲームには珍しい2時間級のゲーマーズゲーム。ルールを読んだだけではほとんど想像できない展開があり、「爆発力のある、本当に難しく、本当に面白いゲーム」だ。

B2FGames:ボードゲーム「曼荼羅」を8月9日「中央・総武線ボードゲームフェスタ」で発売します。

『カリスト』日本語版、9月上旬発売

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

ホビージャパンは9月上旬、R.クニツィアのパズルゲーム『カリスト(Callisto)』日本語版を発売する。2~4人用、7歳以上、10分、1,800円(税別)。

オリジナルは2009年にピアトニク社(オーストリア)から発売された作品を、コンポーネントをコンパクトに変更し普及版としてリニューアルしたもの。

枠の中に自分の色のタイルを配置するゲーム。タイルは、さまざまな形状をしているが、配置済みの自分の色のタイルと辺同士が接し、かつ枠内に収まるように配置しなければならない。限られた配置可能スペースを利用して自分のタイルをうまく配置し、できるだけ対戦相手に自由にタイル置かせないよう進めていく。全員がタイルを置けなくなったらゲーム終了で、最終的に手元に残ったタイル(マス数の合計)が最も少ないプレイヤーが勝者となる。

大箱だったオリジナル版が安価で遊べるように成り、持ち運びも便利になった。旅先や家族で手軽に遊べる、エキサイティングなパズルゲームだ。9日に東京・三鷹で行われる「中央・総武線ボードゲームフェスタ」で先行試遊できる。

ホビージャパンゲームブログ:【宣伝】『中央・総武線ボードゲームフェスタ』出展します!

カリスト日本語版(コンポーネント)

『パンデミック:緊急事態宣言』日本語版、8月下旬発売

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

ホビージャパンは8月下旬、定番の協力ゲーム『パンデミック:新たなる試練』第3拡張セットとなる『緊急事態宣言(State of Emergency)』日本語版を発売する。M.リーコック作、2-4人用、13歳以上、45分、4,000円(税別)。プレイするためには『パンデミック:新たなる試練』が必要。

『迫りくる危機』『科学の砦』に3番目の拡張セット。今年の3月にオリジナルが発売されたばかりの最新作だ。5つの新たな役割と7つのイベントを加え、さらに以下の4種類の新たなルールを追加できる。人類の存亡をかけた時間との戦いがふたたび始まる。

  1. 検疫:病原体の成長を遅らせることで、ゲームの難易度を調節。
  2. 遠隔地チャレンジ:動物から人間へと感染する病原体の拡大を阻止せよ!
  3. 緊急事態イベントチャレンジ:予期せぬ出来事が発生する中で、治療薬を開発しなければならない!
  4. スーパーバグ・チャレンジ:薬剤耐性を持つ病原体に対し、ワクチンを開発して根絶せよ!

『パンデミック』シリーズは2013年に新版の基本セット『新たなる試練』が発売されてから、急ピッチでリリースが相次いでいる。2014年に第1拡張『迫りくる危機(On the Brink)』、今年2月に第2拡張『科学の砦(In the Lab)』、今年6月にダイスゲーム版『完全治療(The Cure)』とカードゲーム版『接触感染(Contagion)』がリリースされ、10月にはキャンペーンシナリオの『レガシー シーズン1(Legacy Season 1)』が予定されている。全てホビージャパンが日本語版を制作している。たくさんあるので混同しないようにしよう。

『アクアスフィア』日本語版、9月12日発売

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

アークライトは9月12日、S.フェルトの深海探検ゲーム『アクアスフィア(AquaSphere)』日本語版を発売する。2~4人用、12歳以上、100分(プレイヤー人数×25分)、5,800円(税別)。

ゲーマーに人気のデザイナー、S.フェルトが昨秋にホールゲームズ(ドイツ)から発表し、人気投票「スカウトアクション」で1位を獲得した作品。ドイツ年間エキスパートゲーム大賞は逃したものの、これから発表されるドイツゲーム賞に入賞する確率は高い。コンポーネントに言語依存はなく、英語版はホビージャパンが取り扱っている。

海中調査ステーション「アクアスフィア」の調査チームとなり、海底に眠る新種のクリスタルの回収・解析・研究を行う。最新モデルの探査ロボット・通称「ボット」をプログラムし、効果的に使わなければならない。謎の深海生物タコポッドの妨害を排除し、最も成果を上げるのは誰か。

プレイヤーはそれぞれ、エンジニアと科学者の2つのコマを駆使し、アクションを予約・実行していく。ただし、自分の手番中にそのどちらかしかできず、また1ラウンドに予約できるアクションは限られている。状況を確認しながら効率的にアクションを予約・実行できるかが、勝利へのカギとなるだろう。タイムラグのあるボット操作のままならなさが、深海探検の雰囲気をよく表した一作だ。

アークライトゲームズ:アクアスフィア
TGiWレビュー:アクアスフィア

アクアスフィア日本語版(コンポーネント)

『星の王子さま:その先の物語』日本語版、8月下旬発売

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

ホビージャパンは8月下旬、サン=テグジュペリの小説を題材にしたフランスのカードゲーム『星の王子さま:その先の物語(The Little Prince: Rising to the Stars)』日本語版を発売する。A.ボザ、B.カタラ作、2~6人用、6歳以上、20分、4,000円(税別)。

2012年の『星の王子さまボードゲーム』から3年、同じ作者がブルーノ・カタラとコンビを組んで第2弾を発表した作品。今秋、全世界で公開される映画『リトルプリンス 星の王子さまと私』によるストーリーとアートワークを用いている。日・英・独・仏語版のほかにイタリア、ポーランド、ギリシャ語版も発売される。

プレイヤーは自らの飛行機に乗り込み、王子さまの星へ向かった女の子の後を追って、おじいさんの家から飛び立つ。飛行機は手札からプレイしたカードに応じて進み、止まった場所によってさまざまな効果が得られる。旅の先々でさまざまな出来事に遭遇し、追加のカードを得たり、星を手に入れたりしていく。ほかのプレイヤーよりも先に王子さまの星に到着すると、より多くの星を手に入れることができ、最も多くの星を手に入れたプレイヤーが勝者となる。先に到着すれば必ず勝てるわけではなく、途中の過程も重要となる。

映画の世界観を見事に再現し、簡単なルールかつエキサイティングな展開が待ち受ける、大人から子供まで楽しめるすごろく式のカードゲームだ。


© 2015 LPPTV Little Princess - On Entertainment - Orange Studio - M6 Films

ニューゲームズオーダー、オリジナルゲーム紙幣を発売

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

ニューゲームズオーダーは1日、汎用のオリジナルゲーム紙幣を発売した。1金から500金まで245枚入って1500円(税込)。イラストは『枯山水』のママダユースケ氏が担当している。

『人生ゲーム』『モノポリー』から『アクワイア』『電力会社』まで、紙幣を使うボードゲームがたくさんあるが、付属の紙幣は単色刷りであることが多い。たくさん手に入ってもお金持ちになった感じがないという方に、この紙幣が有用だ。

オリジナルゲーム紙幣は2008年、グランペールが1金から100金まで5種類入りを発売したことがあるが、今回は20金と500金もあり、金額が大きくなる場合にも対応できるようになっている。

色使いや紙質を紙幣らしく仕上げただけでなく、モチーフも『枯山水』や『ラー』などボードゲームのキャラクターをあしらい、アミーゴサイズの外箱に収納するなど、ファンにはたまらない内容となっている。同時発売となった『ウィッチ・トライアル』で早速使ってみよう。

B2FGames:ニューゲームズオーダーオリジナルのゲーム用紙幣を発売します。
ショップ検索:ゲーム用紙幣

『ウィッチ・トライアル』日本語版発売

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

ニューゲームズオーダーは1日、裁判カードバトルゲーム『ウィッチ・トライアル 魔女裁判』日本語版を発売した。J.アーネスト作、3-7人用、10歳以上、45分、1800円(税込)。

オリジナルは2001年にチーパスゲームズ(アメリカ)から発売された作品。英語版以外の発売はこれが初となる。ニューゲームズオーダーがチーパスゲームズの日本語版を発売するのは『ビッグチーズ』『レンフィールド』に続いて3タイトル目。オリジナルは白黒の印刷だったが、日本語版はセピア色を基調としつつ、カラー印刷となっている。

プレイヤーは検事となり、さまざまな奇行を行う隣人たちに「魔女」の嫌疑をかけたり、逆に容疑者の疑いを晴らす弁護人となったりして、法廷で争う。検事も弁護士も、その狙いは裁判を通じて得られるお金。裏でお金の話がまとまれば、検事と弁護士の間(つまりプレイヤー間)の談合で有罪か無罪かが決まることもある。お金が儲かるなら有罪でも無罪でもよいのだ。最後は、お金を最も稼いだプレイヤーが勝者となる。

容疑者/証人、証拠、告発、反論、動議のカードがあり、手番には容疑者を告発するか、裁判を行う。裁判は2人のプレイヤー間で争われ、有罪か無罪かはダイスで決まるが、証拠カードや証人カードを出して確率を変えることができる。動議カードでハプニングが起こったり、反論カードで打ち消されたりすることも。裁判では弁護料や裁判料をもらうことができ、これでお金を稼ぐ。司法取引をして裁判料を分け合うこともできるため、交渉も発生する。

容疑者カードや告発カードなどに書かれたユーモア溢れるテキストも、日本語版になって楽しめるようになった。チーパスゲームズならではのブラックユーモアを味わおう。

ニューゲームズオーダー:ウィッチ・トライアル

名作ボードゲーム拡張セットのアドベントカレンダー、10月発売

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

今年発足したベルリンのボードゲーム出版社フロステッドゲームズ(Frosted Games)は今秋、シュピール15に合わせて名作ボードゲーム拡張セットのアドベントカレンダーを発売する。45ユーロで予約受付中。

アドベントカレンダーは12月にクリスマスまでを数える日めくりカレンダー。この1日1日に1つずつ、合計24の拡張セットが入っている。収録されていているのは『アビス』『アルルの丘』『ボーナンザ』『カカオ』『カルカソンヌ』『カタン』『コルト・エクスプレス』『ブルゴーニュ』『ドクターパニック』『エル・ガウチョ』『電力会社』『グラスロード』『天空の島(シュピール15新作)』『ベガス』『ルーニークエスト』『マーベル・ダイスマスターズ』『オルレアン』『ロココの仕立屋』『宝石の煌き』『タルギ』『ヴィヴァジャワ』『ウィザード』『春秋戦国』『ズーロレット』と名作揃いだ。

これらの作品を発売する21の出版社も協賛。箱のイラストは『アグリコラ』のK.フランツが担当した。売上1つにつき4ユーロが、福祉団体に寄付される。

ドイツ、スイス、オーストリア以外への発送は受け付けていないため、ほしい方はシュピール会場での受け取りとなる。予約は下記のホームページから(受取日はシュピール会期中の木~土曜日、国名はDeutschlandで)。

Frosted Games:Herbst-Veröffentlichungen 2015

ブラックストーリーズ:ファニーデス(Black Stories Funny Death Edition)

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

家族旅行にコミュニケーション推理ゲームの最新作をもっていった。旅行先で遊ぶのではなく、道中に遊ぶ用として。

私がゲームマスターとなり、家族が謎解きに挑戦した。いつも全員が参加しているわけではなく、興味がありそうな問題だけ参加する。質問の途中で抜けたり、正解が近くなってから入ったりと、ゆるく遊べるのがこのゲームの良さで、道中の風景を楽しみながら、おやつを食べながらでもよい。

この作品は、空想ではなく事実に基づいた話なので、その分だけ興味を強くもてる。これまでのシリーズは脳トレという印象があったが、刑事になったような気持ちで事件の真相に迫っていく。

皆目見当がつかないまま飽きてしまうということがないように、行き詰まったらヒントを出すようにした。手加減できるのもアナログゲームの良さだ。

「男はスピード狂だった。ブレーキをかけたのが運のつきだった」・・・・・・そんなことで死んじゃうの?と思いながら箱絵を見るとドクロがピエロ鼻になっている。まさにファニーデス。事実は小説よりも奇なり。

Black Stories Funny Death Edition
H.ベーシュ、C.ハーダー、J.シューマッハ/モーゼス出版(2011年)+cosaic(2015年)
2人以上/12歳以上(小学校高学年ぐらいからプレイ可)/20分

『会話型心理ゲーム 人狼DX』発売

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

幻冬舎は31日、新しい役職5つを加えた『会話型心理ゲーム 人狼DX』を発売した。監修・株式会社人狼、イラスト・上田バロン、10歳以上、4-20人用、10-50分、1,700円(税別)。

2013年に発売され、重版を重ねて累計35,000部を販売した幻冬舎版人狼がリニューアル。今回の初版7,000部を加えて累計4万部を超えることになる。

新役職として「ハンター」「共有者」「妖狐」「独裁者」「タフガイ」が入り、推理が深まる。嘘をつき通せるか、見破れるか、騙すスリルと見破る快感が楽しめる。

人狼は2013年にブームを迎え、一年以内にゲーム版が5タイトル、書籍が4タイトル発売されているが、その勢いはまだ衰えていない様子だ。東京・渋谷の人狼ルームも賑わい、人狼ザ・ライブプレイングシアターも満席が続くなど、一過性のブームではなく、広い層に浸透しているものとみられる。

幻冬舎:会話型心理ゲーム 人狼DX

アンケート:枯山水

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

Q98:『枯山水』は遊びましたか?

A.所有&既プレイ 32票(13%)
B.既プレイ 60票(25%)
C.未プレイ 150票(62%)

2015年は、『枯山水』の年といってもいいほど大きな話題となっています。発売は2014年秋でしたが、年明けにツイッターで広がり、3月には朝日新聞、各種テレビ局で取り上げられました。さらに7月にはニコニコ生放送で実況中継されるなど、ボードゲームとしては異例の取り扱われ方をしています。
『枯山水』ネットで話題広まる
朝日新聞に『枯山水』記事
『枯山水』テレビニュース番組で次々と
ニコニコ生放送で『枯山水』

アンケートでは、遊んだことのある方が4割弱、所有している方は1割ほどでした。ゲームで用いる石の塗装に手間がかかり、少部数生産となっていることや、高価であることから遊びたい・買いたいと思っても叶わない方が多いようです。

ニューゲームズオーダーでは海外生産に切り替えて、8月中旬発売を目指しています。衰えぬ需要に応えるもので、ほしい方はあきらめないで待ちましょう。

8月のアンケートは、旅行中のボードゲームです。夏休みやお盆休みなどで自宅を離れることが多い時期ですが、旅先・帰省先にボードゲームをもっていって遊ぶことはあるでしょうか。近いものをお答え下さい。

カレンダー