ボードゲーム好きがゲームに負けたときに言うダサい言い訳7つ

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

マイナビスチューデント「【ゲーマーあるある】ゲーム好きがゲームに負けたときに言うダサい言い訳6つ」に倣って。ボードゲーム愛好者にも、プライドが高くて負けても自分の非を認めたがらない人がいます。そんなときにつぶやく哀しい言い訳を、ツイッターで集めました。こうしてみると、同じゲームでもデジタルゲームとは勝敗の性質が違うことが分かります。

「なんだこれ、運ゲーじゃねーか!」とゲーム批判
多くのボードゲームはほどほどに運の要素があります。しかし実力の部分ももちろんあるわけで、それを棚に上げ、負けた原因を全て運のせいにするのはどうでしょうか。勝っていうんならカッコいい言葉ですね。ほかに「ダイス目が悪くて負けた」など。

「あ、俺ルール勘違いしてたわー!」と実力じゃなかったことをアピール
ボードゲームは、デジタルゲームと違ってルールが複雑で、説明をよく聞かないといけません。でも、ゲームが終わり、勝敗が決まってからいうのは言い訳に聞こえてしまいます。ルールが分からないときは早めに表明しましょう。ほかに「あれ?そのルール聞き逃してたわー」「いいだろう...もうルールの方はだいたいおぼえた」「あーわかったもうわかったわー」など。

「先手有利すぎ、つーか、先手必勝じゃん!」と手番順のせい
コマを置いたり、選択したりしていくゲームでは、先に手番があるほうが有利だといえます。しかし最初の手持ちを増減するなど、それを解消する手立てもあり、それが勝敗の原因とはいえないでしょう。どうしても気になるのでしたら手番順を変えてもう1ゲームです。ほかに「席の位置が悪かった」「上家と下家が悪かった」「私の右隣には、奴がいた...!!」など。

「昨日あんまり寝てないし」と体調不良をアピール
ボードゲームは頭を使うので、コンディション管理は大切です。特に寝不足だと、集中できないでしょう。だからといって、それを負けた言い訳にしても、「じゃあ寝てこいよ」と思われるのがオチです。ほかに「夜勤明けなんだよ」「つれー。昨日実質1時間しか寝てないからつれーわー。実質1時間しか寝てないからなー」など。

「勝ちなんて求めてないからね。楽しめればいいんだよ。楽しめれば」と急にエンジョイ勢に
どれくらい勝敗に重きをおくかはさておき、みんなが勝利を目指して遊ばなければゲームになりません。ゲームが終わってからそんなことを言われても興ざめするだけ。場を「楽しむ」の対極に落としてしまう発言ですね。むしろ勝ったときにいいましょう。

「○○さんのせいでゲームが壊れた」と人のせい
ゲームに慣れていない人がセオリー通りに打たないことはよくあること。そのために意図せぬ展開になり、自分がとばっちりを食っても、その人を責めるのはどうかと思います。これは雰囲気が相当悪くなるのでオススメできません。ほかに「仕事しろよー!」「まぁあれだけ下家にぬるい手打たれたら仕方ないねw」「君が手札バチバチやるの気になって萎えたわ」なども。

「前回圧勝したから、別の筋を試してみたんだけど、難しかったね」と通ぶる
自分が何度も遊んでいるゲームで、遊んだことがない人に負けるのは悔しいもの。そんなときに出てくるのがこんなセリフです。さらに感想戦など始めると、たいへんウザがられるでしょう。

こんな言い訳をするなと言っているわけではありませんので、真面目な読者は勘違いされませんよう。むしろ、勝敗がついて険悪なムードになったときに、わざとらしく言って場を和ませるのもありだと思います。

togetter:ボードゲームに負けた時のダサい言い訳

コメントする

カレンダー