2015年のアクセス解析

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

1年の最後にGoogle Analyticsに基づく今年の当サイトへのアクセスデータより。

ページビューは1,623,718で前年比+14%、月平均13.5万、1日平均では4500になりました。ユニークユーザー数も258,559で前年比+14%と上昇。新規訪問の割合が18.6%→21.5%→23.4%→23.03%と推移しています。

アクセス数に基づく注目されたゲームタイトルは以下の通りです。今年旋風を巻き起こした国産ゲーム『枯山水』が最も注目され、ゾンビから人間を救うB級映画風ゲーム『逃げゾンビ』が2位、ドイツ年間エキスパートゲーム大賞の『ブルームサービス』とノミネートの『オルレアン』が3位と4位でした。ランクインした輸入ゲームはほとんどが日本語版になっています。

TGIW今年注目されたゲーム(検索ワードに基づくランキング)
1位:枯山水(ニューゲームズオーダー)1532
2位:逃げゾンビ(アークライト)1173
3位:ブルームサービス(アレア)1119
4位:オルレアン(dlpゲームズ)1016
5位:グラスロード(テンデイズゲームズ)869
6位:マルコポーロの足あと(ハンス・イム・グリュック)859
7位:私の世界の見方(テンデイズゲームズ)794
8位:バロニィ(スペース・カウボーイズ)787
9位:ディスタウファー(ハンス・イム・グリュック)770
10位:ブラックストーリーズ(cosaic)767

次に今年アクセス数が多かった記事は以下の通りです。ニュースについては、すでに「ボードゲーム十大ニュース2015」でまとめておりますのでそちらを御覧ください。

TGiW今年アクセス数の多かった記事(レビュー・リリースを除く)
1位:ドイツ年間ゲーム大賞2015ノミネート 7178
2位:ゲームマーケット2015春:国産オリジナル新作リスト 5178
3位:タモリ倶楽部で同人アナログゲーム特集 4931
4位:枯山水のボードゲーム4タイトル 4920
5位:ゲームマーケット2015春:新作評価アンケート結果 4726
6位:日本カタン協会、「非紳士的行為」に関するコメント 4613
7位:東京・新小岩にボードゲームバー開店 3895
8位:ゲームマーケット2015大阪:国産オリジナル新作リスト 3372
9位:ゲームマーケット2015秋:国産オリジナル新作リスト 3224
10位:家族で楽しめるテーブルゲームランキング 3149

今年も毎日たくさんの方にご覧頂いたおかげで、毎日更新ができました。ご愛読いただきましてありがとうございます。読者の皆様が、来年もよいボードゲームライフを送られることを祈念申し上げます。

コメントする

カレンダー