フヴァチルの『コードネーム』日本語版、2月中旬発売

| コメント(1) このエントリーをはてなブックマークに追加    

コードネームホビージャパンは2月中旬、V.フヴァチルのコミュニケーションゲーム『コードネーム(Codenames)』日本語版を発売する。2~8人用、14歳以上、15分、3,000円(税別)。

『スルー・ジ・エイジズ』『ピクトマニア』『タシュ=カラール:伝説の闘技場』『ダンジョンロード』など、軽重問わず傑作を作り続けるチェコのボードゲームデザイナー、V.フヴァチルが今年のエッセン・シュピールで発表したパーティーゲーム。スパイマスターのヒントを手掛かりに、敵対組織より先に味方のエージェント全員と接触するという極秘任務を背負ってチームで戦う。

2つの敵対するスパイ組織がある。各組織のスパイマスターは、25人のエージェント全員の正体を知っている。一方、現場諜報員はエージェントたちのコードネームしか知らない。相手の組織よりも先に味方のエージェント全員とコンタクトを取ることがゲームの目的だ。

スパイマスターは、自分の組織のエージェントのコードネームに関するヒントとして、単語を1つだけいうことができる。1語で複数のコードネームのヒントを表現していこう。これを手掛かりに組織の部下たちは、敵のエージェントに接触することなく、味方のエージェントを探し出さなければならない。ただし、1人だけ紛れている「暗殺者」には絶対に触れてはならない。

登場するコードネームは全400種類。ヒントから正解の言葉をみつける、勝っても負けても楽しめるパーティゲームだ。

内容物 
エージェントカード(2色)16枚、ダブルエージェントカード1枚、一般人カード7枚、
暗殺者カード1枚、キーカード40枚、ルールブック1部、カードスタンド1個、砂時計1個、
コードネームカード 200 枚(両面印刷) ほか

コードネーム(コンポーネント)

コメント(1)

フヴァティルですよ。

コメントする

カレンダー