2016年1月アーカイブ

ボードゲームバー「グリュック」を訪問

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

東京・飯田橋に1月27日プレオープンしたゲームバー「Glück」(グリュック)を訪問した。JRから5分、地下鉄東西線からだと3分ぐらいの好立地である。20時過ぎに店内に入るとすでに8人ほどがカウンター席と2つのテーブルに座って飲んだり、ゲームを遊んだりしていた。

グリュック(店内)

グリュックでははじめに店内通貨「ゴールド」を購入し、その中から入店料や飲食代を支払うという仕組みになっている。1ゴールドは300円だが、5ゴールドなら1400円、10ゴールドなら2700円と割り引かれていく。今回は2人で来たので思い切って33ゴールド(8000円)を購入。入店料として1人2ゴールドと、飲み物を頼んだ。

飲み物はカクテル、ノンアルコールカクテルともに13種類ずつ。今後増やしていく予定だという。ほかにも、クラフトビールの「ブルームーン」、日本酒の「枯山水」など、ゲームにちなんだお酒が並ぶ。変わったところではクトゥルフ神話にちなんだ蜂蜜酒が各種用意されている。

飲み物が来たところで、店内のボードゲームを見渡す。30分ぐらいで遊べるゲームや、カウンターで2人で遊べるゲームを中心に300タイトル。「『指輪戦争』とか『ツォルキン』とか、ガッツリ系もありますね」「個人的に好きなゲームも置いてます」

千代達也店長はロール&ロールステーション秋葉原店の店長を辞め、同じく副店長だった大杉さんと一緒にこのお店を開いた。2人とも根っからのゲーム好きである。このお店もボードゲームをメインに位置づける。「プレイスペースだけだと採算が合わないということもあって、バーにしました」カクテルはロール&ロールステーションを辞めてから本格的に学んだというが、その手さばきは玄人に見える。カウンターに座って、シェイカーを振るマスターとボードゲーム談義をするのも楽しそうだ。「『パンデミック・レガシー』を皆で買って、シーズン2を出してもらいましょうよ!」

最初は町田に開店を考えていたが、条件面で折り合わず飯田橋となったという。しかしたまに上京する者にとって、都心にある立地はありがたい。今回は神田の学士会館から移動したが、竹橋から2駅、20分位で着いてしまった。

店内はボードゲーム愛好者が集う。2人で『バトルライン』をした後、ほかのお客さんと合流して『ブロックス』を遊んだりしている方も。1人で行って、カウンターで飲みながら遊んでくれる相手を待つというのもアリだ。

現在は約1ヶ月のプレオープン期間で、その間の状況を見て、土日の昼間営業も検討したいという。

Glück
千代田区飯田橋4-2-6 アヴァンセ飯田橋2F
18:00~24:00、火曜休
Game Bar Glück
グリュック(千代・大杉)

日本ボードゲーム大賞2015:投票明日まで

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

昨年12月から行われていた日本ボードゲーム大賞2015の投票が、明日31日で〆切となる。まだ投票されていない方はお忘れなくどうぞ。

ネット投票では、投票時にメールアドレスを入力し、自動返信されたメールが届く。ここに記載された確認アドレスをクリックしてはじめて有効となる仕組み。確認アドレスにアクセスせず投票が無効になっていないかチェックしよう。定かでない場合は再投票すれば、前の投票が有効でも再投票が優先される。投票は31日24時まで、確認のアクセスは2月1日24時まで。

投票ページを見ると、たくさんの新作リストが並んでいるが、もちろん、この中の全てを遊んでいる必要はない。1タイトルでも遊んだことがあれば、その1タイトルを投票すればよい。いくつか遊んでいる場合は、5位まで順位をつけて投票できるので、メモ用紙に気になったタイトルを書き出して検討するとよいだろう。

ちなみにこれまでの投票部門では『宝石の煌き』、『ツォルキン:マヤ神聖暦』、『ラブレター』、『世界の七不思議』、『キャット&チョコレート』、『ドミニオン』、『魔法にかかったみたい』が1位に選ばれている。

日本ボードゲーム大賞:投票部門 投票ページ(NPOゆうもあ)

スパイフォール(Spyfall)

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

適当に話を合わせるスキル

シチュエーションを交えた会話を通して、みんなの中に1人紛れ込んでいるスパイを暴き出すロシアのコミュニケーションゲーム。昨秋に日本語版がヘムズ・ユニバーサルゲームズから発売された。

場には袋ごとに「軍事基地」「宇宙ステーション」「ナイトクラブ」「映画撮影スタジオ」などのロケーションカードが入っており、その中から1袋を引いて、裏のまま全員に1枚ずつ渡す。スパイカードが1枚だけ入っており、スパイカードを受け取った人以外は今どこにいるか分かるという仕組みだ。

ゲームは、ランダムに人に質問をすることで進める。「昨日の夜は何してましたか?」「仕事ですよ」「ここにはどれくらいの頻度で来るんですか?」「しょっちゅうですね」 スパイはロケーションが分からないから、適当に話を合わせる。ほかのプレイヤーは、自分がスパイでないことをアピールするために、そのロケーションにふさわしい回答をする。

しかしあまりロケーションが分かりすぎる回答をしてはいけない。というのも、スパイはいつでも名乗り出で、どのロケーションなのかを当てることができるのだ。当たったらスパイが勝つ。このルールのために、みんなどこともつかない微妙な会話を繰り広げるのがおかしい。

制限時間が来たら、スパイだと思う人を一斉に指さして、多数がスパイを指させればエージェントの勝ち、間違った人をスパイに選んでしまったらスパイが勝つ。

6人で4ゲームほどプレイ。1ゲームは5分くらいで遊べる。スパイは堂々としていたほうがよいが、調子に乗って余計なことを言うとばれてしまうのが難しい。そのためスパイが毎回特定される展開。今回スパイとしては唯一、hataさんが「手術室」というロケーションカードを当てた。「どんな服を着ていますか」で、白衣と答えればばればれなので、「灰色」と答えたところから手がかりをつかんだらしい。

スパイになると、全く分からない状況で会話についていかなければならない。実社会でも求められる「どんな話題でも話を合わせるスキル」が磨かれるゲームである。

Spyfall
A.ウシャン/ホビーワールド(2014)+ヘムズ・ユニバーサルゲームズ(2015)
3~8人用/13歳以上/15分
Hemz Universal Games:スパイフォール

『ナンジャモンジャ』日本語版、2月1日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

すごろくやは2月1日、ロシアのカードゲーム『ナンジャモンジャ(Toddles-Bobbles)』日本語版を発売する。R.アリョーナ作、2〜6人用、4歳以上、15分、1296円(税別)。

頭と手足だけの謎の生物"ナンジャモンジャ"族12種類のカードが次々とめくられるたびに、思いつきで名前を付け、後で同じものが出たら、その名前をいち早く叫ぶことでカードを獲得し、集めた枚数を競うゲーム。ネーミングセンスと反射神経を問われ、子どもから大人まですぐにハマれるゲームだ。

オリジナルはシンプルルールズ社(ロシア)から2010年に発売され、これまで数万個を売り上げたという。想像力や認知力を養う知育玩具としても効果的であるとして、ロシアの児童心理学者による推薦も受けている。

日本国内ではこれまで輸入版が流通していたが、昨年暮れにはテレビ朝日の深夜テレビ番組『ガムシャラ!』でジャニーズJr.がプレイする様子が放送されるなど人気が高く、日本語版が発売されることになった。

種族が異なる「ナンジャモンジャ・シロ」と「ナンジャモンジャ・ミドリ」(各1296円)、両方がセットになって12人まで遊べる「ナンジャモンジャ・ペアセット」(2592円)の3セットが同時発売される。

ナンジャモンジャ公式サイト

ナンジャモンジャ:展示用写真

学園メテオ(Meteo Academy)

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

生き残り不可能!?

学園メテオ
隕石が降り注ぐ街の中で、正体を隠して目的を達成するゲーム。グループSNEが制作し、昨年秋に発売された。正体隠匿なのに、そのキャラクター自体が即死してしまうこともあるという衝撃的な作品だ。

ボードにタイルを5×5枚並べ、6人のキャラクターコマを置いたところからゲームは始まる。各プレイヤーは正体カードを引いて、いずれかのキャラクターを担当する。

手番には、どのキャラクターでもいいので3マスまで移動させて、隕石カードを引く。隕石カードの座標に隕石が落ち、そこにいるキャラクターは即死。「ちょ!」隕石は、前に落ちたところから縦か横の一列上に落ちるので、そこに自分のキャラクターが行かないようにしよう。しかし、隕石が落ちたところには移動できなくなるので足場がどんどん少なくなっていく!

即死しなくても安全ではない。縦横に隣接するところにいるキャラクターはパニックになる。パニックトークンを置き、3枚以上溜まると絶望状態になって移動できなくなってしまう。パニックトークンは、ほかのキャラクターが行って「励ます」というアクションを行うことにより取り除くことができる。

各キャラクターの勝利条件はさまざまで、ただ生き残ればよい「平凡男子」、その平凡男子と同じマスで隕石が落ちれば勝つ「ストーカー女子」、4回励ませば勝つ「学園王子」、その学園王子を絶望状態にして殺害することを目指す「復讐女子」など。勝利条件に向かって動けば真っ先に隕石で狙われるので、どこからあからさまに勝利条件を満たしに行くかが難しい。

キャラクターが隕石で死んでしまったら、新しいキャラクターを引く。キャラクターもなくなったら脱落。すごく潔い。

4人プレイで20分ほど。隕石が落ちたところのタイルをめくったらいきなり「異星人X」が出てきた。これは最後まで助かれば勝てるキャラクターで、早速脱落。私は「平凡男子」だったが、勝利条件を満たす前に死亡。その前にカモフラージュで「学園王子」を使って励ましておいたのが失敗で、結局carlさんがこの「学園王子」で勝利した。どんどん隕石が落ちてきて仲間がいなくなるが、最後まで諦めてはいけないゲームである。

学園メテオ
デザイン:川人忠明/イラスト:四季童子/グループSNE+cosaic(2015年)
2~4人用/10歳以上/30分

フランスの協力型冒険ゲーム『大いなる狂気の書』日本語版、2月下旬発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ホビージャパンは2月下旬、フランスの協力型冒険ゲーム『大いなる狂気の書(The Big Book of Madness)』日本語版を発売する。デザイン・M.ランブール、イラスト・X.G.ドゥリン(ナイアド)、2~5人用、12歳以上、60~90分、5,800円(税別)。

プレイヤーは魔法学院の生徒となり、古代の魔導書から開放されてしまったモンスターを再び封印することを目指す。そのため全員が協力して、新たな呪文を習得し、四大元素を支配し、最後のボスを打ち負かさなければならない。少しずつ正気を失っていく中、全員が完全に狂気に陥る前に最後のボスを打ち負かすことはできるか?

各プレイヤーはそれぞれの元素デッキをもち、呪文を習得して使用したり、新しい元素を加えたり、呪いを解いたりするというデッキ構築がシステムのメイン。呪文は仲間を助けたり、デッキを改良したり、カードを引いたりといった効果がある。モンスターは呪いをもたらし、元素を捨てさせたり、デッキに狂気カードを加えたり、呪文を忘れさせたりするので、早く倒さなければならない。

プレイヤー全員がいっしょに勝者または敗者となる協力型ゲームと、デッキ構築を組み合わせた作品。初心者から熟練者まで、スリリングな展開を楽しめる。

内容物
呪いカード48枚、狂気カード35枚、魔導書カード17枚、
元素カード136枚、呪文カード56枚、魔法使いシート8枚、
召還マーカー1個、ラウンド・マーカー1個、手番プレイヤー・トークン1個
元素トークン 16個、ゲームボード 1枚ほか

大いなる狂気の書(コンポーネント)
写真は英語版です。

7人のマフィア(Die Fiesen 7)

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

次の数が・・・分からない!

7人のマフィア

カードを出してカウントアップ/カウントダウンしていくカードゲーム。『ごきぶりポーカー』のゼメの作品で、夕日のドライハーゼン社からシュピール15に発売された。途中、数を言わないでカードを出す場面が続くうちに、数字が何だか分からなくなってしまうのが楽しい。

各自、裏向きにしたカードを1枚めくって中央に出す。カードのイラストが、普通のマフィアだったら数、電話中のマフィアだったら咳払い、ピストルをつきつけられているマフィアだったら何も言わない。数は1からカウントアップしていって、7になったらカウントダウン。

ポイントは、電話中のマフィアでもピストルを突きつけられているマフィアでも、数が進んでいるところだ。「1!」「ゴホン」「3!」「4!」「......」「6!」というように、普通のマフィアを出す人はその先の数を言わなければならない。7から折り返してカウントダウンしてくるところが特に混乱する。「えーっと、5!」「ダウト!」

さらにマフィアが2人描かれたカードがあり、これは数を2つ言って(電話中のマフィアだったら咳払いを2回して)次の人をスキップする。次の人はカードを出さず、次の次の人へ。「6,7!」「......」「ゴホン」ときて、次に普通のマフィアだったとき果たして「4」と言えるだろうか?

さらに上級ルールでは咳払いを「8」などの別の言葉に置き換える。「6!」「8!」「7!」「......」これを間違わずにするには、カードを出すたびに心の中で
数えておくことが必要だが、うっかりしていると自分の番で電話中だったのについ数字を言ってしまうことも。カードのアクションと、数の流れを同時進行で考えるという、特別な頭の使い方が要求される。

間違ったら中央のカードを引き取って続行。先に自分のカードをなくした人の勝ち。4人プレイだとスキップが対面に移って分かりやすいので、5,6人で遊ぶのがよさそうだ。数字が分からなくなっても、誰もダウトをかけなければいいので、自信ありげに言うのがよい。スピーディーに混乱できるカードゲームだ。

Die Fiesen 7
J.ゼメ/夕日のドライハーゼン(2015年)
2~6人用/8歳以上/15~20分

協力して数字を並べる『ザ・ゲーム』日本語版、2月20日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

アークライトは2月20日、ドイツ年間ゲーム大賞にノミネートされた協力ゲーム『ザ・ゲーム(The Game)』の日本語版を発売する。S.ベンドルフ作、1~5人用、8歳以上、15~20分、1,800円(税別)。

オリジナルは2015年にニュルンベルガー・シュピールカルテン社(ドイツ)から発売され、『街コロ』と共にドイツ年間ゲーム大賞にノミネートされた作品。カードをできるだけ多く出して悪魔の復活を阻止するというテーマがあるが、短時間で気軽に遊べる楽しいゲームだ。

1~100までの数字を並べて出しきることを目指す協力カードゲーム。4つの列があり、小さい順に並べるところと、大きい順に並べるところがある。手番には手札からカードを2枚以上出し、手札を6枚まで補充する。列が伸びるにつれて置けるカードはだんだん少なくなり、誰か1人でも置ける手札が手札なくなったらゲームオーバーになってしまう。カードの数字を言ってはいけないが「この列に置けます!」などとアピールしあって置けるカードを増やそう。

勝利条件は厳しく、全部のカードを出して完全勝利することは難しいが、そのぶん何度も挑戦したくなるゲーム。1人用ルールも入っている。

アークライトゲームズ:ザ・ゲーム
TGiWレビュー:ザ・ゲーム

ニュルンベルク'16新作情報:アスモデ

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ヴィア・ネビューラ(Via Nebula)
M.ワレス作、制作・スペース・カウボーイズ、2~4人用、12歳以上、40~60分。
独自出版をやめてデザイン業に専念するようになったワレスの作品。
霧深い谷で資源を収穫し、道を開き、新しい建物を建設します。道を作ったり商品を分けあったりと、一時的にほかのプレイヤーと協力しますが、自分の目的を忘れてはいけません。
ボードは六角形のマスにくぐられており、木材、石材、小麦、豚という資源が置いてある場所、建築する場所のほかは、霧に包まれています。自分の番には霧を取り除いて輸送路を作り、建築場所を作り、資源を運んで建設します。資源や輸送路は全員が利用できるので、協力も必要ですが、相乗りされることもあります。

クアドロポリス(Quadropolis)
F.ゴンドン作、制作・デイズ・オブ・ワンダー、2~4人用、8歳以上、30~60分。
近代都市の市長となり、住民の需要に応じて街づくりをします。建築士を中央のボードに送り、そこで獲得したお店、公園、公共施設、インフラといったタイルを自分のボードに建てます。建物はそれぞれ指示されたパターンに沿って組み合わせることで得点になります。エッフェル塔、自由の女神、タージマハルなど、建てる場所によっては失点になってしまうモニュメントも登場します。

ヒストリオ(Histrio)
B.カタラ、C.マルティネス作、制作・ボンビクス、2~4人用、10歳以上。
ルネッサンス時代、優秀な動物を獲得し、宮廷劇場で王様の機嫌をとります。自分の舞台には楽しい装置があります。最高の劇団になるには、悲劇と喜劇の両方でよい公演を行うと共に、特殊能力を盛った動物による汚いトリックが必要になることもあるでしょう。
ヒストリオ

ドクターパニック(Doctor Panic)
R.フラガ作、制作・ルポ・プロドゥクシオン、2~9人用、7歳以上、12分。ホビージャパンから2月下旬に5,600円(税別)で発売予定。
病院の外科チームとなり、協力して、緊急医療室に運び込まれた患者を救うリアルタイム協力ゲーム。事前に各医療行為を分担し、迅速に、正確にこなしていきます。診断書に従って必要な薬品を指示し、適性な分量を見極めて投薬を準備し、外創部を緊急縫合していき、心肺蘇生装置が止まるまでに適切な治療を施せば全員の勝利となります。

ルーニークエスト:ザ・ロストシティ(Loony Quest: The Lost City)
L.エスコフィエ、D.フランク作、制作・リベルー、2~5人用、8歳以上、20分。ホビージャパンから2月中旬に3,400円(税別)で発売予定。
目算で障害物をよけながらゴールまでラインを引くゲームの拡張セットで、新たな5つのワールドに加え、秘密の通路やプレイヤーの視界を遮るピラミッド船などが追加されます。

ミステリウム・隠されたサイン(Mysterium: Hidden Signs)
O.ネフスキー、O.シドレンコ作、制作・リベルー、2~7人用、8歳以上、45分。
イラストのイメージで犯人や凶器などを伝えるコミュニケーションゲームの拡張セット。キャラクター、犯行現場、凶器が6つずつ追加され、イメージカードが42枚入っています。

タイムストーリーズ:ドラゴンの預言(T.I.M.E Stories: A Prophecy of Dragons)
タイムストーリーズ:仮面の下(T.I.M.E Stories: Under the Mask)
M.ロゾイ作、制作・スペースカウボーイズ、2~4人用、12歳以上、90~90分。
昨秋に発売された物語ゲームの第3、第4拡張セットです。

『マギvs.ドラゴン』日本語版発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

cosaicは23日、ドイツのファンタジーカードゲーム『マギvs.ドラゴン(Zauberschwert & Drachenei)』日本語版を発売した。デザイン・J.シュヴィンクハマー、イラスト・添田一平、2~4人用、12歳以上、45分、1,800円(税別)。

オリジナルは2003年にアドルング社(ドイツ)から発売された作品。アラカルトカードゲーム賞(2004)で6位。拡張セットも2タイトル発売されており、国内では『魔剣と竜の卵』という邦題で流通していた。cosaicが同社の作品を日本語化するのは『王宮のささやき』に続いて2タイトル目となる。

プレイヤーは力を追いもとめるマギ(魔術師)となって、魔力に満ちた世界で、ほかのマギたちと技を競いあう。襲い来る魔物を撃退し、誰よりも強力な呪文を手に入れよう。強力な魔物と戦うにはライバルと手を組むことも必要だが、手柄の独り占めをしたければほかのマギと魔力による力比べもしなければならない。パワーストーン(勝利点)を最も多く手に入れた者が勝者となる。

ルールもシンプルで、2枚ある場の冒険カードのどちらか1枚を選択するだけ。それでいて呪文による強化と、秘宝がもたらす恩恵、そして何より、ほかのマギとの協力か対決かの判断が悩ましい。ファンタジーRPGの雰囲気たっぷりの作品だ。

グループSNE:マギvs.ドラゴン

『コンコルディア:サルサ』日本語版発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ニューゲームズオーダーは19日、古代ローマ帝国を舞台にしたドイツのボードゲームの拡張『コンコルディア:サルサ(Concordia: Salsa)』日本語版を発売した。M.ゲルツ作、2~5人用、13歳以上、90分、5,000円(税込み)。プレイするためには『コンコルディア』本体が必要で、8,000円(税込)で再販されている。

「サルサ」はラテン語で「塩漬け」の意。ドイツ年間エキスパートゲーム大賞にノミネートされた好作品に、3つの新たな要素を加える。塩都市から産出される「塩」は万能の資源で、ほかの全ての物品の代用が可能。27枚の広場タイルは新たな戦略を生み、新しいマップ「ビザンチウム」と「ヒスパニア」により2つのシナリオが加わる。

『ブリタニア&ゲルマニア』(2014年)に続いて、オリジナルは2015年に発売された作品。『コンコルディア』の拡張セットとしては2タイトル目となる。

New Games Order:コンコルディア:サルサ

ニュルンベルク'16新作情報:アバクスシュピーレ

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ミクロロボット(Micro Robots)
A.クーネカート作、3~7人用、10歳以上、20分。
A.ランドルフの名作『ハイパーロボット(Ricochet Robots》』をミクロ化しました。操縦するコンピューターが故障し、修理しなければなりません。蛍光灯があちこちで点滅し、ロボットは操縦が効かなくなっています。次の目的地までのルートを誰よりも早く見つけてあげましょう。2つのダイスを振って目的地が決まり、全員一斉にそこまでのルートを考えます。各マスには色のついたダイス目がかいてあり、そこから直角に同じ色か、同じ出目のマスに移動できます。何回の移動で目的地に到達するかを頭の中で考え、当たっていると得点になります。途中の経由地がある上級者ルールもあります。

カカオ:チョコラトル(Cacao: Chocolatl)
P.ウォーカー・ハーディング作、2~4人用、10歳以上、20分。
『カカオ』の第1拡張で、チョコレート、灌漑、小屋、地図という4つのモジュールを組み合わせてゲームに加えることができます。チョコレートモジュールでは、3つのチョコレート市場と20個のチョコレートマーカーが入っています。チョコレートを生産するタイルでカカオから作られ、専門の市場で高く売ることができます。灌漑モジュールでは水を支払うことで追加のカカオを収穫できる特別なプランテーションが加わります。小屋モジュールでは12枚の小屋タイルが入っており、ゲーム中に獲得することで追加の能力と、一定の条件で勝利点が入ります。地図モジュールは、これから出てくるタイルが先にわかるようになります。

ゲーム・オブ・トレインズ(Game of Trains)
トレーグラニック作、2~4人用、8歳以上、20分。
カードを順番に並べる古典ゲーム『ラックオー』のシステムを使ったカードゲーム。シュピール15でブレインゲームズ社より発表されました。到着する貨物列車を順番に並べ替えます。はじめは降順に並んでいますが、これを山札から引いたカードと交換したり、各カードの特殊能力を使ったりして昇順に並べ替えなければなりません。特殊能力には交換、移動、ほかのプレイヤーの妨害などがありますが、特殊能力を発動したカードは捨て札になります。最初に正しい順番に並べられるのは誰でしょうか?

レオ(Leo)
L.コロヴィーニ作、2~5人用、6歳以上、30分。
子ども向けの協力記憶ゲームです。たてがみが伸びすぎたライオンのレオ君を、5ラウンドで床屋までたどり着かせることを目指します。しかしレオ君はみちくさ好きで、道すがら出会ったほかの動物とおしゃべりしています。太陽が沈み、たてがみが長くなる前に、床屋にたどり着けるでしょうか? 手番には動物カードを1枚プレイし、レオ君を1~4マス移動させます。移動先の動物カードをめくって、プレイしたカードと同じだったら時間は進みませんが、違うとその動物に応じて1~5時間進んでしまいます。

ワードアップ(Word up)
N.ペガゾフ作、2~10人用、8歳以上、15分。
古今東西系のコミュニケーションゲームで、シュピール15にホビーワールド社(ロシア)から"Think it up"というタイトルで発表された作品のドイツご飯です。「木でできたもので、Bで始まるもの」「Mで始まる職業」などのお題にいち早く答え、アルファベットカードを取ります。

ズーロレット・ジュニア(Zooloretto junior)
M.シャハト作、2~5人用、7歳以上、30分。
2007年にドイツ年間ゲーム大賞を受賞した『ズーロレット』のコンパクト版で、2010年に発売された『ズーロレット・ミニ』のリメイクです。動物園の園長となって、たくさんの来場者を集めます。ひとつのオリには同じ動物しか入れられません。コンポーネントは一新されましたがルール変更はありません。

『アンドロイド:ネットランナー』日本語版、2月20日発売

| コメント(1)  このエントリーをはてなブックマークに追加    

アークライトは2月20日、サイバー闘争をモチーフにした2人用カードゲーム『アンドロイド:ネットランナー(Android: Netrunner)』を発売する。デザイン・R.ガーフィールド&L.リッツィンジャー、2人用、14歳以上、30~60分、5,500円(税別)。

『マジック:ザ・ギャザリング』のガーフィールドらがデザインし、2012年にファンタジーフライトゲームズ(アメリカ)から発売された作品。単体で遊べるLCG(リビング・カードゲーム)というジャンルに属するが、これまでに30を超える多数の拡張パックが発売されている。

未来のディストピアで、計画を押し進める強大なメガコーポレーションと、ランナーと呼ばれる腕利きのハッカーが貴重なデータをめぐって戦う。両プレイヤーは互いに全く異なるルールで争うのが特徴。各プレイヤーはコーポレーションかランナーのいずれかの役割を担い、それぞれのルールの上で、知力や騙し合いや計算されたリスクを手に戦う。

内容物
コーポレーションのカード134枚、ランナーのカード114枚、1クレジット/アドバンストークン51個
クリック記録カード2枚、早見表カード2枚、5クレジットトークン8個、ブレインダメージトークン6個
悪名/タグトークン12個、汎用トークン23個、クリック記録トークン :2個

アークライトゲームズ:アンドロイド:ネットランナー

アンドロイド:ネットランナー

『オニリム』シリーズ第3弾『シルヴィオン』日本語版、2月下旬発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ホビージャパンは2月下旬、1人用カードゲーム『オニリム』シリーズの第3弾となる『シルヴィオン(Sylvion)』日本語版を発売する。S.トーベイ作、1~2人用、10歳以上、30分、3,000円(税別)。

夢世界の迷宮から脱出する『オニリム』の続編は、夢世界の大いなる森を守るカードゲームだ。恐るべき炎の魔物荒廃ラヴィジが、火の精霊の軍勢を引き連れて来た。行く先にある物すべてを焼き尽くし、後に残った灰の跡が向かう先ははっきりとある場所を指示していた。それは大いなる森、シルヴィオンの心臓。あなたはたった一人の森の番人として、この燃えさかる力を止めなければならない。最強の守り手を選び出し、彼らを絶妙の時宜で送り込み、強大な炎を消し止め、夢世界の森を救おう。

ゲームでは、荒廃カードからのダメージをできるだけ抑えなければならない。森の生命力が0未満になってしまうと、ただちにゲームに敗北する。その上で、荒廃カードがすべてプレイされた(最後の襲撃が終わった)後、森の生命力を最大まで戻すことができれば勝つ。勝利のためには、森の精カードを効果的に使って荒廃の陰謀を打ち破り、炎の突進を追い返さなければならない。

入門ゲームと上級ゲーム、さらに2つの拡張ルールが用意されていて、プレイヤーの経験に応じたプレイが可能になっている。

作者は『オニリム』のトーベイで、オリジナルは2015年春に、ズィーマンゲームズ(カナダ)から発売された。この1~2人用ゲームシリーズは、『オニリム(日本語第2版まで流通)』『ウルビオン(日本国内では英語版で流通)』『シルヴィオン(本作)』『キャステリオン(2015年冬)』という順番でリリースされている。

内容物
ゲームカード×188枚、荒廃(ラヴィジ)コマ×1個、ルールブック×1部

『日本懐かしボードゲーム大全』発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

辰巳出版は本日、昭和時代のボードゲームを紹介するムック『日本懐かしボードゲーム大全』を発売した。128ページ、1,296円。

同社が展開する日本懐かしシリーズの最新刊。これまでにはガチャガチャ、アイス、即席めん、オーディオ、自販機、10円ゲームなどの大全が発売されている。

『人生ゲーム』『億万長者ゲーム』『モノポリー』『いい旅チャレンジ20,000km』『おばけ屋敷ゲーム』『クイズダービーゲーム』『水戸黄門日本漫遊ゲーム』『野球盤』『サッカーゲーム』『魚雷戦ゲーム』『パーフェクション』など、昭和キッズが夢中で遊んだアナログゲームを、「昭和の王道」「ロングセラー」「TV番組発」「アニメ・マンガ系」「テレビゲーム発」などに分類して紹介。

さらに各種コラム、関係者インタビュー、懐かしボードゲーム達人座談会、昭和ボードゲームの歴史なども付属し、充実した紙面となっている。ファミコンブームが始まる少し前のアナログゲーム全盛期を振り返れば、現代においてボードゲームが再注目されている状況も分かるようになるかもしれない。

グランドオーストリアホテル(Grand Austria Hotel)

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

人手もお金も足りず大忙し

グランドオーストリアホテル

20世紀初頭のウィーンを舞台に、ホテルを経営して名声を獲得するゲーム。デザイナーはアッキトッカに所属するギグリと、『ツォルキン』『マルコポーロの旅路』で注目を浴びているタスキーニ。ダイスでアクションの内容が決まるという運の要素があるにも関わらず、緻密なプレイが要求される戦略ゲームである。

お客様をカフェでもてなし、その間にホテルの部屋を準備して宿泊させるというのがおおまかな流れである。それぞれのアクションは、ダイスを選んで行う。

毎ラウンドはじめに、たくさんのダイスを振って、出目ごとに分けて並べる。手番にはその中から1つ出目を選んでそのアクションを行う。1はケーキとシュトルーデル(ウィーン名物のお菓子)、2はコーヒーとワイン、3は宿泊部屋、4はお金か皇帝ポイント、5はスタッフ、6はジョーカーというように得られるものが異なり、いくつ得られるかはこのラウンドのダイスの個数で決まる。ダイスがどれかの出目に偏っていたら、それを取るとお得だ。

お客様は毎ラウンド1枚ずつカフェにやってくる。「ケーキをひとつ所望す」「シュトルーデルとコーヒーをお願いね」こうした注文に答えて、アクションで作ったものをお出しする。「ごちそうさま」満足したお客様をホテルのお部屋へご案内。ただし、部屋は貴族用、芸術家用、市民用に分けられており、お客様に合った部屋にご案内しなくてはならない。しかも最初は3部屋しか用意されておらず、新しい部屋も用意していかなければならない。全てを同時進行で進めるのはなかなか忙しい。

しかしできるアクションはダイスで決められている。今必要なアクションがなかったら、パスをして振り直すこともできるが、それも望みのものが来るとは限らない。このような運の要素をやわらげ、戦略性を高めるのがお客様とスタッフの効果だ。

お客様は注文を満たした時に、それぞれの効果を発動させる。「ねえ、この店いい店だよ」と新しいお客様を呼んでくる口コミ客、「ほらチップだ受け取り給え」とお金をくれるお金持ち、「いいコーヒー豆あるんだ」と物資を提供してくれるお客様などさまざま。カフェにやってくるお客様は選べるので、回転がよくなるように工夫できる。

スタッフはお金を払って手札から出す。ケーキを毎ラウンド作れるウェイトレス、芸術家の部屋を無料で用意してくれる花屋、1度だけワインを4つもってくるソムリエなど、その効果は強力かつバラエティに富んでいる。終盤には、条件を満たすと勝利点を増やしてくれるスタッフもいて、これなしには勝負にならないといってもいい。

さらにスタッフを紹介してくれる(山札から引ける)お客様、お客様を選ぶ時にコストがかからなくなるスタッフもいて、この2つは密接に関係している。お客様とスタッフでうまいコンボができると、ダイスの出目が望み通りでないラウンドでも何とかなるだろう。

全員が2回ずつ手番を行ったら1ラウンドで、7ラウンドでゲーム終了。3,5,7ラウンドの最後には皇帝の得点計算というものがあり、それまでに皇帝ポイントを十分に上げていれば報酬を、できないとペナルティーを食らう。また、方針カードというものが3枚あって、ゲーム中に先に達成した順にボーナスが入る。この内容が毎ゲーム変わるので、どこに重点を置いてゲームを進めるかで展開が自ずと異なっていくだろう。

4人プレイで120分。料理を取るたびに部屋を用意できる装飾係のおかげで部屋不足にならず、次々とお客様を部屋に送り込む。やがて6のダイスを無料で使える厨房手伝いで、アクションの選択にもあまり困らなくなった。しかし中盤、やがてお金が足りなくなり足踏みしてしまう。カフェには、ワイン3杯とか注文して居座る客などばかりで回転も悪い。「飲みすぎですよ!」結局、そのまま減速してしまい、皇帝のペナルティーまで食らって3位。1位は、先手先手を打ってスタッフを出していったcarlさん。

時間はかかるものの、ダイスの出目に一喜一憂する爽快感と、カードの効果の組み合わせを考える戦略性の両方を兼ね備えており、その時間ずっと楽しさの持続するゲームである。

Grand Austria Hotel
V.ギグリ、S.タスキーニ/ルックアウトゲームズ(2015年)
2~4人用/12歳以上/60~120分

アドベントカレンダー4:ベガス・片腕の盗賊

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

片腕の盗賊が7つ目のカジノを開きました。基本ルールから以下の2点を変更します。

1)ここでも、通常通り望んだ数字のダイスを全て置かなければなりませんが、その数字はもう「片腕の盗賊」のカジノには置けなくなります。
例えば「片腕の盗賊」に誰かが4のダイスを置いていたら、このラウンドには誰も4のダイスを置くことができません。1,2,3,5,6のダイスだけが置けます。
ラウンドの最後に、「片腕の盗賊」でもほかのカジノと同様、ダイスの個数が多いプレイヤーからカードを取っていきます。

2)「片腕の盗賊」でダイスの個数が最も多いプレイヤーが複数いた場合、無効にならずに、ダイスの出目の合計が多いほうが先になります。それも同じ場合、個々のダイスの出目が多いほうが先です。
例えば、「片腕の盗賊」にDさんが3のダイスを3個置いていたとします。ここでは(Dさんであっても)もう3のダイスは置けません。Bさんは6のダイスを2個、Cさんは4のダイスを2個置きました。さらにCさんは1のダイスを1個追加しました。得点計算では、CさんとDさんのダイスがどちらも3個で、出目の合計もどちらも9ですが、個々のダイスでCさんの4のほうが大きいので、Cさんが先に取ります。次にDさん、そしてBさんの順になります。

名作ボードゲーム拡張セットのアドベントカレンダー、10月発売

『ルーニークエスト:ザ・ロストシティ』多言語版、2月中旬発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ルーニークエスト:ザ・ロストシティホビージャパンは2月中旬、マーカーで線を引いてステージをクリアするボードゲーム『ルーニークエスト』の拡張セット『ザ・ロストシティ(Loony Quest: The Lost City)』の日本語版を含む多言語版を発売する。L.エスコフィエ、D.フランク作、2~5人用、8歳以上、20分、3,400円(税別)。プレイするためには『ルーニークエスト』本体が必要。

アルカディアの世界から、勇者たちが姿を消してしまいました。犯人の名はヴァドゥーア――追放された、王様フェドゥーアの邪悪なる弟。玉座にたどり着くためなら何でもする男です。恐るべきライノボスの力を借りたヴァドゥーアは、冒険者たちを海賊船に詰め込むと、広大な海へと舳先を向けました。新たな冒険の始まりです! この罠を突破し彼らを救い出すために、我らがヒーローたちは勇敢さと腕前を証明しなければいけません。自由のために集まった彼らは、誰も知らない秘密の世界へと飛び込みます。その未開の領土の中には、伝説の沈める都市スペクトラがあるかもしれません。一説には、その住民には時間と空間をねじ曲げる力があったとも......アルカディアを守る使命は、あなたが思うよりもずっと危険で遙かな道のりです! あなたが臨むクエストは、はたして?

オリジナルはリベル社(フランス)から今年発売されるもので、フランス語、英語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語、ポーランド語、中国語、日本語の8カ国語が製作されている。新たな5つのワールドに加え、秘密の通路やプレイヤーの視界を遮るピラミッド船などが追加され、『ルーニークエスト』をとことんまで楽しめるようになる。

内容物
両面レベルシート16枚、組立て式ピラミッド1式、偵察ボーナスト-クン5枚、呪いペナルティトークン5枚

アドベントカレンダー3:コルト・エクスプレス北極駅

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

プレイヤーは全員、自分のもっているお金のうち最も高いものをこびとに盗られる。

名作ボードゲーム拡張セットのアドベントカレンダー、10月発売

ニュルンベルク'16新作情報:ハンス・イム・グリュック

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ダイナスティー(Dynasties)
M.クラマー作、2~5人用、12歳以上。
ルネッサンス期のヨーロッパは成長しています。最も権力ある王朝さえも、みんなで力を合わせればより多くのことができると気付いています。結婚し、交易し、配分していくのは、みんなの幸せのためです。でも誰がケーキの一番大きな切り分けにありつくでしょうか?
プレイヤーは、自分のためだけのアクションを行うか、ほかのプレイヤーの行動に対応するかで、たくさんの妥協をしなければなりません。結婚は必ずしも幸せをもたらすとは限らず、運も必要です。うまく行かなかったら、結婚をやり直せば成功するかもしれません。
『ロココの仕立屋』などで一躍注目を浴びているマティアス・クラマーの新作です。

ストーンエイジ・ジュニア(Stone Age Junior)
M.トイブナー作、2~4人用、5歳以上、15分。
2008年に発売された戦略ゲームのキッズ版。資材を集めて開拓地を作ります。ハンス社には珍しいキッズ向けのラインナップです。

カルカソンヌ・スターウォーズ拡張1(Carcassonne - Star Wars - 1. Erweiterung)
K.J.ヴレーデ作、2~6人用、12歳以上。
2015年に発売されたカルカソンヌのスターウォーズ版が、6人でプレイできるようになるほか、新しいタイルが付属してより広いエリアでプレイできるようになります。

カルカソンヌ・拡張新版(Carcassonne - Erweiterungen)
K.J.ヴレーデ作。『カルカソンヌ』の新デザインに合わせてリニューアルされた拡張セットです。『宿と大聖堂』『商人と建築士』『王女とドラゴン』『修道院と市長』が用意されています。

ナインタイル(Nine Tiles)

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

あちら立てればこちら立たず

ナインタイル

9枚のタイルを、お題のパターンと同じ並べる早解きパズルゲーム。『海底探険』でゲームマーケット大賞を受賞したオインクゲームズの新作で、ゲームマーケット2015秋に発売された。パターン認識、手先の器用さに加えて、ゲームが進むにつれて記憶力も試されるエキサイティングなゲームだ。

各自9枚のタイルを並べてスタート。山札からお題カードをめくると、9枚の絵柄が描いてあるので、それと同じように自分のタイルを並べ替える。最初にできた人がお題カードをゲットし、次のお題へ。こうして一番多くお題カードを集めた人が勝つ。

ポイントは9枚のタイルに表裏があるところ。ただ並べ替えるだけではなく、表にしたり裏にしたりしなければならない。マークが足りないときは、合っているタイルをいったん崩して、その裏面を使わなければいけないこともある。

そのためゲームが始まるとみんな大慌て。「ない、ない!」「このタイルの裏だったかな?」「1つ足りなーい!」タイルの裏表を記憶していく冷静さが求められる。ゲーム終盤は、みんながそこそこタイルの裏表を覚えてきて、終わるのがどんどん早くなる。このスピード感がたまらない。

じっくり考えたり悩んだりするものではないが、ほかのことを考えていると後れを取るので夢中になれる作品だ。

ナインタイル
J.C.ペリン/オインクゲームズ(2015年)
2~4人用/6歳以上/10~15分

ニュルンベルク'16新作情報:アレア

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ブルームサービス・カードゲーム(Broom Service - Das Kartenspiel)
A.プフィスター、A.ペリカン作、2~6人用、10歳以上、20分。
2015年のドイツ年間エキスパートゲーム大賞を受賞した『ブルームサービス』が、20分で遊べるようになります。もともと『魔法にかかったみたい』というカードゲームだった『ブルームサービス』が、再びカードゲームになりました。
強気か弱気の2択だけにゲームを絞り込み、運の要素が少なくなりました。各プレイヤーは1組のカードをもち、魔法の飲料を集めます。1種類で多く集めるほど得点になります。それと同時に、テーブル中央に3枚並んだ契約を、飲料を揃えて達成することでも得点になります。どのカードを選ぶかは、ほかのプレイヤーの動向をしっかり見据えておかなければなりません。

ブルゴーニュ・カードゲーム(Die Burgen von Burgund - Das Kartenspiel)
S.フェルト作、2~5人用、12歳以上、20~45分。
2011年に同社から発売されたボードゲームが、短時間で遊べるカードゲームになります。百年戦争の終結の後、フランス・ロワール地方の領主たちは、領地を豊かにして名声を高める条件が整いました。
内容はボードゲーム版を移植し、カード自体がダイスを兼ね、アクションに使うこともできます。戦略的な交渉と建物の建設で勝利点を稼ぎます。

アドベントカレンダー2:アルルの丘追加タイル

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ピート式レンガ焼き場(Torfbrandziegelei)
準備:ほかの黄色い建物に混ぜ、通常通りランダムに2枚を選びます。
コスト:木材1枚とレンガ1枚
勝利点:4
能力:即座に(このピート焼き場を建設した直後に)、粘土1枚と泥炭1個をレンガ1枚に交換できます。
この交換を、手持ちのスコップの数まで行うことができます(そのためにスコップを捨てる必要はありません)。

ピート式発電所(Torfkraftwerk)
準備:4つ目の大建造物タイルしてほかの3つに加えます。
コスト:木材3枚とレンガ3枚と15食料
勝利点:15
能力:この建物を入手したとき即座に(その後は不可)すきなだけ湿原タイルを取り除くことができます。このようにして取り除いた湿原タイル1枚につき、2食料を得ます。(取り除いた湿原タイルの上にある泥炭は失われます。)

四頭馬車(Vierspänner)
準備:すでにある運搬車に追加します。
種別:大きい運搬車
コスト:丸太3枚と馬4頭(大バージョンでは丸太5枚と馬4頭)
勝利点:9(大きい版では10)
能力:運搬車上のトリプルスペース1つ(大バージョンでは追加でシングルスペース1つ)。トリプルスペースは、ダブルスペースと同様、スペースより小さいタイルを置けません。大バージョンはシングルスペースとして使われます。

アイデア:フランク・ヘーレン
© 2015 Feuerland Verlagsgesellschaft mbH

名作ボードゲーム拡張セットのアドベントカレンダー、10月発売

私の村の人生(My Village)

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

効率のよい村をデザイン

私の村の人生

小さな村を発展させて名声を集めるゲーム。2012年にドイツ年間エキスパートゲーム大賞とドイツゲーム賞を受賞した『村の人生』のダイスゲーム版ではあるがプレイ時間は90分、じっくり遊ぶゲームだ。

場には教会、議会、修道士、畑、買物客、旅、職人の建物といったカードがずらりと並んでいる。スタートプレイヤーがダイスをジャラーっと振って、順番にその中から2個を選び、その合計の数字に対応するカードを取るか、すでに取ったカードを起動する。後のプレイヤーほどダイスが少なくなるため選択肢が減るが、スタートプレイヤーのアクションを選ぶまで手番順は変わらない。

取るときは1枚だけだが、すでに獲得したカードは同じ数字なら一度に複数枚を起動することができるようになる。この数字のコンボに、効果のコンボを組み合わせてほかの人より早く村を発展させていくことになる。2つのダイスの合計は2~12まであるから、それぞれの出目でどのカードを取るか迷い、どのカードを起動させるか考えるのは時間がかかる。

カードを取ったり起動させたりするたびに時間マーカーが進み、1周すると村人が1人死んでしまうのは『村の人生』から継承されたシステムだ。今回、村人は各ジャンルに配置されており、死んでしまうとそのジャンルのカードが使えなくなってしまう。何もできなくなる前に、子孫を育成して適宜補充していきたいところだ。村人が一定する死亡するとゲーム終了となり、カードの得点合計が多い人が勝つ。

村のボードは各自別々であるためインタラクションは高くない(思い通りに村を開発できるということも意味する)。「やったー、旅カードが最後まで行ったよ!」「いいなあ、でもこっちだって買い物客10人に配達できたもんね」「ふーん」......この少なめのインタラクションを補うのが「ネズミ」である。

このゲームには「物語ポイント」というのがあって、ゲームのいろいろな場面で手に入るが、これはそのままでは得点にならない。手に入れたときは「物語ツリー」(仮置き場)に置き、村長のアクションを使って初めて得点になる。得点になる前に、「ネズミ」の襲撃を受けると半分に減らされてしまう。

「ネズミ」は、誰かの村人が死ぬたびにダイスを振ってトラックを進み、襲撃マスに入ったら全員を襲う。そのため物語ポイントを溜め込んでいるプレイヤーは、ネズミの現在位置と、ほかのプレイヤーの時間マーカーに注意しておかなければならない。ほかのプレイヤーは、得点にされる前に時間マーカーをどんどん進めてバーストを誘うことになるだろう。間接的な攻撃ができるところがほどよい。

3人プレイで70分ほど。どんどん旅を進めるhataさん、修道士を増やすstさん、職人の建物でアイテムを作って買い物客に売り込む私と、方針が分かれた。それぞれの方針を伸ばすカードもあり、いずれも調子よく展開していたが、修道士を最大の6名揃えたstさんが大量ボーナス点で勝利。ゲーム中に物語ポイントをしっかり得点化できたのも勝因となった。

ダイスをたくさん振った後は、緻密に手番を考えなければならない。数多くの選択に絶えず迫られる作品である。

My Village
M.ブラント、I.ブラント/エッガートシュピーレ(2015年)
2~4人用/12歳以上/60~90分

ニュルンベルク'16新作情報:ラベンスバーガー

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

レジェンド(Legends)
C.フィオーレ、K.ハッペル作、2~4人用、9歳以上、45〜60分。
冒険家の世界へようこそ。プレイヤーは向こう見ずな冒険家となって遠くにあるミステリアスな場所を訪れ、カードを集めます。アトランティス大陸を見つけるには海に潜り、 雪男を探してヒマラヤに行きます。時間を上手に使うことのできた冒険家が一番になるでしょう。
手番には冒険家コマを移動して、カードを取るか、移動先の場所に対応したカードをプレイします。アクションのたびに時間トラックのコマが進み、手番は常に時間を一番使っていないプレイヤーが行います。一定の時間がたつたびに得点計算が起こり、プレイしたカードから得点が入ります。

ダワク(Dawak)
A.ドロワ作、3~7人用、10歳以上、20分。
クイズを読んで答えが分かったら中央のカードをたたくゲーム。ダイスを振って、出た目の問題を読みます。最初にたたいた人から回答権があります。「ダワク」が出ると、お題をジェスチャーで当ててもらったり、テーブルに並んだコマの中から素早くつかんだりするゲームになります。

回転ラビリンス(Das verdrehte Labyrinth)
M.フェルトケッター作、2~4人用、6歳以上、15分。
魔法の庭にあるラビリンスは一味違います。壁を回転させることで、秘密の生き物や高価な宝物への通路が生まれます。魔法のカードを使えば、早く目的地に達成できるでしょう。壁の回転は『ごきぶりキッチン』のような仕組みです。

クーハンデル・ボードゲーム(Kuhhandel - Brettspiel)
M.フェルトケッター作、2~4人用、6歳以上、15分。
カードゲームの古典が初めてボードゲームになりました。動物の市場価格を上げ、貯金箱にお金を入れ、宝くじで運を試します。手軽な競りゲームでも、ファン向けの上級ゲームでも遊べます。上級ゲームでは、10種類の競りが行われ、ゲームの展開が毎回回ります。また動物の子供も登場します。

横暴編集長(Tyrannical Editor)

| コメント(1)  このエントリーをはてなブックマークに追加    

読んでみたい作品たち

横暴編集長

上下2つに分かれたカードを組み合わせて面白い文学作品を作るゲーム。ゲームマーケット2015春で発表され、じわじわと人気が広がっている。記事にもある通り、出来上がった作品がSNSで拡散されるところが、昨年のヒット作『枯山水』と共通している。これまでに900セットを販売し、増産している状況だ。
withnews:「鬼平部活やめるってよ」珍タイトル作成ゲーム 横暴編集長が拡散中

場札から1枚ずつカードを取り、手札と組み合わせて発表。一斉に指差しで投票し、最多投票が「採用候補」となる。2周したところで、「採用候補」を投票にかけ、ここで最多投票を獲得したものが勝者となる。

タイトルは、最後に最多投票が複数あった場合、じゃんけんで勝った人が「横暴編集長」となり独断で決めてしまうところから来ている。誰にも文句は言わせない!

5人プレイで20分ほど。場札からカードを取るところで「このカードはカットしとかないとなあ」「ゲーマーですね!」なんて会話が起こる。どんな組み合わせでも結構強いキラーカードがあって、そういうカードは人気が高い。

そして傑作の候補がどんどん出るわ出るわで大笑い。「鬼平三人組」「歴代かよ!」「十五少年かける少女」「何をかける?!」「みにくい少女ハイジ」「ひどい、ひどすぎる!」「デカピッピ」「なんか語感いいなあ」最終投票ははたして票が割れたので、横暴編集長が「みにくい少女ハイジ」に決めてしまった......ひどいけれど、どんな作品なのか、ちょっと読んでみたくなる。

横暴編集長
作者不明/ジャンクション(2015年)
3~5人用/10歳以上/20~25分
junction+:横暴編集長

テレストレーション:アフターダーク(Telestrations After Dark)

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

前のめりに注意!

人気お絵かき伝言ゲームのアダルト版。ルールは同じで、「人工授精」「パンドラの箱」など、お題カードにアダルトな単語が並んでいる。当然、シモネタも入っているが、そればかりではない。頭の中をシモネタ全開で絵を描くと恥をかくことになるかもしれないので要注意。

今回もうちの画伯が活躍した。鳥の足を4本描いてガメラと間違えられたり、お見合いなのにラブラブ(左下)で新婚生活だと思われたり。

「お前はもう死んでいる」が完璧に最後まで伝達できたのと、「貝合わせ」が「松葉くずし」になったのがウケた。そんな調子なので、深夜に同性だけで遊ぶと異様に盛り上がれるだろう(異性を交えてギリギリのラインで遊ぶのもスリルがあってよい)。

テレストレーション:アフターダーク

Telestrations After Dark
作者不明/USAolopy(2015年)
4~8人用/17歳以上/20~30分

ニュルンベルク'16新作情報:コスモス

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

インホテプ(Imhotep)
P.W.ハーディング作、2~4人用、10歳以上、40分。
『カカオ』の作者であるオーストラリアのデザイナーによる、エジプトを舞台にしたゲーム。「インホテプ」とは、エジプト最古の有名な建築士です。プレイヤーはインホテプとなり、後世に残る建築物を作ります。そのためには石材が必要で、船を使っていろいろな建築現場に運ばなければなりません。しかし船の行き先は独りでは決められません。ほかのプレイヤーは別の計画があり、ほかのインホテプを邪魔しようとします。ここに価値の高い石材の搬送をめぐって、激しい戦いが起こります。戦術と、ちょっとの運でエジプト一番の建築士になりましょう。

密輸業者(Schmuggler)
K.トイバー、B.トイバー作、2~4人用、8歳以上、30~40分。
『ツームルトロイヤル』に引き続き、トイバー親子の作品が発表されます。
密輸業者のボスたちが、一番の後継者を獲得すべく競争を始めました。密輸品を入れた袋を柵の隙間から引きずり出します。袋は粘土で作り、その中に密輸品を隠します。サイコロでコースを決めて、その袋を転がします。柵を通過した袋の中で、一番大きい袋を作ったプレイヤーは、ほかのプレイヤーの袋を調べることができます。中に入っている密輸品を当てれば奪い取ることができます。

ケーララ:象の道(Kerala: Der Weg der Elefanten)
K.ヒーゼ作、2~5人用、8歳以上、30~40分。
南インド・ケーララ州で象のお祭りが開かれます。あちこちから色とりどりの象が集まってきて、プレイヤーはできるだけいろいろな色の象タイルがいる場所を撮りたいと思っています。全色の象を集めることはできるでしょうか。同じ色のタイルをつなげていきますが、いいタイルはほかのプレイヤーに取られないように注意しましょう。

バケツくずし(Alles im Eimer)
S.ドラ作、2~6人用、8歳以上、30分。
2002年にドイツ年間ゲーム大賞候補に選ばれたカードゲームの再リメイク。順番に同じ色のカードを出していって、出せない人が自分の前のバケツを崩します。バケツは積み重なっており、下の方のバケツが崩れると上も崩れてしまいます。最後までバケツを残すことを目指します。ドイツ語版はこれまでバケツをタイルで表していましたが、英語版("Bucket King 3D")と同様に立体のコマを採用しました。

カタン・デュエル(Catan: Das Duell)
K.トイバー作、2人用、10歳以上、60~75分。
『カタンの領主たち(Die Fürsten von Catan)』のリメイク。2人のプレイヤーが向かい合って、開拓競争を繰り広げます。資源も開拓地もカードになっており、ダイスの目で出た資源は、カードを回転させて増やします。資源を支払って建物カードを出し、その特殊効果でゲームを有利に進めます。プラスチック製のカード置き場が付属し、より遊びやすくなりました。

大食い幽霊(Glupschgeister)
K.ヒーゼ作、2~4人用、5歳以上、20分。
秘密の湖に、大食い幽霊が現れます。怒り狂ったタコのお化けも長い足を湖から出してきました。勇敢でかしこいゴーストハンターの出番です。恐ろしい水中に潜って、できるだけたくさんの大食い幽霊を集めましょう。しかし言うほど簡単なことではありません。ボードには穴が空いており、その下のボードが回転することで大食い幽霊はどんどん場所を移し、丸い幽霊を見つけたところに、今度は突然かたつむりの幽霊が出てきます。観察力と素早さが求められます。

ハッピーバースデー(Happy Birthday)
B.ワインストック、A.ワインストック作、3~8人用、8歳以上、20分。
ノーススターゲームズ(アメリカ)から2014年に発売されたパーティーゲームのドイツ語版。親がほしいと思うプレゼントを選んで渡し、全員から受け取ったものを混ぜて親が一番好きなものを選びます。親にプレゼントを選んでもらったプレイヤーに得点が入ります。プレゼントには「ボードゲーム50箱」「3日間宇宙の旅」から「頭蓋骨の化石」「ペットのサル」などまで幅広くあります。

ちょっと止まれ(Halt mal kurz.)
M.U.クリング作、3~5人用、8歳以上、20~25分。
ドイツでベストセラーになっている文学作品『カンガルー』の著者によるカードゲーム。本の内容に沿ってカードをプレイし合い、ほかのプレイヤーを怒らせます。

御朱印あつめ(Goshuin Collection)

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ゴールドの大日如来ありがたや

御朱印あつめ

御朱印とは、神社や仏閣に参拝して押してもらうハンコのこと。近年、ちょっとしたブームになっているらしく、地域の三十三観音などに入っていないうちのお寺でも頼まれることがある。書式に決まりがあるわけではなく、ご本尊の名前を書いたり、念仏のお題目を書いたりとさまざまである。

この御朱印集めをテーマにしたゲームがゲームマーケット2015秋で発表された。聖書コレクションシリーズが出たときは先を越されたと思ったが、何かと保守的な仏教界からもこのような試みが生まれたことを喜んでいる。制作は東京・深川の臨済宗寺院。そのため仏教の専門知識に裏付けられた作品になっているだけでなく、御朱印帳カバーなどコンポーネントも専門業者を使って凝りに凝っている。

システムはシンプルな競りゲームである。御朱印カードの山札から1枚めくり、手持ちの写経チップを出して競りをする。一番長い写経チップを出した人が御朱印を競り落とし、自分の御朱印帳へ。これを御朱印カードの山札がなくなるまで続け、得点計算を行う。

獲得した御朱印は1枚1点。ただしときどき入っている黒い御朱印は1枚5点で、はずれ(「冷し中華はじめました」など)は-1点になる。その上で、組み合わせによって「役」が出来上がる。

釈迦、文殊、普賢で「シャカサンゾン」、阿弥陀、勢至、聖観音で「アミダサンゾン」は基本。これは本尊が釈迦如来の場合(禅宗寺院)は両脇に文殊菩薩と普賢菩薩が祀られ、阿弥陀如来の場合(浄土宗寺院)には勢至菩薩と聖観音菩薩が祀られるというお寺の決まりから来ている。

順番が重要な役もある。大日如来の両どなりに同じ種類の仏さま(如来か観音か菩薩)があればできる「マンダラ」、はずれカードが3連続すると発生する「ブタサン」など。はずれカードを取ってしまっても復活できる。

4人プレイと3人プレイで1回ずつ。役が狙いにくいシステムになっているものの、それが却って役ができたときの嬉しさにつながっていて、ありがたみが増す。競りに使う写経チップは4種類しかないので、相場観などの難しい要素はなく直感的に遊べる作品である。

御朱印あつめ
向井真人/ようがくじ「不二の会」(2015年)
3~4人用/10歳以上/30分

東京・飯田橋にボードゲームバー、1月27日オープン

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

東京・飯田橋にゲームバー「Glück」(グリュック)が開店する。1月27日(水)プレオープン、JR中央線飯田橋駅徒歩5分、営業時間18~24時。火曜休。

ロール&ロールステーション秋葉原店の元店長である千代達也氏が代表を務める。お客さんから「ゲームをしながら飲食を楽しめる場所があまりない」という声を聞き、ゆっくり飲み物を飲みながら、ごはんを食べながらゲームができる場所は魅力的だな、と思ったという。また、終業が遅かったため、同じように遅い時間にふらっと立ち寄れるところの需要を見込んだ。

料金は「ゴールド」という通貨制。1400円で5ゴールド(入店料+ワンドリンク)に両替できる。飲み物はジントニック、モスコミュール、レーベンブロイ、大人のクリームソーダなど、料理は「野営時の焼きベーコン」、「グリュックカレー」、「手作りポテトサラダ」など。

ボードゲームは千代氏のセレクションでバラエティ豊かな300タイトル以上を用意。軽く飲みながらボードゲームの夕べが楽しめる。店名はドイツ語で「幸運、幸せ」の意。ボードゲーム出版社のハンス・イム・グリュック社にも入っている言葉だ。ボードゲームとお酒で幸せなひとときを。

Game Bar Glück

『パンデミック:レガシー シーズン1』、BGG1位に

| コメント(1)  このエントリーをはてなブックマークに追加    

世界最大のボードゲームサイト"Boardgamegeek"(BGG)にて、協力型ボードゲームのキャンペーンゲーム版『パンデミック:レガシー シーズン1(Pandemic Legacy Season 1)』が3部門にわたり1位になっている。『プエルトリコ』『アグリコラ』『テラミスティカ』などを超える高い評価が集まっている。

BGGはボードゲームのデータベースで、世界中のボードゲームが多数登録されており、ユーザーが評価できるようになっている。その評価に基づいてランキングが決まる仕組み。上位はほぼ固定しており、新作が入るのは難しくなっている。

そのような中『パンデミック:レガシー』は投票した4800ユーザー中半数近くが10点満点を付け、平均8.66という驚異的なレーティングをたたき出した。チームワークに加えて、物語性と緊張感がたまらないというコメントが多く寄せられている。

『パンデミック:レガシー』は12ゲームのキャンペーンでゲーム世界内での12ヶ月をプレイする。ゲームの展開次第で様々な追加要素がシークレットボックスから登場し、キャラクターの能力や世界の状況、ルールまでもが書き換えられ、自分たちだけのドラマが展開される。コンポーネントに手を加えるため、12ゲームが終了したらもう遊ぶことはできない不可逆的なゲームだ。

キックスターターで2人用和風アブストラクトゲーム製品化プロジェクト

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

LOGY GAMESは1月から1ヶ月にわたり、2人用和風アブストラクトゲーム『e-SOLO-e(絵揃)』の製品化プロジェクトをキックスターターで行っている。25ドル以上の出資で製品版が送られる。目標額1000ドルで2月7日まで。目標額は早くも1日で達成している。

LOGY GAMESは2人用アブストラクトゲームに特化した独特な路線の創作ゲームサークル。ゲームマーケットだけでなく、エッセン・シュピールにも出展している。昨年9月にはキックスターターで『スカイクレイパーズ』の製品化プロジェクトを成功させた。

『e-SOLO-e(絵揃)』は、キューブを積んで自分のキューブか同じ絵柄を揃えるゲーム。『Moon-Sun-Angel』というタイトルで昨年11月のゲームマーケットで頒布されたものを、芸者・富士山・桜の和風柄に変えた。今回は和風柄のほかに、オリジナルの月・太陽・天使、それから「ねこの天使」のデザインを選べるほか、好きな絵柄を選べるセミオーダーも受け付ける。

Logy Games:e-SOLO-e

第4回ボードゲーム川柳大賞、作品募集

| コメント(68)  このエントリーをはてなブックマークに追加    

昨年に続き、当サイト主催の第4回ボードゲーム川柳大賞を開催します。1月17日(日)まで。

ボードゲーム関係であれば内容は自由、1人何作品でも投稿可能。〆切後、投稿作品の中から選者の投票で大賞と各選者の特別賞を決定します。優秀作品(昨年の優秀作品はこちら)は当サイトのトップページに掲載されるほか、ささやかな記念品を予定しています。

選者はふうかさん(ふうかのボードゲーム日記)、タナカマさん(テンデイズゲームズ)、渡辺範明さん(ドロッセルマイヤーズ)、メビウスママさん(メビウスゲームズ)、酢豚さん(豚の鳴き声)と当サイトの管理人・おので6名です。

応募はGoogleフォーム、このエントリーへのコメント、またはツイッターでハッシュタグ「#第4回ボードゲーム川柳大賞」をつけてつぶやいて下さい。ご応募をお待ちしております。

メビウスゲームズ、昨年の販売数1位は『ワードバスケット』

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

水道橋のボードゲーム専門店・卸のメビウスゲームズは、2015年の販売数トップ20を発表した。1位は国産ワードゲームの『ワードバスケット』で、1年を空けて5回目の首位となった。

2位以下は『カルカソンヌ』『ごきぶりポーカー』『ぴっぐテン』『ハゲタカのえじき』の順。昨年の1位だった『ぴっぐテン』は4位に下がった。新作は『ウミガメの島』の10位が最高で、20位以内の入れ替えは3タイトルのみ。『お先に失礼しま~す』『プエルトリコ』『ヘックメック』が落ちて『ウミガメの島』『お邪魔者3対決』『ごきぶりキング』が入った。

先日発表されたホビージャパンの販売数ランキング(TGiWニュース)と同様、カードゲームを中心として定番の固定化が進み、新作が食い込む余地がなくなってきている模様だ。ホビージャパンで1位だった『ドブル』も『ワードバスケット』も、いずれも同時プレイで早さを競うゲーム。1ゲーム1分程度で遊べるのが手軽でウケているのかもしれない。

メビウスおやじ:2015年メビウスゲーム販売数ベスト20

ニュルンベルク'16新作情報:アミーゴ

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ニュルンベルク国際玩具見本市(Spielwarenmesse Nürnberg)は、毎年2月にドイツで開かれるおもちゃショーです。ボードゲームの分野では、大手出版社がファミリー向けの新作を発表します。今年は1月27日(水)から2月1日(月)まで、6日間にわたって開催されます。10月のエッセン・シュピールとは違って業者限定の催しで、一般の愛好者は入場できません。

当サイトでは、ここで発表される予定の新作を、出版社ごとに紹介します。邦題は直訳で、日本で発売されるときには別のタイトルになる可能性があります。

タオ(Dao)
A.ホップウッド作、2~6人用、8歳以上、15分。
「タオ(道)」は中国語で正しい道を意味します。安全な道を行くならば場札からカードを取りましょう。運を試すならカードをめくって場札に加えましょう。でも場札の数字が12を超えると、全部取らなければならなくなります。ただし、直前の場札と同じ数字をめくったらセーフです。ゲーム終了時には1色だけ得点にでき、残りの色は全て失点になってしまいます。最も特典の多いプレイヤーが勝利します。

興奮中(Unter Spannung)
C.ホフマイヤー作、2~4人用、8歳以上、15分。
全員同時プレイのゲームです。自分のカードを場に出しきることが目標です。各自の山札から4枚の手札をもち、最初の1枚を置いてスタート。場の一番上のカードで、次に出せるカードが決まります。出せるカードは2つで、例えば5+/-3だったら、8か2を出すことができます。11を超える場合は1の位だけを見ますので、9+/-2の次は、7か1を出すことができます。カードを出したら、山札からカードを引きます。最後の1枚は、数字に関係なく裏にして出すことができ、そのカードを出したプレイヤーが勝者となります。

スピードダイス(Speed Dice)
H.シャフィール作、2~4人用、10歳以上、15分。
自分がもっている8つのアルファベットダイスから7つを組み合わせて、単語を作るゲーム。全員同時にダイスを1回だけ振って、出た目で単語を作ります。1つの単語でもかまいませんし、クロスワード状に縦横の列を重ねてつくってもかまいません。ニコニコマークはジョーカーで、何のアルファベットの代わりにでもなります。残りの1つは中央の箱に入れて、最初に入れた人がトロフィーをもらいます。最初に3回1位を取ったプレイヤーの勝利です。

袋取り(Schnapp den Sack)
W.クラマー作、2~5人用、8歳以上、15分。
めくったカードと、場に並んだカードで、数字チップと同じ数の袋があるかを素早く確認します。あれば中央の袋を素早く取り、場札をもらうことができます。一番多くカードを集めたプレイヤーの勝利です。自分の番には、自分の山札から1枚、素早くめくって場に置きます。そこで全員一斉に条件を満たす列があるかを確認します。カードは種類ごとに、列に加えることもできますし、列の上に置くこともできます。例えば数字チップが6で、1,1,2という列に3のカードを引いたら、1の上にカードを置くと1,3,2となり袋を取ることができるようになります。

大食いのフローリ(Flori Vielfraß)
B.ヴェーバー作、2~4人用、4歳以上、15分。
色とりどりのパーツでできたイモムシを、カラーダイスで進めます。最後尾のコマがカラーダイスに対応する色だったら、そのコマを一番先に移動できます(A.ランドルフの『イモムシイモムシ』の原理です)。移動先にエサがあり、これを食べるとイモムシの体が伸びます。ゴールにあるエサを最初に食べたイモムシの勝利です。

建築ブーム(Bauboom)
A.フリッチェ作、2~4人用、4歳以上、15分。
ダイスでコースを回って、自分の建築計画に沿った建材を集めるゲーム。建設はピラミッド状に行われるため、下の段から集めなければなりません。コースには、獲得した建材をコンテナに返さなければならない「アリクイ」、そのコンテナから建材を取れる「テントウムシ」のマスがあります。最初に建材を全部集めたプレイヤーの勝利です。

クイドラー・ジュニア(Quiddler Junior)
M.J.ファルコ作、1~6人用、8歳以上、30分。
手札のアルファベットカードを組み合わせて単語を作るワードゲーム。一番長い単語を作った人にはボーナスがあります。6ラウンドで最も得点の高いプレイヤーが勝者となります。単語を思い浮かばない子どものために、カードに単語のヒントがあります(ドイツ語)。

キャメルアップ:審判ラクダ

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

エッセン・シュピール15のエッガートシュピーレブースで、募金することを条件にプレゼントされた黒いコマの拡張セット。別のコマでの代用できるだろう。


キャメルアップでは、ラクダが積み重なって一緒に進むことが、レースの主催者たちが気にしていることでした。そこで審判ラクダを使ってこれを防ぐことにしました。

ゲームは通常通り行い、黒い審判ラクダを加えます。各ステージの始めに、ステージのスタートプレイヤーの右どなりのプレイヤーは、コースの好きなマスに審判ラクダを置くことができます。
審判ラクダのいるマスでラクダの群れが移動を終えたら、その群れは解散させられ、そのマスに横並びになります。その際、群れを上から順に取り外し、同じ順番で左から右に並べます(一番上だったラクダが一番左で、一番先に進んでいることになります)。
ラクダが解散したらすぐ、審判ラクダをボードから取り除きます。次のステージになったら再び置きます。
このミニ拡張は、基本ゲームにも、『スーパーカップ』にも加えることができます。

たのめナイン(Tanome Nine)

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

めざせ9枚目

たのめナイン

手札からカードを出して会計を押し付けあうカードゲーム。ゲームマーケット2015秋で初出展のするめデイズが発表した3タイトルのうちの1つだ。1ゲーム終わるとついもう1ゲームやりたくなる、中毒性の高いゲームである。

自分の番には手札から料理カードを出して、山札から1枚補充する。「餃子、300円!」 次の人も同様にカードを出して、合計金額を足していく。「おさしみ900円、合わせて1200円!」

こうして順番に出していき、合計金額が2000円、3000円、4000円とキリ番にできたら、前に出した人が会計(それまで出たカードを全部引き取り)してくれる。「お酒800円、合わせて2000円、ゴチで~す!!」「まじかー!」

これだけだと、次の人の手札次第でおごるかおごらないかが決まってしまうが、「同じ料理はオーダーできない」というルールによって、絶対におごらなくてよいパターンが存在する。例えば1000円からビール(500円)を出して1500円にすれば、次の人はビールを出せないから2000円にはできない。このひねりによって、カードの選択に考えどころが生まれる。

そしてこの「同じ料理をオーダーできない」というルールのため、手番が回るごとにどんどん苦しくなっていく。出せるカードがないと、それまで出たカードを引きとらなくてはならない。「おあいそ!」 しかし、見事9枚目を出せると、このゲームのタイトルにもなっている「たのめナイン」が起こる。それは、これまで出たカードをほかのプレイヤーに等分で押し付けられるというものだ。「割り勘でお願いしまーす、俺抜きでな!」

ほかにも、パス、リバース、ツケといったピンチを回避するカードがあり、終盤にカードがたまってくるとゲームは否応なく盛り上がっていく。山札がなくなった後、誰かが引き取ったらゲーム終了。引き取ったカード枚数(金額ではない)の一番少ない人が勝つ。

1回出すと3ゲームくらい続けて遊びたくなるので、すでに10ゲームほど遊んでいるが、「居酒屋でおごってもらう」というテーマが入り込みやすく、ムキになるほど熱中する。リアルに飲みながら遊んでもOK。そして終わった後は、お腹が空いてくるのだ。「じゃあ、誰のおごりか、このゲームで決めよう!」

たのめナイン
dai&チカール/するめデイズ(2015年)
2~5人用/10歳以上/15分
すごろくや:たのめナイン

ホビージャパン、2015年の販売数ランキングを発表

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ホビージャパンは、昨年の販売数ランキングを発表した。3年連続で『ドブル』が1位となったほか、2位『パンデミック』、3位『ドミニオン』まで昨年と同じ順位となった。

新作では『パンデミック:レガシー』『オニリム:最初の旅と七つの書』『ドミニオン:冒険』が10位以内にランクイン。いずれも拡張とリメイクで、定番の固定化が見られる。完全新作としては『ミステリウム』の14位が最高。

今年のドイツ年間ゲーム大賞関連では、大賞の『コルト・エクスプレス』が43位、エクスパート大賞ノミネートの『エリジウム』は圏外となっている。

今回初めて、1位の『ドブル』と比較した個数のパーセンテージが発表された。2位の『パンデミック』ですら40%しかなく、『ドブル』の強さが際立っている。「2位、3位、4位の販売点数を合計してようやくドブルに勝る」という。

ホビージャパンは「前年と異なるのが、外国語版に日本語ルールを添付した商品ではランキングに入らなくなりつつある」とし、進む定番化については、市場の多様性が失われることを案じて変わったゲームの日本語版にも取り組んでいるとコメントしている。

ホビージャパンゲームブログ:ホビージャパン扱いゲーム・2015年ランキング発表!

日テレ番組でオリジナル神経衰弱

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

日テレ系のTV番組『変ラボ』にて、川崎晋氏(カワサキファクトリー)らが制作した神経衰弱に、アイドルグループ「NEWS」の手越祐也さんが挑むことが分かった。1月11日(月祝)23:59から。

NEWSのメンバー4人がそれぞれ別々の「研究テーマ」に挑戦するという番組内容。手越さんは「真の神経衰弱とは?」と題して、5人のクリエイターが考案した"真の神経衰弱"に臨む。驚異的な神経の太さを誇る手越さんが、ストレス測定計をつけてクリスマスイブに夜通し実験を行うと、果たしてどうなるのかを実験した。

5人のクリエイターには川崎晋氏が参加。どんな神経衰弱が登場するのか、そして手越さんをどのように追い詰めていくのかチェックしよう。

日テレ:変ラボ

アドベントカレンダー1:カタンのサンタクロース

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

2015年秋のエッセン・シュピールで発表されたボードゲーム・アドベントカレンダー(TGiWニュース)。ルールはネットでダウンロードできるようにしてある。そのルールを1日目の『カタン』から訳出。

ストーリー
サンタクロースは赤いコートのための羊毛を求めています。手番にサンタクロースに羊毛をプレゼントすると、サンタクロースを移動させることができます。そこにやってくると、サンタクロースはプレゼントをくれたり、盗賊を追い払ってくれたりします。
このバリアントは、6人までの基本ゲームと、盗賊が登場する全ての拡張に加えられます。

用具
特別タイル「サンタクロースの家」 1枚
サンタクロースコマ 1つ
プレゼントチップ 11枚

ゲームの準備
ボードを通常通り組み立てます。
「2」の数字チップのあるタイルを、「サンタクロースの家」タイルと差し替えます。
「2」の数字チップは「12」の数字チップのあるタイルに置きます。これによってそのタイルでは「2」と「12」の両方で資源が産出されます。
サンタクロースコマは「サンタクロースの家」タイルに置きます。
プレゼントチップはボードそばにストックとして置きます。

ルール
通常ルールまたは拡張ルールに、次のルールを加えます。

1.サンタクロースの移動
手番(資源のダイスを振った後)に、サンタクロースに羊毛1枚を贈る(ストックに返す)と、サンタクロースコマを盗賊のいないタイルか、「サンタクロースの家」タイルに移動させます。
羊毛を2枚贈れば、盗賊のいるタイルに移動させて、盗賊を追い出すことができます。その場合、盗賊は砂漠に戻します。
重要:1回の手番にサンタクロースを2回以上移動させることはできません。

2.プレゼントチップの入手
サンタクロースが移動したタイルに隣接して開拓地や都市があるプレイヤーは全員、それぞれプレゼントチップを1枚ずつ受け取ります。
サンタクロースが「サンタクロースの家」に移動したら、このタイルに隣接して開拓地や都市があるプレイヤーは全員、それぞれプレゼントチップを2枚ずつ受け取ります。

3.プレゼントチップの使用
プレゼントチップを2枚以上もっていれば、すぐに2枚をストックに戻し、代わりに好きな資源を1枚取ります。

4.盗賊の移動
サンタクロースのいるタイルと、「サンタクロースの家」に盗賊を移動させることはできません。

アイデア:クラウス・トイバー
ライセンス:Catan GmbH (C) 2015, catan.de
(C)2015 Franckh-Kosmos Verlags-GmbH & Co. KG

エイジオブサモナー~大召喚時代~(Age of Summoners)

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

魔力を貯めて召喚合戦

エイジオブサモナー

ケルベロス、キメラ、スフィンクス、スケルトンといった精霊を召喚して、その能力を組み合わせ得点を稼ぐカードゲーム。これはこれで定評のある「真面目」な方の北条投了氏の作品で、ゲームマーケット2015秋で発売された。1枚のカードが、3通りに用いられる仕組みが面白い。

手番には手札を1枚、自分の前に横向きにしておく。これによって、前に置かれたカードの数字との合計から「コマンドナンバー」が決まり、それに対応するアクションを行うことができる。アクションは7種類あり、さまざまなものが得られる。

自分の前に横向きにしておいたカードには、5種類の「魔力(リソース)」がついており、これを集めることにより、手札から精霊を呼び出すことができるようになる。リソースが多い精霊ほど召喚するのにターン数がかかるが能力は強い。しかし、ほかの精霊と同時に能力を発動できるなら、能力の弱い精霊でも力を発揮するだろう。次第に貯まっていくリソースと手札を見比べて、どの精霊を出すか考えるのが楽しい。

手番の最後に山札から2枚引いて、1枚を手札に、もう1枚を右どなりのプレイヤーの前に横向きにしておく。こうして自分の意図しないリソースが贈られることによって、長考しなくて済むとともに、意図しないコマンドナンバーや精霊召喚ができるようになるといったサプライズも起こる。「どうぞお収め下さい」「い、いらねー!」

誰かが精霊を10体以上召喚するか、勝利点チップが30点以上になったら1周してゲーム終了。

4人で30分ほど。数字が1か2のカードを右どなりに出すたびに数字が信仰ポイントが入る「ケルピー」を召喚して信仰を増やし、信仰が多いとカード補充と得点が増えるアクション「異端審問」「巡礼」で荒稼ぎ。最後には所持している信仰ポイントの2倍の勝利点が手に入る「レビヤタン」で1位。信仰に特化したのが勝因だったようだ。

ほかの人の精霊を見ている余裕はほとんどなくて、ソロプレイ感が強いが、自分だけのコンボを決めてどんどん得点を増やしていく楽しみは夢中にさせる。もっといろいろなコンボを試してみたいと思わせる作品だ。

Age of Summoners
北条投了/Chicken Dice Games(2015年)
2~4人用/10歳以上/30~50分

第3回名古屋ボードゲームフリマ、1月9日開催

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

1月9日(土)、ウィンクあいち(名古屋駅徒歩5分)にて、第3回名古屋ボードゲームフリーマーケットが開催される。10:30~16:00。入場無料。

毎年お正月早々に開催されているイベント。今回は前回を超える34団体が29ブースを出展。ボードゲームショップではマスターズギルド、プレイスペース広島、サークル・出版社ではCOLON ARC、リトルフューチャー、鍋野企画、ゲームNOWA、みさき工房、758ボードゲーム会、eggplantなどが出展する。秋のゲームマーケットで人気だった作品を入手できるチャンスだ。

待機列の開始時間は今回設けられていないが、スタッフの指示に従って静かに待つこととされている。詳細はこちら。

名古屋ボードゲームフリーマーケット

翌日の10日には、地元有志による「名古屋ボードゲームフリーマーケット翌日祭」が行われる。ゲームストア・バネストすぐ近くの、北生涯学習センタ愛知県スポーツ会館にて9:30~16:30。参加料500円。普段遊ばない人と交流するよい機会になるだろう。

TwiPla:1/10 名古屋ボードゲームフリーマーケット翌日祭

ゴリティア(Goritaire)

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

バナナが足りない!

ゴリティア

ゴリラをピラミッド状に並べていく1人用カードゲーム。カードが2種類しかない尖った作品で、ゲームマーケット大賞の一次審査を通過している。

ゴリラは上の段に行くほど強い特殊効果を発揮するが、バナナの補給がないと生きていくことができない。バナナが足りなくなったらゲームオーバーだ。ゴリラの数を調整しつつ、少しずつ増やしていこう。

7枚の手札からスタート。山札からカードを引いて、場にゴリラを出したり、前に出したゴリラをタップしてアクションを行ったりする。ゴリラはピラミッド状に置き、上の段にあるゴリラほどアクションが強い。

例えば1段目のゴリラ1枚をタップすると、「ゴリラ」か「バナナ」といって山札から1枚めくり、合っていれば手札に入れられる。これが2段目のゴリラなら無条件で1枚山札を引くことができ、4段目のゴリラなら、1枚タップすると手札のバナナを1枚捨てるだけで4バナナが得られる。

このようにアクションは14種類もあるが、大別すれば山札からカードを引く、場に出す、バナナを増やすである。

アクションが終わったら食事。場にいるゴリラの数だけバナナが供給できれば次のターンになり、足りなければゲームオーバーとなる。このため、むやみにゴリラを増やしてしまうと苦しい。毎ターン、どのアクションでバナナを確保するか計画を立てていかなければならない。特に場にバナナを置くアクション(「植林」)は、食べても減らないバナナが作られるので重要だ。

1段目に7枚のゴリラが並び、そのターンにバナナを供給できれば勝利。このターンはゴリラもたくさんいるので実に苦しい。

1人プレイ、最初は5分ほどであえなくゲームオーバー。山札からバナナが引けずにすぐ行き詰ったのである。そこで2ゲーム目は「植林」に力を入れてみた。ゴリラとバナナをバランスよく引けたこともあって最後まで耐え切り勝利。最後の1ターン前が苦しかった。

2種類だけのカードでこれだけの深いゲームにするミニマリズムに感動した。1人で遊ぶのが寂しければ、2人の協力プレイでも楽しめるだろう。

ゴリティア
ポーン/ステッパーズストップ(2014年)
1人用/12歳以上/20分

ボードゲーム購入ガイド

 このエントリーをはてなブックマークに追加    


特定のゲームを買いたい

アマゾンではたいていの日本語版だけでなく、輸入ゲームも手に入ります。とりあえずゲーム名を検索してみましょう。まれに日本語ルールが付いていなかったり、プレミア価格が付いていたりすることがあるので注意して下さい。

↓ なかったら

アマゾンになくても、各ショップに在庫があるかもしれません。ボードゲームショップ検索にゲーム名を入力。検索結果から、在庫の有無を見て注文します。

↓ それでもなかったら

国内ではもう入手できない場合でも、アメリカやドイツのアマゾンで販売されていることがあります。和名では検索できませんので、データベースで原題を調べて入力します。日本語ルールは付属しませんので、ネットに公開されているかどうか確認しておきましょう。

データベースplay:game
Amazon.com
Amazon.de
TGiW:ドイツアマゾンでボードゲームを買う!
TGiW:ルール和訳の網

↓ それでもなかったら

世界中のボードゲーム愛好者が集うデータベースサイト「BoardGameGeek(ボードゲームギーク)」にはギークマーケットという、愛好者同士が売買できる仕組みがあります。ゲーム名で検索して、中頃に「Buy a Copy」という欄がありますので、そちらで値段や状態を確認して注文します。支払いはPayPalが便利。
BoardGameGeek

↓ それでもなかったら

特定のゲームに巡り会えるかは運次第ですが、中古市場を探してみましょう。国内ではボードゲームリサイクルCUBEや駿河屋などで中古ゲームを扱っています。在庫切れでも、捜索願を受け付けていますので問い合わせてみましょう。ほかに、各地で開催されているボードゲームフリーマーケットで探すという方法もあります。




何か面白いゲームを探している方

子供と遊ぶ
ゆうもあ世界のボードゲームを広める会「ゆうもあ」が推薦するゆうゲームズは、ゲームを知らない方にもオススメのゲームリストです。この中から年齢や興味に合わせて選んでみましょう。
NPOゆうもあ:ゆうゲームズ

大人だけで遊ぶ
当サイトのおすすめゲームリストには、定番の人気ゲームをリストアップしています。この中からプレイ時間や興味に合わせて選んでみましょう。
TGiW:当サイトおすすめのゲーム

↓ もっとほかにないか?

高円寺のボードゲームショップすごろくやは、国内随一の品揃えで、輸入ゲームも国産ゲームも、大人向けもキッズ向けも幅広く取り揃えています。取り扱いゲームリストの人気順を見て、今のトレンドをみてみましょう。
すごろくや:取り扱いゲームリスト人気順

↓ もっとほかにないか?

すごろくやさんが編集して出版した『ボードゲームカタログ』は、10つのジャンルでおすすめの201タイトルを紹介しています。まずこれを購入して、自分に合ったゲームをじっくり選ぶのもよいでしょう。

↓ もっとほかにないか?

ショップによってさまざまなボードゲームが販売されています。それぞれのショップを覗いてみましょう。運命の出会いがあるかも知れません。
TGiW:ボードゲーム購入リンク集

ボードゲームアンテナ・国内

 このエントリーをはてなブックマークに追加    




javaスクリプトで自動的に読みこまれます。しばらく待って読みこまれない場合はリロードするか、ブラウザの設定でjavaスクリプトの動作をご確認ください。その他のリンクは国内リンク集 はてな大チェッカー 旧はてなアンテナ にあります。

アンケート:繰り返し遊ぶ?

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

Q103:初プレイから1ヶ月間に複数回遊ぶタイトルの割合は?

A.ほぼ全て 13票(8%)
B.半数以上 18票(12%)
C.半数未満 123票(80%)

1年に新発売されるボードゲームが海外で1000タイトル以上、国内で500タイトル以上という現在、いくら厳選して遊んでも1タイトルに費やすことのできる時間はどんどん短くなっています。アンケートでは、繰り返し遊ぶのはどれくらいの割合かをお訊きしました。

結果、8割の方が半数未満と回答。多くのゲームは1回しか遊ばれないままとなっている様子です。もう1回遊びたい!と思っても、まだ遊んでいないゲームがたくさん控えているという状況は、愛好者なら誰でも経験しているところではないでしょうか。

このような状況では、ゲームデザインももう1回遊びたいと思わせる仕組み以上に、分かりやすい面白さをもっていることが重要となってくるでしょう。コメントには、カードゲームなど、準備の簡単なゲームのほうが再プレイ率が高いというご意見もありました。

今月のアンケートは、海外ゲームと国内ゲームのプレイ割合です。ゲームマーケットに刺激されて国内ゲームのリリースが増えている中、海外ゲーム(日本語版含む)と、国内ゲームの割合は今どれぐらいでしょうか。3択の中から近いものをお答え下さい。

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
リンクフリー このバナーをお使いください