2人用鉄道ゲーム『路面電車』日本語版、8月上旬発売

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

ホビージャパンは8月上旬、鉄道の延伸を競う2人用カードゲーム『路面電車(Trambahn)』日本語版を発売する。デザイン・H.オーライ、イラスト・K.フランツ、2人用、8歳以上、30分、3600円(税別)。

オリジナルは2015年秋にルックアウトシュピーレ(ドイツ)から発売された作品。『パッチワーク』に続く2人用ゲームシリーズで、国内では『トラムバーン』という邦題で英語版をジーピーが取り扱っている。作者は『18XX』シリーズや『ロシアンレールロード』のオーライ。鉄道ゲームの第一人者だ。

プレイヤーは19世紀末のミュンヘン市内で鉄道会社を経営し、路線を増やし、停留所を作り、乗客を増やしていく。1枚のカードがお金、乗客、停車場の3つ機能をもつ。停留所はカードの数字を昇順に出さなければならず、しかし数字が大きいものでないと儲けが少ないというジレンマが待っている。さらに鉄道を「馬車鉄道」、「蒸気機関車」、「電車」とグレードアップすることで収益が上がるが、そのための設備投資を回収できるかどうかも悩ましい。相手より長い路線を敷き、ライバルを退けることはできるだろうか?

簡単なルールで、時間も短めながらも悩みどころの多い鉄道カードゲーム。今回の日本語版では、イラストレーターのK.フランツ氏がボックスアートを特別に描き下ろし、昭和初期の日本をイメージしたイラストとなっているところも見どころだ。。

内容物:カード142枚、得点記録用紙1冊、ルールシート1部

コメントする

カレンダー