第6回カルカソンヌ日本選手権、月形祐輔氏が優勝

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

今年で6回目となるカルカソンヌ日本選手権(主催・メビウスゲームズ)が8月14日(日)、東京・豊洲文化センターにて開催された。のべ659人が参加した43回の全国各予選の成績優秀者と、シード選手を加えた74名が参加し、京都の月形祐輔氏が優勝に輝いた。

ルールは世界選手権と同じ2人対戦。予選の成績で上位8名が準々決勝に進出し、1位対8位、2位対7位、3位対6位という組み合わせで対戦した。昨年の予選通過者がひしめく準々決勝を4名が準決勝へ通過した。準決勝では予選全勝1位の小川光一氏と予選5位の久保真人氏、予選3位の月形祐輔氏と予選2位の榎本厚熙氏がそれぞれ対戦。それぞれ小川氏と月形氏が勝利し、決勝で対戦した。

決勝戦は6点差で月形祐輔氏が優勝し、10月にエッセンで行われる第11回カルカソンヌ世界選手権への参加資格を獲得した。予選から準決勝まで8戦全勝の小川氏は準優勝で、昨年の4位から順位を上げた。3位決定戦を制したのは榎本厚熙氏。

世界選手権での日本代表の成績は、一昨年が優勝、昨年が準優勝。日本代表が参加するようになったのは第6回からであるにも関わらず、国別の通算成績では36カ国中8位につけている。月形氏の今年の活躍に期待したい。

カルカソンヌ日本選手権

コメントする

カレンダー