ドラキュラ対ハンターの推理ゲーム『ドラキュラの逆襲』日本語版、10月8日発売

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

アークライトは10月8日、ドラキュラとハンターの対決を描く推理ゲーム『ドラキュラの逆襲(Fury of Dracula)』日本語版を発売する。F.ブルークス、S.ハンド、K.ウィルソン作、2~5人用、14歳以上、120~180分、7200円(税別)。

オリジナルは今を遡ること約30年、1987年にゲームズワークショップ社(アメリカ)から発売された。『スコットランドヤード』にホラーというテーマと、戦闘やイベントのシステムを加えたことで根強い人気を集め、2007年と2015年にファンタジーフライト社からリメイクされている。今回の日本語は2015年のファンタジーフライト社による第3版に基づく。

ときは西暦1898年。悪の権化たるドラキュラ伯爵がロンドンに現れ、吸血鬼禍を撒き散らしてから8年が経っていた。当時は少数精鋭の一団によってこの災いは阻止され、その企みは挫かれ、伯爵本人もドラキュラ城付近の深い闇のなかで消滅させられた・・・・・・と思われていたのだが、再び活動が始まった。

ひとりのプレイヤーがドラキュラ伯爵の役割を演じ、ひそかにヨーロッパ中を歩き回り、配下の吸血鬼を増殖させ、罠を仕掛け、邪悪な目的を達成しようとする。ほかのプレイヤーはそれぞれ異なる能力をもつハンターとなり、宿敵ドラキュラの居場所を探し出し、その吸血鬼たちが夜の世界を征服する前に、今度こそ完全に消滅させなくてはならない。

生きるか死ぬかのエキサイティングな推理と攻防が楽しめるゲーマーズゲームだ。

内容物:ゲームボード1枚、人物コマ(プラスチック製):5個、チュートリアル冊子1冊、カード類245枚、参照用ルールブック1冊、参照地図(ドラキュラ用)1枚、人物シート5枚、トークン類84個


コメントする

カレンダー