『フォーセール』アークライトから再び日本語版、10月15日発売

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

アークライトは10月15日、不動産と小切手の競りゲーム『フォーセール(For Sale)』日本語版を発売する。デザイン・S.ドラ、イラスト・A.マドン、3~6人用、8歳以上、20~30分、2400円(税別)。

オリジナルはラベンスバーガー(ドイツ)から1997年に発売された作品。2011年にニューゲームズオーダーが一度日本語版を発売しており、2回目の日本語版発売となった。複数の会社から日本語版がリリースされるケースは『カタン』などがあるが珍しく、ロングセラーの人気商品といえる。

なお昨年、イエロ社(フランス)からもアートワークを一新した新版が発売されているが、今回日本語版になるのはニューゲームズオーダーと同じイーグル・グリフォンゲーム(アメリカ)のアートワークである。

コインで不動産カードを競り、競り落とした不動産カードで小切手カードを競るという2段階の競りゲーム。不動産カードの競りは人数分を並べて自由にコインを積んでいく方式で、1番高い不動産を競り落とした人以外は、半分が戻る。小切手カードは、こうして入手した不動産カードを1枚ずつ出して同時公開で競る。価値の低い不動産で、うまく高額の小切手を手に入れるには、競争相手の一手先を読んで出し抜かなければならない。

短時間で手軽に競りの醍醐味が味わえるカードゲームだ。

内容物:不動産カード:30枚、資金カード:30枚、コイン:72枚、ルールブック:1枚

フォーセール日本語版(コンポーネント)

コメントする

カレンダー