第2回ゲームマーケット大賞、二次審査通過作品発表

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

ゲームマーケット事務局は本日、第2回ゲームマーケット大賞の二次審査通過作品14タイトルを発表した。7月に発表された一次審査通過40タイトルの中から審査員の協議で選出され、この中から来月に優秀作品、そして大賞が選ばれる。

ゲームマーケット大賞は、アナログゲームシーンのさらなる盛り上がりのために昨年設立された。国内最大のアナログゲームイベント「ゲームマーケット」で過去3回に発表された新作の中からセレクトし、12月のゲームマーケット秋に大賞が発表される。今年の審査員は草場純、秋山真琴、ふうか、小野卓也の4名。

第1回に引き続き2年連続で二次審査を通過したのは、13団体中、OKAZU Brandと高天原だけで、それ以外は総入れ替え(昨年の結果はこちら)。国内のボードゲーム制作団体が群雄割拠している様子が浮き彫りとなった。

二次審査を通過した団体は今後1年間、出展申し込みが抽選になった場合、自動的に当選する権利が与えられる。優秀作品(4~5タイトル)の発表は11月10日頃の予定。

ゲームマーケット大賞2016 ニ次審査通過作品 発表

【ゲームマーケット大賞 二次審査通過作品】
Cinecitta1937(吉々庵)、アニュビスの仮面(ギフトテンインダストリ)、ガラクタオークション(こげこげ堂)、ソラシノビ(グループSNE/cosaic)、たのめナイン(するめデイズ)、ちんあなごっこ(高天原)、トリック オブ スパイ(カワサキファクトリー)、ナショナルエコノミー(スパ帝国)、ビンジョー×コウジョー(すまいる120円)、横濱紳商伝(OKAZU brand)、似顔絵探偵(JoyntGame Factory)、狩歌(Xaquinel)、幽霊島の殺人(楽々亭)、曖昧フェイバリットシングス(するめデイズ)

コメントする

カレンダー