第1回お邪魔者日本選手権、今野律人が優勝

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

9月3日、高円寺「す箱」にて第1回お邪魔者日本選手権が開かれ、54名の参加者から今野律人氏が優勝した。11月26日にハンガリー・ブダペストで開かれる第1回世界選手権に日本代表として出場する。

『お邪魔者』の世界選手権は今年初めて行われ、24カ国の参加が見込まれている。特にドイツでは全国で約30回の予選が今月まで開かれ、10月のエッセン・シュピールで本選を行い、ドイツ代表を決める。

日本選手権は2ゲームの合計得点で上位16名が準決勝に進出。準決勝2テーブルの上位8名が決勝に進み、予選からの総合得点で優勝者を決める仕組み。大会ルールで導入されている「自己中」(単独で宝を獲得すれば勝利できる)で金塊を掘り当てた今野氏が優勝を勝ち取った。

今月下旬のカタン世界選手権(アメリカ・コロラド)に出場する小堀浩史氏と堂久剛氏、10月のカルカソンヌ世界選手権(ドイツ・エッセン)に出場する月形祐輔氏と共に、日本代表の活躍が期待される。

コメントする

カレンダー