ローゼンベルクの新作『オーディンの祝祭』日本語版発売

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

テンデイズゲームズは27日、ドイツの人気ゲームデザイナーU.ローゼンベルクの新作『オーディンの祝祭(Ein Fest für Odin)』日本語版を発売した。イラスト・D.ローハウゼン、1~4人用、12歳以上、プレイヤー人数×30分、11000円(税別)。

フォイヤーラントシュピーレ(ドイツ)から今秋発売され、フェアプレイ誌のスカウトアクションで1位となった作品。『アグリコラ』以来ローゼンベルクが得意としている重量級のワーカープレイスメントゲームと、『パッチワーク』で評価されたパズルを組み合わせたゲームで、お値段以上にコンポーネントがぎっしり詰まっている。同社の製品が日本語版になるのは『テラミスティカ』『グラスロード』『アルルの丘』に続いて4タイトル目。いずれも、テンデイズゲームズが担当している。

プレイヤーはヴァイキングの一族の長となり、自分の居住地をタイルで埋めて高得点を狙う。自分の一族の駒を順番にアクションスペースに置き、ゲームを進める。アクションには4段階のレベルが設定されており、強力なアクションほど必要となる駒の数が多い。

アクションの中でさまざまな形状のタイルを獲得し、それをボードに配置して、ボーナスとして収入や追加のタイルを獲得する。タイルをうまく組み合わせ、先を読んで効率よくボーナスを獲得していかなければならない。

さらに、特別な効果をもつ職業カードが190種類入っているほか、さまざまな要素を加えて、ゲームごとに異なる展開と戦略が楽しめるようになっている。

テンデイズゲームズ:オーディンの祝祭 日本語版

コメントする

カレンダー