フェルト作『デルフォイの神託』日本語版、11月下旬発売

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

ホビージャパンは11月下旬、古代ギリシャを舞台にした冒険ゲーム『デルフォイの神託(Das Orakel von Delphi)』日本語版を発売する。デザイン・S.フェルト、イラスト・D.ローハウゼン、2~4人用 12歳以上、60~100分、6000円(税別)。

今年のシュピールでホールゲームズ(ドイツ)から発表され、スカウトアクションでも7位に入った作品。ホールゲームズがS.フェルトの作品をリリースするのは『ルナ』『アクアスフィア』に続いて3タイトル目となる。

ギリシャの雷と空の神ゼウスが、最も勇敢な者を決める競争を開催した。ゼウスが与えた12の試練―優美な彫像の設置、荘厳な聖廟の建設、大量の捧げ物の奉納、最も恐ろしい怪物の打倒―を最初に達成するべく、プレイヤーは船を準備してエーゲ海に出航する。神秘的なデルフォイの神託神殿の巫女ピュティアに教えを請い、その神託に従って進むべき正しい道を見つけるのだ。

六角形タイルのゲームボードに散らばった島々に船で移動し、3個の神託ダイスを振って実行できるアクションが決められる。神々からの助力で特殊能力を身につけることもできる。こうして12の試練を全て達成し、ゼウスのところに早く戻ったプレイヤーが勝利する。

船の装備やゲームボードの配置はゲームごとに変わり、そのたびに戦略も展開も変わるゲーマーズゲームだ。

内容物:ボードタイル12枚、都市タイル6枚、島タイル12枚、恩恵トークン34枚、ゼウスタイル48枚、船タイル8枚、盾4枚、アクションサマリー4枚、ゼウス駒1個、捧げ物駒24個、神殿駒6個、怪物駒24個、彫像駒18個、神駒24個、聖廟駒12個、船駒4個、神託ダイス12個、戦闘ダイス1個、タイタンダイス1個、負傷カード42枚、神託カード30枚、装備カード22枚、仲間カード18枚、プレイヤーボード4枚、ルールブック1冊

コメントする

カレンダー