シュピール16:ドイツゲーム賞授賞式

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

世界最大のボードゲームイベント「シュピール」の前夜祭意を兼ねて、12日に関係者によるドイツゲーム賞授賞式が行われた。結果は前もって発表されており、10位から順番にデザイナーと出版社の代表が壇上に上がり、賞状やトロフィーを受け取る。

エッセン金の羽根賞と、4位から10位までがまず壇上で賞状を受け取った。

3位からは個別のインタビューがある。3位の『タイムストーリーズ』ではデザイナーのM.ロゾイ氏(左)がフランス語で話したのを、スペースカウボーイズのS.ポーション氏(中央)がドイツ語に翻訳していた。

2位は『コードネーム』。デザイナーのV.フヴァチル氏(左)とチェコゲーム出版の社長(中央)が「我々は小さい出版社なので、24か国語でこのゲームを売るにはたくさんのパートナーが必要」と語った。右側はドイツ語版を扱ったハイデルベルガー社の人。

1位は『モンバサ』。デザイナーのA.プフィスター氏が、同じエッガート社からこのたび発売される『グレートウェスタントレイル』について訊かれていた。右側は出版したエッガート・シュピーレと、ドイツ国内での販売を受けもつペガサス・シュピーレの人。

3位までの入賞作と、キッズゲーム賞を受賞した『レオ』の展示。ディスプレイ用の大きな箱が作られるが、大きさはまちまちだ。

最後に特別賞を受賞したK.M.ヴォルフ氏。ボードゲームのレビュアー、ニュースサイト管理者、ゲーム賞の審査員などを30年以上の長きにわたって務めた。特別賞を受賞するのは。W.クラマー氏以来となる。

授賞式が終わると食事会。隣り合わせたドイツのご夫婦は、シュピールの参加が旦那さんが29回目、奥さんが14回目になるという。ドイツのボードゲーム市場が今、活況を呈しているのも、このように長い年月支えてきた愛好者の力によるところが大きいなと感じた。

コメントする

カレンダー