賽苑の『エレメンツ』日本語版、12月10日発売

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

アークライトは12月10日、たった16枚のカードで遊ぶ2人用カードゲーム『エレメンツ』を発売する。デザイン・チーム賽苑、イラスト・D.ローハウゼン、2人用、8歳以上、10~20分、1800円(税別)。

オリジナルはゲームマーケット2010で賽苑(さいえん)が発表した『クメル(Khmer)』という作品。ペガサスシュピーレ(ドイツ)が今年、陰陽五行思想をテーマにしてリメイクした。日本のゲームがドイツで発売され、逆輸入されて日本語版になったものだ。2007年にB2Fゲームズが日本語版を出した『エレメンツ』とは同じタイトルだが別ゲームなので注意。

プレイヤーは交互に手札からカードを出していくが、「自分のカードの合計値」を対戦相手よりも高くしつつ、「場に公開されているカードの合計値」を超えてはいけないという二重の制限がある。

二つの制限値はどちらもゲーム中に変動する。カウンティングあり、ブラフあり、お互いの手札の中身を巡って、その都度ヒリヒリするくらいの駆け引きが勝負を左右する。

エレメンツ日本語版

コメントする

カレンダー