相場に乗り遅れるな!『ハーバー』日本語版、2月25日発売

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

アークライトは2月25日、『ハーバー(Harbour)』日本語版を発売する。デザイン・S.アームス、イラスト・M.ホリデー&R.ランディ、1~4人用、10歳以上、30~40分、2700円(税別)。

オリジナルはTMG(アメリカ)がプリント&プレイ版を経て2015年に一般発売した作品。同年にドイツ語版もフロステッドゲームズ(ドイツ)から発売され、ゲームストア・バネストが取り扱っている。施設を使って商品を入手し、新しい施設を作っていく拡大生産系カードゲームだ。

手番には自分のコマを空いている施設に置き、その施設のアクションを行う。使用料を支払えば、ほかのプレイヤーの施設を使うこともできる。商品の相場はたえず変わっていき、高い施設を建てるにはタイミングも重要となる。

プレイヤーボードにはそれぞれ異なるキャラクターが付いている。キャラクターの特殊能力を生かし、施設とのコンボで港一番の資産家を目指そう。

内容物:コマ4枚、施設カード36枚、プレイヤーボード20枚、ボーナスポイントカード4枚、練習用木偶人形ボード1枚、商品マーカー20個、市場ボード1枚

ハーバー日本語版(コンポーネント)

コメントする

カレンダー