追悼・高野豪氏を偲んで

| コメント(3) このエントリーをはてなブックマークに追加    

高野豪氏の作品

ボードゲーム雑記サイト「Rule~色褪せない日々~」などを開設していたボードゲーム愛好家の高野豪(すぐる)氏が1月13日にお亡くなりになった。

2000年代前半より関東各地および名古屋周辺のボードゲームサークルに参加。『たほいや』『アップルトゥアップル』『こんなものどんなもの』などコミュニケーションゲームに早い時期から着目し、普及に貢献した。

またゲームマーケットでは「Peace-Kraft」「紳士服のたかの」というサークル名で出展し、「サムライ」という架空の漫才コンビによる台本同人誌を頒布した。風刺が効いたネタが満載で今でも読んで楽しめる。

2003年に発行されたインタビュー同人誌『Talking Blues』では、ゲームストア・バネストの中野店長、カワサキファクトリーのカワサキ工場長と共に、当サイトの管理人も登場している。以下はその中からの抜粋である。

おの 組み立てみたいなのはあります? ゲームを続けていくつもするときに、その順番っていうか...
たかの あんまり考えてない。ただ、似たようなゲームはあまり続けない。よほどのことというか、なにかネタになるようなものでもない限り続けないですね。
おの ああ、わかります。それは基本的なところでしょうね。
たかの 逆にコミュニケーションゲームだと、実はたたみかけることができるんですよ。これをふまえて、じゃあこれいきましょうか、みたいなね。
おの なるほど。ステップアップか。いいですね。
たかの コミュニケーションゲームって人を知るゲームなので。そうすると、そこからさらに次に行くこともできるし、そこから交渉ゲームにいくこともできるんです。
おの その組み立て方は、非常に斬新に聞こえます。いい、いい。
たかの なんかピッチングの組み立てみたいですね。バッターによって、直球一本で押すこともできるし、ちょっと外角に落としてからとか。

この対談収録のときのレポートを読むと、やはりコミュニケーションゲームが主体となっている。高野氏は、コミュニケーションゲームを通して非常にたくさんの人と接し、笑い合ってきた。あまりに早い旅立ちとなってしまったが、その姿はたくさんの人の記憶に残っていくことだろう。

この機会に、高野氏の遺した同人誌をもう一度じっくり読んでいるところだ。

コメント(3)

ご冥福お祈り申し上げます。

なかのはすごくお世話になりました。
付き合いも長く、彼との想い出がいっぱいです。
もし縁がありましたら、少しでも彼のことを思い出していただけたら幸いです。ご冥福をお祈りいたします。
ありがとうございます。

氏のサイトで遊ばせていた時のHNで。

2000年代前半まではゲームサークルでちょくちょく遊ばせていただいてました。

謹んでご冥福をお祈りいたします。

コメントする

カレンダー