幻のパーティーゲーム『そっとおやすみ』日本語版、3月3日発売

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

すごろくやは3月3日、手札が揃ったらそっと伏せるカードゲーム『そっとおやすみ(Schlafmütze)』日本語版を発売する。デザイン・M.ニキシュ、イラスト・U.フィッシャー、3~7人用、5歳以上、10~15分、1400円(税別)。

オリジナルは2002年にハバ社(ドイツ)から小さな缶入りで発売された作品。海外ではあまり注目されなかったが、日本で一部の愛好者に熱狂的な人気があり、このたび、すごろくやがハバ社にかけあって日本語版が実現した。日本語版は、紙製の小箱に入っての発売となる。

ゲームは順番に手札を1枚次の人に渡していく。絵柄が4枚揃ったらいつでも手札をそっと伏せることができる。誰かが手札を伏せたら、ほかのプレイヤーも(手札が揃っていなくても)同じように素早く手札を伏せ、一番遅かった人が「おねむちゃん」になる。トランプの『うすのろ』そのものであるが、可愛らしいイラストと、「おねむちゃん」カードの存在が新しいプレイ感覚を生み出している。

ほかのプレイヤーの視線や気配を見ながら、スキをつくように伏せるところがポイント。キッズから大人まで、伏せるたびに笑いの巻き起こるパーティーゲームだ。

すごろくや:そっとおやすみ

コメントする

カレンダー