ハンターに気をつけろ!『ヴァンパイア・クイーン』日本語版、4月22日発売

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

アークライトは4月22日、W.クラマーのカードゲーム『ヴァンパイア・クイーン(Vampire Queen)』日本語版を発売する。3~12人用、8歳以上、30分、1800円(税別)。

オリジナルはシュミットシュピーレ社が2016年に発売したもの。『大きいAと小さいa(Das grosse und das kleine A、アミーゴ社・1996)』、『ロバはだーれ?(Who's the Ass?、ファランクス社・2004)』、『ロバとウシ(Ochs & Esel、ペガサスシュピーレ社・2008)』と定期的にテーマを変えてリメイクされ続けてきたロングセラーだ。

プレイヤーはヴァンパイアの女王となり、ヴァンパイア・ハンターに狩られないように気をつけ、夜が明ける前に獲物を集めて帰ることを目指す。

ゴーアウト系のカードゲームで、スタートプレイヤーは同じ数字なら何枚でも出すことができ、あとの人は同じ枚数で数字を上回るなら出すことができる。1周して一番高い数字を出した人が次のスタートプレイヤーとなり、こうして誰かが手札をなくした時点で、残った手札が失点となる。

ヴァンパイア・ハンターカードは2枚あり、スタートプレイヤーのときだけ出すことができる。これが出ると全員強制的に1枚出して数字の大きかった人が引き取らなければならない。さらにジョーカーになるヴァンパイア・クイーンの使いどころも悩ましく、12人まで遊べて盛り上がる作品だ。

コメントする

カレンダー