ゴミから芸術作品へ『ジャンクアート』日本語版、7月中旬発売

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

ホビージャパンは7月中旬、ジャンク品を積み上げて芸術作品を作るバランスアクションゲーム『ジャンクアート(Junk Art)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・J.コルミエ、S.F.リン、イラスト・C.クィリアムス、2~6人用、8歳以上、30分、4500円(税別)。

F2Zエンターテインメントが2015年に立ち上げたレーベル「プレッツェル・ゲームズ」の製品。第一作のウェスタンおはじきゲーム『フリッケム・アップ』もシュピールの会場で注目されていた。

プレイヤーは芸術家となり、世界各国の都市ごとのテーマに沿ってジャンクピースを組み合わせてアート作品を作り上げる。各都市の展覧会を回るワールドツアーに参加するが、都市によって好みが異なり、作品の製作方法や得点となるファン獲得の条件が異なる。一番高い作品が好まれる都市もあれば、全員で一つの作品を作り上げる都市、お互い要らないジャンクピースを押し付け合う都市も。

無茶な形のジャンクを、無茶な条件で積み上げて、キテレツな作品を作り上げよう。手の器用さと、ピースのバランスと、少々の運を必要とするゲームだ。

内容物:プラスチック製の土台 6個、ファントークン 60個、プラスチック製ジャンクピース 60個、ジャンクアートカード 60枚、都市カード 15枚、開始プレイヤー/進行方向カード 1枚、スターカード 1枚、サボテンカード 3枚、メジャー 1つ 他

ジャンクアート日本語版(コンポーネント)

コメントする

カレンダー