KADOKAWA『電撃大王』にてボードゲームコミック連載スタート

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

本日発売のKADOKAWAのコミック誌『電撃大王』2017年8月号にて、ボードゲームをテーマにした学園コミック『遊びたがりの霧生(きりゅう)さん』が新連載となった。680円。

霧生さやかは品行方正・才色兼備な優等生。ただし、彼女にはたくさんのオトナと遊んでいる噂があるらしく......。ある日、そんな噂を耳にした同級生・高槻卓哉がひょんなことからさやかに連れて行かれたのは、オトナの集まる──「ボードゲーム会」???

原作・作画は月刊スピリッツで『共学高校のゲンジツ』 を連載中のさぬいゆう氏と伊丹澄一氏。今回も、高校生活をテーマにして、ボードゲームが登場する作品となっている。

作中で登場するボードゲームの解説コラムは、当サイトの管理人が担当している。第1話は、一世を風靡した国産ボードゲーム『枯山水』が登場する。

ボードゲームをテーマにしたコミックはほかに、『放課後さいころ倶楽部』が『ゲッサン』で好評連載中で、単行本が9巻まで発売されている。

コメントする

カレンダー