木製タイルを並べ替えよう『コンプレット』日本語版発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

メビウスゲームズは24日、木製タイル並べゲーム『コンプレット(Completto)』日本語版を発売した。ゲームデザイン・H.マイスター、2~6人用、8歳以上、30分、2800円(税込)。

オリジナルは2015年にシュミット社(ドイツ)から発売された作品。メビウスゲームズが輸入版を取り扱い、日本ボードゲーム大賞投票部門2位&選考部門ノミネート、日本版The One Hundred 2016新作5位など評価されスマッシュヒットとなっていた。

1~100までの100枚の木製タイルを裏にして混ぜ、各プレーヤーは何枚かのタイルを自分の前に1列に並べる。このタイルを左から右に向かって昇順に並べるのがゲームの目的。自分の番には場のタイルを1枚表にして自分のタイルと入れ替えるか、自分の列の中でタイルの位置を入れ替えるかのどちらか。できるだけ手番数を少なくして、早上がりを目指す。

1・6・8・9が入ったタイルは180度逆さまにしてもよいというルールと、連続する数字を置けたら続けて手番ができるというルールで、選択の幅が広がりエキサイティングなゲームとなっている。日本語版にあたって、プレイ人数が4人から6人に増えているが、これは1人あたりのタイル数を減らすルールによるものであり、輸入版からコンポーネントに変更はない。

メビウスゲームズでは『グリュックス』『デジャブ』『コンプレット』と、新作の日本語版を立て続けに発表している。市場拡大に伴い、普段プレイしないプレイヤーへのアプローチを目指す。

TGiWレポート:コンプレット

2017年8月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
リンクフリー このバナーをお使いください