正体隠匿ゲーム『シークレット:米ソ諜報戦』多言語版、8月下旬発売

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

シークレット:米ソ諜報戦多言語版ホビージャパンは8月下旬、冷戦時代の諜報戦をテーマにした正体隠匿系ゲーム『シークレット:米ソ諜報戦(Secrets)』の日本語を含む多言語版を発売する。ゲームデザイン・B.フェイドゥッティ&E.M.ラング、イラスト・カリ、4~8人用、10歳以上、30分、3400円(税別)。

ルポ・プロドゥクシオン社(ベルギー)が制作し、6ヶ国語で同時発売となる作品。この版はドイツ語・オランダ語・ギリシャ語・日本語の多言語版となる。デザイナーは『操り人形』『マスカレイド』のフェイドゥッティと、『ブラッドレイジ』のラング。

ゲームは1960年代の東西冷戦時代の諜報戦が舞台。プレイヤーはCIAかKGBのメンバーとなり、チームの勝利を目指す。自分の手番には人物カードを2枚引き、そのうち1枚を山札の底に戻し、もう1枚を表にしていずれかのプレイヤーに提示する。提示された側は受け取るか否かを選び、受け取ったら表向きで自分のものに、受け取らなかったら提示したプレイヤーのものになる。

人物カードは同じ種類が2枚になったら裏向きになって得点にならない。また人物の特殊な能力で展開が大きく変わることも。カードを渡してきたプレイヤーは味方なのか、なぜこのカードを提示してきたのか、自分が引いたカードは誰に提示すべきなのか......お互いに手探りの仲、正体を推理し、適切にふるまうことが自陣営の勝利への鍵だ。

プレイヤーの中には第三陣営のヒッピーがおり、ヒッピーの得点が単独で最下位だと単独で勝利する。適度にヒッピーにも得点を与えつつ、自陣営の勝利を目指すには高度なマネージメントと息の合ったチームワークが要求される。

内容物:人物カード29枚、弾丸カード4枚、正体トークン10枚、国連トークン1枚、ヘルプトークン2枚、ヘルプシート1枚、早見表カード4枚ほか

コメントする

カレンダー