『放課後さいころ倶楽部』第10巻発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

小学館は本日、月刊少年サンデー「ゲッサン」連載のボードゲームコミック『放課後さいころ倶楽部』第10巻を発売した。中道裕大作、637円。

女子高校生がボードゲームを通じて友情を深めていく物語。5ヶ月に1巻のペースで単行本化されている。毎回ボードゲームが1タイトルずつ登場し、そのゲームを通じたドラマが描かれる。恒例のおまけ漫画やすごろくや店長のコラムも付いており、ゲッサンで読んでいた方も買う価値がありそうだ。

恋にゲームに、大忙しの第10巻!  大好きなトラを美姫が引き取ったことで、少しずつ心を開きはじめた奈央。1年生と2年生が順調に関係を築いていく中、ついに環菜に運命の出会いが...そして奈央には恋のライバル出現で店長との関係に変化が...!?

今号では、『禁断の砂漠』『セレスティア』『パッチワーク』『カルバ』『アグリコラ:牧場の動物たち』の5タイトルが登場する。

発売を記念して9月30日に東京・神保町にて恒例のトーク&ゲームイベント「ようこそ!さいころ倶楽部へ!!」が行われる。毎号新刊発売のたびに行われ、そのたびに満席になっているイベント。今回は規模を大幅に拡大し、作者・中道裕大氏のトークショーやクイズのほか、アークライト・すごろくや・テンデイズゲームズ・ホビージャパン・メビウスゲームズの協賛により作中に登場するボードゲーム45タイトルが全て遊べる。また、参加特典としてキャラクターキーホルダーももらえる。チケットはすごろくやのウェブサイトから前売2000円(当日2500円)。詳しくは下記サイトへ。

小学館&すごろくやイベント:ようこそ!さいころ倶楽部へ!!

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンクフリー このバナーをお使いください