第2回お邪魔者日本選手権、フジタ氏優勝

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

9月9日、高円寺「す箱」にてお邪魔者日本選手権2017が開かれ、全国28会場の予選会を勝ち抜いた25名の参加者からフジタ氏が優勝した。11月25日にラトビア・リガで開かれる第2回世界選手権に日本代表として出場する。

『お邪魔者』の世界選手権は昨年、発売10周年を記念してハンガリー・ブタペスト大会で行われた。前回は20カ国28代表の中から日本代表の今野律人氏が3位に入賞している。モダンボードゲームの世界大会としては『カタン』と『カルカソンヌ』(38カ国、2016年)、『ラミィキューブ』(32カ国)に次ぐ参加国数となったため、第2回が開催されることになった。

今年の日本選手権は8月から9月にかけて28回の予選会が開かれ、成績優秀者が本戦に進んだ。予選会の回数は、今年のドイツ(18回)を大きく上回り、日本での盛り上がりを印象づける。

今回も大会ルールとして「自己中ドワーフ」と「ゴール交換」の特殊ルールカードを導入。2ゲームの合計得点で上位6名が決勝に進出。その中からフジタ氏が優勝を勝ち取った。賞品としてトロフィーのほか、ラトビアへの渡航費補助などが贈られる。

すごろくや:お邪魔者世界大会2017日本選手権

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンクフリー このバナーをお使いください